「身体症状」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年12月14日エムティーアイフィードバック数:0ライフスタイル

約1万人の調査で約7割が月経前に身体の不調を経験

約1万人の調査で約7割が月経前に身体の不調を経験 4人に1人は月経前の何らかの症状が仕事や家事の支障に 【概要】国立成育医療研究センター(所在地:東京都世田谷区、理事長:五十嵐 隆)の分子内分泌研究部 鳴海 覚志 室長、社会医学研究部 森崎 菜穂 室長、三瓶舞紀子らのグループと株式会社エムティーアイ(東京都新宿区、代表取締役社長:前多 俊宏)は、2019年5月から女性の健康情報サービス『ルナルナ』の「女性ヘルスケア・ビッグデータ解析」を共同研究として行っています。 今回は2020年1月23日から

2019年8月13日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ストレスに関するアンケート調査(第7回)

ストレスに関するアンケート調査(第7回) ■ストレスを感じている人は全体の7割弱、女性10~30代でやや高い。ストレス耐性があると思う人は全体の6割弱、60・70代での比率が高く、30代で低い。ストレスの発散・解消ができている人は4割強。■ストレスを感じる状況は「仕事内容・労働環境など」が4割弱、「金銭面」「職場の人間関係」「病気やケガ、健康・体力面」「将来への不安」が各20%台。仕事関係は男性30~50代、「日常の家事」「やりたくないこと・負担に感じること」などは女性での比率が高い傾向。

2013年7月24日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ストレス(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへストレスを感じている人は全体の4分の3を占める。一方、ストレス耐性があると思う人は6割 「職場や学校での仕事・勉強の量や内容」「職場や学校での人間関係」「家計・金銭面」がストレスを感じるトップ3 ストレスを感じた時の身体症状は「いらいらしやすくなる」が最も多く「気力がなくなる、元気がなくなる」「胃やおなかの調子が悪くなる」「眠れない・眠りが浅い」「集中力がなくなる・注意散漫になる」などが続く ストレスへの対処法は「好きなものを食べる」「趣味

2010年8月10日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

ストレス(第4回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへストレスを感じている人は全体の4分の3を占める。一方、ストレス耐性があると思う人は6割。 「職場や学校での仕事・勉強の量や内容」「家計・金銭面」「職場や学校での人間関係」がストレスを感じる上位3項目 ストレスへの対処法は「たくさん寝る・昼寝をする」「おいしいもの、好きなものを食べる」「ひとりで過ごす時間をつくる」がトップ3。前回より「家族に話す」がやや減少 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インター

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ