「調剤薬局」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年6月17日スマスタフィードバック数:0社会/政治

薬剤師がやりがいを感じるのはどんなとき?【薬剤師100人にアンケート】

薬剤師がやりがいを感じるのはどんなとき?【薬剤師100人…薬剤師がやりがいを感じるのはどんなとき?【薬剤師100人にアンケート】 どのような仕事でも、やりがいは大切です。それは薬剤師であっても同じ。事実、やりがいがなく職場が合わないと感じ、転職する薬剤師は少なくありません。逆に言えば、やりがいのある職場は働きやすいということ。そこで現役の薬剤師は、どのような仕事にやりがいを感じているか調査しました。アンケートにて、職場により薬剤師のやりがいが異なることがわかりました。環境によって、やりがいの見

2021年5月10日スマスタフィードバック数:0ビジネス

【薬局設備】散薬分包機の不満と求める新機能【薬剤師100人にアンケート】

【薬局設備】散薬分包機の不満と求める新機能【薬剤師100…【薬局設備】散薬分包機の不満と求める新機能【薬剤師100人にアンケート】 薬剤師の業務と、切っても切れない関係である散薬分包機。以前よりは分包品が増え便利になりましたが…高齢化により錠散一包化の数が増え、大変になったという声も聞かれます。薬局運営に欠かせない散薬分包機だからこそ、ストレスなく使えるのが理想。しかし実際には、使っていて気になることが結構あるものです。私も散薬分包機の、タッチパネルの感度が悪くイライラしていた経験が…。今回は

2021年1月21日スマスタフィードバック数:0キャリアとスキル

薬剤師がドラッグストアで働くメリット・デメリット【薬剤師58人にアンケート】

薬剤師がドラッグストアで働くメリット・デメリット【薬剤師…薬剤師がドラッグストアで働くメリット・デメリット【薬剤師58人にアンケート】 「かかりつけ薬局」という言葉が、患者さんにも浸透しつつある現在。調剤薬局は、選ばれる存在になりつつあります。調剤報酬改定や新型コロナウイルスの流行も、薬局の生き残りを厳しいものとしました。そんな中で薬剤師の注目を集めているのが、ドラッグストア。「調剤薬局とドラッグストアのどちらに将来性があると感じますか?」というアンケートでは、75.5%の薬剤師が「ドラッグス

2016年10月18日QLife★フィードバック数:0ライフスタイル

薬剤師からみた「残薬問題」調査

株式会社QLifeトップページニュースリリース薬剤師の47%が、「医師が必要以上を処方」を残薬問題の一因と指摘 医師への働きかけや患者への聞き取りに苦慮し、製薬会社への要望も多数 ~薬剤師からみた「残薬問題」調査~ 薬剤師の47%が、「医師が必要以上を処方」を残薬問題の一因と指摘 医師への働きかけや患者への聞き取りに苦慮し、製薬会社への要望も多数 ~薬剤師からみた「残薬問題」調査~2016年10月11日 [火] QLifeは、「残薬問題」に対する現場の薬剤師の見方を調査した。調剤薬局に勤務してい

2016年7月7日日本調剤フィードバック数:0ライフスタイル

夏バテや熱中症 夏の体調管理に対する意識

自主企画調査 『夏バテや熱中症 夏の体調管理に対する意識』を実施しました 『夏バテや熱中症 夏の体調管理に対する意識』夏バテ予防対策のトップは、「エアコンの設定温度に気を付ける」約3割の人が今までに『熱中症』になったことがあり、屋内での熱中症経験も42.1%『熱中症』の状態で多いのは、「めまいや立ちくらみ、顔のほてり」、「頭痛」 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長 三津原 博)は、自主企画調査『夏バテや熱中症 夏の体調管理に対する意識

2016年2月23日日本調剤フィードバック数:0ライフスタイル

『薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識』に関する調査

『薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識』に関する調査を実施しました 『薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識』多くの人が『薬局』とは、「薬剤師がいるところ」(82.3%)と認識4割の人は、『かかりつけ薬局』という言葉を「見た(聞いた)事はない」6割近くの人は現在、『かかりつけ薬局』を「持っていない」(57.9%) 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長 三津原 博)は、超高齢社会が到来した今、地域における医療・健康管理の

2015年9月15日日本調剤★フィードバック数:0ライフスタイル

『シニア世代の服薬の実態と意識』に関する調査

『シニア世代の服薬の実態と意識』に関する調査を実施しました 日本調剤・自主企画調査『シニア世代の服薬の実態と意識』定期的に通院し、薬を処方されているシニア世代4人に1人は「5種類以上」の薬を処方されている半数以上の人は薬に対してマイナスイメージを持っている 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長・三津原 博)は、自主企画調査『シニア世代の服薬の実態と意識』を実施しました。 本調査は、定期的に医療機関に通院し、薬を処方されている全国の65歳以上の

2015年7月23日日本調剤フィードバック数:0ライフスタイル

子どもの薬に関する調査

「子どもの薬に関する調査」を実施しました 日本調剤・乳幼児の親を対象とした『子どもの薬に関する調査』子どもの薬に関して、飲ませる方法や不安・疑問を聞きました約6割の親が、子どもが飲み薬を嫌がったり、飲まなかった経験がありました 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三津原 博)は、乳幼児を持つ親を対象とした『子どもの薬に関する調査』を実施しました。 本調査は、子どもの薬(飲み薬)に対する親の知識と意識を把握するために、全国の0歳~5歳の子ども

2015年2月5日日本調剤★フィードバック数:0ライフスタイル

花粉症についての調査です。

花粉症経験者に聞いた『花粉症の実態と対策』

花粉症経験者に聞いた『花粉症の実態と対策』 花粉症経験者に聞いた『花粉症の実態と対策』約4割の人は花粉症で「病院に行かない」、行かない理由は“我慢できる”、“面倒”半数以上の人が、花粉症を発症してから治療薬を使う治療薬に対して満足している人は54.5%、半数近くは満足感を得ていない全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表者:取締役社長 三津原博)は、自主企画調査『花粉症の実態と対策』調査を実施しました。本調査は、これまでに花粉症と自覚・診断されたこと

薬局の外国人対応についての調査です。

全国の調剤薬局での外国人患者対応に関する調査

全国の調剤薬局での外国人患者対応に関する調査

2014年9月8日日本調剤フィードバック数:0キャリアとスキル

育児休業復帰者アンケート調査

[日本調剤株式会社] ,アンケート 医療 産休 処方薬 女性 調剤薬局 職場復帰 薬剤師 育休 日本調剤

2014年8月21日日本調剤★フィードバック数:0ライフスタイル

薬についての調査です。

処方薬の飲み残しに関する意識調査

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。「処方薬の飲み残しに関する意識調査」を行いました半数以上の人が処方された薬の飲み残しが生じることがある 飲み残しが生じる理由として最も多いのは、「服用するのをつい忘れてしまうから」 日本調剤『処方薬の飲み残しに関する意識調査』全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:三津原 博)は、『処方薬の飲み残しに関する意識調査』を実施しました。本調査は、「これまで

2014年5月21日プラスアールフィードバック数:0ライフスタイル

「お薬手帳」への意識調査

[] 医療・健康系モバイルサービスを展開する(株)プラスアール(代表:佐藤竜也)は、26年4月の診療報酬改定を受け、調剤薬局で配布される「お薬手帳」への意識調査を行いました。その結果、お薬手帳に関する改定について知っていた人は12.8%でした。また手帳の利用度は「持っていく派(50.3%)、持っていかない派(49.7%)」とほぼ半々でした。持っていかない理由として多かったのは「持っていくのを忘れてしまう(50.6%)」、「持ち運ぶのが面倒(20.8%)」であり、利用促進への課題となりそうです。■

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ