「評価指標」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年6月26日アスマークフィードバック数:0キャリアとスキル

2020 退職予備軍分析レポート

2020 退職予備軍分析レポート退職を検討している人の半数が人間関係に不満ありコロナ禍の中、テレワークなど環境の変化に向けた「働き方改革」が求められています。近い将来、必ず直面する「労働人口不足」と合わせ、企業は、離職を抑え人材を定着させることが課題となってくることでしょう。そこで、”退職予備軍”と呼ばれる退職検討者に目を向け、退職を検討するに至る要因と重要指標についてを分析しました。 < TOPICS >仕事内容や量に対する満足度は離職に繋がる最たる要因 モチベーションや仕事に対する適正な評価

企業版SDGs調査2020 結果発表。1位はトヨタ

【弊社社員を装った迷惑メール(なりすましメール)にご注意を】 添付ファイルの開封や記載URLへのアクセスを行わず、メールを削除していただくようお願い致します。 企業版SDGs調査2020 結果発表。1位はトヨタ 消費者やビジネスマン、投資家など1万500人による国内の有力企業210社のSDGs取組やESG活動を評価する「企業版SDGs調査」を実施。消費者から最も高く評価された企業はトヨタ自動車。2位以下はアサヒビール、旭化成、サントリー、パナソニックでした SDGs評価1位はトヨタ。ESG評価

「第5回お客様満足(CS)向上への取り組み実態調査」の結果を発表

CSの取り組みは「不満解消」から「自社の特長で喜ばれる」へ移... CSの取り組みは「不満解消」から 「自社の特長で喜ばれる」へ移行傾向事業成長を意識して評価に満足度と継続利用意向を併用~「第5回お客様満足(CS)向上への取り組み実態調査」の結果を発表~ 株式会社日本能率協会総合研究所(JMAR、代表取締役社長:譲原 正昭)では、日本企業におけるお客様満足(CS)向上への取り組み実態を明らかにすることを目的として、1998年以来5回目となる調査を行いました。図1.お客様の声の収集※本件の無

2018年11月2日Integral Ad Science Japan★★フィードバック数:0マーケティング

2018年上半期のデジタル広告に関する最新レポート

IAS、2018年上半期のデジタル広告に関する最新レポートを発表 新たな評価指標「タイムインビュー」でデジタル広告の総合的なエンゲージメント評価が可能にインテグラル・アド・サイエンス(日本オフィス:東京都品川区、代表取締役社長:藤中 太郎、以下 IAS)は本日、2018年上半期の「メディアクオリティレポート(以下 MQR)」の調査結果を発表しました。同レポートはIASがグローバルで年2回実施している調査で、世界全体で発生する膨大なインプレッションとマーケットを取り巻くさまざまな環境要因をあわせて

社長力ランキング 2016

2016/09/23 18:00「社長の成績表」全公開! 社長力ランキング 2016世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版 第一生命保険 渡邉光一郎 代表取締役社長(写真=ヤン・ブース)これからの日本に必要な経営者像を映し出す―。今回の「CEO ランキング 2016」で重視したのは、「企業の長期的価値への貢献」という新たなリーダー像だ。そのため、“通信簿”である財務パフォーマンスに加え、環境・社会・ガバナンスというESGパフォーマンスも評価指標を取り入れた。総合点で同点の場合は、企業

2016年8月12日バルクフィードバック数:0マーケティング

新商品・新サービスに関するアンケート~第1回 グランピング編~

新商品・新サービスに関するアンケート ~第1回 グランピング編~調査結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.99 新商品・新サービスに関するアンケート ~第1回 グランピング編~調査日時:2016年7月1日(金)~7月5日(火) 社会の変化、ライフスタイルの変化に伴い、新しい商品やサービスが続々と展開されています。スマホやSNSの普及に伴い、そうのような情報を得る機会は年々増えているのではないでしょうか。では、気になる新しい商品やサービスへの消費者の実際の反応はどのようなも

2015年1月8日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国特許権の実力に関する調査

中国特許権の実力に関する調査結果2014年12月17日 1976年 中国吉林省生まれ1999年 中国 東北師範大学 卒業2000年 日本留学2004年 大阪教育大学大学院 教育法学修士2006年 京都大学大学院 法学修士2009年 京都大学大学院 法学博士2009年 電力中央研究所 協力研究員2012年 地球環境戦略研究機関(IGES) 特任研究員2013年4月 IGES 気候変動・エネルギー領域 研究員2014年4月より現職  2014年4月、中国知識産権局(日本の特許庁相当)は「2013年全

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ