「設備投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント改善の14を予想

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント改善の14を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント改善の14を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 12月調査日銀短観では、注目度の高い大企業製造業で4四半期連続となる景況感改善が示されると

法人企業統計13年7-9月期~企業収益は堅調、設備投資は伸び悩み

法人企業統計13年7-9月期~企業収益は堅調、設備投資は伸び悩み | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計13年7-9月期~企業収益は堅調、設備投資は伸び悩み 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・6四半期ぶりの増収増益・設備投資の回復遅れる・7-9月期・GDP2次速報は下方修正を予想財務省が12月2日に公表した法人企業統計によると

2013年11月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(10/19~11/18発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(10/19~11/18発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(10/19~11/18発表統計分)サマリー◆2013年9月の企業関連の指標は、企業部門には一時的な落ち込みが見られたものの、改善が継続していることを確認させる内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+1.3%と2ヶ月ぶりの上昇となった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は、前月比▲3.4%と3ヶ月ぶりに低下した。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前

ESPフォーキャスト2013年11月調査

ESPフォーキャスト調査4〜6月期GDP、年率1.46%−「保護主義」がリスク首位に−■2018年6月・8月調査の株価の四半期別予測を訂正しました(2018年8月14日)■2018年8月調査を公表しました(2018年8月8日)民間エコノミストが見込む18年4〜6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、前月調査の1.67%から1.46%に下方修正された。これは、民需の下方修正が主因だ。18、19年度の実質成長はそれぞれ1.05%、0.81%成長とほぼ前月調査並みだった。消費者物価は19年度にかけて

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7-9月期GDP予測~前期比年率+1.8%を予測

トップレポート・コラム経済分析日本2013年7-9月期GDP予測~前期比年率+1.8%を予測 ここから本文です2013年7-9月期GDP予測~前期比年率+1.8%を予測公共投資、住宅投資、設備投資が全体をけん引サマリー◆2013年7-9月期のGDP一次速報(2013年11月14日公表予定)では、実質GDPが前期比+0.4%(前期比年率+1.8%)と、4四半期連続のプラス成長を予測する。2012年末以降の景気回復をけん引した個人消費と輸出の減速が見込まれるものの、2012年度補正予算の執行による公

2013年10月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「日本は投資過小、中国は投資過剰」の落とし穴

トップレポート・コラム経済分析日本「日本は投資過小、中国は投資過剰」の落とし穴 ここから本文です「日本は投資過小、中国は投資過剰」の落とし穴事業活動の国際化に伴う空洞化が進む中「いざなみ越え」は困難かサマリー◆円安の進行と海外経済の回復を背景とした輸出・生産の高まりと生産能力の逼迫から、日本国内の設備投資の拡大やそれに伴う国内雇用・家計所得の改善が期待されている。同様の現象は戦後最長の景気拡大を記録した「いざなみ景気(02年2月から09年3月)」の期間にも確認された。◆しかし「いざなみ景気」のア

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は8改善の12、先行きは11へ

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は8改善の12、先行きは11へ | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は8改善の12、先行きは11へ 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 大企業製造業の業況判断D.I.は12と前回調査比で8ポイント上昇し、3四半期連続となる景況感改善が示された。D.I.の

日銀短観(9月調査)予測-大企業製造業の業況判断D.I.は4改善の8を予想

日銀短観(9月調査)予測-大企業製造業の業況判断D.I.は4改善の8を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(9月調査)予測-大企業製造業の業況判断D.I.は4改善の8を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月調査日銀短観では、注目度の高い大企業製造業で3四半期連続となる景況感改善が示されると予想する。前回調査以降、ド

2013年9月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本9月日銀短観予測 ここから本文です9月日銀短観予測業況判断は高水準での推移が続く、設備投資も上方修正サマリー◆10月1日に公表予定の2013年9月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は5%pt(前回調査からの変化幅:+1%pt)、大企業・非製造業の業況判断DI(最近)は15%pt(前回調査からの変化幅:+3%pt)と、それぞれ高水準での推移が続くと予想する。◆業種別に見ると、「自動車」や「電気機械」といった輸出業種で業況判断の改善が見込まれる。

2013年9月13日東京商工会議所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小ものづくり企業の調査です。

中小ものづくり企業の新製品・新技術開発に関する調査

「中小ものづくり企業の新製品・新技術開発に関する調査結果」の公表について 東京商工会議所(岡村正会頭)は、ものづくり推進委員会(平井克彦委員長、東レ株式会社相談役)において、標記調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。 本調査は、中小ものづくり企業の実態把握とともに、新製品・新技術開発に焦点をあて、取組みの状況・意向、成果や課題を検証したものです。 1.中小ものづくり企業の現状○回答企業の48.8%が営業黒字、24.5%が営業赤字となっているが、5人以下では44.2%が赤字と回答するな

2013年9月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

4-6月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本4-6月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です4-6月期法人企業統計と二次QE予測GDP二次速報は上方修正と予想。消費税増税の実現性が高まるサマリー◆2013年4-6月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+24.0%となり、6四半期連続の増益となった。売上高は同▲0.5%と5四半期連続の減収となっており、低水準での推移が続いているものの、変動費率の低下および、人件費等の固定費の削減が経常利益を押し上げた格好。季節調整値で見た売上高経常利益率

2013年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計13年4-6月期 ~企業収益の急回復に伴い設備投資も持ち直し、4-6月期の成長率は大幅上方修正へ

法人企業統計13年4-6月期 ~企業収益の急回復に伴い設備投資も持ち直し、4-6月期の成長率は大幅上方修正へ | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計13年4-6月期 ~企業収益の急回復に伴い設備投資も持ち直し、4-6月期の成長率は大幅上方修正へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・6四半期連続の増益・企業の設備投資意欲は依然とし

リーマンショック以降の米国の設備投資~財政・金融問題の軟着陸が先行きの増勢のカギに~

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

平成25年度あしぎん設備投資動向調査

四季折々に美しい姿を見せる「中禅寺湖」と「男体山」 WITH PRIDEIN OURHEARTSAND ASMILEON OURFACES誇りと喜びをもって行動する 日本最古の学校「足利学校」

2013年8月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(7/24~8/16発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(7/24~8/16発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(7/24~8/16発表統計分)サマリー◆2013年6月の企業関連の指標は、企業部門の改善基調が継続していることを確認する内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比▲3.1%と5ヶ月ぶりの低下となった。輸出金額は前年比+7.4%、季節調整値で見ても前月比+1.1%と7ヶ月連続で増加となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比▲2.7%と2ヶ月ぶりに減少し

2013年8月16日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

持ち直しに向かう中国製造業の設備投資

持ち直しに向かう中国製造業の設備投資

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.6%)~2四半期続けて内外需揃った高成長

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.6%)~2四半期続けて内外需揃った高成長 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.6%)~2四半期続けて内外需揃った高成長 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年4-6月期の実質GDP成長率は、前期比0.6%(前期比年率2

2013年8月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米4-6月期GDPは年率1.7% ~設備・住宅投資は伸びを高める

米4-6月期GDPは年率1.7% ~設備・住宅投資は伸びを高める | ニッセイ基礎研究所 米4-6月期GDPは年率1.7% ~設備・住宅投資は伸びを高める 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米商務省発表の4-6月期実質GDP(速報値)は、1.7%(前期比年率:以下も同じ)と前期の1.1%から上昇、市場予想の1.0%を上回った。ただ、前期は1.8%から1

2013年7月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期GDP予測~前期比年率+3.0%を予測

トップレポート・コラム経済分析日本2013年4-6月期GDP予測~前期比年率+3.0%を予測 ここから本文です2013年4-6月期GDP予測~前期比年率+3.0%を予測内需・外需ともバランスの取れた成長サマリー◆2013年4-6月期のGDP1次速報(2013年8月12日公表予定)では、実質GDPが前期比+0.7%(前期比年率+3.0%)と、3四半期連続のプラス成長を予測する。1-3月期に引き続き内需・外需ともバランスの取れた成長が継続していることを確認させる内容となるだろう。◆個人消費は前期比+

2013年7月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年5月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本5月機械受注 ここから本文です5月機械受注非製造業で設備投資活発化の動きサマリー◆2013年5月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+10.5%と2ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+1.9%)を大幅に上回った。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比+3.8%と2ヶ月ぶりの増加、非製造業(船舶・電力を除く)も前月比+25.4%と2ヶ月ぶりの増加となった。製造業では、「化学工業」や「一般機械」の増加が全体を押

2013年7月5日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2013年7月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2013年7月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2013年7月4日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(13年4月)と比較すると、8地域(北海道、北陸、関東甲信越、東海、近畿、中国、四国、九州・沖縄)から判断を引き上げる報告があった。各地域からの報告をみると、家計・企業マイ

日銀短観(6月調査)予測 ~大企業製造業の業況判断D.I.は12改善の4を予想

日銀短観(6月調査)予測 ~大企業製造業の業況判断D.I.は12改善の4を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(6月調査)予測 ~大企業製造業の業況判断D.I.は12改善の4を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月調査日銀短観では、注目度の高い大企業製造業で景況感の大幅な改善が示されそうだ。前回調査以降、日銀の異次

2013年6月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年4月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本4月機械受注 ここから本文です4月機械受注単月では減少したが、反動減を除けば良好な結果サマリー◆2013年4月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)が、前月比▲8.8%と3ヶ月ぶりのマイナスとなり、市場コンセンサス(同▲8.1%)を下回った。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比▲7.3%と3ヶ月ぶりの減少、非製造業(船舶・電力を除く)も前月比▲6.0%と3ヶ月ぶりの減少となった。前月からの反動減の影響はあるものの、「電気機械」や

2013年6月10日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年1-3月期GDP2次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2013年1-3月期GDP2次速報 ここから本文です2013年1-3月期GDP2次速報在庫が上振れするも、ほぼ想定通りサマリー◆2013年1-3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比年率+4.1%(前期比+1.0%)と、1次速報(前期比年率+3.5%、前期比+0.9%)から上方修正された。市場コンセンサス(前期比年率+3.5%、前期比+0.9%)からわずかに上振れした形だが、これは在庫投資が市場予想を上回ったためであり、特段ポジティブな内容というわけではない

2013年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

法人企業統計13年1-3月期 ~5四半期連続の増益も、企業の設備投資意欲は高まらず

法人企業統計13年1-3月期 ~5四半期連続の増益も、企業の設備投資意欲は高まらず | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計13年1-3月期 ~5四半期連続の増益も、企業の設備投資意欲は高まらず 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・5四半期連続の増益・企業の設備投資意欲は依然として弱い・1-3月期・GDP2次速報は小幅下方修正を予

2013年6月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年1-3月期法人企業統計と2次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本1-3月期法人企業統計と2次QE予測 ここから本文です1-3月期法人企業統計と2次QE予測企業収益は持ち直し/GDP2次速報はわずかに上方修正と予想サマリー◆2013年1-3月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+6.0%となり5四半期連続の増益となった。売上高は同▲5.8%と4四半期連続の減収となっており、低水準での推移が続いているものの、変動費の減少や、人件費を中心とした固定費の削減が経常利益の押し上げに寄与した格好。企業収益動向を季節調整値で

2013年5月17日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年1-3月期GDP1次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2013年1-3月期GDP1次速報 ここから本文です2013年1-3月期GDP1次速報内・外需のバランスがとれたプラス成長サマリー◆2013年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+3.5%(前期比+0.9%)と2四半期連続のプラス成長となり、市場コンセンサス(前期比年率+2.7%、前期比+0.7%)を上回った。内需寄与度が+0.5%ptと2四半期連続のプラス寄与となったことに加え、外需寄与度が前期比+0.4%ptと4四半期ぶりのプラス寄与となったことが実質G

けいざい早わかり 2013年度第2号:企業の設備投資は増加するか

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グロ

2013年4月12日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年2月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本2月機械受注 ここから本文です2月機械受注2ヶ月ぶりの増加となったが、基調は弱いサマリー◆2月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+7.5%と2ヶ月ぶりのプラスとなり、市場コンセンサス(同+6.9%)を上回った。ただし、基調を確認するために3ヶ月移動平均で見ると、2ヶ月連続のマイナスとなっていること、民需の60%以上を占める非製造業からの受注が低位で推移していることなどから、機械受注は弱含みが続いているとみている。◆需要

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

3月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本3月日銀短観予測 ここから本文です3月日銀短観予測業況判断DIは幅広い業種で大幅な改善を予想サマリー◆4月1日に公表予定の2013年3月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は▲7%pt(前回調査からの変化幅:+5%pt)と大幅な改善を予想する。前回調査以降ドル円レートは10円以上円安に振れており、企業収益も改善が見込まれている。鉱工業生産指数を見ても2012年11月を底に上昇に転じており、今後も上昇が予測されていることなどから、幅広い業種で業況

2013年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本1月機械受注 ここから本文です1月機械受注内外需ともに大幅減少したものの、明るい材料も少なくないサマリー◆2013年1月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(除く船舶・電力)は、前月比▲13.1%と、4ヶ月ぶりのマイナスとなり、市場コンセンサス(同▲1.7%)を大幅に下回った。基調を見るために3ヶ月移動平均で見ても、3ヶ月ぶりのマイナスとなっている。ただし、業種別に内訳を見ると、増加している業種も多くみられることから、1月の機械受注は、緩やかな増加基

2013年2月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

慎重姿勢が続く大企業・製造業の設備投資

慎重姿勢が続く大企業・製造業の設備投資

2013年1月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

11月機械受注 内・外需ともに堅調

トップレポート・コラム経済分析日本11月機械受注 ここから本文です11月機械受注内・外需ともに堅調サマリー◆11月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(除く船舶・電力)は、前月比+3.9%と2ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+0.3%)を上回った。基調を3ヶ月移動平均で見ると、3ヶ月ぶりの増加に転じており、これまで続いてきた減少傾向に歯止めがかかりつつある。◆業種別の内訳を見ると、製造業は前月比+3.9%と2ヶ月ぶりの増加となった。パルプ・紙・紙加工品の大幅増は、大型案件等

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ