「説明書」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年7月20日マイボイスコム★フィードバック数:0ライフスタイル

食の安全に関するアンケート調査(第7回)

食の安全に関するアンケート調査(第7回) ■食の安全に対して不安を感じている人は全体の5割弱で2015年調査以降減少傾向。不安を感じる上位3位は「添加物」「残留農薬」「輸入食品の安全性」。過去調査と比べ「鳥インフルエンザ、BSEなど家畜の疾病」「食品の放射能汚染」などが減少。飲食店での外食に不安を感じる人は5割弱。■不安を感じている食品・飲料の上位は「肉の加工品」「精肉」「魚介類」「水産加工品」「野菜」など。■食品の品質表示等について信頼している人は9割弱。品質表示等で注意して見ることは「

2020年12月1日マイボイスコムフィードバック数:0社会/政治

食品表示に関するアンケート調査(第3回)

食品表示に関するアンケート調査(第3回) ■食品購入時に品質表示を気にする人は全体の6割。品質表示で注意して見るのは「期限表示」7割強、「原産国、生産地」6割強、「価格」5割強、「原材料」「製造年月日」が各4割。■機能性表示食品について「詳しく知っている」は1割強、「聞いたことがある程度」は8割弱、あわせて9割弱の認知率。過去調査と比べ増加傾向。栄養機能食品の認知率は7割弱、トクホの認知率は約96%■利用したい機能性表示食品の効果は「免疫力・抵抗力向上」「疲労回復」「中性脂肪や内臓脂肪対策

2015年7月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 食品表示

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ食品購入時に品質表示等で注意して見るのは「期限表示」「原産国、生産地」「価格」が各6〜7割で上位3位。「製造年月日」「原材料」「内容量」などが続く 機能性表示食品について「詳しく知っている」は約8%、認知率は8割弱。栄養機能食品の認知率は7割弱、トクホの認知率は9割強 機能性表示食品で表示している効果で利用したいものは「疲労回復」「中性脂肪や内臓脂肪対策」「免疫力・抵抗力向上」「コレステロール抑制」などが上位。「老化防止、アンチエイジング」

2015年6月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 食の安全(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ食の安全に対して不安を感じている人は全体の6割強。不安を感じる上位3位は「添加物」「残留農薬」「輸入食品の安全性」。2012年と比べ、「異物・毒物の混入」が増加、「食品の放射能汚染」は、大きく減少 不安を感じている食品・飲料の上位は「肉の加工品」「精肉」「魚介類」「野菜」「水産加工品」など。2012年と比べ、「肉の加工品」「冷凍食品」などが増加、「魚介類」「野菜」「キノコ類」「米、もち」「水道水」などが減少 食品の品質表示等について信頼して

2014年4月6日ネグジット総研フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災による患者の変化と対応

(再掲載)東日本大震災による患者の変化と対応東日本大震災から3年が経過しました。被災地への応援を続けていく思いで「東日本大震災による患者の変化と対応」を再掲します。震災後の2011年4月に「患者さんからの相談で増加した内容」は、「放射能の影響」「不安で眠れない」「チラージンやエンシュアの在庫」に関する相談が多かった。また、「薬の説明書が欲しい」「停電のときの冷所保存品はどうする」といった相談もあった。その他、「薬剤師として、被災地支援のために今後実施しようと考えていること」についても集計していま

2012年7月2日マイボイスコムフィードバック数:1ライフスタイル

マイボイスコム 食の安全(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ食の安全に対して不安を感じている人は6割弱。不安を感じる上位3位は「食品の放射能汚染」「残留農薬」「添加物」 不安を感じている食品・飲料の上位3位は「精肉」「魚介類」「野菜」で、各6割弱。北海道、関東では「野菜」、東北では「魚介類」が1位 食品の品質表示等について信頼している人は8割強。品質表示等で注意して見ることは「期限表示」「原産国、生産地」「製造年月日」などが上位 直近1年間で、食の安全の意識・行動に変化があった人は6割弱。変化の内容

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ