「財務情報」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年7月12日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

SCMの導入状況(2016年・前編)

IT担当者300人に聞きました:SCMの導入状況(2016年)/前編 (1/3)キーマンズネット会員368人を対象にアンケート調査を実施した。サプライチェーン管理(SCM)ツールの利用状況が明らかになった。 キーマンズネットでは、2016年5月12日〜30日にかけて「SCMの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数368件)。回答者の顔ぶれは、業種別では「IT製品関連・ITサービス業」が38.9%、「電気・電子・OA」が10.3%、それら以外の業種が50.8%、企業規模別では大企業が3

2015年4月19日東洋経済新報社★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東洋経済のランキングです。

最新版!「CSR総合ランキング」トップ700社

最新版!「CSR総合ランキング」トップ700社“信頼される”1位富士フイルム、2位ドコモ 経済産業省と東京証券取引所は2年前に開始した「なでしこ銘柄」に続き、3月に「健康経営銘柄」の選定を行った。財務面と女性や従業員の健康面などの非財務情報をあわせて株式投資向けの優れた会社を選ぼうという動きが少しずつ広がり始めている。東洋経済はこうした非財務情報と財務情報を統合して企業を評価する時代が到来することを10年前から見据え、2005年からCSR(企業の社会的責任)調査を開始。翌2006年からは財務面

2015年3月22日文部科学省★フィードバック数:0キャリアとスキル

文科省の調査です。

平成26年度学校法人の財務情報等の公開状況に関する調査

現在位置トップ > 教育 > 小学校、中学校、高等学校 > 私立学校の振興 > 財務情報の公開の推進 > 平成30年度学校法人の財務情報等の公開状況に関する調査結果について(通知) 平成30年度学校法人の財務情報等の公開状況に関する調査結果について(通知) 30高私参第11号 平成31年3月1日文部科学大臣所轄各学校法人理事長殿文部科学省高等教育局私学部参事官金光 謙一郎「平成30年度学校法人の財務情報等の公開状況に関する調査結果」を、別紙のとおり取りまとめましたので、御参考までに送付します。

2014年12月25日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

社会的責任投資(SRI)とCSR情報の評価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆社会的責任投資(SRI)は、投資プロセスに非財務情報も考慮する投資や株主として企業に働きかけることをいい、欧米を中心にSRI市場の規模が拡大している。◆2011年末における世界全体のSRI市場の規模は約13.6兆ドルで、運用資産額の21.8%に相当すると推計されている。米国のSRI市場の規模は、2012年調査の約3.7兆ドルから2014年調査では約6.6兆ドルへと拡大している。欧州も2011年末の約

今、統合報告書は必要か?(その1)-まずは、「統合思考」と「CSR中期計画」を! !

今、統合報告書は必要か?(その1)-まずは、「統合思考」と「CSR中期計画」を! ! | ニッセイ基礎研究所 今、統合報告書は必要か?(その1)-まずは、「統合思考」と「CSR中期計画」を! ! 川村 雅彦基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら はじめに:統合報告書の前にするべきこと1.今、本当に統合報告書は必要か?(問題提起)2.IIRCが求める統合報告書とは何か?

「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造-

「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造-「統合思考」による発想の転換を!-「統合報告」に向けた非財務情報の重視と企業価値の創造- 川村 雅彦基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ