「輸出価格」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月貿易統計 ここから本文です12月貿易統計原油価格下落で貿易赤字は大きく縮小サマリー◆2014年12月の貿易統計では、輸出金額は前年比+12.9%と4ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+11.2%)を上回った。円安が進んだことを主因に輸出価格は同+8.7%と大幅に上昇したことに加えて、輸出数量が同+3.9%と2ヶ月ぶりに前年を上回ったことが輸出金額を押し上げた。季節調整値で見た輸出金額は前月比+2.0%と7ヶ月連続の増加となっており、輸出金額は円安進

2014年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年11月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本11月貿易統計 ここから本文です11月貿易統計円安が輸出入金額を押し上げサマリー◆2014年11月の貿易統計では、輸出金額は前年比+4.9%と3ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+7.0%)を下回る結果となった。円安が進んだことで輸出価格は同+6.7%と上昇幅が前月(同+4.6%)から拡大した。一方、輸出数量が同▲1.7%と3ヶ月ぶりの前年割れとなったことから、輸出金額の増加率は前月より縮小した。ただし、季節調整値で見た輸出金額は前月比+0.3%

2014年8月22日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

通商白書についてのセミナー資料です。

2014年版通商白書について

2014年版通商白書について清水 幹治 (経済産業省通商政策局企画調査室長) 本白書では、経済の安定的な成長のためには構造改革や成長戦略の重要性が増しているとの認識のもと、各国の政策動向について分析を行うとともに、我が国の成長戦略としての国際展開戦略の重要性を指摘しています。 議事録はじめに通商白書は、我が国の対外経済政策に関する年次報告書として昭和24年から毎年発行しており、本年で66回目となります。「いまだ占領下にあった昭和24年。焼け野原を前に、戦後最初の通商白書はこう訴えました。

2014年7月7日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ウォン高下でも底堅い韓国の輸出~輸出価格引き下げで、輸出数量の増勢を維持~

ウォン高下でも底堅い韓国の輸出~輸出価格引き下げで、輸出数量の増勢を維持~

2013年10月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本9月貿易統計 ここから本文です9月貿易統計7-9月期GDPの外需寄与度はマイナスの公算大サマリー◆2013年9月の貿易統計は、輸出金額が前年比+11.5%と7ヶ月連続の増加となったものの、市場コンセンサス(同+15.5%)を下回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出価格は前年比+13.6%と、大幅な上昇が続いており、円安を主因とした価格上昇が輸出金額を押し上げる構図が続いている。一方で、輸出数量は前年比▲1.9%と3ヶ月ぶりに前年を下回った。輸出金額を季

2013年6月24日大和総研フィードバック数:17社会/政治

アベノミクスによる円安効果の先行き

トップレポート・コラム経済分析日本アベノミクスによる円安効果の先行き ここから本文ですアベノミクスによる円安効果の先行き輸出競争力向上による実体経済の押し上げはこれから本格化サマリー◆1-3月期GDPでは実質輸出が4四半期ぶりの増加に転じた。輸出が持ち直した背景としては、昨年11月に衆議院の解散が事実上決まってからの、急速な円安が挙げられることが多い。しかし、このところ為替市場では、昨年末からの一本調子の円安が反転し、円高・ドル安方向に戻されていることから、円安による景気の押し上げ効果は既に一巡

2013年6月6日経済産業省フィードバック数:1社会/政治

為替レートと輸出金額・輸出価格の関係について

為替レートと輸出金額・輸出価格の関係について

2013年4月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年3月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本3月貿易統計 ここから本文です3月貿易統計輸出数量にも下げ止まりの兆しサマリー◆2013年3月の貿易統計では、輸出金額は前年比+1.1%と、2ヶ月ぶりの増加となり、市場コンセンサス(同+0.2%)を上回った。輸出金額を価格と数量に分けて見ると、輸出数量が前年比▲9.8%と10ヶ月連続の前年割れとなる一方で、円安の効果により輸出価格が前年比+12.1%と大幅に上昇しており、輸出価格の上昇が輸出金額を押し上げるという構図が続いている。◆輸出数量指数(大和総研による季

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本2月貿易統計 ここから本文です2月貿易統計金額ベースでは持ち直し傾向続くも、輸出数量は依然低迷サマリー◆2013年2月の貿易統計では、輸出金額は前年比▲2.9%と、2ヶ月ぶりの前年割れとなり、市場コンセンサス(同▲1.7%)を下回った。輸出金額を価格と数量に分けると、円安の効果もあり輸出価格が前年比+15.0%と大幅に上昇する一方で、輸出数量が同▲15.5%と大幅に落ち込んだことが下押し要因となった。◆ただし、①前年の2012年がうるう年だったこと、②中国の春節

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ