「設備投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年12月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本12月日銀短観予測 ここから本文です12月日銀短観予測大企業製造業、大企業非製造業とも業況感の悪化を見込むサマリー◆12月15日に公表予定の2014年12月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は12%pt(前回調査からの変化幅:▲1pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は12%pt(同:▲1pt)を予想する。◆先行きの業況感は総じて改善を示すとみている。製造業では、「自動車」についてはこれまで業況感を下押ししていた国内新車販売に底入れの動き

期待される企業から家計への好循環

わたしの意見 ― 水野 創期待される企業から家計への好循環(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月4日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 月末を挟むこの一週間で多くの経済指標が発表された。法人企業統計(1日)では、売上、経常利益、設備投資、在庫投資等主要項目で企業の元気の良さが確認された(表1)。これを織り込む7〜9月の実質GDP2次速報(8日予定)も上方修正される見込みだ。1次速報のマイナス成長が消費税再引き上げ延期の決め手にされたが、設備投資のほか、大幅な成

ESPフォーキャスト2014年12月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

法人企業統計14年7-9月期~消費増税後も底堅さを維持する企業部門

法人企業統計14年7-9月期~消費増税後も底堅さを維持する企業部門 | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計14年7-9月期~消費増税後も底堅さを維持する企業部門 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・製造業が大幅増益・設備投資は堅調を維持・7-9月期・GDP2次速報は上方修正を予想財務省が12月1日に公表した法人企業統計によると、

市場データです。

平成26年度機械工業生産額改訂見通し調査

平成26年度機械工業生産額(改訂)見通し調査(発表:平成26年11月25日)日機連では、毎年関係工業会の協力を得て、年度ごとの機械工業の生産額見通し調査を行っているが、このほど平成26年度改訂見通しの集計結果(調査時点平成26年10月)がまとまったので、その概要を紹介する。 なお、機種別の生産額(25年度実績、26年度見通し)、輸出額(25年度実績)など、詳細についてお知りになりたい方は、業務部(TEL:03-3434-5383)まで問い合せ下さい。 また、数値は一応当該機種の全国ベースを原則と

2014年11月3日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

業界別の設備投資動向です。

電気機械の設備投資動向 ~今後の有望分野と地域別経済波及効果~

電気機械の設備投資動向 ~今後の有望分野と地域別経済波及効果~

ESPフォーキャスト2014年10月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

グラフで見る景気予報(2014年10月)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

企業の設備投資への慎重な姿勢は続くのか?

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年9月日銀短観予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月日銀短観予測製造業、非製造業とも業況判断は悪化を見込む 2014年9月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆10月1日に公表予定の2014年9月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は10%pt(前回調査からの変化幅:▲2pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は16%pt(同:▲3pt)を予想する。製造業、非製造業ともに消費税率引き上げの影響

2014年9月16日財務省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

上場企業と非上場企業の設備投資 法人企業統計を活用した記述統計に基づく分析

上場企業と非上場企業の設備投資 法人企業統計を活用した記述統計に基づく分析

2014年9月16日日本総研フィードバック数:0社会/政治

持ち直しが続く中小企業の設備投資

持ち直しが続く中小企業の設備投資

ESPフォーキャスト2014年9月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

グラフで見る景気予報(2014年9月)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年9月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計14年4-6月期~消費増税の影響から、利益、設備ともに改善が一服

法人企業統計14年4-6月期~消費増税の影響から、利益、設備ともに改善が一服 | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計14年4-6月期~消費増税の影響から、利益、設備ともに改善が一服 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費増税の影響で増益率が大きく鈍化・設備投資の伸びが大きく低下・4-6月期・GDP2次速報は下方修正を予想財務省

2014年8月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

好調な英国の設備投資~企業マインドの改善とストック過剰感の解消が鍵~

好調な英国の設備投資~企業マインドの改善とストック過剰感の解消が鍵~

2014年8月25日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本総研のレポートです。

人手不足下で期待されるロボット投資-設備投資・輸出の押し上げと、労働生産性の向上への寄与

人手不足下で期待されるロボット投資-設備投資・輸出の押し上げと、労働生産性の向上への寄与

2014年8月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/7/23~8/19発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年8月19日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎永井 寛之◆6月の企業関連の指標は、弱い動きとなった。鉱工業生産指数は前月比▲3.4%と2ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+1.1%と上昇した。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比+8.8%と3ヶ月ぶりに増加した。先行きは、輸出の増加が生産を下支えする見込みであ

2014年8月14日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し(2014年8月改訂)

PRESS RELEASE2014年8月13日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し(2014年8月改訂)-設備投資が回復の主役へ- 当社は、2014年4~6月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、アメリカを牽引役に緩やかな拡大を続けていくと見込まれます。日本経済は、維持更新や省力化を目的とした設備投資が活発化し、輸出も持ち直していくことで景気拡大を続けていくと考えられます。4~6月期の弱さを反映し、2014年度の実質GDP成長率は前回見通しか

ESPフォーキャスト調査 2014年8月

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比▲1.7%(年率▲6.8%)~駆け込み需要の反動を主因に大幅マイナス成長

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比▲1.7%(年率▲6.8%)~駆け込み需要の反動を主因に大幅マイナス成長 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比▲1.7%(年率▲6.8%)~駆け込み需要の反動を主因に大幅マイナス成長 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年4-6月期の実質GDPは、前期比

2014年7月29日財務省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

現地法人の設備投資が国内本社の設備投資に及ぼす効果-我が国製造業のケース-

現地法人の設備投資が国内本社の設備投資に及ぼす効果-我が国製造業のケース-

【6月米耐久財受注】資本財(≒設備投資)に暗雲か

【6月米耐久財受注】資本財(≒設備投資)に暗雲か | ニッセイ基礎研究所 【6月米耐久財受注】資本財(≒設備投資)に暗雲か 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:耐久財受注は反転、資本財(設備投資)には懸念も7月25日、米国商務省が6月の製造業の耐久財出荷・在庫・受注統計を公表した 。注目度の高い耐久財受注額は前月比+

2014年7月29日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

消費増税後の経済 -資産面からみた課題

消費増税後の経済 —資産面からみた課題櫨 浩一 (ニッセイ基礎研究所専務理事/東京工業大学大学院社会理工学研究科連携教授) 片岡 隆一 (RIETIコンサルティングフェロー/財務省大臣官房参事官(主計局担当)) 日本経済は、消費増税の影響を乗り越えて回復を続けられるか、2014、15年度の経済見通しをご説明します。さらに、日本経済が今後も経済的な発展を続けるための課題を考えてみたい。中長期の経済予測作業を行ってきた中で、持続可能なのか疑問に思っている日本経済の長期的なトレンドについて、どう考える

ICT関連設備投資-5月の変調?:マイナスに落ち込んだ機械受注(民需)

ICT関連設備投資−5月の変調?:マイナスに落ち込んだ機械受注(民需)(株)情報通信総合研究所 マーケティング・ソリューション研究グループ主席研究員 野口正人 ICT関連経済の各指標も5月の数字が出そろった。全体は次回に触れるとして、今回は新聞でも大きく取り上げられた機械受注(民需)についてICT関連経済の状況を確認しよう。機械受注(民需)は、設備投資の先行指標として注目される。ICT関連経済では、それを設備投資の代理指標として見ているわけだが、その数字がどうなったか。ICT関連設備投資は対

2014年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年5月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本5月機械受注 ここから本文です5月機械受注市場予想を大幅に下回るネガティブな内容サマリー◆2014年5月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲19.5%と2ヶ月連続で減少した。市場コンセンサス(同+0.7%)を大幅に下回っており、ネガティブな内容であった。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比▲18.6%と、2ヶ月連続で減少した。非製造業(船舶・電力を除く)は前月比▲17.8%と3ヶ月ぶりに減少に転じた。外需は

2014年6月22日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

法人税率引き下げの設備投資刺激効果

法人税率引き下げの設備投資刺激効果

2014年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本6月日銀短観予測 ここから本文です6月日銀短観予測大企業製造業の業況判断は改善、設備投資は前年比+0.7%を予想サマリー◆7月1日に公表予定の2014年6月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は18%pt(前回調査からの変化幅:+1pt)、大企業・非製造業の業況判断DI(最近)は17%pt(同:▲7pt)を予想する。消費税増税後の反動減で、非製造業は大幅な悪化が避けられない。一方、国内企業の設備投資の活発化などを背景に、製造業では改善が示される

2014年6月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

エコノミストの視点:1-3月期に急増した設備投資の中身

エコノミストの視点:1-3月期に急増した設備投資の中身

2014年6月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2014年1-3月期GDP二次速報 ここから本文です2014年1-3月期GDP二次速報設備投資が想定以上の上方修正サマリー◆2014年1-3月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+6.7%と、一次速報(同+5.9%)から上方修正された。市場コンセンサス(同+5.6%)からも大きく上振れしたが、これは設備投資が想定以上に上方修正されたことが主因であり、ポジティブな内容であった。一方、民間在庫は一次速報から大きく下方修正された。ただし、在庫の急減は増税前の駆

ESPフォーキャスト2014年6月調査「設備投資・輸出で今年度実質0.85%成長に―デフレ脱却描く2025年度予測」

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2014年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計14年1-3月期~設備投資の回復基調が明確に

法人企業統計14年1-3月期~設備投資の回復基調が明確に | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計14年1-3月期~設備投資の回復基調が明確に 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・3四半期連続の増収増益・設備投資の回復基調が明確に・1-3月期・GDP2次速報は1次速報とほぼ変わらず財務省が6月2日に公表した法人企業統計によると、1

2014年6月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1-3月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本1-3月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です1-3月期法人企業統計と二次QE予測増収増益が続くが、増益幅は縮小。GDP二次速報は下方修正を予想サマリー◆2014年1-3月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+20.2%と、9四半期連続の増益となったが、増益幅は前四半期を下回った。売上高は同+5.6%と3四半期連続の増収となり、増収幅は前四半期から拡大した。消費税増税前の駆け込み需要により、小売関連業種の売上高は増加が続いた模様だ。ただし、

2014年5月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:消費増税後の日本経済の行方

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:消費増税後の日本経済の行方 ここから本文です日本経済見通し:消費増税後の日本経済の行方①増税、②賃上げ、③設備投資、④米国の出口戦略などを検証調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 久後 翔太郎 田中 豪 サマリー◆:2014年1-3月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+1.0%(前回:同+1.0%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5

2014年5月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年3月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本3月機械受注 ここから本文です3月機械受注市場予想を上回る良好な結果。見通しも堅調サマリー◆2014年3月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+19.1%と2ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+5.8%)を大幅に上回った。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月ぶりの増加となっており、機械受注は増加基調に復した格好だ。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+23.7%と2ヶ月ぶりに増加した。3ヶ月移動平均値で見ても

2014年4月16日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

特別調査結果(和食のユネスコ無形文化遺産への登録の影響、調理技術の次世代への継承、設備投資動向)(2014年1-3月期)

特別調査結果(和食のユネスコ無形文化遺産への登録の影響、調理技術の次世代への継承、設備投資動向)(2014年1-3月期)

ESPフォーキャスト調査 2014年4月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年3月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本3月日銀短観予測 ここから本文です3月日銀短観予測業況判断は改善するが先行きは悪化。設備投資は前年比▲0.7%を予想サマリー◆4月1日に公表予定の2014年3月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は19%pt(前回調査からの変化幅:+3%pt)、大企業・非製造業の業況判断DI(最近)は23%pt(同:+3%pt)と、それぞれ改善を予想する。◆製造業では、新車販売が好調な「自動車」、白物家電などの売上が増加している「電気機械」、住宅建築の増加に伴

2014年3月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本1月機械受注 ここから本文です1月機械受注機械受注は1-3月期も増加を続ける見込み。サマリー◆2014年1月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+13.4%と2ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+7.1%)を大幅に上回る結果となった。3ヶ月移動平均値で見ても2ヶ月ぶりの増加となっており、前月一時的に減少したものの、機械受注は増加基調にあることが確認された。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+13.4%と

2014年3月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計13年10-12月期~力強さに欠ける設備投資

法人企業統計13年10-12月期~力強さに欠ける設備投資 | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計13年10-12月期~力強さに欠ける設備投資 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・2四半期連続の増収増益・力強さに欠ける設備投・10-12月期・GDP2次速報は1次速報とほぼ変わらず財務省が3月3日に公表した法人企業統計によると、13

2014年2月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

設備投資循環から探る世界の景気循環

トップレポート・コラム経済分析日本設備投資循環から探る世界の景気循環 ここから本文です設備投資循環から探る世界の景気循環期待利潤回復、不確実性低下、低金利の下で拡大局面へサマリー◆本稿では、世界全体および主要各国・地域の景気循環を見通す上で重要な決定要因となる設備投資に焦点を当て、現時点での循環局面を判断するとともに、今後10年間の景気循環の姿を探る。◆これまでの設備投資の抑制要因となってきた米国発の金融危機や欧州の債務問題、日本の震災などに伴う期待利潤の低下や不確実性の高まりといった要因が、政

2014年2月4日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

すでにシェール革命の恩恵は始まっている

トップレポート・コラム経済分析米国すでにシェール革命の恩恵は始まっている ここから本文ですすでにシェール革命の恩恵は始まっている関連する設備投資や雇用者数は速いペースで増加サマリー◆シェール革命とは、新たな採掘技術の確立により、従来資源が取り出せなかった岩盤から天然ガスや原油などが取り出せるようになったことである。米国内における資源の生産拡大が見込まれる。◆シェールガス・オイルの採掘増によって、燃料の輸出増、輸入減が生じ、すでに貿易赤字額の縮小圧力が強まっている。また、シェール関連とみられる設備

2014年2月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測

2013年10-12月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2013年10-12月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.8%)を予測 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2/17に内閣府から公表される2013年10-12月期の実質GDPは、前期比0.4%(前期比年率1.8%)と推計される

鉱工業生産13年12月~駆け込み需要が生産活動を後押し

鉱工業生産13年12月~駆け込み需要が生産活動を後押し | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産13年12月~駆け込み需要が生産活動を後押し 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・4四半期連続の増産・年度末にかけて増産ペースは加速する公算経済産業省が1月31日に公表した鉱工業指数によると、13年12月の鉱工業生産指数は前月比1.1%と

2014年1月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2013/12/17~1/22発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(12/17~1/22発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(12/17~1/22発表統計分)サマリー◆2013年11月の企業関連の指標は、企業部門の改善が継続していることを確認させる内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比▲0.1%と3ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は、前月比+1.9%と、2ヶ月連続の上昇となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比+9.3%と2ヶ月連続で増加した

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年11月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本11月機械受注 ここから本文です11月機械受注製造業・非製造業とも堅調な結果で市場予想を大幅に上回るサマリー◆2013年11月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+9.3%と2ヶ月連続で増加し、市場コンセンサス(同+1.1%)を大幅に上回る結果となった。3ヶ月移動平均値で見ても、5ヶ月連続の増加となっており、機械受注は増勢を強めている。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+6.0%と2ヶ月ぶりに増加した。非製

2013年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

余裕の出てきた資金をどう将来の成長に振り向けるか

トップレポート・コラムコラム余裕の出てきた資金をどう将来の成長に振り向けるか ここから本文です余裕の出てきた資金をどう将来の成長に振り向けるか円安・株高等により企業の利益が改善する中、政府サイドからは賃上げや設備投資拡大などのための環境整備が行われている。企業にとっては、将来の成長に向けて、資金を設備投資、人的投資、R&D、配当などにどう戦略的に振り向けるかが課題である。下図は、2012年度において、主な業種ごとに、付加価値等がどういった項目に振り向けられたかを見るとともに、実物投資額と減価償却

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ