「記憶力」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年3月27日ネイチャーラボフィードバック数:0ライフスタイル

睡眠と脳に関する調査

睡眠時間が6時間を下回ると不満が約2倍に! 6時間睡眠未満の人の71.1%が脳が疲れている “寝る前スマホ”はやはり脳に悪影響? 就寝60分以内に電子機器を使う人の82.4%が脳の衰えを実感! 3月18日は睡眠の日!<睡眠と脳に関する調査>「長く楽しむことができる人生を、よりたくさんの記憶や思い出と過ごせるように」という想いから、言葉を思い出す力の維持をサポートする成分であるPS(ホスファチジルセリン)に注目している株式会社ネイチャーラボ(東京都渋谷区)は、3月18日が睡眠の日(※)であることに

2019年3月25日ゼブラフィードバック数:0キャリアとスキル

おとなの学び直しに関する意識調査

おとなの学び直しに関する意識調査40代50代の73%が学び直しの必要を感じているが69%は何もしていない理由は「記憶力や集中力の低下」「勉強の仕方が分からない」等 ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川 真一)は、2019年3月に、上場企業で正社員として働く40代50代に、学び直しについての意識調査をおこないました。 背景:人生100年時代を見据え、60歳や65歳で定年退職した後も働きたいという人が多いと言われています。また、従来のように同じ職場で一つの仕事を長く続ける働き方

美容に関する意識調査

女性が今後も維持していきたいものランキング第1位「記憶力」、第2位「肌の状態」、第3位「筋力」 ー40代~60代男女600名に意識調査ー女性の美意識は高く、約半数がどの年代でもコラーゲンを摂取 雪印メグミルクグループの雪印ビーンスターク株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:平田公孝)は、40歳~69歳の男女計600人を対象に、2017年3月28日~3月29日にインターネット上で「美容・筋肉・栄養」に関する意識調査を実施いたしました。今回は美容に関する意識調査について発表いたします。 ■

2016年11月4日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

身体の衰えに関するグローバル意識調査

「身体の衰えに関するグローバル意識調査」  GfKは17の国と地域の22,000人に対し、身体の衰えに関する意識調査を実施し、結果を発表しました。 【概要】・ 現在または将来において、最も多くが不安に感じる身体の衰えは「視力の低下」と「注意力・記憶力の低下」。・ 「白髪」を最も懸念しているのは、日本の女性。加齢に伴う外見の変化を不安視。  GfKは19の身体の衰えに関する症状について、現在および将来のこととしてどのくらいの人が特に不安に感じているかを調査しました。グローバルで最も多くの人が

2013年7月31日第一生命保険フィードバック数:1ライフスタイル

ケア環境の選択と自己決定に関する調査

2013年7月30日全国の 60 歳以上の夫婦2人暮らし世帯男女 800 名に聞いた『ケア環境の選択と自己決定に関する調査』~現在の住まいに愛着が「ある」人は 90%。1 人暮らしになって、記憶力や判断力が衰えた場合には、70%がケア付き住宅等を希望~第一生命保険株式会社(社長 渡邉 光一郎)のシンクタンク、株式会社第一生命経済研究所(社長 長谷川 公敏)では、全国の 60 歳以上の夫婦 2 人暮らし世帯の男女 800 名を対象に、標記についてのアンケート調査を実施いたしました。この程、その調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ