「覚醒剤」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年10月31日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

不正な薬物に関する意識調査(県政サポーターアンケート)

ここから本文です。不正な薬物に関する意識調査(県政サポーターアンケート)の結果について 部局名:保健医療部課所名:薬務課担当名:薬物対策担当担当者名:芝、脇田  埼玉県では、「埼玉県薬物乱用対策推進計画」を策定し、薬物乱用の防止に関する施策を総合的かつ計画的に推進しています。 今回、不正な薬物の認知度や薬物の使用に対する意識などを把握し、今後の施策の基礎資料として役立てるために実施した第55回県政サポーターアンケートの結果がまとまりました。 今後、薬物乱用の防止に関する施策を行うにあたり、県政

2013年4月1日厚生労働省フィードバック数:13社会/政治

現在の薬物乱用の状況(平成25年3月29日現在)

現在の薬物乱用の状況現在の薬物乱用の状況1.薬物事犯検挙状況○我が国の近年の薬物事犯の検挙者は、覚醒剤及び大麻が大半をしめています。 2.薬物使用の状況○我が国の全国15歳以上64歳以下の生涯経験率(%)は、大麻1.4%、有機溶剤1.1%、覚醒剤0.5%、コカイン0.3%、危険ドラッグ0.2%となっています。(注)生涯経験率:これまでに1回でも薬物を経験したことがある者の率薬物使用に関する全国住民調査(2017年)(PDF:77KB)○我が国の生涯経験率は、主要な欧米諸国と比較すると非常に低い水

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ