「資源小国」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:13大型消費/投資

純利益トップ200

トヨタが1位奪還、純利益トップ20013年3月期出揃う、黒字転換多数で下期円安の恩恵も 毎年恒例の決算発表ラッシュとなった5月。主要企業の前年度(2012年12月期、13年3月期)業績が出そろった。欧州の低迷や中国の減速など、マイナス要因はありながらも世界景気が回復基調にあることに加え、急速な円安の進行により、輸出に強い自動車系を中心とする企業業績の回復が鮮明になった。東洋経済は主要企業の前年度(12年12月期や13年3月期)業績のうち、「当期純利益(純益)」に着目して200社をランキングした

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:37キャリアとスキル

40歳年収ランキング<ノンメーカー編>

40歳年収ランキング<ノンメーカー編>独自試算でみる推計年収、格差の実態は? 孫正義社長率いる「持株会社」ソフトバンクは情報・通信で6位に入った 関連記事:上場企業を対象に、公開データから40歳の年収を推計した年収ランキング。前回のに続き、今回はノンメーカーのランキングをみてみよう。 脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:18大型消費/投資

為替好感トップ100

ここにも円安の恩恵、為替好感トップ100自己資本を強化する「為替換算調整勘定」 首位の三井物産は資源・エネルギーなどの海外事業が巨大 円安の進行で輸出型企業を中心に業績回復の期待が集まる中、利益計上とその累積とは別の経路で、自己資本が増強される企業が増えている。そのカギは「為替換算調整勘定」の改善だ。3カ月で3兆0025億円の改善東洋経済が財務データベースを集計した結果、連結貸借対照表に計上された自己資本の内訳項目である「為替換算調整勘定」の総計は、2012年9月末(第2四半期)は▲14兆0

2013年2月18日東洋経済新報社フィードバック数:1534キャリアとスキル

最新版「生涯給料」トップ1000社

最新版「生涯給料」トップ1000社あの会社の生涯給料は?? あなたが勤める会社に新卒で入社し定年まで働いたときに取得できる給料の総額(生涯給料)はいくらになるのか?同業他社や周りの会社との差は?そして、リーマンショックや円高、東日本大震災などにより事業環境が激変する中、給料はどう変化しているのか。そんな問いへの答えを出すために、企業ごとの「生涯給料」を試算し、その結果をまとめた。まずはその上位20社と、リーマンショック前(2007年)との比較で、減少幅の大きい企業20社を次ページ表にそれぞれま

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ