「言語対応」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年4月4日WIPジャパン★フィードバック数:0マーケティング

日本の上場企業のWebサイト、英語以外の多言語対応に大きな課題

日本の上場企業のWebサイト、英語以外の多言語対応に大きな課題 WIPジャパン、有力上場企業のWeb多言語対応調査を実施 多言語ビジネス支援のWIP(ウィップ)ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:上田輝彦・福良雄、以下「WIPジャパン」)は、下記概要による「上場企業Web多言語対応調査」(以下「本調査」)を実施しました。また、当該調査のホワイトペーパーを2018年3月28日(水)より無料ダウンロードの形式で公開します。 【調査概要】調査名称:上場企業 Web多言語対応調査調査

2016年8月18日日本気象協会フィードバック数:0社会/政治

外国出身者の方々を対象に「日本の暑さに関する調査」

外国出身者の方々を対象に「日本の暑さに関する調査」を行いましたニュース詳細2016.08.10外国出身者の方々を対象に「日本の暑さに関する調査」を行いました 「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、日本の夏(6~9月)を経験したことがある20~59歳の在留外国人男女200名を対象に「日本の暑さに関する調査」を実施しました。その結果、外国出身者の8割が日本の夏に「母国よりも」または「母国と同じくらい」過ごしにくさを感じていることが判明しました。・・・調査結果の続きはこちらのページをご覧ください! 日本の

2014年8月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

オリンピック経済効果シリーズ(5)~多言語対応の促進効果~

オリンピック経済効果シリーズ(5)~多言語対応の促進効果~

世界の名門大学Webサイトの多言語対応状況についての調査レポート

翻訳サービス、Web制作、人材派遣ならアークコミュニケーションズ 世界の名門大学Webサイトの多言語対応状況についての調査レポート発表2013年11月6日Web制作事業と翻訳事業で多言語展開している株式会社アークコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:大里 真理子)は、2013年11月1日、世界の名門大学Webサイトの多言語対応状況について調査した『多言語対応状況調査報告2013』を作成いたしましたので、ここにご報告いたします。文部科学省が推進する「グローバル30」(大学の国際化の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

特集データ

新着データ

お知らせ