調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 調査ミレニアル

「調査ミレニアル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

「デロイト ミレニアル年次調査2020」を発表

「デロイト ミレニアル年次調査2020」を発表COVID-19がミレニアル・Z世代に及ぼした影響とは?最新グローバル調査データに基づき日本と世界の意識を比較・解説 今後の経済状況の見通しは他国と比較しても悲観的な日本のミレニアル・Z世代。離職意向は低下し、企業に留まりたいとの考えが増加。将来を不安視する声も増加傾向。 2020年7月6日デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田 高士)は、デロイト グローバルが行っているミレニアル・Z世代を対象とした年次調査の最新版となる第

「シェアリング・エコノミー」に関する意識・実態調査

ミレニアル世代の“シェア消費”事情は? 利用意向・利用実態を調査2018年2月15日各位株式会社ジャパンネット銀行株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下ジャパンネット銀行)では、このたび、ミレニアル世代を対象とした、「シェアリング・エコノミー」に関する意識・実態調査を行いました。 ミレニアル世代の「シェアリング・エコノミー」に対する意識を大調査ミレニアル世代とは、2000年以降に成人・あるいは社会人になる世代のこと。日本国内においては、現在の高校生・大学生

第6回ミレニアル年次調査

2017年 デロイト ミレニアル年次調査発表多くの衝撃的な出来事に見舞われた2016年を経て、ミレニアル世代の楽観主義に変化が生じていることが、デロイトの年次グローバル調査で明らかになった デロイトが世界30カ国、約8,000人のミレニアル世代を対象として行った「第6回ミレニアル年次調査」では、ミレニアル世代の自信が揺らぎ、自国が向かう方向を楽観視しなくなっていること、また、安定した職を手放す可能性が低下していることがわかります。 2017年2月13日本プレスリリースは2017年1月31日

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

お知らせ