「貿易摩擦」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年6月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2019年5月調査結果-

2019/6/5TDB景気動向調査 −2019年5月調査結果−2019年6月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気、後退局面入りの可能性 〜 米中貿易摩擦と大型連休が悪影響 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2019年6月調査結果」の発表は、2019年7月3日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-mail: keik

2019年2月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計1月報

2019年 1月報倒産件数は694件、2カ月ぶりの前年同月比増加 負債総額は1723億5600万円、3カ月ぶりの前年同月比増加 主要ポイント■倒産件数は694件と、2カ月ぶりに前年同月を上回り、2017年10月(前年同月比10.1%増)以来、1年3カ月ぶりの前年同月比2ケタ増■負債総額は、負債100億円以上の倒産が2件発生したことなどを受け、前年同月比71.5%増の1723億5600万円■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回った。小売業(158件、前年同月比17.9%増)は2カ月ぶり、

2019年2月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)2019年1月調査

2019/2/5TDB景気動向調査 −2019年1月調査結果−2019年2月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気、後退局面入りの兆し 〜 米中貿易摩擦を背景に、中国向けなど輸出の減速が響く 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2019年2月調査結果」の発表は、2019年3月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-m

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的>

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的>2015-04-15 中国が主導して設立を予定しているアジアインフラ投資銀行(AIIB)に日本が参加するか否かの議論が盛んに行われている。欧州を始めとして50カ国以上からの参加表明がされる中、4月7日に政府はAIIBへの対処方針を発表し、引き続き日本側が求める公正で透明な組織運営の確約、国際基準の確保を求めていくこととして参加を見送った。しかし、大手メディアや一部識者、野党からは未だに「

関西経済についてのレポートです。

関西の実質賃金上昇は2015年度から

APIRが行った最新の経済予測(Kansai Economic Insight Quarterly No.25)によると、2014年度の関西経済の実質GRP(域内総生産)成長率は-0.4%となる見込みである。2014年度は消費増税による物価上昇が実質所得低下を通じて個人消費を低迷させ、大きな成長抑制要因となった。個人消費増加のためには実質賃金が上昇することが必要であるが、果たして今後実質賃金は上昇していくのか。企業収益の好転、人手不足による賃金上昇圧力、非正規雇用者の賃金増加、消費増税の影響剥落

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>2014-12-05 概要第47 回衆議院議員総選挙が12 月2 日に公示され、14 日の投開票に向けた選挙戦がスタートした。安倍総理は2015 年10 月に予定されていた消費税率再引き上げを2017 年4 月へ先送りするとともに、この判断の是非について国民の信を問うためとして解散を行った。アベノミクスを継続するか転換するかどうか。党首討論でも繰り返し議論されているように、雇用は重要な判断指標の一つである。本稿では、

人手不足の状況です。

関西における人手不足

2014 年4 月に消費税が5%から8%へと引き上げられたものの、関西の雇用環境は好調である。しかし、非製造業、特に中小企業で人手不足感が高まっている。今後、生産年齢人口の大幅な減少によって労働供給不足が起きることで、労働需給のひっ迫が予想されるが、雇用のミスマッチは解消されておらず、6 割の企業が雇用不足を懸念している。中には既に事業へ支障が出ている業種もある。関西は全国と比べて女性の就業率が低い府県が多い。ミスマッチの解消とあわせて、女性を中心とした人手不足の解消が必要である。 関連論文

2014年4月16日浜銀総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

アメリカ市場です。

米国自動車市場(2014年3月)

新入社員教育メニュー4月は、合同研修会ならびにスタートアップ研修を9月は、フォローアップ研修を各種ご用意しています。新入社員の人材育成に、ぜひご活用ください。 Best Partnerデジタルブックのご案内会員限定コンテンツ機関誌「Best Partner」を「デジタルブック」でご覧いただけます。 *原則として全頁を当社ホームページに掲載します。*会員のみが「会員ログイン」のうえ閲覧できます。*「会員ログイン」のための「会員ID・パスワード」を社員の皆さまで共有していただき、一人でも多くの会

2014年1月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:11月ドイツ製造業受注・貿易収支 ~米独貿易摩擦が勃発~

欧州経済指標コメント:11月ドイツ製造業受注・貿易収支 ~米独貿易摩擦が勃発~

ベトナムへの進出ブーム:課題と提案

関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.73 – 景気は足下悪化、先行きも悪化の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords ・3月の生産は2カ月ぶりの前月比マイナス。結果、1-3月期は前期比-3.1%下落し、2四半期ぶりのマイナス。なお、近経局は生産の基調判断を「足踏みをしている」と前月から据え置いた。 ・4月の貿易収支は3カ月連続の黒字だが、前年比縮小した。米中貿易摩擦の影響を受け、対中貿易収支が10カ月

2013年10月2日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査 2013年9月

業況DIは、足踏み状況。先行きは、不透明感増す中、慎重な見方が根強い全産業合計の業況DIは、▲18.3(前月比▲1.2ポイント)。インバウンド需要の堅調な動きに加え、都市部の民間工事を中心とする建設業が底堅く推移する一方、深刻な人手不足による受注機会の損失や人件費・外注費の増大、根強い消費者の節約志向、原材料費の高止まりによる収益圧迫が広く業況の押し下げ要因となった。また、米中貿易摩擦の影響に伴う半導体や産業用機械、自動車関連の不振や、世界経済の先行き不透明感の広がりを指摘する声は依然として多く

2013年9月4日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年8月調査)

業況DIは、足踏み状況。先行きは、不透明感増す中、慎重な見方が根強い全産業合計の業況DIは、▲18.3(前月比▲1.2ポイント)。インバウンド需要の堅調な動きに加え、都市部の民間工事を中心とする建設業が底堅く推移する一方、深刻な人手不足による受注機会の損失や人件費・外注費の増大、根強い消費者の節約志向、原材料費の高止まりによる収益圧迫が広く業況の押し下げ要因となった。また、米中貿易摩擦の影響に伴う半導体や産業用機械、自動車関連の不振や、世界経済の先行き不透明感の広がりを指摘する声は依然として多く

2013年7月7日大阪府★フィードバック数:0社会/政治

大阪経済についてのまとめです。

平成24年版 おおさか経済の動き

大阪経済の動き(年間回顧) 【最新から平成21年】 平成30年の大阪経済−大阪経済の回復は緩やかに−平成30年は、緩やかな回復基調にありましたが、6月の大阪府北部地震や9月の台風21号の影響により消費が弱含みました。輸出は、関空閉鎖の影響もあり9月には落ち込み、10月に持ち直しましたが、中国経済の減速、米中貿易摩擦の下で減速しました。こうしたことから、年末における大阪経済の回復は緩やかでした。完全失業率は低い水準で推移し、就業者数が増加するなど、雇用は引き続き堅調に推移した1年でした。大阪経済

2013年6月6日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年5月調査)

業況DIは、足踏み状況。先行きは、不透明感増す中、慎重な見方が根強い全産業合計の業況DIは、▲18.3(前月比▲1.2ポイント)。インバウンド需要の堅調な動きに加え、都市部の民間工事を中心とする建設業が底堅く推移する一方、深刻な人手不足による受注機会の損失や人件費・外注費の増大、根強い消費者の節約志向、原材料費の高止まりによる収益圧迫が広く業況の押し下げ要因となった。また、米中貿易摩擦の影響に伴う半導体や産業用機械、自動車関連の不振や、世界経済の先行き不透明感の広がりを指摘する声は依然として多く

2013年3月7日日本商工会議所フィードバック数:1社会/政治

早期景気観測調査(2月調査・2月28日発表)

業況DIは、足踏み状況。先行きは、不透明感増す中、慎重な見方が根強い全産業合計の業況DIは、▲18.3(前月比▲1.2ポイント)。インバウンド需要の堅調な動きに加え、都市部の民間工事を中心とする建設業が底堅く推移する一方、深刻な人手不足による受注機会の損失や人件費・外注費の増大、根強い消費者の節約志向、原材料費の高止まりによる収益圧迫が広く業況の押し下げ要因となった。また、米中貿易摩擦の影響に伴う半導体や産業用機械、自動車関連の不振や、世界経済の先行き不透明感の広がりを指摘する声は依然として多く

2012年12月6日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(11月調査)

業況DIは、足踏み状況。先行きは、不透明感増す中、慎重な見方が根強い全産業合計の業況DIは、▲18.3(前月比▲1.2ポイント)。インバウンド需要の堅調な動きに加え、都市部の民間工事を中心とする建設業が底堅く推移する一方、深刻な人手不足による受注機会の損失や人件費・外注費の増大、根強い消費者の節約志向、原材料費の高止まりによる収益圧迫が広く業況の押し下げ要因となった。また、米中貿易摩擦の影響に伴う半導体や産業用機械、自動車関連の不振や、世界経済の先行き不透明感の広がりを指摘する声は依然として多く

2012年9月6日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(8月調査)

業況DIは、足踏み状況。先行きは、不透明感増す中、慎重な見方が根強い全産業合計の業況DIは、▲18.3(前月比▲1.2ポイント)。インバウンド需要の堅調な動きに加え、都市部の民間工事を中心とする建設業が底堅く推移する一方、深刻な人手不足による受注機会の損失や人件費・外注費の増大、根強い消費者の節約志向、原材料費の高止まりによる収益圧迫が広く業況の押し下げ要因となった。また、米中貿易摩擦の影響に伴う半導体や産業用機械、自動車関連の不振や、世界経済の先行き不透明感の広がりを指摘する声は依然として多く

2012年7月4日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(6月調査)

業況DIは、足踏み状況。先行きは、不透明感増す中、慎重な見方が根強い全産業合計の業況DIは、▲18.3(前月比▲1.2ポイント)。インバウンド需要の堅調な動きに加え、都市部の民間工事を中心とする建設業が底堅く推移する一方、深刻な人手不足による受注機会の損失や人件費・外注費の増大、根強い消費者の節約志向、原材料費の高止まりによる収益圧迫が広く業況の押し下げ要因となった。また、米中貿易摩擦の影響に伴う半導体や産業用機械、自動車関連の不振や、世界経済の先行き不透明感の広がりを指摘する声は依然として多く

2011年10月6日日本商工会議所フィードバック数:40社会/政治

早期景気観測調査(9月調査・9月30日発表:日本商工会議所)

業況DIは、一部に弱さ見られる。先行きは、不透明感強く、ほぼ横ばいの動き日本商工会議所が31日に発表した7月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、全産業合計の業況DIは、▲20.2(前月比▲1.9ポイント)。都市部の民間工事を中心とする建設業の底堅い動きや堅調なインバウンド需要が下支えしたものの、根強い消費者の節約志向に加え、気温の低い日が続き、夏物商材の需要が低迷した小売業や、例年より長い梅雨の影響で客足が減少した飲食・宿泊業を中心とするサービス業の業況感が悪化した。深刻な人手

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ