「資生堂」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年12月26日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

中国人女性の美容に対する意識と支出金額調査

中国人女性の日韓化粧品ブランド認知・購入状況調査 資生堂、SK-Ⅱが日本ブランド2トップ。韓国3ブランドがSK-Ⅱを超える認知率。 アンケートとインターネット行動ログデータを組み合わせた市場調査と事業成長支援サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、中国本土でインターネットリサーチを実施し、中国人女性の日本と韓国の化粧品ブランド認知状況について調査しました。年々増え続け、2017年には延べ700万人以上が日本を訪れた(*1)中国人の消費は、「爆買い

2018年12月14日ヴァリューズフィードバック数:0マーケティング

中国人女性の日韓化粧品ブランド認知・購入状況調査

先頭へ末尾へ調査データ 2018年11月06日資生堂、SK-Ⅱが日本ブランド2トップ。韓国3ブランドがSK-Ⅱを超える認知率。中国人女性の日韓化粧品ブランド認知・購入状況調査 ◆訪日経験のある中国人女性の9割が資生堂を認知。韓国の3ブランドがSK-Ⅱ超え。◆全年代で資生堂が認知率1位。30歳以上で特に韓国の雪花秀 (ソルファス) の認知率が高い。◆資生堂は購入者のリピート率が8割以上。SK-Ⅱも7割を超える。アンケートとインターネット行動ログデータを組み合わせた市場調査と事業成長支援サービスを提

2017年5月5日TRUE DATAフィードバック数:0ライフスタイル

ドラッグストア2017年3月のインバウンド消費調査

〈ドラッグストア2017年3月のインバウンド消費調査〉 早くも「日焼け止め」が個数ランキング第1位~次いでお菓子、洗顔料、リップクリームが人気~購買ビッグデータ分析のカスタマー・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、ドラッグストアにおけるインバウンド消費※動向をお知らせします。2017年3月の売上個数ランキング第1位は、資生堂の日焼け止め「アネッサ パーフェクトUV アクアブースター」でした。例年4月から8月にかけて販売が伸びるUVケア商品ですが3月に早

2015年6月14日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

東洋経済のランキングです。

初公開!「女性が働きやすい」トップ300社

初公開!「女性が働きやすい」トップ300社活躍度合いや制度充実を徹底評価 アベノミクスの第3の矢・成長戦略の柱の一つである「女性活躍推進」。女性活用が遅れているといわれる日本企業が大きく変わるきっかけになると期待されている。一方で、女性活用をどのように進めていけばよいのかといった点は必ずしも明確ではない。3分野37項目で総合評価、1位は三越伊勢丹HDそこで、人材活用に関する情報を豊富に掲載する『CSR企業総覧』(東洋経済新報社)2015年版掲載の1305社のデータを基に「女性が働きやすい会社ラ

クレンジング・メイク落とし関連技術 特許総合力ランキングトップ3は花王、資生堂、LOREAL(仏)

クレンジング・メイク落とし関連技術 特許総合力ランキングトップ3は花王、資生堂、LOREAL(仏) 弊社はこのほど、日本に出願されたクレンジング・メイク落とし関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 本調査では、化粧品に含まれる顔料など油性の基材を除去するクレンジング・メイク落としの関連技術について、1993年から2014年5月末までに日本の特許庁で公開された特許1,580件を対象としています。特許の質と

企業情報サイト調査結果分析2013 第5回:上位企業の推移

企業情報サイト調査結果分析2013第5回:上位企業の推移資生堂の上昇が急本調査の上位4社について、過去5年間のランキングの推移をグラフに表した。2013年の総合1位はトヨタ自動車だが、過去には10位を下回っていた時期があることがわかる。それが、2011年の大規模リニューアルを契機として再び1位の地位を取り戻し、その後は上位の位置をキープしている。2位のサントリーは上位で安定している。ほとんどの年で1位か2位だ。いかに継続的に改善に取り組んでいるかが窺える。3位のホンダの傾向はトヨタ自動車と似てい

2014年4月1日金融庁フィードバック数:0ビジネス

日本企業と機関投資家との対話の現状と課題

第17回「企業財務研究会」講演資料等の公表について日時:平成26年3月24日(月)15時00分~17時00分場所:金融庁13階共用第1特別会議室 (東京都千代田区霞が関3-2-1中央合同庁舎第7号館)開催内容 演題 「日本企業と機関投資家との対話の現状と課題」講師 【テーマ1】日本企業の機関投資家との対話の現場に於ける現状と課題 今出 達也氏(日本シェアホルダーサービス株式会社 常務執行役員)【テーマ2】資生堂のESG対話の歩み 山崎 直実氏(株式会社資生堂 IR部 株式グループリーダー 課長)

2013年12月28日アイティメディア★フィードバック数:0ライフスタイル

化粧品ブランドのペルソナです。

「マキアージュなレディー」について。メイク用化粧品市場を眺めてみる... -データから見るペルソナ図鑑(33)-

誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。「マキアージュなレディー」について。メイク用化粧品市場を眺めてみる... -データから見るペルソナ図鑑(33)-「マキアージュなレディー」について。メイク用化粧品市場を眺めてみる... -データから見るペルソナ図鑑(33)-株式会社コプロシステム取締役 商品計画研究所所長。携帯電話キャリア、電機・食品・化粧品各メーカー、エンタメ系企業等のブランディング、商品

2013年12月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 化粧品メーカーのイメージ(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ[18516]化粧品メーカーのブランドイメージ(第2回) 『信頼性・安心感がある』『親近感がある』と思う化粧品関連企業は「資生堂」「花王」が上位2位。2010年調査に比べ「カネボウ化粧品」「資生堂」「花王」などの比率が減少。特に『信頼性・安心感がある』は「カネボウ化粧品」が約26ポイントと大幅減 『企画力・開発力がある』『革新的・先進的である』と思う化粧品関連企業は「資生堂」「DHC」が上位2位。「花王」「ドクターシーラボ」「再春館製薬所」

第53回:番組スポンサー企業(2012)

ブランドなんでもランキング第53回:番組スポンサー企業テレビ番組のスポンサーの中には一社単独で提供するものや複数社提供であっても特定の一社が大きな割合で提供しているものがあります。スポンサー企業は番組名に社名の冠をつけたり、番組の合間には自社のCMを大量に流したりすることができます。また番組の中で商品やキャラクターを映したり、出演者がその企業の商品についてさりげなく口にしたりすることもあります。では実際に視聴者はどのように番組スポンサーを認識しているのでしょうか。今回は番組のメインスポンサーにつ

2010年3月30日MMDLaboフィードバック数:35ライフスタイル

スキンケアコスメに関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 1番よく使うコスメブランド、1位「資生堂」、2位「肌研(ハダラボ)」■ スキンケアコスメ購入で重視する点、1位「価格が安い」、2位「信頼できるメーカー(ブランド)の商品」■ オトナニキビの認知度は91.4%。興味のある成分、特徴の第1位は「保湿成分」・ 調査期間 … 2010年3月10日~2010年3月20日(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ