「課題解決」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年11月18日イノベーション★フィードバック数:0ビジネス

テレワーク実施中のBtoB営業へ調査を実施テレワーク中の営業課題第一位が『新規リード獲得』という結果に

TOPお知らせテレワーク実施中のBtoB営業へ調査を実施テレワーク中の営業課題第一位が『新規リード獲得』という結果に~課題解決手法として、「セールステックの導入・見直し」の回答が最多に~ 2020/11/11 テレワーク実施中のBtoB営業へ調査を実施テレワーク中の営業課題第一位が『新規リード獲得』という結果に~課題解決手法として、「セールステックの導入・見直し」の回答が最多に~ 株式会社イノベーション(マザーズ 証券コード3970)のグループ会社で、「働く」を変え、組織や個人が成長できる社

2020年10月30日メンバーズ★★フィードバック数:0ライフスタイル

地球温暖化問題と購買に対する生活者意識調査(CSVサーベイ)

ナビゲーションメンバーズについてニュースリリース(2020年)メンバーズ、「地球温暖化問題と購買に対する生活者意識調査(CSVサーベイ)」を実施 7割が地球温暖化への関心がある一方、関連商品の購入経験者は3割 購入に至らない理由は「該当商品が分からない」「商品に出会わない」が最多~地球温暖化など社会課題への企業の取り組みが重要視されており、社会課題に取り組む商品・サービスを保有する企業側の工夫により販売機会の拡大が期待できることが明らかに~ メンバーズ、「地球温暖化問題と購買に対する生活者意識調

飲食店の年末の営業と採用活動に関する調査を実施

SCROLLCOMPANY人財採用の課題解決からその先の支援へプレシャスパートナーズは"雇用のミスマッチをなくす"というミッションを掲げ、2008年に設立した《総合人材サービス企業》です。東京、名古屋、大阪、福岡を拠点とし、人材採用に関する様々なサービスを展開、採用の総合コンサルティングを行っています。2019年には就活イベントの運営やHRテックサービスの取り扱いも開始。人財は経営資源の中で最も重要な位置付けにあるという考えに基づき、採用の先を見据えて課題解決に取り組んでまいりました。2020年

2020年7月22日Shirofune★フィードバック数:0マーケティング

【調査】売上・利益率の低さに加え、スキル不足や長時間労働なども課題に 広告代理店の経営者83人へのアンケートで分かった課題の傾向

【調査】売上・利益率の低さに加え、スキル不足や長時間労働なども課題に 広告代理店の経営者83人へのアンケートで分かった課題の傾向 Google・Yahoo!・Facebook・Instagramの広告運用自動化ツール「Shirofune」では、BtoB営業・マーケティングのデジタル化支援を行う株式会社才流と合同で、広告代理店83社の経営者に向けたアンケートを実施しました。アンケート実施目的広告代理店に向けたサービスや機能開発、マーケティング施策を検討するにあたり、広告代理店の経営層に限定したアン

2020年5月11日アスタミューゼフィードバック数:0社会/政治

理系プロフェッショナルの42.7%にて「社会課題を解決する仕事」への意欲が向上

新型コロナウイルスの影響で、仕事・転職の価値観が大きく変わりはじめる。理系プロフェッショナルの42.7%にて「社会課題を解決する仕事」への意欲が向上。 SDGsや社会課題の解決で取り組みたい仕事のトップは「くらし・生活」51.4%。「環境」「経済」「教育」「医療」も30%を超える。 アスタミューゼ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:永井歩、以下「アスタミューゼ」)は、研究職、技術職、開発職、専門職などの採用プラットフォームを提供しています。2020年4月に、技術職、専門職を対象とした

2019年9月10日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

DX国内動向調査結果を発表

Japan, 2019年8月29日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業を対象としたデジタルトランスフォーメーション(DX)の動向調査結果を発表しました。これによると、国内企業のDXへの取り組みは、より現実的な目標、業務上の課題解決に向けたものとなっている一方で、その効果を実感していない企業も多く、DXプロジェクト/システム間の連携も道半ばであることがわかりました

2018年2月15日Appmart★フィードバック数:0マーケティング

2017年コンテンツマーケティングの実態調査

2017年コンテンツマーケティングの実態コンテンツマーケティングを実施する企業が増え、その運用方法は企業によってさまざまです。そこで今回、「2017年のコンテンツマーケティングの実態」を調査すべく、20代~50代の男女331人、コンテンツマーケティング従事者に対して調査を実施。 自社コンテンツの目的や運用コスト、成果を実感するまでの期間や集客につながったコンテンツの種類などを調査しました。【調査概要】有効回答:331名調査期間:2017年12月19日~12月22日調査方法:インターネット調査調査

2017年6月30日ソフトブレーン★フィードバック数:0マーケティング

営業課題に関するアンケート

ページの先頭になります。ページ内を移動するためのリンクです。 ここからヘッダ情報になります。ここから本文になります。企業の抱える営業上の悩み1位は「新規顧客開拓」 労働人口減少、長時間労働抑制のなかでいかに売上を伸ばすかが課題に ~営業課題に関するアンケート結果(2016年4月~2017年3月実施)~ 2017年06月20日 ソフトブレーン株式会社営業課題解決サービスを提供するソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田浩文、以下 ソフトブレーン)は、ビジネスパーソンを対象に

2015年4月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度「ベトナム・ドンナイ省ビエンホア市における廃棄物処理分野の課題解決に向けた関西の環境装置・システム企業ビジネス展開調査」報告書

トップページ > 施策のご案内 > 環境・リサイクル > 平成26年度「ベトナム・ドンナイ省ビエンホア市における廃棄物処理分野の課題解決に向けた関西の環境装置・システム企業ビジネス展開調査」報告書平成26年度「ベトナム・ドンナイ省ビエンホア市における廃棄物処理分野の課題解決に向けた関西の環境装置・システム企業ビジネス展開調査」報告書最終更新日:平成27年4月14日「ベトナム・ドンナイ省ビエンホア市における廃棄物処理分野の課題解決に向けた関西の環境装置・システム企業ビジネス展開調査」について 近畿

BtoBサイト調査結果分析2014 第5回:ニーズ充足者と非充足者の違い

BtoBサイト調査結果分析2014第5回:ニーズ充足者と非充足者の違いグラフはニーズ充足者と非充足者のそれぞれについて、各社のBtoBサイトに対する印象を尋ねた結果をまとめたものである。【図1】ニーズ充足とサイトの印象との関係(2014年)※回答者の割合、複数回答ニーズ充足者と非充足者で最も違いが大きいのは「製品・サービスの特徴を理解しやすい」に対する評価である。ニーズ充足者は40.9%が該当するのに対し、非充足者は9.9%と大きな差がある。第2回で見たように、BtoBサイトの利用目的として最も

2013年10月23日マイボイスコム★フィードバック数:0大型消費/投資

テキストマイニングのレポートが見られます。

テキストマイニングで見えてきた、理想の住まいの姿

[MyVoice] ,商品開発 住まい 課題解決 テキストマイニング 住宅 理想 データ分析 マーケティング 定性調査 仮説構築

2013年1月8日日本政策投資銀行フィードバック数:0ビジネス

バリューチェーンコア企業に関する調査

バリューチェーンコア企業に関する調査について 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、技術力があり、バリューチェーン上で重要な役割を担う「バリューチェーンコア企業」に着目した調査を実施しました(詳細については、DBJウェブサイト「今月のトピックス」( )掲載の「No.185 バリューチェーンコア企業のサポートによる産業競争力強化」をご参照ください。)。DBJは、かねてより産業のバリューチェーン(注)、設備投資計画、技術競争力やものづくり中堅中小企業に関する調

デジタル・ナレッジによる調査結果です。

【2011年に取り組むべき経営課題に関するアンケート結果】 『人材育成』が経営課題解決のカギ

株式会社デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、全国の経営者および経営に携わる役員計103名を対象に、経営課題に関するアンケート調査を実施しました。(有効回答数103) その結果、『顧客満足度の向上』『新事業開発』『後継者の育成』といった経営課題を抱えている経営者および経営に携わる役員が多いことが明らかになりました。さらに、それらの経営課題を解決するうえでもっとも不足しているものを尋ねたところ、圧倒的多数が『人材』と回答。人材採用や社員教育などに頭を悩ませる経営者が多い現状が浮き彫

2008年6月30日総務省★★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

総務省/NRIによるICTインフラに関するアンケートを中心とした調査です。

ICTの利活用及び利用環境整備に関する現状評価(122P)

ご覧いただいているのは国立国会図書館が保存した時点のページです。このページに掲載されている情報は過去のものであり、最新のものとは異なる場合がありますのでご注意下さい。収集時のURLは (外部サイト) ですが、このURLは既に存在しない場合や異なるサイトになっている場合があります。 ICTの利活用及び利用環境整備に関する現状評価について 総務省では、平成20年2月から「ICT成長力懇談会」(座長:村上 輝康 株式会社野村総合研究所シニア・フェロー)を開催し、ICTによる新たな成長戦略の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

お知らせ