「貿易収支」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治

国内景気週報(10/16~10/20)■9月訪日外客数(10/18)9月の訪日外客数は前年比2桁プラスを維持■9月貿易統計(速報、10/19)9月の貿易収支は、4ヵ月連続の黒字

国内景気週報(10/16~10/20)■9月訪日外客数(10/18)9月の訪日外客数は前年比2桁プラスを維持■9月貿易統計(速報、10/19)9月の貿易収支は、4ヵ月連続の黒字

貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み

貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年5月~輸出が再び弱含み 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出数量、輸入数量ともに落ち込む・海外経済の減速が輸出を下押し・貿易赤字は今後拡大へ財務省が6月17日に公表した貿易統計によると、15年5月の貿易収支は▲2,160億円と2ヵ月連続の赤字となっ

2015年5月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本4月貿易統計 ここから本文です4月貿易統計EU・アジア向け輸出が足踏みし、貿易収支は赤字にサマリー◆2015年4月の貿易統計では、輸出金額は前年比+8.0%と8ヶ月連続の増加となったが、増加幅は前月(同+8.5%)から縮小した。また、輸入金額が同▲4.2%と減少幅を縮小した結果、貿易収支は▲534億円と、2ヶ月ぶりの赤字に転じた。◆輸出金額を価格要因と数量要因に分けて見ると、円安による押し上げを主因に輸出価格が同+6.0%上昇したことに加えて、輸出数量が同+1.

貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い

貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易収支は再び赤字に・アジア向け輸出が弱含み・貿易黒字の定着には至らず財務省が5月25日に公表した貿易統計によると、15年4月の貿易収支は▲

2015年4月30日日本総研フィードバック数:0社会/政治

「貿易立国」は復活できるか-貿易収支の行方と円安が促す新たな成長モデル

「貿易立国」は復活できるか-貿易収支の行方と円安が促す新たな成長モデル

「33ヵ月ぶり」日本の2015年3月の貿易収支の黒字化

「33ヵ月ぶり」日本の2015年3月の貿易収支の黒字化

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに

貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年3月~貿易収支(季節調整値)は約4年ぶりの黒字も、1-3月期の外需寄与度はマイナスに 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易収支(季節調整値)は東日本大震災以降では初の黒字に・輸出入ともに

2015年3月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年2月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月貿易統計 ここから本文です2月貿易統計春節が輸出を押し下げサマリー◆2015年2月の貿易統計では、輸出金額は前年比+2.4%と6ヶ月連続の増加となったものの、増加幅は前月(同+17.0%)から大きく縮小する結果となった。季節調整値で見た輸出金額も前月比▲7.0%と9ヶ月ぶりの減少となり、これまで続いてきた増加基調が足踏みした形である。◆ただし、1月の輸出の急増および、2月の減少は中華圏における春節が影響しているとみられる(中国向け輸出金額は1月:前年比+20

貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続

貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年2月~輸出の回復基調、貿易赤字の縮小傾向は継続 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字の縮小が続く・輸出は回復基調を維持・貿易赤字はいったん解消へ財務省が3月18日に公表した貿易統計によると、15年2月の貿易収支は▲4,2

貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ

貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字の縮小が続く・輸出は回復基調を強める・貿易赤字はいったん解消へ財務省が2月19日に公表した貿易統計によると、15年1月の貿易収支は▲11,775億円の赤字となったが、赤

2年で大幅に拡大した日本の金融資産

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

貿易統計14年11月~先行きの貿易赤字は一段と縮小へ

貿易統計14年11月~先行きの貿易赤字は一段と縮小へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年11月~先行きの貿易赤字は一段と縮小へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字は大幅に縮小・原油価格の大幅下落で貿易赤字の縮小が続く公算・輸出は持ち直し、輸入は低調財務省が12月17日に公表した貿易統計によると、14年11月の貿易

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本10月貿易統計 ここから本文です10月貿易統計輸出数量に持ち直しの兆し、海外経済の減速には留意サマリー◆2014年10月の貿易統計では、輸出金額は前年比+9.6%と市場コンセンサス(同+4.5%)を大きく上回り、2ヶ月連続の増加。これは、輸出数量が同+4.7%と2ヶ月連続で増加したことに加えて、円安が進んだことで輸出価格が同+4.6%と上昇幅を前月(同+4.0%)より拡大させたことによる。この結果、季節調整値で見た輸出金額も前月比+1.9%と5ヶ月連続のプラスと

貿易統計14年10月~輸出に明るい兆し

貿易統計14年10月~輸出に明るい兆し | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年10月~輸出に明るい兆し 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字は大幅に縮小・原油価格の大幅下落で貿易赤字の縮小が続く公算・輸出は全ての地域向けに増加財務省が11月20日に公表した貿易統計によると、14年10月の貿易収支は▲7,100億円の赤字

2014年11月16日参議院★フィードバック数:0社会/政治

貿易収支についてのレポートです。

貿易収支の悪化とその背景

貿易収支の悪化とその背景

貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ

貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年9月~原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出入ともに増加に転じる・原油価格の大幅下落で先行きの貿易赤字は縮小へ・輸出は横這い圏の動きが続く・7-9月期の外需寄与度は前期比▲0.

電気機器の輸出入の動向です。

電気機器にみる貿易構造の変化―電気機器の輸出減、輸入増が貿易収支縮小の恒常的な要因に―

電気機器にみる貿易構造の変化―電気機器の輸出減、輸入増が貿易収支縮小の恒常的な要因に― | ニッセイ基礎研究所 電気機器にみる貿易構造の変化―電気機器の輸出減、輸入増が貿易収支縮小の恒常的な要因に― 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本の貿易収支は、リーマンショックにより海外経済が悪化した2008年度に黒字幅が2.1兆円(07年度:10.8兆円)と大幅

国際マネーフローレポートNo.99

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年8月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年9月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年8月の貿易統計は、輸出が伸び悩み、先行きの貿易収支の改善に対しても楽観視できない内容となった。輸出金額は前年比▲1.3%と市場コンセンサス(同▲2.6%)を上回ったものの、2ヶ月ぶりのマイナス。これは輸出価格が同+1.6%と2ヶ月連続のプラスとなった一方で、輸出数量が同▲2.9%と前年を大きく下回ったことによ

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【7月米貿易統計】7月も貿易赤字は縮小、3カ月連続

【7月米貿易統計】7月も貿易赤字は縮小、3カ月連続 | ニッセイ基礎研究所 【7月米貿易統計】7月も貿易赤字は縮小、3カ月連続 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月4日、米商務省の国勢調査局および経済分析局(BEA)は7月の貿易統計(速報値)を公表した。7月の財・サービスを合計した輸出額(季節調整済、国際収支ベース)はl98

テーパリング進行下で米国債を買い増す海外投資家

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【6月米貿易統計】2カ月連続で貿易赤字は縮小

【6月米貿易統計】2カ月連続で貿易赤字は縮小 | ニッセイ基礎研究所 【6月米貿易統計】2カ月連続で貿易赤字は縮小 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8月6日、米商務省の国勢調査局および経済分析局(BEA)は6月の貿易統計(速報値)を公表した。6月の財・サービスを合計した輸出額(季節調整済 、国際収支ベース )は1958.63

貿易統計14年5月~円安一巡と消費増税後の内需低迷から輸出入ともに減少

貿易統計14年5月~円安一巡と消費増税後の内需低迷から輸出入ともに減少 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年5月~円安一巡と消費増税後の内需低迷から輸出入ともに減少 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出入金額がともに前年比で減少・輸出は一進一退が続く財務省が6月18日に公表した貿易統計によると、14年5月の貿易収支は▲9

資金循環統計でみる金融資産の状況

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

注目集まるニュージーランドドル

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月30日好調な国内景気などを背景に、他の先進国に先んじる形で、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は3月に政策金利を引き上げたのに続き、4月24日にも2ヵ月連続となる利上げに踏み切りました。足元の経済指標に堅調なものが目立つ中、物価上昇圧力を抑制することが目的とみられます。同国の政策金利は3%と、主要先進国の中で相対的に高い水準となっているほか、同準備銀行総裁が今後も利上げを継続する姿勢を示すなど同国の金利先高観が強まっているこ

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年3月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本3月貿易統計 ここから本文です3月貿易統計輸出数量は一進一退の動きが続くサマリー◆2014年3月の貿易統計によると、輸出金額は前年比+1.8%と13ヶ月連続の増加となった。市場コンセンサス(同+6.5%)を下回り、輸出の低調な推移を表す結果であった。輸出価格は前年比+4.4%と、上昇が続く一方で、輸出数量が同▲2.5%と2ヶ月ぶりに前年を下回ったことが、輸出の押し下げ要因となっている。輸出金額を季節調整値で見ても、前月比▲2.7%と2ヶ月ぶりの減少となった。◆輸

2014年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

貿易収支・経常収支の短期見通し~経常赤字は定着するか~

貿易収支・経常収支の短期見通し~経常赤字は定着するか~

資金流入となった2013年の日本の金融収支

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グロ

2013年の貿易動向

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年2月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国の課題-インドネシアの場合

トップレポート・コラムコラム新興国の課題-インドネシアの場合 ここから本文です新興国の課題-インドネシアの場合過去に金融・通貨危機を経験した新興国は、短期の外貨建て債務比率を低下させ、外貨準備残高を増加させることでショックに対する一定の抵抗力を持つことに努めてきた。また一部の新興国は自国通貨建ての国債発行で海外から資金調達することが可能となり、通貨のミスマッチ問題はある程度緩和されている。そうしたことから何らかの理由によって国際金融市場が不安定化し、資金フローに逆流が生じたとしても、新興国がその

新興国の金融マーケット動向

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年2月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:「賃上げ」と「経常赤字」について検証する

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「賃上げ」と「経常赤字」について検証する ここから本文です日本経済見通し:「賃上げ」と「経常赤字」について検証する日本経済は緩やかな景気拡大を続ける見通しリサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 サマリー◆経済見通しを改訂:2013年10-12月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+2.3%(前回:同+2.5%)、2014年度が同+

2014年1月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月貿易統計 ここから本文です12月貿易統計輸出数量は3ヶ月ぶりに前月比減少、2013年は過去最大の貿易赤字にサマリー◆2013年12月の貿易統計は、輸出金額が前年比+15.3%と10ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+18.0%)を下回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出価格が前年比+12.4%と、大幅な上昇が続いていることに加え、輸出数量が前年比+2.6%と3ヶ月連続で前年を上回ったことが輸出金額を押し上げた。輸出金額を季節調整値

貿易統計13年12月~貿易赤字の拡大続く、10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.5%程度のマイナスへ

貿易統計13年12月~貿易赤字の拡大続く、10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.5%程度のマイナスへ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年12月~貿易赤字の拡大続く、10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.5%程度のマイナスへ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■見出し・貿易赤字は拡大傾向が続く・貿易収支は3年で18.1

2014年1月24日総務省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

技術貿易収支についての調査結果です。

世界に躍進する我が国の科学技術力

報道資料統計トピックスNo.77 世界に躍進する我が国の科学技術力 科学技術研究調査は、我が国における科学技術に関する研究活動の状態を把握することを目的として、毎年実施している調査です。今回は、本調査の結果から、我が国企業の技術貿易収支について御紹介します。技術貿易とは、諸外国との間における特許権、ノウハウの提供や技術指導等、技術の提供又は受入れのことをいいます。これらの技術は、科学技術に関する研究活動の成果でもあることから、技術貿易収支は、我が国企業の技術力・産業競争力を把握する重要な指標の一

貿易統計13年7月 ~貿易赤字が再び拡大

貿易統計13年7月 ~貿易赤字が再び拡大 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年7月 ~貿易赤字が再び拡大 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字(季節調整値)が再び拡大・EU向け輸出が持ち直し財務省が8月19日に公表した貿易統計によると、13年7月の貿易収支は▲10,024億円と13ヵ月連続の赤字となり、赤字幅は事前の

2013年6月11日財務省フィードバック数:24社会/政治

平成25年4月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成25年6月10日財務省平成25年4月中 国際収支状況(速報)の概要「貿易・サービス収支」が赤字幅を拡大した(▲3,379億円)ものの、「所得収支」が黒字幅を拡大した(+7,216億円)ことから、経常収支は黒字幅を拡大した。1.貿易・サービス収支▲1兆2,593億円の赤字(前年同月比▲3,379億円 赤字幅拡大)「サービス収支」は赤字幅を縮小したものの、「貿易収支」が赤字幅を拡大したことから、「貿易・サービス収支」は赤字幅を拡大し、13か月連続の赤字となった(季節調整値ベースでは平成2

貿易統計13年4月 ~輸出は米国向けを中心に持ち直し

貿易統計13年4月 ~輸出は米国向けを中心に持ち直し | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年4月 ~輸出は米国向けを中心に持ち直し 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字(季節調整値)は2ヵ月連続で縮小・米国向け輸出が自動車を中心に好調財務省が5月22日に公表した貿易統計によると、13年4月の貿易収支は▲8,799億円と

2013年4月10日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

貿易収支は2012年度が底で今年度は改善に

貿易収支は2012年度が底で今年度は改善に

貿易統計13年1月~貿易赤字は当面拡大傾向が続く公算

貿易統計13年1月~貿易赤字は当面拡大傾向が続く公算 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計13年1月~貿易赤字は当面拡大傾向が続く公算 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字は原数値では過去最大に・当面貿易赤字の拡大傾向が続く公算財務省が2月20日に公表した貿易統計によると、13年1月の貿易収支は▲16,294億円と7ヵ月連

2013年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本1月貿易統計 ここから本文です1月貿易統計輸出は下げ止まるも、やや物足りない印象サマリー◆2013年1月の貿易統計では、輸出金額は前年比+6.4%と、8ヶ月ぶりの増加に転じ、市場コンセンサス(同+5.6%)を上回った。輸出金額を季節調整値で見ても前月比+3.6%と3ヶ月連続の増加となっており、輸出は下げ止まりつつあると言える。ただし、輸出数量は同▲6.0%と前年割れが続いている。鉱工業生産等の国内景気は輸出数量との連動性が高いことに鑑みると、国内景気を牽引する程

2013年2月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:6社会/政治

円安で貿易収支はどこまで改善するのか

円安で貿易収支はどこまで改善するのか | ニッセイ基礎研究所 円安で貿易収支はどこまで改善するのか 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 貿易収支は東日本大震災以降、2年近くにわたって赤字が続いており、2012年10-12月期の貿易赤字は▲9.1兆円(季節調整済・年率換算値)となった。貿易赤字の長期化を受けて、このまま貿易赤字が定

貿易統計12年12月~10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに

貿易統計12年12月~10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに | ニッセイ基礎研究所 貿易統計12年12月~10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・大幅な貿易赤字が続く・輸出は低迷が続くが、年明け以降持ち直しへ・10-12月期の外需寄与度は前期比▲

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

特集データ

新着データ

お知らせ