「赤字企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

アパレル関連企業の経営実態調査

2017/10/31アパレル関連企業の経営実態調査アパレル「小売」で利益率大幅悪化〜 消費不振、店舗撤退で赤字増加 〜はじめに近年不振にあえぐアパレル業界。2017年度上半期(2017年4月〜9月)のアパレル関連企業の倒産件数は、前年同期比0.7%増の148件となり、ほぼ横ばいで推移している。その一方で、盛り上がりに欠ける個人消費を背景に、アパレル関連企業の業績は厳しい状況が続いている。三陽商会の業績悪化や投資ファンドによるイトキンの買収など、大手アパレルの苦境もその厳しい経営環境を象徴している

2017年5月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年「倒産企業の財務データ分析」調査

公開日付:2017.05.11 2016年(1-12月)の倒産企業の6割は「減収」で、市場ニーズに対応できない企業が目立った。倒産企業の赤字企業率は49.8%と生存企業の2倍超に達し、倒産企業の61.4%は債務超過だった。大手企業の業績に牽引されるかたちで景気は緩やかな拡大を続けるが、業績改善の流れから取り残された中小企業が行き詰まっている構図が鮮明になった。本調査は、東京商工リサーチが保有する財務情報から3期連続データのある2016年の倒産企業544社(個人企業を含む)と生存企業(32万2,0

2016年10月5日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

アパレル関連企業の経営実態調査

2016/9/28アパレル関連企業の経営実態調査「小売」ファストファッションが牽引 〜 大手アパレル不振で「卸」は減収 〜はじめに急激に進んだ円安がピークを迎えたのが2015年5月。その後、年末から2016年にかけて1ドル=100円程度まで円高が進んだものの、アパレル関連企業の2015年度決算に大きな影響を及ぼしたのは間違いない。海外生産の多いアパレル関連企業の倒産動向を見ても、2016年は8月までに205件が発生、前年同期比6.8%の増加となっており、厳しい経営状況が続いている。 帝国データバ

2016年2月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

旅館・ホテル1,569社 業績動向調査

公開日付:2016.02.08 旅館・ホテル運営企業1,569社の48.2%が増収だった。全体の総売上高は2年連続で増収を達成、増益企業も41.0%を占め、売上・利益ともに好調だった。特に、大都市圏や人気観光地で増収率が高く、好調な国内旅行やインバウンド(訪日観光客)効果が、各地の旅館・ホテル業界に活況を呈していることがわかった。日本政府観光局(JNTO)の発表では、2015年の訪日外客数(年間推計値)は前年比47.1%増の1,973万7,000人で、45年ぶりに訪日外客数と出国日本人数が逆転し

2016年2月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年 全国社長の年齢調査

公開日付:2016.02.08 2015年の全国社長の平均年齢は、前年より0.2歳延びて60.8歳になった。中小企業に事業承継は大きな課題になっている。社長の年齢分布は、特に70代以上の社長の構成比が上昇する一方、30代以下は伸び悩み、社長の高齢化に拍車がかかっていることがわかった。社長年齢と業績の相関では、社長が若年なほど「増収増益」企業の比率が高い傾向がある一方、「赤字」企業率は社長が70代以上ほど比率が高かった。また、2015年の「休廃業・解散」は、社長が70代以上の企業が全体の4割(構成

2015年9月29日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

アパレル関連企業の業績動向調査

2015/9/29アパレル関連企業の業績動向調査2014年度は約半数が業績悪化〜 2割超の企業が赤字に 〜はじめにここ3年ほどで急激に進んだ円安による仕入コストの上昇や、2014年4月の消費増税の影響に伴う消費の低迷などから、アパレル業界の経営環境は非常に厳しい状況が続いている。加えて、2014年度以降はアパレル関連企業の倒産が増加に転じているほか、一部大手アパレル企業でも業績悪化を余儀なくされており、その動向が注目されている。そうした状況を踏まえて、帝国データバンクは、2012年度〜2014年

企業調査です。

賃上げ決定・予定6割~慎重姿勢も根強い~同友会景況調査オプション調査 速報

【15.04.08】賃上げ決定・予定6割~慎重姿勢も根強い~同友会景況調査オプション調査 速報を発表 2015年度の賃上げ予定について会員企業を調査し、47都道府県1,055社分の集計をまとめましたのでお知らせします。1.賃上げ決定・予定58%。いまだ慎重姿勢も 調査を実施した3月1~15日の時点で、2015年度の賃上げ(定昇を含む)を決定している企業(17.4%)と予定している企業(40.4%)は合わせて57.8%でした。日本商工会議所の賃上げ予定調査結果(43.8%、3月31日発表)に比べる

2014年10月8日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

東京商工リサーチの調査です。

予備校・学習塾経営企業 赤字が58社

公開日付:2014.10.08 2014年8月、大手予備校の「代々木ゼミナール」が、2015年度に全国27校舎のうち20校舎を閉鎖すると発表した。さらに、9月末には大手学習塾の秀英予備校が2015年3月末までに13校舎の閉鎖を予定するなど、予備校・学習塾業界の厳しい経営環境が浮き彫りになった。東京商工リサーチが全国の予備校・学習塾経営企業経営321社の最新期の業績を調べたところ、「増収減益」企業の増加が目立ち、赤字企業も増加していることがわかった。本調査は、東京商工リサーチの企業データベースのう

2013年5月14日東京商工リサーチフィードバック数:15ビジネス

「全国18万社財務データ」調査 全国で赤字企業率が改善

「全国18万社財務データ」調査 全国で赤字企業率が改善 公開日付:2013.05.10未上場の企業は業績が低迷期を抜け出し、赤字企業率は平均26.4%(前期比3.1ポイント改善)と、全国的に前期より改善したことがわかった。なかでも宮城、福島、岩手の震災被災3県の財務改善が目立ち、復興事業が企業業績を押し上げていることを示した。本調査は、東京商工リサーチの財務データベース(71万4,059社)のうち、2009年12月期から3期連続の財務データを入手できた18万1,393社(上場企業を除く)を無作為

2013年4月9日東京商工リサーチフィードバック数:10ビジネス

2012年「倒産企業の財務データ分析」調査 ~ 倒産企業 減収が62.6%、赤字率は55.3% ~

2012年「倒産企業の財務データ分析」調査 ~ 倒産企業 減収が62.6%、赤字率は55.3% ~ 公開日付:2013.04.082012年(1-12月)に倒産した企業は、全体の6割が減収で、過半数が赤字企業だった。また、有利子負債構成率が平均51.1%と高く、過剰債務を抱える企業が多いことが明らかになった。本調査は、東京商工リサーチが保有する71万4,059社の財務データベースから、2012年の倒産企業のうち3期連続の財務データ678社(個人企業を含む)を無作為に抽出、同条件の生存企業(18万

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ