「調査目的」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年1月25日新潟県フィードバック数:0社会/政治

平成29年度 第4回県民アンケート調査

本文調査テーマ 「食の安全に関する県民意識と食品安全行政に求めること」調査の概要調査目的 食の安全・安心に関する県民の皆さんの意識や県に対する要望を把握し、今後の施策展開の参考とすることを目的とする。調査期間 平成29年10月13日(金曜日)~11月16日(木曜日)調査方法 郵送調査調査対象者 新潟県内に在住する20歳以上79歳以下の男女回答者 434人(回収率86.8%)調査項目食の安全に対する感じ方について普段の食生活における食の安全について食品表示について食中毒予防について食の安全に関する

2015年1月9日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

平成27年度 都立高校全日制等志望予定(第1志望)調査

平成27年度 都立高校全日制等志望予定(第1志望)調査の結果について平成27年1月7日東京都中学校長会進路対策委員会教育庁1 調査目的 都立高校等への進学志望状況を調査し、進路指導の資料とすることを目的として、昭和51年度から実施している。2 調査対象 都内区市町村立中学校(617校)卒業予定者(77,354人)3 調査時点 平成26年12月12日4 配布資料平成27年度都立高校全日制等志望予定(第1志望)調査結果(概要)(PDF形式:70KB)平成27年度都立高校全日制等志望予定(第1志望)調

2014年5月23日リクルート★★フィードバック数:0マーケティング

スマートフォンにフォーカスしています。

高校生価値意識調査2014(WEB利用について)

高校生のWEB利用状況の実態把握調査スマートフォンなどの新デバイスの利用状況や、SNSに代表される新しいWEBサービスの利用状況を把握することを通じて学生募集戦略の参考データを得るために、全国の高校生を対象に調査を行っています。高校生のWEB利用状況の実態把握調査 2014高校生のスマートフォン所有率82.2%、3年間で5.5倍に! 約6割がスマホで勉強=「スマ勉」がトレンドに■スマートフォン所有率は82.2%、3年間で5.5倍に。82.2%の高校生がスマートフォンを所有しています。所有率は20

2013年8月1日日本銀行フィードバック数:7社会/政治

「生活意識に関するアンケート調査」(第55回)の実施について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 「生活意識に関するアンケート調査」(第81回)の実施について2020年1月29日日本銀行情報サービス局日本銀行では、2月6日から3月3日にかけて、下記の要領で「生活意識に関するアンケート調査」(第81回)を行い、その結果を4月上中旬に公表する予定です。この調査にご協力をお願いする方々は、法令に定められた手続きを経て、住民基本台帳を閲覧し、無作為に選ばせていただいております。今回の調査は、日本銀行の委託を受けた「株式会社

医療機関の待合室におけるデジタルサイネージについての調査報告

医療機関の待合室におけるデジタルサイネージについての調査報告... 医療機関の待合室におけるデジタルサイネージについての調査報告患者への広報番組により“患者からの質問行動が増えた”などの影響を確認 株式会社メディアコンテンツファクトリー(本社:福岡県福岡市、代表取締役:毛塚 牧人、以下 同社)は2012年12月から2013年1月にかけて、同社が全国800施設の医療機関に展開する「患者向け待合室デジタルサイネージ『メディキャスター』(以下 サイネージ)」の利用ユーザーに対してアンケート調査を

2012年3月29日CyberZフィードバック数:18モバイル

スマートフォンにおけるアプリダウンロード傾向の調査

CyberZ、スマートフォンにおけるアプリダウンロード傾向の調査を実施 〜iPhoneとAndroidで異なるユーザー動向、iPhoneは休日・Androidは平日〜株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内 隆裕)は京都大学在籍の大学院生が立ち上げた学生ベンチャーである株式会社アヌビス・エンタテイメントとスマートフォン広告の配信実績を用いた調査結果をご報告いたします。■背景当社では国内初のスマートフォンに特化した広告代理店として、アドネットワーク広告やリスティング広告の運用

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

新着データ

お知らせ