「輸出価格」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月貿易統計 原油価格下落で貿易赤字は大きく縮小 2015年1月26日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年12月の貿易統計では、輸出金額は前年比+12.9%と4ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+11.2%)を上回った。円安が進んだことを主因に輸出価格は同+8.7%と大幅に上昇したことに加えて、輸出数量が同+3.9%と2ヶ月ぶりに前年を上回ったことが輸

2014年12月18日EY Japanフィードバック数:0社会/政治

円安の日本経済への影響(4) 輸入コストを転嫁できる生産構造とは

円安の日本経済への影響④輸入コストを転嫁できる生産構造とは ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 円安による輸入原材料コストの増加が、国内企業の重荷となっている。以下では、輸出と非製造業の関係を踏まえて、その対策を考える。これまでの企業行動を振り返ると、輸入原材料コスト増に対応して、人件費など国内コストを削減することが多かった。しかし、国内コストの削減は、労働者の所得や取引業者の売上など国内購買力の低下を通じて、自社の売上を

2014年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年11月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年12月17日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年11月の貿易統計では、輸出金額は前年比+4.9%と3ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+7.0%)を下回る結果となった。円安が進んだことで輸出価格は同+6.7%と上昇幅が前月(同+4.6%)から拡大した。一方、輸出数量が同▲1.7%と3ヶ月ぶりの前年割れとなったことから、輸出金額の増加率は

2014年3月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

企業物価指数(2014年2月) ~節目の+2%を割り込む~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:企業物価指数(2014年2月)発表日2014年3月12日(水)~節目の+2%を割り込む~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(単位:%)国内企業物価201320141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月前期比0.20.50.10.40.10.00.30.30.20.10.00.30.2▲ 0.2前年比▲ 0.4▲ 0.1▲ 0.50.10.61.22.

2013年11月6日日本商工会議所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シェールガス輸出を難しくする米国の事情 日本の輸入価格下落は期待薄

シェールガス輸出を難しくする米国の事情 日本の輸入価格下落は期待薄(会議所ニュース2013/10/21号)(会議所ニュース10/21号掲載記事)アメリカからの安価なシェールガスの輸入がエネルギー問題解決の魔法の切り札のようにいわれている。だが、実態はどうなのか。常葉大学の山本隆三教授に解説してもらう。シェールガス輸出を難しくする米国の事情 日本の輸入価格下落は期待薄 常葉大学 経営学部教授 山本 隆三 氏 シェールガスの日本向け輸出が米エネルギー省に認可された。今後米国からの天然ガス輸出により輸

2013年10月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本9月貿易統計 ここから本文です9月貿易統計7-9月期GDPの外需寄与度はマイナスの公算大サマリー◆2013年9月の貿易統計は、輸出金額が前年比+11.5%と7ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+15.5%)を下回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出価格は前年比+13.6%と、大幅な上昇が続いており、円安を主因とした価格上昇が輸出金額を押し上げる構図が続いている。一方で、輸出数量は前年比▲1.9%と3ヶ月ぶりに前年を下回った。輸出金額を季

2013年6月24日大和総研フィードバック数:17社会/政治

アベノミクスによる円安効果の先行き

トップレポート・コラム経済分析日本アベノミクスによる円安効果の先行き ここから本文ですアベノミクスによる円安効果の先行き輸出競争力向上による実体経済の押し上げはこれから本格化サマリー◆1-3月期GDPでは実質輸出が4四半期ぶりの増加に転じた。輸出が持ち直した背景としては、昨年11月に衆議院の解散が事実上決まってからの、急速な円安が挙げられることが多い。しかし、このところ為替市場では、昨年末からの一本調子の円安が反転し、円高・ドル安方向に戻されていることから、円安による景気の押し上げ効果は既に一巡

2013年6月6日経済産業省フィードバック数:1社会/政治

為替レートと輸出金額・輸出価格の関係について

為替レートと輸出金額・輸出価格の関係について

2013年4月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年3月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本3月貿易統計 ここから本文です3月貿易統計輸出数量にも下げ止まりの兆しサマリー◆2013年3月の貿易統計では、輸出金額は前年比+1.1%と、2ヶ月ぶりの増加となり、市場コンセンサス(同+0.2%)を上回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出数量が前年比▲9.8%と10ヶ月連続の前年割れとなる一方で、円安の効果により輸出価格が前年比+12.1%と大幅に上昇しており、輸出価格の上昇が輸出金額を押し上げるという構図が続いている。◆輸出数量指数(大和総研による季

2013年3月25日第一生命保険フィードバック数:3社会/政治

Global Market Outlook 円安効果現る、地味だが素晴らしい輸出価格

Global Market Outlook 円安効果現る、地味だが素晴らしい輸出価格

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月貿易統計 ここから本文です2月貿易統計金額ベースでは持ち直し傾向続くも、輸出数量は依然低迷サマリー◆2013年2月の貿易統計では、輸出金額は前年比▲2.9%と、2ヶ月ぶりの前年割れとなり、市場コンセンサス(同▲1.7%)を下回った。輸出金額を価格と数量に分けると、円安の効果もあり輸出価格が前年比+15.0%と大幅に上昇する一方で、輸出数量が同▲15.5%と大幅に落ち込んだことが下押し要因となった。◆ただし、①前年の2012年がうるう年だったこと、②中国の春節

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ