「資金運用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年8月17日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

銀行114行「2017年3月期決算 総資金利ざや」調査

銀行114行「2017年3月期決算 総資金利ざや」調査 公開日付:2017.08.08 銀行の2017年3月期決算は、日銀の「マイナス金利政策」導入後、初の通期決算となった。低金利競争や資金運用難から金融機関の収益低下が指摘されているが、「総資金利ざや」の中央値は0.14%にとどまり、前年同期と比べて0.04ポイント低下した。銀行114行のうち、6割にあたる73行で「総資金利ざや」が縮小。「逆ざや」は前年同期より8行多い20行に増加した。「マイナス金利政策」の影響が如実に反映した結果で、銀行は新

2017年7月20日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

銀行114行「2017年3月期 預証率調査」(単独決算ベース)

銀行114行「2017年3月期 預証率調査」(単独決算ベース) 公開日付:2017.07.10 銀行の資金運用状況を示す「預証率」が2017年3月期は26.9%に低下した。2013年3月期から5年連続で前年同期を下回り、調査を開始した2006年3月期以来、最低を記録した。これは各行がマイナス金利で金利リスクの抑制策として国債売却を進め、保有する有価証券額が大幅に減少したこと。さらに、業績回復で手元資金が厚くなった企業、将来に備えた高齢者などの個人資金が貸出金の増加を上回るペースで預金として流入し

2017年2月26日日経リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

最新版「金融総合定点調査『金融RADAR』」

新生iDeCo加入者、予定含めてもまだ8.7%日経リサーチ、最新版「金融総合定点調査『金融RADAR』」の結果発表 2017.02.21  株式会社日経リサーチは21日、「金融総合定点調査『金融RADAR』」の最新版の結果を発表しました。この調査は生活者の金融に対する意識や世帯における金融行動の実態を総合的に把握するため、日経リサーチが定期的に実施しているもので、前身を含めると30年以上の歴史と実績を持っています。今回の調査は2016年10~11月に首都圏40キロメートル圏内に居住する、20歳以

2015年8月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

銀行114行「2015年3月期決算 総資金利ざや」調査

銀行114行「2015年3月期決算 総資金利ざや」調査 公開日付:2015.08.10 銀行の収益源である利ざやの縮小に歯止めがかからない。2015年3月期決算では114行のうち6割にあたる71行で「総資金利ざや」が前年同期より縮小し、「逆ざや」は前年同期より3行多い11行に増えた。金利低下が続く中、銀行が資金需要の落ち込みと貸出競争の激化から本業で収益を上げにくい状況が続いている。本調査は、銀行114行を対象に、2015年3月期決算で国内業務ベースの「総資金利ざや」を調査した。総資金利ざやは、

2015年3月29日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第747号

第1部総括第2部 原資第3部 運用第4部 金利・その他 24.財政融資(資金運用部)資金預託及び貸付金利の推移統計表中に使用した符号:0=単位未満 ―=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入によっているので,端数において合計とは合致しないものがある。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2014年12月4日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

どうして地域金融機関の再編が進まないのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート 地域活性化・地方創生 どうして地域金融機関の再編が進まないのか預金金融機関の行動原理と地方創生の課題 2014年12月4日コンサルティング・ソリューション第三部 主任コンサルタント 鈴木 文彦◆預金金融機関の本質は決済機能である。預金、経済活動で生じる資金移動を自行らの決済ネットワークの帳簿上の付け替えで完結するように営業エリアを設定する。仕入・販売の範囲が比較的

2013年11月11日バルクフィードバック数:0ライフスタイル

VOL.27 家庭の経済状況に関する調査(2009/9)

家庭の経済状況に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.27 家庭の経済状況に関する調査調査日時:2009年9月15日(火)~9月21日(月) 戦後最長の景気が、02年の2月から続き、景気拡大が起こり、その期間は69カ月ともそれ以上だったとも言われています。 一方アメリカに端を発するサブプライムローンが原因の世界同時不況も起こりました。しかし、実際に家庭レベルではどのように感じていたのでしょうか。家庭での資金や資産の扱い方などとともに調査を行いました。※本調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

特集データ

お知らせ