「踊り場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年12月19日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

2020年の景気見通しに対する企業の意識調査

2019/12/122020年の景気見通しに対する企業の意識調査2020年の景気、「悪化」と見込む企業は37.2%〜 景気回復に必要な政策、「人手不足の解消」が2年連続でトップ 〜はじめに2019年12月9日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は、前期(4〜6月期)比0.4%増(年率換算で1.8%増)となり、4四半期連続でプラスの成長となった。省力化投資などの設備投資や公共工事、五輪関連の建設需要などに加え、消費税率引き上げ前の駆け込み需要も好影響を与えた。一方、相次ぐ自然災害や世界

2019年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2019年の景気見通しに対する企業の意識調査

2018/12/132019年の景気見通しに対する企業の意識調査2019年景気、「悪化」局面を見込む企業が29.4%に急増〜 「消費税制」が最大の懸念材料に 〜はじめに2018年12月10日に発表された7〜9月期の実質GDP成長率2次速報は、前期(4〜6月期)比0.6%減(年率換算2.5%減)と、2四半期ぶりのマイナス成長となった。人手不足の深刻化に加えて、台風や地震など自然災害も重なり個人消費や輸出、設備投資などが悪化した。一方、有効求人倍率の上昇など雇用・所得環境の改善傾向を示す指標もあり、

2018年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年の景気見通しに対する東海4県企業の意識調査

2017/12/262018年の景気見通しに対する東海4県企業の意識調査2018年の「回復」見通し19.4%、前年の2倍超〜 景気への懸念材料は「人手不足」が最多 〜はじめに2017年12月8日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.6%増、年率換算で2.5%増と7四半期連続のプラス成長となった。また、輸出の増加や有効求人倍率の上昇など改善傾向を示す指標も相次いで発表されている。一方で、個人消費は天候不順など一部で足踏み状態がみられているほか、業種や地域では景況

2018年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年の景気見通しに対する近畿地区企業の意識調査

2017/12/272018年の景気見通しに対する近畿地区企業の意識調査2018年の懸念材料、「人手不足」が急増〜 回復局面を見込む企業は4年ぶりに2割超す 〜はじめに2017年12月8日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.6%増、年率換算で2.5%増と、7四半期連続のプラス成長となった。また、近畿地区では輸出が11月まで10カ月連続で前年同月比増となったほか、11月の有効求人倍率が43年5カ月ぶりの高水準となるなど改善傾向を示す指標も相次いで発表されている

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年の景気見通しに対する千葉県内企業の意識調査

2017/12/252018年の景気見通しに対する千葉県内企業の意識調査2018年の景気、「人手不足」が最大の懸念材料〜 回復局面を見込む企業が4年ぶりに20%超す 〜はじめに2017年12月8日に発表された7〜9月期の実質GDP成長率2次速報は、前期(4〜6月期)比0.6%増、年率換算で2.5%増と、7四半期連続のプラス成長となった。また、輸出の増加や有効求人倍率の上昇など、改善傾向を示す指標も相次いで発表されている。一方で、個人消費は天候不順など、一部で足踏み状態が見られるほか、業種や地域で

2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年の景気見通しに対する神奈川県内企業の意識調査

2017/12/212018年の景気見通しに対する神奈川県内企業の意識調査2018年景気は「人手不足」が最大の懸念材料〜 回復局面を見込む企業は4年ぶりに2割超す 〜はじめに2017年12月8日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.6%増、年率換算で2.5%増と、7四半期連続のプラス成長となった。また、輸出の増加や有効求人倍率の上昇など改善傾向を示す指標も相次いで発表されている。一方で、個人消費は天候不順など一部で足踏み状態がみられているほか、業種や地域では景

2018年1月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2018年の景気見通しに対する企業の意識調査

2017/12/142018年の景気見通しに対する企業の意識調査2018年景気は「人手不足」が最大の懸念材料〜 回復局面を見込む企業は4年ぶりに2割超す 〜はじめに2017年12月8日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.6%増、年率換算で2.5%増と、7四半期連続のプラス成長となった。また、輸出の増加や有効求人倍率の上昇など改善傾向を示す指標も相次いで発表されている。一方で、個人消費は天候不順など一部で足踏み状態がみられているほか、業種や地域では景況感の格差

2016年12月24日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

2017年の景気見通しに対する企業の意識調査

2016/12/142017年の景気見通しに対する企業の意識調査2017年の懸念材料、「米国経済」が急増〜 トランプノミクス、日本経済に「マイナス影響」が4割〜はじめに2016年12月8日に発表された7〜9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.3%増、年率換算で1.3%増と、3四半期連続のプラス成長となった。また、住宅着工戸数の増加や有効求人倍率の上昇が続くなど改善傾向を示す指標がある一方、個人消費は依然として足踏み傾向がみられており、業種や地域で景況感の格差が表れている。帝国

2016年6月8日価格.comフィードバック数:0大型消費/投資

2016年「夏のボーナス」に関する調査

価格.comリサーチ第93回は、「2016年夏季ボーナス」についてのアンケート調査を行いました。 2016年夏のボーナス推定支給額は全体平均で60.9万円。昨年夏の61.6万円を0.7万円(1.1%)下回る結果となりました。5期ぶりに減少傾向となった昨年冬の60.6万円と比べるとわずかにプラスですが、この1年を通して見るとほぼ横ばいといったところです。性別・年代別に見ても、20代を除く全ての属性で昨年夏を下回っており、昨年冬に続いてボーナス支給額は踊り場にあることがうかがえます(図1-2)。業種

2015年12月3日価格.comフィードバック数:0大型消費/投資

冬のボーナス2015 -夏に続いて増加なるか?-

価格.comリサーチ第89回は、「2015年冬季ボーナス」についてのアンケート調査を行いました。 2015年冬のボーナス推定支給額は全体平均で60.6万円。昨年冬の調査と比べると2.1万円(3.6%)のプラスですが、今夏の調査時の61.6万円をわずかに下回り、価格.comリサーチでは5期ぶりの減少 。約2年続いた上昇傾向がここにきて踊り場にさしかかっているようにも思えます。業種別では、「金融業」が前年比マイナス13.4%と大幅に下げています。一方、「公益法人・財団法人」がプラス7.7%、「医療業

2015年6月29日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年5月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本5月鉱工業生産 ここから本文です5月鉱工業生産輸出停滞と在庫調整を背景にソフトパッチ継続サマリー◆2015年5月の生産指数は前月比▲2.2%となり、前月時点での予測調査(同+0.5%)に反して2ヶ月ぶりの低下となった。市場コンセンサス(同▲0.8%)対比でも大きく下振れており、ネガティブな内容である。◆今回の結果は、2014年8月を底として続いてきた緩やかな回復基調が、一旦踊り場局面に転じたことを確認させる内容であった。背景には直近の輸出の停滞と在庫調整があると

2015年6月4日翔泳社フィードバック数:0マーケティング要登録

「マーケティング・リサーチの現状に関するアンケート」から考えるMRの未来

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます 「マーケティング・リサーチの現状に関するアンケート」から考えるMRの未来 日本マーケテンング協会主催講演『踊り場に来たマーケティング・リサーチ』レポート 今回は番外編として、2015年5月19日に開催された日本マーケティング協会主催セミナー『踊り場に来たマーケティング・リサーチ』での調査報告をもとに、マーケティング・リサーチ(以下、MR)の現状と未来について考えます。 今回の記事でお伝え

2015年6月4日翔泳社フィードバック数:0マーケティング要登録

「マーケティング・リサーチの現状に関するアンケート」にみる、新たなMRへの関心

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます 「マーケティング・リサーチの現状に関するアンケート」にみる、新たなMRへの関心 日本マーケテンング協会主催講演『踊り場に来たマーケティング・リサーチ』レポート 後編 今回も前回に引き続き、2015年5月19日に開催された日本マーケティング協会主催講演『踊り場に来たマーケティング・リサーチ』での調査報告から、新たなリサーチ手法の実施状況、興味・関心にフォーカスして、マーケティング・リサーチ

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年4月鉱工業生産

トップレポート・コラム経済分析日本4月鉱工業生産 ここから本文です4月鉱工業生産一時的な踊り場入りを示唆する内容サマリー◆2015年4月の生産指数は、前月比+1.0%と3ヶ月ぶりの上昇となった。前月時点での予測調査(同+2.1%)に比べれば下振れしたものの、市場コンセンサス(同+1.0%)どおりの着地である。◆今回の結果は、2014年8月を底とした緩やかな生産の増加傾向を確認させるものであり、今後も緩やかな回復基調が継続するとの判断に変更はない。ただし回復基調はあくまで緩やかであり、予測調査から

不動産価格は上昇持続か失速か ~踊り場に差し掛かった不動産市況~

不動産価格は上昇持続か失速か ~踊り場に差し掛かった不動産市況~

市場の潮の流れの変化に注目

わたしの意見 ― 水野 創市場の潮の流れの変化に注目(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」9月18日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 1ドル108円台、日経平均16千円台、米国発で市場が動いている(18日11時現在)。管理相場とはいえ、米国長期金利に連動し極端に低かった長期金利も底を打っている。昨年1年、踊り場なく円高修正、株高が続き、輸出採算改善、資産効果を通じてアベノミクス効果を浸透・実感させたが、年初の期待に反し、1月以来横ばい状態が続き、好循環に向けた推進

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ