「証券投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月9日ナビナビ証券フィードバック数:0大型消費/投資

新型コロナウイルス感染症の流行に伴う将来のお金に対する意識調査を実施

新型コロナウイルス感染症の流行に伴う将来のお金に対する意識調査を実施 当サイトが提供する掲載情報について『ナビナビ証券』では、複数の金融機関と提携し、証券投資に関する情報を提供しています。記事にあるリンクやバナーを通じて、金融機関の口座開設等の一定の成果地点までユーザーが到達した場合、広告主から報酬金額が支払われる場合があります。ただし、『ナビナビ証券』内のランキングや情報に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供で

2014年11月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

いろいろな定義がある「長期投資」

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門長期投資VS短期志向いろいろな定義がある「長期投資」 ここから本文ですいろいろな定義がある「長期投資」長期投資VS短期志向 第2回サマリー長期投資とは、いったいどのような投資をすることでしょうか。筆者の職場は、証券系シンクタンクですが、ここで長期投資とはどのようなものかを尋ねると、大抵、保有期間が長い投資であるとの答えを聞かされることになります。しかし、マネー雑誌を開くと、投資信託などを定期的に、定額分だけ買い付ける投資のことを長期投資と記しているのを見

2014年2月28日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

国際収支の分析です。

(論文)2013年の国際収支(速報)動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2013年の国際収支(速報)動向2014年2月28日日本銀行国際局概要経常収支は、貿易収支の赤字拡大を主因に、黒字が縮小した(12年 4.8兆円→13年 3.3兆円)。資本収支は、対外証券投資の処分(流入)超転化、対内証券投資の取得(流入)超幅拡大により、証券投資が流入超に転化したことを主因に、流入超に転化した(12年 △ 8.2兆円→13年 4.6兆円)。外貨準備は、増加に転じた(12年 3.1兆円→13年 △ 3.

東京市場での投資部門別株式売買状況

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

米国の対外証券保有状況

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

過去最大の売り越しとなった海外資本の米国債投資

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年6月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

資金循環統計 2013年1-3月期

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達資金循環統計 2013年1-3月期 ここから本文です資金循環統計 2013年1-3月期株高・円安により金融資産残高が大幅増加リサーチ本部 執行役員 リサーチ担当 兼 リサーチ業務部長 保志 泰 中里 幸聖 島津 洋隆ニューヨークリサーチセンター 研究員(NY駐在) 矢作 大祐 サマリー◆日本銀行より2013年1-3月期の資金循環統計が公表された。◆前期(2012年10-12月期)と比べ、株式や対外証券投資などの資産価格が大きく上昇して

2013年6月11日財務省フィードバック数:24社会/政治

平成25年4月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成25年6月10日財務省平成25年4月中 国際収支状況(速報)の概要「貿易・サービス収支」が赤字幅を拡大した(▲3,379億円)ものの、「所得収支」が黒字幅を拡大した(+7,216億円)ことから、経常収支は黒字幅を拡大した。1.貿易・サービス収支▲1兆2,593億円の赤字(前年同月比▲3,379億円 赤字幅拡大)「サービス収支」は赤字幅を縮小したものの、「貿易収支」が赤字幅を拡大したことから、「貿易・サービス収支」は赤字幅を拡大し、13か月連続の赤字となった(季節調整値ベースでは平成2

2013年5月7日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

日本の収支です。

(論文)2012年の国際収支動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2012年の国際収支動向2013年5月2日日本銀行国際局概要経常収支は、貿易収支の赤字拡大を主因に、黒字が半減となった(11年 9.6兆円→12年 4.8兆円)。資本収支は、対内証券投資の取得(流入)超幅縮小、対外証券投資の取得(流出)超幅拡大により、証券投資が流出超に転化したことを主因に、流出超に転化した(11年 1.2兆円→12年 △8.2兆円)。外貨準備は、外国為替平衡操作が実施されなかったほか、一部を外準に含め

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ