「販売統計」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本1月消費統計 ここから本文です1月消費統計耐久財中心に堅調な結果。駆け込み需要は徐々に広がりを見せる見込みサマリー◆総務省「家計調査」によると、2014年1月の実質消費支出は季節調整済み前月比+1.6%と、3ヶ月ぶりに増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+2.7%と3ヶ月連続で増加している。2014年1月の個人消費は、駆け込み需要の本格化と天候要因などに支えられ、堅調に増加したと考えてよいだろう。◆経済産業省「商業

2014年2月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年2月24日~2月28日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2014年2月21日(金)指標名:主要経済指標予定(2014年2月24日~2月28日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4526(2 月 24 日~2 月 28 日の主なイベント、指標予定)指標名2 月 24 日 (月)2 月 25 日 (火)8:502 月 26 日 (水)2 月 27 日 (木)2 月 28 日 (金)8:508:308:308:308:308:508:5014:00

2014年1月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

商業販売統計(2013年12月) ~前月比▲1.1%と減少も、基調は上向き~

商業販売統計(2013年12月) ~前月比▲1.1%と減少も、基調は上向き~

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月消費統計 ここから本文です12月消費統計耐久財中心に堅調な結果。駆け込み需要は徐々に広がりを見せる見込みサマリー◆総務省「家計調査」によると、2013年12月の実質消費支出は季節調整済み前月比▲0.7%と、前月から減少した。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+0.5%と2ヶ月連続で増加している。新車販売が引き続き好調であることを踏まえると、12月の個人消費は堅調な増加が見られたと考えてよいだろう。◆経済産業省

2014年1月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年1月27日~1月31日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2014年1月24日(金)指標名:主要経済指標予定(2014年1月27日~1月31日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4526(1 月 27 日~1 月 31 日の主なイベント、指標予定)1 月 27 日 (月)8:508:501 月 28 日 (火)8:501 月 29 日 (水)1 月 30 日 (木)8:501 月 31 日 (金)8:508:308:308:308:308:30

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2013年11月) ~個人消費は増加基調を維持。駆け込み需要も発生している模様~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査・商業販売統計(2013年11月)発表日:2013年12月27日(金)~個人消費は増加基調を維持。駆け込み需要も発生している模様~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)実質可処分所得消費性向合計(勤労者世帯)(勤労者世帯)除く住居等(※)前年比2013前月比前年比前月比前年比前月比1月2月3月5.22.02.4▲ 0.30.61

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年11月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本11月消費統計 ここから本文です11月消費統計11月は衣料品を中心に増加。増税後の個人消費は所定内給与の動向次第サマリー◆総務省「家計調査」によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲0.3%と、前月から減少した。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+0.2%と2ヶ月ぶりに増加している。自動車に対する支出の増加が続いていることを考慮すると、11月の個人消費は堅調な結果であったと言えよう。◆経済産業省「商業販売統計」に

2013年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2013年12月16日~12月20日)

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:主要経済指標予定(2013年12月16日~12月20日)発表日:2013年12月13日(金)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4526(12 月 16 日~12 月 20 日の主なイベント、指標予定)12 月 16 日 (月)8:5012 月 17 日 (火)8:5014:0012 月 18 日 (水) 8:5012 月 19 日 (木)10:308:5013:3014:0014:301

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本10月消費統計 ここから本文です10月消費統計一時的に悪化したが、11月以降個人消費は増勢を強める見込みサマリー◆総務省「家計調査」によると、2013年10月の実質消費支出は季節調整済み前月比0.0%と、前月から横ばいとなった。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲3.0%と3ヶ月ぶりに減少している。◆経済産業省「商業販売統計」によると、10月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比▲1.0%と3ヶ月ぶりに減少した。1

2013年10月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本9月消費統計 ここから本文です9月消費統計7-9月期の個人消費は横ばい圏での推移となる見込みサマリー◆総務省「家計調査」によると、2013年9月の実質消費支出は季節調整済み前月比+1.6%と2ヶ月ぶりの増加となった。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+1.3%と2ヶ月連続で増加している。9月の個人消費は、堅調に増加したと捉えている。◆経済産業省「商業販売統計」によると、9月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比+1.8%と

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

商業販売統計(2013年8月) ~個人消費の増勢に一服感も、年度内は増加基調維持の見込み~

商業販売統計(2013年8月) ~個人消費の増勢に一服感も、年度内は増加基調維持の見込み~

2013年10月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本8月消費統計 ここから本文です8月消費統計個人消費は足踏み状態にあるサマリー◆総務省「家計調査」によると、2013年8月の実質消費支出は季節調整済み前月比▲0.5%と2ヶ月ぶりの減少となった。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+0.1%と3ヶ月ぶりに増加している。◆経済産業省「商業販売統計」によると、8月の名目小売販売額は、季節調整済み前月比+0.9%と3ヶ月ぶりに増加した。ただし、小売販売金額全体で見れば、6月、

2013年9月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2013年9月7日~9月14日)

Global Economic Indicators海外 経済指標予測13年年9月7日~9月1414日日)経済指標予測と予測とイベント予定イベント予定(予定(2013発表日:20発表日:20132013年13年9月5日(木)第一生命経済研究所 経済調査部(03(03-52215221-5001)発表日(日本時間)当社予想イベント(経済指標、講演、等)コンセンサス、市場予想レンジ前月値(前回値)前回値)(豪州)連邦議会選挙9.7(土)(ロシア)統一地方選挙(モスクワ市長選など)9.8(日)(中国)

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本7月消費統計 ここから本文です7月消費統計衣料品の販売不調が全体を下押しサマリー◆2013年7月の総務省「家計調査」によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.9%と2ヶ月ぶりの増加となった。ただし、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲0.4%と2ヶ月連続で減少している。衣料品の販売不調が全体を押し下げたが、7月の上旬から中旬にかけて、例年よりも気温が高かった影響でエアコン販売が好調など、良い動きも見られている。◆商業

2013年8月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

商業販売統計(2013年7月) ~個人消費の増勢はやや鈍化か~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:商業販売統計(2013年7月)発表日:2013年8月29日(木)~個人消費の増勢はやや鈍化か~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525商業販売額前年比2012卸売業前期比1月▲ 2.1▲2月▲ 0.13月3.2▲4月1.8▲5月2.76月▲ 2.6▲7月▲ 3.1▲8月▲ 2.79月▲ 3.6▲10月▲ 1.611月▲ 0.9▲12月▲ 1.7▲20131月▲ 0.32月▲ 1.

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2013年5月) ~天候も追い風となり、5月の個人消費は良好な結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査・商業販売統計(2013年5月)発表日:2013年6月28日(金)~天候も追い風となり、5月の個人消費は良好な結果~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)合計除く住居等(※)前年比2012消費性向(勤労者世帯)(勤労者世帯)7月8月1.7前期比▲ 0.8前年比▲ 0.7前期比▲ 0.2前年比▲ 4.0前期比▲ 3.11.81.2

2013年5月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

家計調査・商業販売統計(2013年3月) ~個人消費は良好な天候やマインド改善を背景に底堅く推移~

家計調査・商業販売統計(2013年3月) ~個人消費は良好な天候やマインド改善を背景に底堅く推移~

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

商業販売統計(2013年2月) ~マインド改善に支えられ、個人消費は底堅く推移~

商業販売統計(2013年2月) ~マインド改善に支えられ、個人消費は底堅く推移~

2013年2月26日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

主要経済指標予定(2013年2月25日~3月1日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2013年2月22日(金)指標名:主要経済指標予定(2013年2月25日~3月1日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4528(2 月 25 日~3 月 1 日の主なイベント、指標予定)2 月 25 日(月)8:50指標名1 月企業向けサービス価格指数2 月 26 日2 月 27 日(火)(水)8:502 月月例経済報告1 月商業販売統計(木)8:508:502 月 28 日14:003

2013年2月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

12月消費統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月消費統計 ここから本文です12月消費統計底堅い推移が続くサマリー◆2012年12月の家計調査によると、実質消費支出は前年比▲0.7%と2ヶ月ぶりのマイナスとなった。季節調整値は前月比▲0.7%と2ヶ月連続の減少、振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同+0.3%と2ヶ月ぶりの増加となった。個人消費は底堅い推移を続けていると判断できる。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業販売統計の結果を見ると、2012年12月の小売業名目販

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ