「設備投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年6月4日エムシーエイ★フィードバック数:0社会/政治

主要キャリアのネットワーク投資戦略と通信インフラ市場 2018年版

国内のモバイル・IT市場を中心に市場調査レポート(MR)の販売と個別受託プロジェクト(SR)を提供しています。 主要キャリアのネットワーク投資戦略と通信インフラ市場 2018年版~キャリアの設備投資動向と通信インフラ機器市場を予測~近年、主要キャリアグループ各社の決算をみると、純粋な通信事業の伸び以外に、その他の事業の拡大もあり、売上高は微増ながらも拡大基調にある。NTTやソフトバンクグループがそれぞれ9兆円、3兆円を超える規模に成長しており、KDDIグループは5兆円を突破した。2014年度時

2018年1月29日東京都フィードバック数:0ビジネス

東京都中小企業の景況 平成30年1月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況平成30年1月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。12月の景況業況:足踏み状態見通し:模様眺めが続く12月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月-22(前月-20)と2ポイント減少、足踏み状態となった。今後3か月間(1~3月)の業況見通しDI(当月(12月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月-11(前月-12)とほぼ横ばいで推移、模様眺めが続い

2017年11月23日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年9月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本2017年9月機械受注 ここから本文です2017年9月機械受注前月の反動減が見られるが、製造業は増加基調サマリー◆2017年9月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比▲8.1%と、3ヶ月ぶりに減少した。製造業が同▲5.1%、非製造業(船舶・電力を除く)が同▲11.1%とともに減少した。製造業は前月の大幅増(8月:前月比+16.1%)の反動が表れたものの、2017年初から緩やかな増加基調を保っている。一方、足下で持ち直しが見られた非製造業について、9月は大幅な

2017年8月2日東京都フィードバック数:0ビジネス

東京都中小企業の景況 平成29年7月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成29年7月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。6月の景況業況:2年ぶりに-24の水準まで改善見通し:上昇期待続く6月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月-24(前月-28)と4ポイント増加、2年ぶりに-24の水準まで改善した。今後3か月間(7~9月)の業況見通しDI(当月(6月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月-13(前月-15)と2

2017年6月26日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

NB-IoTをめぐるキャリア各社の戦略とサービス・インフラ市場の動向

NB-IoTをめぐるキャリア各社の戦略とサービス・インフラ市場の動向NB-IoTをめぐるキャリア各社の戦略とサービス・インフラ市場の動向~NB-IoTによって大きく変わるキャリアの戦略とサービス・インフラ市場~【発 刊】2017年5月10日 【資料体裁・価格】[1]A4版150頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円[5]セット版(CD

2017年2月5日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成29年1月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成29年1月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。12月の景況業況:わずかに後退見通し:引き続き静観12月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲30(前月▲28)と2ポイント減少、わずかに後退した。今後3か月間(1~3月)の業況見通しDI(当月(12月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲17(前月▲17)と横ばいで推移、平成28年8月(▲

2016年11月2日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年10月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成28年10月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。9月の景況業況:横ばいで様子を伺う見通し:小休止9月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲33と前月(▲33)から変化がなく、横ばいで様子を伺う状況となった。今後3か月間(10~12月)の業況見通しDI(当月(9月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲18(前月▲18)と横ばいで推移し、上

2016年8月3日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年7月調査

東京都中小企業の景況平成28年7月22日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。6月の景況業況:鈍い動き見通し:先行きに厳しい見方◎6月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲35(前月▲34)と、わずかに下げて鈍い動きとなった。今後3か月間(7〜9月)の業況見通しDI(当月(6月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲24(前月▲19)と5ポイント減少し、先行きに厳しい見方とな

2016年6月28日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年4~6月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年4~6月期 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2016年5月21日から6月1日まで、対象は東京23区の中小企業2,545社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は813社(回答率31.9%)。今回は、付帯調査として「設備投資の動向」を併せて実施しております。【 東京(中小企業)の景況は横ばい圏内。先行きの不透明感もあり足踏み続く。 】

2016年5月11日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

最新!「設備投資を増やす会社」ランキング

最新!「設備投資を増やす会社」ランキング上位に目立つのは「内需系」の企業 ランキング上位はいわゆる「内需系」の企業が目立つ 設備投資は企業の成長の源泉。新規投資がなければ一段の飛躍は望み薄だ。設備稼働後に発生する減価償却費は固定費であり、償却費を上回る投資は他の経費が一定だとすれば、売上高が大幅に増えないかぎり、目先の利益を圧迫する。それでも巨額の投資に踏み切るのは、トップが業績の先行きに対して自信を持っている表れと受け止めることもできるだろう。足元の収益環境は不透明感が極めて強い。世界各国

2016年3月16日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

生産性向上を図るための設備投資に関するアンケート調査

「生産性向上を図るための設備投資に関するアンケート調査」報告書の公表について 2016年3月11日東京商工会議所産業政策第一部 東京商工会議所(三村明夫会頭)の中小企業の生産性向上を図るための経営実態の調査研究会(岡田浩一座長:明治大学経営学部教授)では、中小企業の生産性向上を図るための設備投資に関する実態を把握するため標記調査を実施し、このたび報告書を取りまとめましたので、お知らせします。本調査は、都内5,000者を対象に実施(回答数758者、回収率15.2%)し、製造業が6割弱、従業員数

2016年3月15日東京商工会議所★フィードバック数:0ビジネス

中小企業の経営課題に関するアンケート

「中小企業の経営課題に関するアンケート結果」について 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業委員会(石井卓爾委員長、三和電気工業株式会社社長)において、標記調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。本調査は、中小企業の経営状況や課題、設備投資の動向などに加え、「TPPへの期待」や「軽減税率導入への課題」などを調査したものです。 【収益状況】 (報告書P8)・「黒字」「収支トントン」で併せて8割が採算を確保しているが、規模や業種によって大きなが差がみられ、[建設業]では7割が「黒字」であ

2016年2月18日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

10年で設備投資を積み上げたトップ500社

10年で設備投資を積み上げたトップ500社1兆円超は61社、累計で見る企業の影響力 NTTには及ばないがメーカー1位は世界一の自動車メーカー、トヨタだ(撮影:鈴木 紳平) 製造業(メーカー)における生産・研究設備の新・増設に限らず、流通業の店舗開発など、企業の成長エンジンとなるのが設備投資。賃上げとともに安倍政権が大手を中心として企業に促している。このうち改めて設備投資とは、建物や機械設備などの有形固定資産に資金を投じることで、企業が行う民間投資と国や地方公共団体が主体となる公共投資がある。

2016年2月18日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

初公開!「設備投資額が大きい」トップ500社

初公開!「設備投資額が大きい」トップ500社1位NTTは1.8兆円、「オールド」企業の影響力 NTTグループの設備投資額を合算すると、トヨタ自動車や日立製作所をも上回る(撮影:今井 康一) 安倍政権が大手を中心として企業に促しているのが、賃上げと設備投資。おカネの回りを良くすることで、日本経済を活性化させるのが狙いだ。このうち改めて設備投資とは、建物や機械設備などの有形固定資産に資金を投じることで、企業が行う民間投資と国や地方公共団体が主体となる公共投資がある。設備投資額が大きい会社は、それ

2016年2月18日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

設備投資を10年前から増やしたトップ300社

設備投資を10年前から増やしたトップ300社1000億円超は19社、拡大基調の会社が目立つ ソフトバンクグループを束ねる孫正義社長(右)とニケシュ・アローラ副社長 建物や機械設備などの有形固定資産に資金を投じる設備投資。この金額が大ければ大きいほど、企業は積極的に事業を拡大していることを示す。賃上げとともに、安倍政権が大手を中心とする企業に促している。東洋経済オンラインは今月、上場企業の設備投資について「初公開!『設備投資額が大きい』トップ500社」(2月1日)、「10年で設備投資を積み上げ

2016年1月27日東京都フィードバック数:0ビジネス

東京都中小企業の景況 平成28年1月調査

東京都中小企業の景況平成28年1月25日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。12月の景況業況:模様眺め見通し:弱含み◎12月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲31(前月▲30)とほぼ横ばいで、模様眺めとなった。今後3か月間(1〜3月)の業況見通しDI(当月(12月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲19(前月▲15)と4ポイント減少し、弱含みで推移した。○業種別の業

2015年8月7日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

地方創生に関する投資意向調査

2015/8/6地方創生に関する投資意向調査2,731社が拠点の新設・移転の意向あり(有効回答件数の14.8%)〜 工場の検討地域、海外から国内に向かう 〜はじめに財務省が7月23日に発表した「貿易統計(速報)」によれば、6月の輸出金額は前年同月比9.5%増となり10カ月連続で増加した。背景には2014年後半から続く円安基調を背景として海外市場での競争力が回復したことがあげられる。為替相場を含め、企業の設備投資の判断には長期的な視野が必要であるが、製造業の国内回帰を後押しする環境は整いつつあると

2015年7月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2015年6月調査)~製造業の設備投資がいよいよ本格化か

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2015年6月調査)~製造業の設備投資がいよいよ本格化か

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年6月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本6月日銀短観予測 ここから本文です6月日銀短観予測大企業非製造業での業況感の改善が続くサマリー◆7月1日に公表予定の2015年6月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は11%pt(前回調査からの変化幅:▲1pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は22%pt(同:+3pt)を予想する。◆製造業では加工・素材業種を問わず、業況感の小幅な悪化が見込まれる。これまで企業収益の改善に大きく寄与してきた輸出が足踏みしていることが業況判断を押し下げた。製

日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の13を予想

日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の13を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の13を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月調査短観では、注目度の高い大企業製造業でわずかながら景況感の改善が示されると予想。大企業非

2015年1~3月期GDP(2次速報)の結果

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2015年1-3月期GDP二次速報 ここから本文です2015年1-3月期GDP二次速報設備投資が緩やかに持ち直し、一次速報から上方修正サマリー◆2015年1-3月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+3.9%(前期比+1.0%)と、一次速報(前期比年率+2.4%、前期比+0.6%)から上方修正された。実質GDPが2四半期連続のプラス成長となり、成長ペースも加速したという構図は一次速報から変わらず、日本経済が緩やかな持ち直しを続けていることを再確認させる結

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第185回日本経済予測(改訂版)

トップレポート・コラム経済分析経済予測第185回日本経済予測(改訂版) ここから本文です第185回日本経済予測(改訂版)「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?~日米欧3極の非伝統的金融政策の効果を検証する~リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 小林 俊介 サマリー:2015年1-3月期GDP二次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2015年度が前年度比+2.0%(前回:同+1.7%)、2016年度が同+1.9%

ESPフォーキャスト2015年6月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1-3月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本1-3月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です1-3月期法人企業統計と二次QE予測製造業での経常利益の増加傾向が一服/二次QEは上方修正を予測サマリー◆2015年1-3月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+0.4%と、13四半期連続の増益となったものの、増益幅は前四半期(同+11.6%)から縮小した。売上高については前年比▲0.5%と7四半期ぶりの減収となった。原油安を主因とした変動費率の低下が増益幅拡大の要因となったが、賃上げによる人件

2015年6月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計15年1-3月期~増益率は大幅鈍化も、設備投資に明るさ

法人企業統計15年1-3月期~増益率は大幅鈍化も、設備投資に明るさ | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計15年1-3月期~増益率は大幅鈍化も、設備投資に明るさ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・製造業が3四半期ぶりの減益・設備投資に明るさも本格回復には時間がかかる・1-3月期・GDP2次速報は1次速報とほぼ変わらず財務省が6

原油生産動向と米国経済への影響~原油安で設備投資や雇用は減少したが、消費は下支え~

原油生産動向と米国経済への影響~原油安で設備投資や雇用は減少したが、消費は下支え~

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第185回日本経済予測

トップレポート・コラム経済分析経済予測第185回日本経済予測 ここから本文です第185回日本経済予測「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?~日米欧3極の非伝統的金融政策の効果を検証する~リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 小林 俊介 サマリー:2015年1-3月期GDP一次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2015年度が前年度比+1.7%(前回:同+1.9%)、2016年度が同+1.8%(同:同+1.8%)

2015年5月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/4/22~5/22発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(4/22~5/22発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(4/22~5/22発表統計分)サマリー◆2015年3月の企業関連の指標は、春節の影響もあった先月から持ち直しの兆しが見られる内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲0.8%と2ヶ月連続で低下したものの、前月時点での予測調査(同▲1.4%)に比べれば上振れし、ヘッドラインはおおむねポジティブな内容だった。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+2.5%と2ヶ月ぶりの増加となった

ESPフォーキャスト5月調査「15年1-3月期実質成長は1.84%に―15年度消費者物価は0.33%に下方修正」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2015年4月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 悪天候、港湾スト、ドル高などでさらに減速(15年1-3月期実質GDP:速報) ~個人消費が減速したほか、輸出、設備投資が失速した~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

15年1-3月期特別項目結果~設備投資動向について~

15年1-3月期特別項目結果~設備投資動向について~

2015年4月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強い雇用・強い設備投資が自然

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

ESPフォーキャスト2015年4月調査「15年1-3月期実質成長は2.26%に下方修正」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2015年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本3月日銀短観予測 ここから本文です3月日銀短観予測製造業では素材・加工業種を問わず業況判断が改善サマリー◆4月1日に公表予定の2015年3月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は14%pt(前回調査からの変化幅:+2%pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は16%pt(同:0%pt)を予想する。◆業況判断DI(先行き)は原油安のメリットが一層浸透することで幅広い業種で改善へ向かうとみている。燃料費調整制度によって電気料金が一層低下する見込み

2014年10~12月期GDP(2次速報)の結果

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

2015年3月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第184回日本経済予測(改訂版)

トップレポート・コラム経済分析経済予測第184回日本経済予測(改訂版) ここから本文です第184回日本経済予測(改訂版)日本経済に関する3つの論点を検証する~①原油安の影響、②設備投資の国内回帰、③ユーロ圏の日本化~リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー:2014年10-12月期GDP二次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲1.0%(前回:同▲0.9%)、2015年度が同+1.9%(同

2015年3月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2014年10-12月期GDP二次速報 ここから本文です2014年10-12月期GDP二次速報設備、在庫の下振れでコンセンサスを下回るサマリー◆2014年10-12月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+1.5%(前期比+0.4%)と、一次速報(前期比年率+2.2%、前期比+0.6%)から下方修正された。一次速報からはほぼ修正されないと見込んでいた市場コンセンサス(前期比年率+2.2%)と比べ下振れしたことに加えて、設備投資が減少に転じるなど、内容として

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業

貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年度の家計貯蓄率は、現在統計が利用可能な1955年度以降で初のマイナスとなった。

2015年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計季報(2014年10-12月期) ~大幅増益も設備投資は物足りない結果に~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年3月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

10-12月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本10-12月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です10-12月期法人企業統計と二次QE予測変動費率低下で増益幅は拡大/二次QEは下方修正と予測サマリー◆2014年10-12月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+11.6%と、12四半期連続の増益となり、増益幅は前四半期(同+7.6%)から拡大した。売上高については前年比+2.4%と6四半期連続の増収となったものの、増収幅は前期(同+2.9%)から縮小しており、原油安を主因とした変動費率の低

2015年3月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計14年10-12月期~企業収益好調も、設備投資、人件費の抑制姿勢は変わらず

法人企業統計14年10-12月期~企業収益好調も、設備投資、人件費の抑制姿勢は変わらず | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計14年10-12月期~企業収益好調も、設備投資、人件費の抑制姿勢は変わらず 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・製造業の経常利益(季節調整値)が過去最高・設備投資、人件費の抑制姿勢変わらず・10-12月期

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 下方修正もより良好な内容に改定(14年10-12月期実質GDP:改定) ~設備投資が大幅上方修正~

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2015年2月26日東京商工会議所★★フィードバック数:0ビジネス

東京商工会議所の調査です。

中小企業の経営課題に関するアンケート

「中小企業の経営課題に関するアンケート結果」について 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業委員会(石井卓爾委員長、三和電気工業株式会社社長)において、標記調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。本調査は、中小企業が抱える経営課題を、「売上」、「事業コスト」、「経営資源」の視点から検証し、また「設備投資」の実施状況、「経営者保証に関するガイドライン」の認知度を調査したものです。 【売上状況】 (報告書P17)・約4割(39.1%)の企業が、一年前と比較して売上高が「増加」している。「

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第184回日本経済予測

トップレポート・コラム経済分析経済予測第184回日本経済予測 ここから本文です第184回日本経済予測日本経済に関する3つの論点を検証する~①原油安の影響、②設備投資の国内回帰、③ユーロ圏の日本化~リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー:2014年10-12月期GDP一次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲0.9%(前回:同▲0.5%)、2015年度が同+1.9%(同:同+1.8%)、今

2015年2月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(1/21~2/18発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(1/21~2/18発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(1/21~2/18発表統計分)サマリー◆2014年12月の企業関連の指標は、持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+0.8%と2ヶ月ぶりに上昇した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+0.5%の上昇となった。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比+8.3%と2ヶ月連続で増加した。◆2014年12月の家計関連の指標を見ると、個人消費は増加

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.2%)~3四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.2%)~3四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける | ニッセイ基礎研究所 QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.2%)~3四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年10-12月期の実質GDPは、前期比

ESPフォーキャスト2015年2月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2015年2月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

【10-12月期米GDP】前期比年率+2.6%、底堅い成長が持続

【10-12月期米GDP】前期比年率+2.6%、底堅い成長が持続 | ニッセイ基礎研究所 【10-12月期米GDP】前期比年率+2.6%、底堅い成長が持続 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1月30日、米商務省の経済分析局(BEA)は10-12月期のGDP統計(1次速報値)を公表した。10-12月期の実質GDP成長率は、季節調整済

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ