「賃金上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2013年8月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス景気総点検 ~順調に回復する賃金、雇用、消費、投資~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:アベノミクス景気総点検2013年8月19日(月)~順調に回復する賃金、雇用、消費、投資~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● アベノミクスは大胆な金融緩和と機動的な財政政策が主導する中で8カ月経過。今年4-6月期の実質経済成長率は高成長を維持し、民公外需ともプラス寄与とバランスの取れた内容。8月までの生産計画を見ても、少なくとも7-9月期までは増産継続がほぼ見えた状況。● 物価

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

賃金上昇を伴う物価上昇は実現するか? ~「サービス価格」上昇を通じた所得増・需要拡大が前提に~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:賃金上昇を伴う物価上昇は実現するか?発表日:2013年6月28日(金)~「サービス価格」上昇を通じた所得増・需要拡大が前提に~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)(要旨)今後のデフレ脱却に向けては、物価とともに賃金も上昇することが必要となる。つまり、需要拡大によるデマンドプル型の物価上昇が重要であり、以下でみるように輸入物価の影響を除いた物価動向に注意を払う必要があるだろう。それを踏まえ

2013年6月25日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

アベノミクスの鍵を握る賃金の行方

トップレポート・コラム経済分析日本アベノミクスの鍵を握る賃金の行方 ここから本文ですアベノミクスの鍵を握る賃金の行方所定内給与の増加に向けた構造改革が不可欠サマリー◆デフレからの脱却を目指して、「3本の矢」による経済政策を進める安倍政権は、同時に賃金の上昇を目指している。安倍首相は経済団体に対して賃上げを要求し、一部の企業がそれに呼応するように給与の引き上げを検討したこともあり、賃金動向が注目されている。◆日本では1990年代後半以降賃金が減少傾向にある。賃金の内訳をみると、特別給与と所定内給与

2013年6月18日大和総研フィードバック数:5社会/政治

経済成長実感には、年率3%以上の賃上げが必要

トップレポート・コラムコラム経済成長実感には、年率3%以上の賃上げが必要 ここから本文です経済成長実感には、年率3%以上の賃上げが必要黒田東彦新総裁の下、日本銀行が「量的・質的金融緩和」に踏み出し、デフレ脱却に対する期待が高まってきている。ただし、物価が上昇する一方で賃金が上昇しなければ、サラリーマン家庭が買えるモノやサービスの量は減少し、生活は苦しくなってしまう。また、現在5%の消費税率は(景気条項が発動されなければ)2014年4月に8%、2015年10月に10%へと引き上げられる。消費税率の

2013年3月21日みずほ総合研究所フィードバック数:2キャリアとスキル

アベノミクスの鍵を握る賃金上昇への布教活動

アベノミクスの鍵を握る賃金上昇への布教活動

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

公共投資と円安だけで賃金は増やせるか ~雇用は増加も賃金上昇には至らず~

経済トレンド公共投資と円安だけで賃金は増やせるか~雇用は増加も賃金上昇には至らず~経済調査部柵山 順子(要旨)○緊急経済対策や足もとまでの円安を背景に多くのシンクタンクで 2013 年度の景気見通しが上方修正された。こうした景気押し上げ効果が今後、雇用増加、賃金上昇に繋がるかどうかが注目される。○産業連関表に基づいて試算すると、補正予算による公共投資の増加と円安による輸出の増加により、78.8 万人分の雇用が創出される。しかし、実際には建設関連での人手不足による制約や製造業や卸売小売業での労働時

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:2キャリアとスキル

労働分配率よりも収益重視 ~シリーズ:これから賃金は上がるのか(2)~

Economic Trends労働分配率よりも収益重視経済関連レポート発表日:2013年2月27日(水)~シリーズ:これから賃金は上がるのか(2)~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)経営者にとって、賃上げはますます労働分配率を引き上げると捉えられる。反対に、勤労者にとって、賃上げの抑制は、今まで以上に労働分配率を引き下げることのようにみえる。立場の違いによって見解が変わる。労働分配率は、誰かが動かしているようにみえて、実際は経済活動の結果として変動する指

2013年2月1日日本総研フィードバック数:5社会/政治海外

賃金上昇が続くタイ

賃金上昇が続くタイ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ