「輸出企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月10日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

論文集です。

経済分析第188号

現在のページ: »»»» 経済分析第188号 経済分析第188号 (ジャーナル版) 経済分析第188号 (ジャーナル版)(論文) 海外市場情報と輸出開始:情報提供者としての取引銀行の役割乾 友彦(日本大学経済学部教授)伊藤 恵子(専修大学経済学部教授)宮川 大介(ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所客員研究員)庄司 啓史(衆議院憲法審査会事務局参事) 地方交付税制度が徴収率に与える効果の推定─行革インセンティブ算定の効果と交付税制度に内在する歪みの検証─石田 三成(琉球大学法文学部)サポ

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/10/22~11/19発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆9月の企業関連の指標は、持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+2.9%と2ヶ月ぶりに上昇した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+1.1%と上昇した。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比+2.9%と4ヶ月連続で増加した。◆9月の家計関連の指標は、個人消費では反動減から緩やかに回復していることが示され、雇用環境に関しては回復ペースが鈍化していることが

2013年5月17日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年3月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本3月機械受注 ここから本文です3月機械受注製造業の増加見通しは設備投資増加の兆しか?サマリー◆2013年3月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+14.2%と2ヶ月連続のプラスとなり、市場コンセンサス(同+3.5%)を大幅に上回った。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比+13.3%と2ヶ月連続の増加、非製造業(船舶・電力を除く)は前月比+14.3%と2ヶ月連続の増加となった。加工組立業種からの受注が増加していることや

2013年5月15日日本総研フィードバック数:1社会/政治

為替相場が日韓の輸出競争力に及ぼす影響-輸出企業の投入構造からのアプローチ

為替相場が日韓の輸出競争力に及ぼす影響-輸出企業の投入構造からのアプローチ

10月の「ロイター個人投資家調査」

ロイター個人投資家調査:6割がドル90─105円望む、介入期待も [東京 20日 ロイター] 個人投資家の投資マインドの悪化に歯止めがかかった。ロイターが20日にまとめた10月個人投資家調査では、日本株への投資スタンスを示すロイター個人投資家DI(「強気」の割合から「弱気」の割合を引いて算出)はマイナス64で、前月から6ポイントと小幅ながら改善した。改善は6カ月ぶり。  10月20日、ロイター個人投資家調査では、日本経済にとって望ましい為替水準は1ドル90─105円との回答が6割を占めた。写真は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ