「調査分析」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年6月18日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2020年 国内マルチクラウドのデータ運用成熟度調査分析結果を発表

08 Jun 20202020年 国内マルチクラウドのデータ運用成熟度調査分析結果を発表 Japan, 2020年6月8日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内の従業員数100人以上のユーザー企業において社内(組織内)全体のデータ管理、具体的には1.データの整合性/品質の維持、2.データの保全(障害からの回復)、3.データのセキュリティ/コンプライアンス維持の

“コロナ太り”急増!?体重を記録しない人は約1kgの体重増加 新型コロナウイルス流行下での生活習慣の変化を調査

2020.04.08新型コロナウイルス流行下での生活習慣の変化を調査し、結果をまとめました “コロナ太り”急増!?体重を記録しない人は約1kgの体重増加新型コロナウイルス流行下での生活習慣の変化を調査1日の歩数は1,000歩減。有酸素運動の減少で、より太りやすい状況に株式会社リンクアンドコミュニケーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺 敏成、以下 当社)は、当社が提供している企業向け健康経営支援アプリ「カラダかわるNavi」のユーザー(主に企業で働く従業員)を対象に、新型コロナウイ

2016年7月6日翔泳社★★フィードバック数:0マーケティング

EC市場とテクノロジー活用の最新動向調査

関心のあるECテクノロジーは「人工知能」と、約5割が回答。E... 関心のあるECテクノロジーは「人工知能」 と、約5割が回答。 EC市場とテクノロジー活用の最新動向についての 調査を実施 株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)と、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都千代田区湯島3-19-11 湯島ファーストビル4F、社長:野下智之)は、調査資料「EC市場とテクノロジー活用の最新動向調査」を2016年6月30日(木)に刊行しました。本調査レポートは、翔泳社のE

職種別で見る国際対応と英語の必要性に関するイメージとギャップについて

[] 留学・語学教育事業を展開する、世界最大級の私立教育機関である イー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人 イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区渋谷2-15-1 以下、EF)の研究機関、EF総合教育研究所は、日々の業務における「国際対応」と「英語の必要性」に関するイメージとギャップについて職種別で調査分析を行いました。調査分析の結果、マーケティング、営業の二種においては、イメージとの間に大きなギャップは見受けられませんでしたが、人事、法務のよ

2015年3月23日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年度7月から9月期(第2四半期)「いわての観光統計」

平成26年度7月から9月期(第2四半期)「いわての観光統計」について平成26年度7月から9月期(第2四半期)「いわての観光統計」を取りまとめました。(平成27年3月23日から公開)観光庁は、平成21年12月、観光入込客に関する調査を全国共通に実施するべく「観光入込客統計に関する共通基準」(以下、「共通基準」という。)を策定しました。これを受けて、平成22年4月より順次、各都道府県において共通基準による調査を実施しています。本県は平成22年4月より導入しました。平成24年度分から、これまでの「年1

2014年12月28日消費者庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年度第5回物価モニター調査

文字サイズ標準大 消費者庁ホーム > 政策 > 政策一覧(消費者庁のしごと) > 調査・物価・事業者連携 調査・物価・事業者連携-消費者政策の基礎となる調査分析を行い、事業者との連携を図ります- 新着情報 3月18日 3月13日 2月28日 2月20日 1月30日消費者白書は、消費者基本法の規定に基づく消費者政策実施の状況と、消費者費者安全法の規定に基づく消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果の報告書として発行しているものです。 消費者政策の企画立案に向けて実施した調査等の結果

2014年11月19日プラスリードフィードバック数:0ライフスタイル

ライフスタイルに関する意識調査

[] ターゲットを決める際、従来は年代別にセグメントすることが多かったですが、近頃では、消費者の生活の多様化に伴い、ライフスタイルに合わせたターゲティングをすることが多くなっています。その一つがF1層やF2層といった、昔は広告・放送業界のマーケティング用語で、2005年ごろから広く使われるようになったセグメントの仕方になります。特にF1層は消費意欲が旺盛で、新しいトレンドにも敏感なことから、多くの企業が対象として関心を持ってきました。 例えば、海外旅行やブランド品を好み、自己投資を惜しまず、キャ

2014年10月26日消費者庁★フィードバック数:0社会/政治

消費者庁の調査です。

平成26年度第4回物価モニター調査

文字サイズ標準大 消費者庁ホーム > 政策 > 政策一覧(消費者庁のしごと) > 調査・物価・事業者連携 調査・物価・事業者連携-消費者政策の基礎となる調査分析を行い、事業者との連携を図ります- 新着情報 3月18日 3月13日 2月28日 2月20日 1月30日消費者白書は、消費者基本法の規定に基づく消費者政策実施の状況と、消費者費者安全法の規定に基づく消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果の報告書として発行しているものです。 消費者政策の企画立案に向けて実施した調査等の結果

2014年9月4日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年度1月から3月期(第4四半期)「いわての観光統計」

平成25年度1月から3月期(第4四半期)「いわての観光統計」について平成25年度1月から3月期(第4四半期)「いわての観光統計」を取りまとめました。(平成26年9月3日より公開)観光庁は、平成21年12月、観光入込客に関する調査を全国共通に実施するべく「観光入込客統計に関する共通基準」(以下、「共通基準」という。)を策定しました。これを受けて、平成22年4月より順次、各都道府県において共通基準による調査を実施しています。本県は平成22年4月より導入しました。平成24年度分から、これまでの「年1回

2014年8月24日消費者庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年度第3回物価モニター調査

文字サイズ標準大 消費者庁ホーム > 政策 > 政策一覧(消費者庁のしごと) > 調査・物価・事業者連携 調査・物価・事業者連携-消費者政策の基礎となる調査分析を行い、事業者との連携を図ります- 新着情報 3月18日 3月13日 2月28日 2月20日 1月30日消費者白書は、消費者基本法の規定に基づく消費者政策実施の状況と、消費者費者安全法の規定に基づく消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果の報告書として発行しているものです。 消費者政策の企画立案に向けて実施した調査等の結果

2014年8月20日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

「スマートフォン」における携帯ショップに関する共同調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 MMD研究所、OKWave総合研究所との共同調査を開始MMDLabo株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:吉本 浩司)が運営するスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を公開する「MMD研究所」()は、株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)の日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」

2014年6月29日消費者庁フィードバック数:0社会/政治

【確報】平成26年度第2回物価モニター調査

文字サイズ標準大 消費者庁ホーム > 政策 > 政策一覧(消費者庁のしごと) > 調査・物価・事業者連携 調査・物価・事業者連携-消費者政策の基礎となる調査分析を行い、事業者との連携を図ります- 新着情報 3月18日 3月13日 2月28日 2月20日 1月30日消費者白書は、消費者基本法の規定に基づく消費者政策実施の状況と、消費者費者安全法の規定に基づく消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果の報告書として発行しているものです。 消費者政策の企画立案に向けて実施した調査等の結果

2014年4月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年延長産業連関表

可能な限り最新時点の産業構造を反映させた表を作成することで、直近の産業構造を踏まえた分析の用に供することを目的とし、その結果として、総務省をはじめとする10府省庁の共同作業による5年ごとの「産業連関表(基本表)」 を補間する役割をも果たしている。 平成30年(2018年)9月4日 平成27年 延長産業連関表(平成23年基準) を公表しました。平成29年(2017年)3月30日 平成26年 延長産業連関表(平成23年基準) を公表しました。平成28年(2016年)4月25日 平成25・24年 延

理科の学習指導の改善・充実に向けた調査分析について(報告書)

理科の学習指導の改善・充実に向けた調査分析について(報告書)平成24年度全国学力・学習状況調査において,理科を追加して実施した結果,小学校・中学校ともに「観察・実験の結果などを整理・分析した上で,解釈・考察し,説明すること」などに課題が見られ,「観察・実験」を通じた理科の学習指導の改善・充実が求められています。 このような状況を踏まえ,このたび,同調査の結果を踏まえた詳細分析とともに,観察・実験の技能の習得状況に関する調査分析を行い,標記報告書をとりまとめました。

2013年7月26日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

主要国の農業情報調査分析報告書(平成24年度)

主要国の農業情報調査分析報告書(平成24年度) PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

2012年9月25日日経BP★フィードバック数:4企業情報システム

開発支援ツールの利用についての調査です。

2012 開発支援ツール徹底調査

Activeトップ2012 開発支援ツール徹底調査分析・設計ツールはどれだけ使える? 分析・設計ツールはどれだけ使える?出典:日経SYSTEMS 2012年6月号pp.48-53 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)分析・設計の生産性や品質は、ツールによって高められる。1210人の回答から明らかになった。●調査概要「日経SYSTEMS 開発支援ツール徹底調査」は、2012年3月9日から4月9日にかけてインターネット上で実施した。調査の実務は日経BPコンサルティングが

2012年3月5日経済産業省フィードバック数:3社会/政治

2007年日中国際産業連関表

日本の産業連関表の作成経験を活かして日本及び各国経済の相互依存関係を明らかにし、一国経済及びその変化が他の国にどのような影響を及ぼすのかについて、定量的に分析できる有力なツールとして利用されている。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 調査分析支援室産業連関班Tel : 03-3501-1511(代表)(内線2837) / 03-3501-6648(直通)FAX : 03-3501-7769E-mail : qqcebb@meti.go.jp 経済産業省 〒100-8901 東

2009年7月13日総務省フィードバック数:0エンタテインメント

「メディア・ソフトの制作及び流通の実態」に関する調査

報道資料「メディア・ソフトの制作及び流通の実態」に関する調査結果の公表〜日本のメディア・ソフト市場規模(2007年)は11.4兆円。ネットワークでの流通が1兆円規模に成長〜 総務省では、様々なメディアを流通するメディア・ソフトの制作・流通状況に関する調査・分析を毎年行っております。このほど、調査分析結果を取りまとめましたので、公表します。 1 メディア・ソフトの市場規模(2007年)は11兆4,110億円。映像系は増加したものの、音声系、テキスト系が減少し、市場全体は横ばい(対前年比0.3%減)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ