「輸出増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

清酒メーカーの経営実態調査

2017/12/21清酒メーカーの経営実態調査 海外需要増加も「増収」企業は3年ぶり減少〜 2016年度の清酒メーカートップは「白鶴酒造」、8位の「旭酒造」は前年度比6割超の大幅増収 〜はじめに「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、ヘルシーさなどから世界的に人気が高まるなか、海外では和食にマッチする日本独自の酒類として「日本酒」が注目されている。長期的な人口減少や嗜好の多様化により国内需要が伸び悩むなか、和食ブームに乗り海外への輸出量が増加。2016年における清酒輸出額は155億円にのぼり、

2015年1月4日大和総研フィードバック数:0ビジネス

円安の波及効果と企業収益に与える影響

トップレポート・コラム経済分析日本円安の波及効果と企業収益に与える影響 ここから本文です円安の波及効果と企業収益に与える影響波及効果を考慮すれば、円安は中小企業にもプラスの効果サマリー◆円安傾向が続いてきたことで、足下では輸入価格の上昇など円安のデメリットに対する懸念が高まっている。本レポートでは、円安が企業収益に与える影響を確認するとともに、その波及経路に着目しつつ、企業規模や産業によって影響がどの程度異なるのかを検証する。◆大企業製造業では輸出金額が輸入金額を上回っているのに対して、中小企業

2014年11月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

マレーシアの輸出は復活したのか~輸出増加の持続に向けた構造的課題への対応が必要~

マレーシアの輸出は復活したのか~輸出増加の持続に向けた構造的課題への対応が必要~

2014年4月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

綱渡りの中国経済、14年1Qは7.4%成長

トップレポート・コラム経済分析中国綱渡りの中国経済、14年1Qは7.4%成長 ここから本文です綱渡りの中国経済、14年1Qは7.4%成長当面の頼みの綱は輸出増加サマリー◆2014年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比7.4%と、2012年7月~9月の7.4%以来の低成長となった。主要経済指標は軒並み減速している。3月の輸入は前年同月比11.3%減となったが、特定品目ではなく多くの品目の輸入が減少していることは、内需減速で企業在庫が積み上がっている可能性や、中小企業の資金繰り悪化が輸入にまで影

2014年2月2日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013年のタピオカチップ輸出量、前年比24.3%増の592万トンに増加(タイ)

最終更新日:2014年1月31日 タイタピオカ取引協会(TTTA)は1月17日、2013年12月下旬のタピオカでん粉およびチップの輸出(FOB)価格および輸出量を発表した。12月下旬のタピオカでん粉FOB価格(バンコク)は、下値、上値ともに下落し、1トン当たり410.00〜420.00米ドル(43,460円〜44,520円:1米ドル=106円注)となった。 また、タピオカチップFOB価格(中国向け)も同様に下落し、1トン当たり230.00〜235.00米ドル(24, 205円〜24,910円)と

2013年6月10日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年1-3月期GDP2次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2013年1-3月期GDP2次速報 ここから本文です2013年1-3月期GDP2次速報在庫が上振れするも、ほぼ想定通りサマリー◆2013年1-3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比年率+4.1%(前期比+1.0%)と、1次速報(前期比年率+3.5%、前期比+0.9%)から上方修正された。市場コンセンサス(前期比年率+3.5%、前期比+0.9%)からわずかに上振れした形だが、これは在庫投資が市場予想を上回ったためであり、特段ポジティブな内容というわけではない

2013年6月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

TPPに対する誤解-欠かせない内需の拡大

TPPに対する誤解-欠かせない内需の拡大 | ニッセイ基礎研究所 TPPに対する誤解-欠かせない内需の拡大 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍総理は、去る3月15日に記者会見を開き、TPP(環太平洋経済連携協定)に向けた交渉への参加を正式に表明した。これまで足踏みを続けていたTPPを巡る動きは一気に加速している。現在交渉に参加して

2013年5月17日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年1-3月期GDP1次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2013年1-3月期GDP1次速報 ここから本文です2013年1-3月期GDP1次速報内・外需のバランスがとれたプラス成長サマリー◆2013年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+3.5%(前期比+0.9%)と2四半期連続のプラス成長となり、市場コンセンサス(前期比年率+2.7%、前期比+0.7%)を上回った。内需寄与度が+0.5%ptと2四半期連続のプラス寄与となったことに加え、外需寄与度が前期比+0.4%ptと4四半期ぶりのプラス寄与となったことが実質G

TPPに対する誤解 -欠かせない内需の拡大

TPPに対する誤解 -欠かせない内需の拡大 | ニッセイ基礎研究所 TPPに対する誤解 -欠かせない内需の拡大 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍総理は、去る3月15日に記者会見を開き、TPP(環太平洋経済連携協定)に向けた交渉への参加を正式に表明した。これによって、これまで足踏みを続けていた交渉の動きは一気に加速している。現在交

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ