「調査論文」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2012年5月14日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)決済インフラを巡る国際的な潮流とわが国への含意

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 決済インフラを巡る国際的な潮流とわが国への含意2012年5月11日決済機構局 武田憲久、武井愛、二宮拓人要旨世界各国では、金融市場のグローバル化と金融危機の教訓を踏まえながら、決済インフラの強化・拡充が進んでいる。米国では、金融危機の経験を踏まえ、レポ取引の決済インフラの改善が進められている。欧州では、域内の金融市場統合と決済の安全性向上の観点から、証券決済インフラのITプラットフォームの統合が進められている。アジアで

2012年4月27日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(論文)企業年齢と株価

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 企業年齢と株価2012年4月26日日本銀行金融市場局千家倫彦※1藤原一平※2マシュー ポジ※3要旨先行研究によれば、企業が成熟するにつれて、その株価は大幅な上昇が見込み難くなる。一方、成熟化の過程で当該企業が経営知識や外部機関からの信用を蓄積し、経営の安定性を高めれば、株価のボラティリティは低下すると考えられる。従って、企業年齢と株価上昇率、企業年齢と株価ボラティリティの間には、いずれも負の関係が成立すると予想される。

2012年4月23日日本銀行フィードバック数:2大型消費/投資海外

(日銀レビュー)最近の中国住宅市場の動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の中国住宅市場の動向について2012年4月20日国際局 中谷亮太、松永美幸、長野哲平要旨中国の住宅市場をみると、2009年から10年にかけて活況を呈したが、このところ住宅価格は緩やかに下落し、住宅投資も減速している。こうした動きは、それ自体としては、景気の持続性を確保する上で望ましい動きとして捉えることが出来る。一方で、これまでの住宅・不動産ブームを受けて、潜在的な住宅在庫が増加し、不動産ディベロッパー向け信用が拡

2012年4月23日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(論文)2011年の国際収支動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2011年の国際収支動向2012年4月20日日本銀行国際局概要経常収支は、貿易収支の赤字転化を主因に、黒字が縮小した(10年 17.9兆円→11年9.6兆円)。資本収支は、対外証券投資の取得(流出)超幅が縮小し、対内証券投資の取得(流入)超幅が拡大したことから、7年振りに流入超に転化した(10年 △12.0兆円→11年 6.3兆円)。外貨準備は、外国為替平衡操作及び運用益により引続き増加した(10年 △3.8兆円→11

2012年4月20日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(日銀レビュー)わが国銀行の株式保有と貸出・債券との連関リスク

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 わが国銀行の株式保有と貸出・債券との連関リスク2012年4月19日金融機構局 菅和聖、福田善之、杉原慶彦、西岡慎一要旨わが国銀行の株式保有は、収益を不安定化させる要因となっている。加えて、銀行は特定の取引先に対し、株式保有とともに多額の融資も実行しており、仮にこうした取引先が倒産すると、銀行は貸出と株式の双方から損失を蒙る。さらに、民間部門の資金需要が低迷する中、銀行では国債を中心とした債券保有が増加している。株価と金

2009年7月21日日本銀行フィードバック数:1大型消費/投資

最近の電子マネーの動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の電子マネーの動向について(2008年度)2009年7月10日日本銀行決済機構局要旨 日本銀行決済機構局は、2007年度に続き、今般、主要電子マネーの2008年度の利用動向に関する計数を取りまとめた。電子マネーの決済件数・金額は、「電子マネー元年」と呼ばれた2007年度以降も増加を続け、発行枚数も2009年1月に1億枚を超えた。主要な電子マネーが利用可能な地域も全国的に拡がっており、電子マネーは小口決済手段のひとつ

2008年9月1日日本銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

日本銀行による電子マネーの動向調査です。

最近の電子マネーの動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の電子マネーの動向について2008年8月22日日本銀行決済機構局要旨 2007年度の主要6電子マネー(IC型)の利用状況をみると、年度末発行枚数は8,000万枚を超え、同発行残高(未使用残高)も771億円となった。また、年度中の決済件数は810百万件、同決済金額は5,636億円と、それぞれ大幅に増加した。こうした利用増加の背景としては、新規電子マネーの発行や一部電子マネーにおける相互運用の開始、共用端末設置の拡充等

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ