「記事要約」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月8日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」

動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」 動画&動画広告 月次定点調査(2020年7月度)動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」視聴する動物動画は、圧倒的に「犬」と「猫」調査結果サマリー動物動画を視聴する人のうち、動物動画を「毎回、最後まで視聴する」人は23.0%でした。年代別で見てみると、10代(34.0%)、20代(37.6%)、30代(25.8%)、40代(16.0%)、50代(13.9%)、60代(10.8%)でした。10代では3割以上、20代では4割近くが、毎回、動物動画

2020年8月20日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

マーケターのSDGsへの取り組みに関する実態調査

76.1%のマーケターが取り組むべきとするも、実態は約3割 マーケターのSDGsへの取り組みに関する実態調査76.1%のマーケターが取り組むべきとするも、実態は約3割マーケターが選ぶ、SDGs企業は「トヨタ自動車」調査結果サマリーSDGs を認知しているマーケターに、マーケティング施策にSDGs を採り入れるべきと思うかを聞いたところ、「そう思う」と答えた人は32.3 %、「やや思う」人は43.8 %で、あわせて76.1%が採り入れるべきと考えていることがわかりました。一方、「マーケティング施策

2020年7月8日ジャストシステム★フィードバック数:0ライフスタイル

約半数が「推し活」を認知。10代の4割近くが「推し活中」

約半数が「推し活」を認知。10代の4割近くが「推し活中」 推し活と消費に関する実態調査約半数が「推し活」を認知。10代の4割近くが「推し活中」「推し活グッズ」を購入する際に約6割が「推しカラー」を意識調査結果サマリー好きなアイドルやアニメキャラクターなどを「推し」と呼び、「推し」を応援する活動を「推し活」と言います。事前調査における「推し活」の認知度は48.3%でした※1。また、実際に今、「推し活をしている」人は20.7%で、年代別に見てみると、10代(37.7%)、20代(26.3%)、30代

2020年5月29日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

Twitterユーザーの半数以上に、「Twitter漫画」を読んだ経験

Twitterユーザーの半数以上に、「Twitter漫画」を読んだ経験 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年4月度)Twitterユーザーの半数以上に、「Twitter漫画」を読んだ経験「Twitter漫画」読了後、3割以上に「投稿企業のWebサイト閲覧」の経験調査結果サマリーTwitterユーザーのうち、漫画画像の投稿(「Twitter漫画」)を「頻繁に読む」人は12.3%、「ときどき読む」人は41.8%で、あわせて54.1%の人に読んだ経験がありました。一方、「読んだことはな

2020年5月12日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ネットスーパー利用者の約6割が、「直近3カ月で、利用頻度が増えた」

ネットスーパー利用者の約6割が、「直近3カ月で、利用頻度が増えた」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年3月度)ネットスーパー利用者の約6割が、「直近3カ月で、利用頻度が増えた」東京都在住・ネットスーパー利用者の約5割に、「Prime Now」の利用経験調査結果サマリーEC利用経験者のうち、ネットスーパーを「知っている※1」人は95.0%で、実際に「利用している」人は21.9%でした。「利用している」人のうち、直近3カ月において「利用頻度が増加した」人は28.2%、「やや増加した」

2020年4月27日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年3月度)「note」利用者の約9割に、課金経験

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年3月度)「note」利用者の約9割に、課金経験LINE BLOGは「エンタメ」、はてなブログは「日常」の記事を閲覧調査結果サマリー現在、「note」を利用している人のうち、「記事の購入をしたことがある」人は50.0%、「記事の定期購読をしたことがある」人は38.7%、「記事を読んでサポートをしたことがある」人は51.6%、「いずれもしたことがない」人は9.7%でした。90.3%の人に課金経験があることがわかりました。※複数回答あり。■20代男性

2020年4月21日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

6割以上が、「リモートワーク導入を発表した企業に対して、印象が良くなった」

6割以上が、「リモートワーク導入を発表した企業に対して、印象が良くなった」 リモートワークに関する実態調査6割以上が、「リモートワーク導入を発表した企業に対して、印象が良くなった」約7割が、「緊急時のリモートワークに賛成」調査結果サマリー 直近 3 カ月の間に、「緊急時対応として、リモートワークを導入、または推奨を発表した」企業を 「知っている」人は 43.7 %でした。そのうち、 62.9 %の人が導入企業に対する「印象が良くなっ た」と回答しました※1 。一方、「どちらとも言えない」

2020年4月20日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

リモートワークに関する実態調査

6割以上が、「リモートワーク導入を発表した企業に対して、印象が良くなった」 リモートワークに関する実態調査6割以上が、「リモートワーク導入を発表した企業に対して、印象が良くなった」約7割が、「緊急時のリモートワークに賛成」調査結果サマリー 直近 3 カ月の間に、「緊急時対応として、リモートワークを導入、または推奨を発表した」企業を 「知っている」人は 43.7 %でした。そのうち、 62.9 %の人が導入企業に対する「印象が良くなっ た」と回答しました※1 。一方、「どちらとも言えない」

2019年7月30日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

電動歯ブラシの利用に関する実態調査 最も使われている電動歯ブラシは、「ブラウン」

最も使われている電動歯ブラシは、「ブラウン」 電動歯ブラシの利用に関する実態調査最も使われている電動歯ブラシは、「ブラウン」定期的なプロフェッショナルケアの年間費用は「1~5万円」調査結果サマリー最も使われている電動歯ブラシのメーカーは、「ブラウン」 電動歯ブラシの利用者に、現在利用している電動歯ブラシのメーカーを聞いたところ、「ブラウン(オーラルB)」が最も多く(27.3%)、次いで「フィリップス(ソニッケアー)」(18.6%)、「パナソニック(ドルツ)」(16.9%)でした。※。 ※複数回答

2019年7月10日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年5月度) 

セルフレジを利用しない理由は、「まごまごしたくないから」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年5月度)セルフレジを利用しない理由は、「まごまごしたくないから」6割に、「セルフレジ」の利用経験調査結果サマリー6割に、「セルフレジ」の利用経験 商品のバーコードスキャンから代金の精算までを、客自身が行う「セルフレジ」について、「利用したことがある」人は58.1%、「見たことはあるが、利用したことがない」人は15.6%、「知っているが、見たことはない」人は12.3%、「知らない」と答えた人

2019年7月9日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

キッチンの利用に関する実態調査 男性の約半数が、「ほぼ毎日キッチンを利用」

男性の約半数が、「ほぼ毎日キッチンを利用」 30代から60代に聞く!キッチンの利用に関する実態調査男性の約半数が、「ほぼ毎日キッチンを利用」手入れで最も面倒なのは「換気扇」調査結果サマリー男性の約半数が、「ほぼ毎日キッチンを利用」 現在の住まいにキッチンがある人のうち、女性の90.8%、男性の49.7%が「毎日キッチンを利用する」と答えました。キッチンを利用すると答えた人に、利用目的を聞いたところ、女性の場合は「普段の食事のための料理」(92.1%)、「皿などの洗い物」(82.8%)、「特別な日

2019年1月31日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」

Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2018年総集編2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」スマートフォンからのEC利用は、約6割が「アプリ」調査結果サマリー2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」で昨年の1.6倍に 主要なECアプリのなかで、特に利用している人の割合が増えたのは「ZOZOTOWN」で、14.4%(2017年4月度調査)から22.6%(2018年12月度調査)と、約1.6倍に増加しました。10代に限って見ても、「ZOZOTOWN」の利用

2019年1月29日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「Instagram」利用率は3割超。認知率は9割超

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2018年度総集編「Instagram」利用率は3割超。認知率は9割超「LINE」「Twitter」の利用率が3年前比で増加。「Facebook」は微減調査結果サマリー「Instagram」利用率は3割超。認知率は9割超 「Instagram」の利用率は、年間を通して3割強で推移し、2018年12月度調査では32.9%でしたが、2015年12月度調査(13.4%)と比較すると、この3年間で2倍以上、利用率が伸びたことがわかりました。認知率※2は、2015

2019年1月17日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

ゲームに関する利用実態調査

半数以上のZ世代が、「eスポーツを観戦してみたい」 ゲームに関する利用実態調査 【Z世代と中高年編】半数以上のZ世代が、「eスポーツを観戦してみたい」ゲームアプリの課金経験は、Z世代が6割、中高年が4割調査結果サマリー半数以上のZ世代が、「eスポーツを観戦してみたい」 近年、新たなスポーツ競技として注目を集めている「eスポーツ」を「観戦してみたい」という「Z世代」は56.7%と半数以上にのぼり、一方「中高年」では25.0%にとどまりました※。※「ぜひ観戦してみたい」「観戦してみたいが少し敷居が高

2018年12月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年10月度)

1日あたりのSNS利用時間が、10代は3年前比で1.3倍に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年10月度)1日あたりのSNS利用時間が、10代は3年前比で1.3倍に約3割が「Google Pixel 3」をすでに認知調査結果サマリー1日あたりのSNS利用時間が、10代は3年前比で1.3倍に ジャンルに分けた1日あたりの平均的なアプリの利用時間を聞いたところ、10代では「ゲームアプリ」が83.5分、「動画アプリ」が96.2分、「SNSアプリ」が88.7分となりました。いずれも、20

2018年7月4日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1.6倍に

「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1.6倍に 動画&動画広告 月次定点調査(2018年5月度)「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1.6倍に60代の4割以上に「ライブ動画の視聴経験」あり。調査結果サマリー「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1.6倍に普段、SNSで動画コンテンツを視聴している人のうち、「自身でも動画コンテンツを投稿する」と答えた人の割合は31.2%でした※1。「自身でも動画コンテンツを投稿する」と答えた人に、その頻度を聞いた

2018年3月23日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電

スマートスピーカーの認知率は、ここ半年で43.5%から70.9%に

スマートスピーカーの認知率は、ここ半年で43.5%から70.9%に 人工知能(AI)&ロボット月次定点調査 2017年総集編スマートスピーカーの認知率は、ここ半年で43.5%から70.9%に約半数が、「AI家電を購入する意欲がある」調査結果サマリースマートスピーカーの認知率は、ここ半年で43.5%から70.9%にAIを活用して、音声操作でスピーカーから回答や、必要な処理を行う「スマートスピーカー」の認知率は6月度調査時は43.5%でしたが、12月度調査では70.9%と30ポイント近く増加しました

2018年2月20日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

ECで「かご落ち」したのは、「送料や手数料が高かった」から

ECで「かご落ち」したのは、「送料や手数料が高かった」から Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年1月度)ECで「かご落ち」したのは、「送料や手数料が高かった」から7割以上に、Eコマースの「かご落ち」をした経験あり調査結果サマリーECで「かご落ち」する理由、1位は「送料や手数料が高かったから」直近1年間で「かご落ち」をしたことがある人に、その理由を聞いたところ、最も多くの人から挙がった理由は「送料や手数料などが高かった」でした(35.8%)。次いで、「選べる支払い方法が少なかった」「

2018年2月20日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電

7割以上が、既に「AIスピーカー」を認知

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2018年1月度)7割以上が、既に「AIスピーカー」を認知最も多くの人から興味を持たれているAIスピーカーは「Google Home」調査結果サマリー最も多くの人から興味を持たれているAIスピーカーは「Google Home」AIスピーカーを認知している人のうち、「Google Home」に興味がある人の割合は39.6%、「Amazon Echo」は30.7%、「LINE Clova」は23.8%でした。※「所有している」「所有していないが、興味はある」

2018年2月20日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

約6割が、「YouTuberによる動画」の視聴経験あり

約6割が、「YouTuberによる動画」の視聴経験あり 動画&動画広告 月次定点調査(2018年1月度)約6割が、「YouTuberによる動画」の視聴経験ありレシピ動画の利用率が、30代で4割越え調査結果サマリー約6割が「YouTuberによる動画」の視聴経験あり「YouTuberの動画を見たことがある」と回答した人の割合は60.9%で、2014年7月度調査時の25.9%から大幅に増加しました。また、「YouTuberという存在を知っているが、動画は見たことがない」人の割合は、2014年7月度調

2018年2月19日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

4人に1人が、商品・サービス名に「AIが付くと、購入してみたい」

4人に1人が、商品・サービス名に「AIが付くと、購入してみたい」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年12月度)4人に1人が、商品・サービス名に「AIが付くと、購入してみたい」7割以上が、「将来、気象予報士はAIに置きかわる」と回答調査結果サマリー4人に1人が、商品やサービス名に「AIが付いていると、購入してみたい」「商品やサービスの名称に『AI』や『人工知能』という言葉が含まれると、購入してみたいと思う」人は24.5%でした(「あてはまる」と答えた人4.2%、「ややあてはまる」

2018年2月1日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

動画アプリの1日平均利用時間は、2年前比で1.4倍に

動画アプリの1日平均利用時間は、2年前比で1.4倍に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年12月度)動画アプリの1日平均利用時間は、2年前比で1.4倍に20代女性の6割は、年賀状を「送らない」か「SNSやメールのみ」調査結果サマリー動画アプリの1日あたりの平均利用時間は、2年前比で1.4倍にスマートフォン利用者に、1日あたりのアプリ利用時間をジャンルごとに聞いたところ、最も長時間使われていたのは「ゲームアプリ」で平均51.1分でした。2015年12月度の同調査と比べて最も使用時間

2018年1月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ECの「即時買取サービス」認知度は、6割超

ECの「即時買取サービス」認知度は、6割超 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2017年10月度)ECの「即時買取サービス」認知度は、6割超ネットスーパー利用者の半数近くが、「週に1日以上利用」調査結果サマリー6割超が、ECの「即時買取サービス」を認知。利用経験者は1割買い取り希望の品物を集荷してもらい、査定完了後に同意した金額が支払われる「宅配買取サービス」の認知度は74.0%で、利用経験者は20.5%でした。一方、「メルカリNOW」や「CASH」のように、買い取り希望アイテムを写真撮影

2017年12月27日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年10月度)

企業の採用活動におけるAI活用に、約4割が「期待している」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年10月度)企業の採用活動におけるAI活用に、約4割が「期待している」約7割が、音声操作時、「機器が正しく認識してくれるか不安」調査結果サマリー企業の採用活動におけるAI活用に、約4割が「期待している」企業の採用活動において、大量の書類選考を人間の人事担当が行うのではなく、AIを活用することについて、「とても期待している」人は13.3%、「どちらかというと期待している」人は28.5%で、

2017年12月21日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2017年10月度)

10月、最も購買行動影響を与えた「動画プラットフォーム」は? 動画&動画広告 月次定点調査(2017年10月度)10月、最も購買行動影響を与えた「動画プラットフォーム」は?主要動画ストリーミング端末で、最も利用されているのは「Fire TV Stick」調査結果サマリー10月、最も購買行動に影響を与えた動画プラットフォームは「YouTube」10月に動画広告を視聴した人に、動画広告を見かけたプラットフォームの中で、購入の際に最も参考にしたものを聞いたところ、「YouTube」と答えた人の割合が最

2017年11月23日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

Facebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強

Facebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年10月度)Facebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強Twitter利用者の約4割は、「自らは投稿しない」調査結果サマリーFacebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強Facebookを現在利用している人のうち、「頻繁に投稿するし、タイムラインも頻繁に見る」というヘビーユーザーと言える人は11.1%でした。また、「ときどき投稿する程度だが、タイムラインは頻繁に見る」

2017年11月21日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

Facebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強

Facebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年10月度)Facebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強Twitter利用者の約4割は、「自らは投稿しない」調査結果サマリーFacebook利用者のうち、「ヘビーユーザー」は1割強Facebookを現在利用している人のうち、「頻繁に投稿するし、タイムラインも頻繁に見る」というヘビーユーザーと言える人は11.1%でした。また、「ときどき投稿する程度だが、タイムラインは頻繁に見る」

2017年11月16日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年9月度)

約2割が、「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年9月度)約2割が、「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」6割以上が「AIによる個人情報収集に不安を感じる」調査結果サマリー約2割が、「ロボットやAIの振る舞いは、人間らしい方がよい」現在、AIやロボットは、音声や話し方、見た目が人間らしいものから、そうでないものまで幅広く存在しています。AIやロボットの音声や話し方、見た目について、「人間らしい方がよい」と思っている人は2

2017年11月9日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)

動画コンテンツを視聴するデバイスは、「スマホ」が「テレビ」を超える 動画&動画広告 月次定点調査(2017年9月度)動画コンテンツを視聴するデバイスは、「スマホ」が「テレビ」を超えるスマホで動画コンテンツを視聴する人の3割が、「ポケットWi-Fiを所有」調査結果サマリー動画コンテンツを視聴するデバイスとして、「スマートフォン」が「テレビ」の利用を超える9月に最も長時間、テレビを含む動画コンテンツを視聴したデバイスとして回答が多かったのは「スマートフォン」(29.8%)でした。次いで、「パソコン」

2017年10月22日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年8月度)

6割以上が、市役所業務は、「将来、AIに置きかわる」 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年8月度)6割以上が、市役所業務は、「将来、AIに置きかわる」約半数が「AI家電に興味があり、購入に意欲」調査結果サマリー6割以上が、市役所業務は「将来、AIに置きかわると思う」現在、市役所職員が行っている業務は、将来、AIやロボットに置きかわると思うかを聞いたところ、12.1%が「すべての仕事が置きかわると思う」、53.4%が「一部の仕事は置きかわると思う」と回答しました。合計で65.5%が

2017年8月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2017年7月度)

レシピ動画アプリ利用率1位は「クックパッド」、新興アプリが僅差で猛追 動画&動画広告 月次定点調査(2017年7月度)レシピ動画アプリ利用率1位は「クックパッド」、新興アプリが僅差で猛追ポケットWi-Fi利用者の約7割が「速度の遅さにイライラ」した経験あり調査結果サマリーレシピ動画アプリ利用率1位は「クックパッド」、新興アプリが僅差で猛追スマートフォンで動画を視聴している人のうち、33.6%が「レシピ動画アプリの利用している」と回答しました。最も利用されているアプリは「クックパッド」(60.0%

2017年6月2日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「商品イメージ」に関する調査

約3割が、魚肉ソーセージ等の包装フィルムを「メーカーはもっと研究するべき」 改善の余地あり!「商品イメージ」に関する調査約3割が、魚肉ソーセージ等の包装フィルムを「メーカーはもっと研究するべき」半数近くがスマートフォンの電源ケーブルの寿命の短さに「不満」調査結果サマリー約3割が、魚肉ソーセージ等の包装フィルムを「メーカーはもっと研究してほしい」「ソーセージなどで、開け口の手がかりとなるテープがすぐに切れ、はがしにくい」経験を88.2%が経験していました。そのうち、30.1%が「メーカーは自社製品

2017年5月28日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

SNS利用による「疲れ」や「ストレス」に関する実態調査

3人に2人が、利用し始めよりも「SNS疲れ」の頻度が減った SNS利用による「疲れ」や「ストレス」に関する実態調査3人に2人が、利用し始めよりも「SNS疲れ」の頻度が減った「SNS疲れ」が減った理由は、「使い分けの上達」調査結果サマリー3人に2人が、利用し始めよりも「SNS疲れの頻度が減った」SNS疲れを感じたことがある人に、利用し始めの頃とSNS疲れを感じる頻度を比較してもらったところ、「かなり減った」と答えた人は14.1%、「やや減った」人は45.5%でした。あわせて59.6%の人が使い始め

2017年5月4日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

GW直前!プレミアムフライデーに関する実態調査

約4割が、大型連休前のプレミアムフライデーは「あきらめている」 GW直前!プレミアムフライデーに関する実態調査約4割が、大型連休前のプレミアムフライデーは「あきらめている」約6割が、「月末の設定はやめた方がいい」調査結果サマリー大型連休前のプレミアムフライデーは、約4割が「早帰りをあきらめている」ゴールデンウィークに近い、4月の「プレミアムフライデー」は、「特にいつもと退社時間は変わらないとあきらめている」という人が最も多く、37.3%でした。「なんとしても15時退社したい」人は4.2%、「でき

2017年4月12日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

企業のエイプリルフールコンテンツに関する調査【2017年版】

2017年、企業のエイプリルフールコンテンツ人気No.1は? 企業のエイプリルフールコンテンツに関する調査【2017年版】2017年、企業のエイプリルフールコンテンツ人気No.1は?コラボレーション企画が増加し、上位10件中3件がランクイン調査結果サマリー2017年、企業のエイプリルフールコンテンツ人気No.1は、「Googleのパックマン」今年、企業のエイプリルフールコンテンツを見た人に、一番良かったと思うコンテンツを聞いたところ、「Googleのパックマン」(11.8%)を挙げる人が最も多い

2017年2月27日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

家電の購買行動に関する実態調査

20代男性で、テレビの新機能に期待する人の割合は、約30年間で10ポイント減少 30年前とどう変化した?家電の購買行動に関する実態調査20代男性で、テレビの新機能に期待する人の割合は、約30年間で10ポイント減少~家電を比較する際の情報源は、今も昔も「店頭」が1位~調査結果サマリー20代男性でテレビの新機能に期待する人の割合は、30年間で10ポイント減少50代の男性に、自身が20代だった頃、テレビの新商品が発表されたときの新機能への期待感を聞いたところ、「期待することが多かった」と答えた人は47

2017年2月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年1月度)

10~20代がソーシャルシェアボタンを使うのは「Twitter」、30代以上は「Facebook」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年1月度)10~20代がソーシャルシェアボタンを使うのは「Twitter」、30代以上は「Facebook」~"リア充系CtoCサービス"は、若年層ほど強い利用意向~調査結果サマリー10~20代がソーシャルシェアボタンを使うのは「Twitter」、30代以上は「Facebook」スマートフォンユーザーのうち、ネット記事などをSNSでシェアする「ソー

2017年2月14日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ファッション情報の収集に関する調査

20~40代女性に聞いた!「ファッション情報の収集に関する調査」 ファッション情報を得るSNSは、1位「Instagram」、2位「Twitter」20~40代女性に聞いた!「ファッション情報の収集に関する調査」約6割が、ECでの購入時に必ずチェックする情報とは?調査結果サマリー20~40代女性に聞いた!「ファッション情報の収集に関する調査」ファッション情報の収集先として最も多かった回答は「実店舗」(41.0%)、次いで「ファッション誌(電子版を含む)」(40.0%)、「テレビ番組」(31.4%

2017年1月26日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

老後のライフプラン調査

「100歳人生」は、老後のライフプランを持つ就労者の約半数が想定 20~40代に聞いた!「老後のライフプラン調査」「100歳人生」は、老後のライフプランを持つ就労者の約半数が想定40代の「老後も働きたい」に対し、20~30代は「別の方法での収入も検討」調査結果サマリー「100歳人生」は、老後のライフプランを持つ就労者の約半数が想定2015年現在、日本人の平均寿命は、男性80.79歳、女性87.05歳ですが、20~40代の就労者のうち、老後のライフプランを立てている人の割合は32.6%で、年代別に

2017年1月3日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

メディア・リテラシーに関する実態調査

新聞の政治・経済情報への信頼度は、20代は10%台、60代は40%超 『メディア・リテラシーに関する実態調査』新聞の政治・経済情報への信頼度は、20代は10%台、60代は40%超若年層ほど「ネットの情報を信頼する」傾向に調査結果サマリー新聞の政治・経済情報への信頼度は、20代が10%台、60代は40%超政治や経済について調べる際に参考にする情報源として、「新聞(全国紙)をよく参考にするし、信頼している」と答えた人の割合は、20代と30代では18.8%でした。一方、40代は27.4%、50代は41

2016年12月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年11月度)

10代の3割がテレビ視聴アプリを利用し、1年間で利用率が倍増 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年11月度)』10代の3割がテレビ視聴アプリを利用し、1年間で利用率が倍増動画広告からのアプリDL経験は、インスタが3割、YouTubeは1割強調査結果サマリー10代の3割が「テレビ視聴アプリ」を利用し、1年間で利用率が倍増スマートフォンを使用している人のうち、「テレビ視聴アプリ」を現在利用している人は18.6%で、2015年11月度調査時の11.4%から増加していました。また、年代

2016年12月1日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工知能(AI)&ロボット活用に対する意識調査【医療編】

約3割が「将来、AIが病気を診断するようになる」と予想 人工知能(AI)&ロボット活用に対する意識調査【医療編】約3割が「将来、AIが病気を診断するようになる」と予想AIの診断を支持する理由は、1位「待ち時間」、2位「診断の納得感」調査結果サマリー約3割が、「将来、AIが診断をするようになる」と予想将来的に、医療現場でのAI活用がどの程度実現するかについて、「すべての診断業務が医師ではなく、AIに置きかわる」と予想する人は4.9%、「すべてとは言わないが、医師ではなく、AIが診断するようになる」

2016年11月24日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

スポーツに関する意識調査

子どもに取り組ませたいスポーツ、「テニス」が「野球」を上回る メダリストは、市場も動かす!? 『スポーツに関する意識調査』子どもに取り組ませたいスポーツ、「テニス」が「野球」を上回る大人がやりたいスポーツに、金メダルペアの活躍が影響15調査結果サマリー子どもに取り組ませたいスポーツは、「テニス」が「野球」を上回る4歳から中学生までの子どもがいる人に、2020年夏に東京で開催される世界的スポーツ祭典の競技のなかで子どもにさせたいものを聞いたところ、1位が「競泳」(20.6%)、2位が「サッカー」(

2016年11月9日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年10月度)

メインで使うSNSは「LINE」、「Facebook」は同窓会用? 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年10月度)』メインで使うSNSは「LINE」、「Facebook」は同窓会用?Twitterのタイムラインに流れる広告を、4割が「不快」調査結果サマリーメインで使うSNSは「LINE」、「Facebook」は同窓会用?複数のSNSを意識して使い分けていると答えたスマートフォンユーザーに、相手との関係性ごとに使用しているSNSを聞いたところ、「本音で語れる親友やパートナー」(6

2016年10月20日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

アイテム別「“ECサイト選択基準”の実態調査」【ファッション編】

靴の購入サイトを、男性は「低価格」、女性は「品ぞろえ」で選ぶ アイテム別「“ECサイト選択基準”の実態調査」【ファッション編】靴の購入サイトを、男性は「低価格」、女性は「品ぞろえ」で選ぶ流行に敏感な人ほど、「レビューが充実」しているサイトを利用調査結果サマリー靴の購入サイトを、男性は「価格の安さ」、女性は「品ぞろえの豊富さ」で選ぶECサイトで靴を購入したことがある人は54.7%(男性54.2%、女性は55.1%)でした。靴を購入するサイトは、男性は「価格の安さ」(50.1%)、女性は「品ぞろえの

2016年9月21日ジャストシステム★フィードバック数:0エンタテインメント

電子書籍利用に関する実態調査 [2016年9月度]

「読み放題型」利用で、約半数が「電子書籍リーダー購入」に前向きに 電子書籍利用に関する実態調査 [2016年9月度]「読み放題型」利用で、約半数が「電子書籍リーダー購入」に前向きに「紙の本」を気に入り、電子書籍版も購入するのは約4割。その逆は?調査結果サマリー「読み放題型」利用で、約半数が「電子書籍リーダー購入」に前向きに「月額制の読み放題型」で電子書籍サービスを利用しているにもかかわらず、現在、電子書籍リーダーを利用していない人のうち、25.0%の人が「電子書籍リーダーの購入を具体的に検討して

2016年9月1日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

商品の「口コミ意欲」の非対称性に関する調査

“おいしい店”は人に薦めるけど、“勝負服”は教えたくない 簡単にはいかない?商品の「口コミ意欲」の非対称性に関する調査“おいしい店”は人に薦めるけど、“勝負服”は教えたくない5人に1人が、“お気に入りのマイカー”は人に「薦めたくない」調査結果サマリー女性の約3割が、“自分の勝負服”は人に「薦めたくない」「大事なイベント時に着ていくお気に入りの洋服」について、同じアイテムの購入を他の人に「薦めたい」人は18.5%、「薦めたくない」人は23.3%でした。性別で見ると、女性は「薦めたくない」人の割合は

2016年8月29日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

業種別で聞く!自分の仕事が「人工知能」に置きかわると思いますか?

マーケティング従事者の約3割が、「人工知能に仕事が奪われる」と不安 業種別で聞く!自分の仕事が「人工知能」に置きかわると思いますか?マーケティング従事者の約3割が、「人工知能に仕事が奪われる」と不安消費者の立場では半数以上が工場などの製造業務が「置きかわる」と予測調査結果サマリーマーケティング従事者の約3割が、人工知能に自分の仕事が「奪われる」と不安視現在、「企画・マーケティング、広報・PR、市場調査・アナリスト」に従事していると回答したマーケティング関連職種の人のうち、人工知能(AI)によって

2016年7月24日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

スマートフォンアプリに関する実態調査

圧倒的1位!5年後も利用中と思うアプリは「LINE」で4割が支持 企業アカウントのフォローが多いSNSアプリは1位「LINE」、2位「Twitter」圧倒的1位!5年後も利用中と思うアプリは「LINE」で4割が支持3人に1人が、災害時のライフラインアプリとして「LINE」が最も必要調査結果サマリー5年後も継続利用していると思うアプリは「LINE」で、4割が支持5年後も引き続き利用していると思うアプリとして、「LINE」を挙げる人が最も多く(38.0%)、次いで「Twitter」(3.4%)、「Y

2016年7月6日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

東京23区内のクルマ事情アンケート

「カーシェアリング」が浸透中!自家用車保有世帯の6人に1人が会員に 東京23区内のクルマ事情アンケート「カーシェアリング」が浸透中!自家用車保有世帯の6人に1人が会員に保有世帯の約3割に、「正規のタクシー」配車アプリ利用経験あり調査結果サマリー「カーシェアリング」が浸透中。自家用車を保有する世帯の6人に1人が会員東京23区内在住の既婚者のうち、「自身や家族がカーシェアリングの会員になっている」と回答したのは、自家用車を世帯で保有している人(以下、保有世帯)の16.2%で、自家用車を世帯で保有して

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ