「財政再建」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月19日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

日本の財政についてのレポートです。

財政再建に関する最近の論点

トップレポート・コラム政策分析財政財政再建に関する最近の論点 ここから本文です財政再建に関する最近の論点やはり容易ではない基礎的財政収支の黒字化リサーチ本部 執行役員 リサーチ担当 兼 政策調査部長 鈴木 準 サマリー◆2020年度に基礎的財政収支(PB)黒字化を実現するための新しい財政健全化計画がまもなく示されることから、数回にわたるシリーズレポートで財政問題にフォーカスする。◆財政健全化を議論する際のベースになっている内閣府試算の経済再生ケースでは、PB赤字が続いても公債等残高GDP比が低下

財政再建の新指標に「債務残高対GDP比」

財政再建の新指標に「債務残高対GDP比」 | ニッセイ基礎研究所 財政再建の新指標に「債務残高対GDP比」 総合政策研究部 常務理事 チーフエコノミスト・経済研究部 兼任 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2020年度までの財政健全化計画に新たな目標を設定するとの見方が浮上している。従来の基礎的財政収支(以下、プライマリーバランス)の2020年度黒字化

2015年3月6日言論NPOフィードバック数:0社会/政治

「2015年度予算を検証する」有識者アンケート

「2015年度予算を検証する」有識者アンケート2015年3月06日調査の概要 言論NPOは、「2015年度予算を検証する」と題して、有識者を対象にアンケート調査を行いました。調査は言論NPOの活動にこれまで参加していただいた全国の有識者約6000人を対象に、2015年3月2日から3月3日までの期間でメールの送付によって行われ、ご回答いただいた100人分のアンケート結果を集計し、分析しました。回答者の属性※各属性で示されている数値以外は無回答の割合。この頁以降、数値は小数点第2位を四捨五入している

2015年2月12日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

大きなトピックの影響を見ています。

円安・原油安・法人税改正・消費税増税延期が日本経済に与える影響を検証する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 円安・原油安・法人税改正・消費税増税延期が日本経済に与える影響を検証する論点整理と影響試算 ◆2015年2月3日、大和総研では「日本経済中期予測(2015年2月)―デフレ脱却と財政再建、時間との戦い―」を発表した。本予測に当たっては、日本経済を大きく左右する四つの環境変化を織り込んでいる。それらは大幅な円安の進行、原油価格の大幅な下落、法人税制の見直し、そして消費税増税の延期である。本稿ではこれらの変

2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2015年2月)解説資料

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済中期予測(2015年2月)解説資料 ここから本文です日本経済中期予測(2015年2月)解説資料デフレ脱却と財政再建、時間との戦いサマリー今後10年の世界経済 p.3(近藤)今後10年の日本経済 p.13(小林)財政再建に必要な地方創生・歳出抑制策とは p.29(溝端) このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わな

2015年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2015年2月)

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済中期予測(2015年2月) ここから本文です日本経済中期予測(2015年2月)デフレ脱却と財政再建、時間との戦いサマリー◆大和総研では日本経済中期予測を半年ぶりに改訂し、今後10年間(2015~2024年度)の成長率を、年率平均で名目+1.2%、実質+1.0%と予測する。物価上昇率は総じて緩やかに加速する見通しだが、日銀のインフレ目標の達成は困難である。短期金利はゼロに据え置かれ、量的な金融緩和も継続されると予測する。◆世界経済の平均成長率は3.3%

2014年12月29日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

敗戦から70年、財政再建の道筋を示せるか

新春特別コラム:2015年の日本経済を読む 敗戦から70年、財政再建の道筋を示せるか2015年は太平洋戦争での敗戦からちょうど、70年の節目の年である。1945年8月15日正午、無条件降伏を盛り込んだポツダム宣言受諾の聖断を前日に下した天皇は、国民にラジオ放送により終戦の詔勅を発した。敗戦直前まで、政府は戦費調達のために大量の戦時国債を発行した。戦争中に政府が命令や契約の形で国民に支払いを約束した「戦時補償債務」は累積し、1945年頃には政府債務(対GDP)は約200%に達していた。これは明らか

2014年11月6日日本総研フィードバック数:0社会/政治

もたつく景気と消費再増税の判断-デフレ脱却と財政再建をどう両立するか

もたつく景気と消費再増税の判断-デフレ脱却と財政再建をどう両立するか

2014年9月2日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

下期の経済政策です。

2014年度下期の経済政策運営の焦点-正念場迎える成長戦略・財政再建・金融政策

2014年度下期の経済政策運営の焦点-正念場迎える成長戦略・財政再建・金融政策

【マレーシア4-6月期GDP】前年同期比+6.4%~内需鈍化も輸出拡大で加速~

【マレーシア4-6月期GDP】前年同期比+6.4%~内需鈍化も輸出拡大で加速~ | ニッセイ基礎研究所 【マレーシア4-6月期GDP】前年同期比+6.4%~内需鈍化も輸出拡大で加速~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら マレーシア統計庁(DOSM)は8月15 日に2014 年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成

2013年7月24日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【次世代の国づくり】財政再建にどう取り組むか-国内外の重債務国の歴史的経験を踏まえたわが国財政の立ち位置と、中期財政計画の課題

【次世代の国づくり】財政再建にどう取り組むか-国内外の重債務国の歴史的経験を踏まえたわが国財政の立ち位置と、中期財政計画の課題

2013年3月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済への逆風は財政再建とユーロ高

欧州経済への逆風は財政再建とユーロ高

2013年3月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:5社会/政治

政府の財政再建の取り組みと今後の諸方策

政府の財政再建の取り組みと今後の諸方策 | ニッセイ基礎研究所 政府の財政再建の取り組みと今後の諸方策 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――財政赤字拡大の要因と政府の取り組み3――第2次安倍内閣の財政再建の枠組み4――財政健全化に有効な諸方策5――おわりに第二次安倍内閣は、「機動的な財政政策」を掲げ、短期では1

2013年3月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

勝ち組ドイツに潜む不安

トップレポート・コラム経済分析欧州勝ち組ドイツに潜む不安 ここから本文です勝ち組ドイツに潜む不安~ 2013年総選挙の争点から~『大和総研調査季報』 2013年新春号(Vol.9)掲載サマリー財政再建に苦しむ国が多い欧州諸国の中で、財政収支はほぼ均衡、失業率は20年ぶりの低水準と、例外的に好成績の国がドイツである。実はわずか10年前のドイツは「欧州の病人」と言われていたのだが、2000年代半ばに大胆な雇用コスト削減策を実施し、それが輸出競争力の向上と財政再建につながった。とはいえ、ドイツ国民に不

2013年2月7日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:3社会/政治

国債を中心に日本の財政について分析しています。

日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは?

日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは? | ニッセイ基礎研究所 日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは? 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――日本国債の神話の背景3――中長期的な財政状況のシミュレーション4――今後求められる財政再建に必要な経済政策5――おわりに欧州債務問題を発端に、金融市場において各国

2011年12月7日内閣府★フィードバック数:3社会/政治

内閣府による世界経済情勢についてのレポートです。

世界経済の潮流 2011年 II 減速する世界経済、狭まる政策余地

世界経済の潮流2011年 II<2011年下半期 世界経済報告> 目次第1章 減速する世界経済、狭まる政策余地1.世界経済の動向:再び減速する兆し2.金融資本市場の緊張:質への逃避1.金融危機対応で拡大した財政赤字・債務残高2.世界的な財政再建への流れ:更なる財政出動には期待できず1.世界的な物価上昇とスタグフレーション懸念2.緩和を続けざるを得ない先進国、引き締め続けざるを得ない新興国1.財政政策上の論点2.金融政策上の論点3.論点を踏まえた各国の現状の評価1.経済の見通し(メインシナリオ)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ