「資料作成」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年9月11日ランサーズ★フィードバック数:0キャリアとスキル

ランサーズ、“フリーランス活用が増加した仕事 2017年1Q”発表

ランサーズ、“フリーランス活用が増加した仕事 2017年1Q... ランサーズ、“フリーランス活用が増加した仕事 2017年1Q”発表 ~AI関連が262%と急増、大学院や世界最大のネットオークションでも活用~「テクノロジーで誰もが自分らしく働ける社会をつくる」をビジョンに掲げるランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区代表取締役社長:秋好陽介、以下ランサーズ)は、フリーランスへの依頼が増加した10の仕事カテゴリを発表しました。2017年度第1四半期(2017年4月〜2017年6月)において、

日本株式市場とハロウィン効果について

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月21日日本株式市場は、10月以降、軟調な展開となっています。その背景には、欧州や中国の景気減速懸念の高まりや、米国の景気回復に対する強気見通しの後退によって、欧米の株式市場が大きく下落したことに加えて、米国の長期金利の低下から円高・米ドル安が進んだことなどがあると考えられます。ただし、過去の経験則に目を向けると、現在の下落局面を違った視点で捉えることができるかもしれません。アノマリー(経験的に規則性があるものの、合理的に説明

原油価格下げ止まりに向けた材料とは?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月17日世界景気の先行き不透明感の強まりなどを受けて、足元で原油価格は、一時1バレル=80米ドル近辺となるなど大きく下落しており、今後の動向への関心が高まっています。この原油価格下落の背景は、8月以降、①OPEC(石油輸出国機構)が、原油の需要見通しを下方修正する一方、減産姿勢をとらなかったため、需給悪化が懸念されたこと、②原油は主に米ドル建てで取引されることから、米国での利上げの前倒し観測の強まりによる米ドル高の急速な進行が

最近のニュージーランド・ドルの下落と今後の見通しについて

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月9日最近のニュージーランド・ドルの下落と今後の見通しについて ニュージーランド・ドル(対円)は、堅調な国内景気や政策金利の引き上げなどを背景に、上昇基調が続いていましたが、9月下旬以降、軟調な展開となっています。主な輸出品である乳製品の価格が今年2月以降軟調な推移となっていることに加え、7月に実施された今年4回目の利上げ時に、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)のウィーラー総裁が利上げの一時的な中断を示唆したことなどから、

先進国の中でも高い成長が見込まれる英国

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月18日15日に発表された、英国の4-6月期のGDP成長率(改定値)は前年同期比+3.2%と、2007年10-12月期以来の高い伸びとなりました。同国では、2013年以降、景気回復が順調に進んでおり、IMF(国際通貨基金)のGDP成長率予想は、2014年:前年比+3.2%、15年:+2.7%と、先進国の中でも高いものとなっています。こうした高い成長の主な牽引役は、個人消費です。IMFは、堅調な個人消費の主な背景として、世界的な金

「JPX日経インデックス400」~算出開始後初の銘柄入れ替えについて

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月11日「JPX日経インデックス400」~算出開始後初の銘柄入れ替えについて 8月7日、今年1月に算出が開始された新株価指数「JPX日経インデックス400(以下、JPX日経400)」について、算出開始後初の銘柄入れ替えが発表されました。指数を構成する400銘柄のうち、収益性の低下などから「ソニー」や「ワタミ」などが除外された一方で、「パナソニック」や「カルビー」などが新たに採用となり、31銘柄が入れ替えの対象となりました。JP

金利の「力(ちから)」を利用する

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月15日新興国では、経済成長に伴なう資金需要の拡大などによって、債券市場の規模が拡大傾向にあります。加えて、対外債務残高の減少や外貨準備高の増加などを背景に、国の信用度の目安と捉えられている格付が改善傾向にある国もあり、比較的高い金利と相俟って、新興国の国債や債券への注目度を高めています。また、相対的に信用度が高いと見られる先進国の国債や債券においても、日本のそれらを大きく上回る利回りとなっています。「」という考え方を参考にする

大接戦となったインドネシア大統領選挙

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月10日 インドネシアでは9日、大統領選挙の投開票が行なわれましたが、大接戦のため候補者2名共に勝利宣言をする事態となっており、21日もしくは22日に予定されている正式な開票結果の発表を待つ必要があります。ただし、民間調査機関の開票速報では、第1党である闘争民主党が擁立するジョコ・ウィドド氏が第3党であるグリンドラ党のプラボウォ・スビアント氏を得票率で上回っています。インドネシアでは、経常収支や高いインフレ率が懸念されていますが

堅調なニュージーランド経済の一翼を担う「移民」の力

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月9日堅調なニュージーランド経済の一翼を担う「移民」の力 ニュージーランド政府は2014年5月に公表した政府予算案において、2014年度(4月-翌年3月)の実質GDP成長率の予想値を+3.6%から+4.0%に、2015年度も+2.7%から+3.0%に、それぞれ引き上げました。この背景には輸出の増加や、雇用や住宅関連の指標が堅調に推移していることに加え、移民の流入が順調に拡大していることがあると考えられます。ニュージーランド政府

史上最高値を更新した世界の株価

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月4日ユーロ圏の金融政策を担うECB(欧州中央銀行)は3日の理事会で、政策を現状維持としたものの、企業への融資促進に向けて6月に導入を決めた長期資金供給オペの詳細を発表したほか、必要に応じて量的緩和を行なう用意があるとの姿勢を改めて示しました。また、同日に米国で発表された6月の非農業部門雇用者数は前月比+28.8万人と、市場予想(+21.5万人)を大きく上回ったほか、失業率も前月比▲0.2ポイントの6.1%と、2008年9月以来

メキシコの景気見通しと改革に向けた動き

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月29日23日に発表されたメキシコの今年1-3月期のGDP成長率は前年同期比+1.8%と、前四半期の+0.7%から加速したものの、市場予想を下回りました。また、これを受け、同国財務省が2014年通年の成長率見通しを下方修正(前年比+3.9%→+2.7%)しました。しかし、これらの発表後もメキシコ・ペソは堅調に推移しました。1-3月期の成長率が予想を下回った主な理由は、財政改革に伴なう増税の影響を受けた個人消費の鈍化や、輸出などを

慎重姿勢のもと、利下げを行なったトルコ中央銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月26日慎重姿勢のもと、利下げを行なったトルコ中央銀行 トルコ中央銀行は22日の金融政策委員会で、政策金利の引き下げ(10%→9.5%)を決定しました。市場では金利据え置き見通しが有力でしたが、トルコ・リラは週末にかけて対米ドルで強含みの展開となりました。予想外のタイミングでの利下げにもかかわらず、リラが下落を免れた背景には、中央銀行が今回の判断の理由に挙げた、“不確実性の低下とリスク・プレミアム指標の改善による市中金利の低下

投資分野を拡大する最近のJリートの動き

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月9日最近のJリート市場において、ヘルスケア(医療・介護施設など)分野への投資に特化する「ヘルスケア特化型リート」の上場に向けた動きが注目を集めています。こうした背景には、日本の高齢化に伴ない医療・介護施設への需要が継続的に高まっていることに加え、官民一体でヘルスケア特化型リート創設に向けた環境整備を進めていることなどが挙げられます。日本では、老齢人口の拡大から介護施設などへの入所申込者は年々増えており、厚生労働省がまとめた資料

金利の「力(ちから)」を利用する

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月3日新興国では、経済成長に伴なう資金需要の拡大などによって、債券市場の規模が拡大傾向にあります。加えて、対外債務残高の減少や外貨準備高の増加などを背景に、国の信用度の目安と捉えられている格付けが改善傾向にある国もあり、比較的高い金利と相俟って、新興国の国債や債券への注目度を高めています。また、相対的に信用度が高いと見られる先進国の国債や債券においても、日本のそれらを大きく上回る利回りとなっています。「72の法則」という考え方を

明るさが増しつつあるオーストラリア経済

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月14日13日に発表されたオーストラリアの2月の雇用統計によると、常勤雇用者が前月比で8.05万人増加し、増加幅としては1991年8月以来約22年ぶり、過去2番目の大きさとなりました。非常勤雇用者が減少したことから、全体の雇用者数は前月比4.73万人増でしたが、事前予想の同1.5万人増を大きく上回りました。最近のオーストラリアでは、資源関連の投資ブームがピークを過ぎていることが、景気の下押し要因となっています。一方、これまでの利

軟調な米国経済指標、春の訪れはいつ?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月28日昨年12月以降、過去十数年で最大級の寒波が米国を襲っており、製造業の活動や小売業の販売などが抑制されたことから、1月以降の米国の経済指標は、市場予想を下回る軟調なものが目立ちました。これを受け、1月は米国株式も軟調に推移しましたが、2月以降は急速に値を戻す展開となっています。株価が持ち直した背景には、悪天候の影響はいずれ解消されるとの見方や、景気が弱くなる場合には、FRB(米連邦準備制度理事会)が量的緩和縮小のスピードを

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ