「退職代行」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年9月17日アシロフィードバック数:0キャリアとスキル

【インフォグラフィックで解説】労働者にきいた「退職代行サービス」に関する調査

【インフォグラフィックで解説】労働者にきいた「退職代行サービス」に関する調査 株式会社アシロ(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:中山博登)は、法律問題に悩むユーザーが、その分野の事件・相談対応を得意とする弁護士・法律事務所を検索できるポータルサイト「弁護士ナビシリーズ」の一つである「労働問題弁護士ナビ」にて、「退職代行サービス」に関する調査を行いましたので、調査結果を公開します。この記事に記載の情報は2021年09月09日時点のものです退職代行とは?退職代行とは、何らかの理由で労働者が会

2021年6月4日日本労働調査組合フィードバック数:0キャリアとスキル

退職代行の認知率は63.9%「退職代行サービスに関するアンケート」結果発表

【日労公式】退職代行の認知率は63.9%「退職代行サービスに関するアンケート」結果発表労働調査概要1.退職代行サービスの認知率は63.9%2.約2割が退職時に退職代行サービスを利用すると回答 3.約3割は自身もしくは周囲で退職代行サービスを利用した人がいた経験がある 【調査概要】 ■調査名:退職代行サービスに関するアンケート ■調査期間:2021年4月1日~2021年4月2日 ■調査対象:全国20~39歳の会社員(男性・女性含む) ■有効回答数:523名1.退職代行サービスの認知率は63.9%あ

【2019年 若者の就業意向に関する調査】「退職代行」サービス認知度は51.3%

【ニュースリリース】2019年 若者に関する調査/「退職代行」サービス認知度は51.3% 多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所(株式会社ツナググループ・ホールディングス/本社:東京都千代田区/代表取締役社長:米田光宏)」は、17~29歳の若者を対象に、「就業意向に関する調査」を実施しました。そのなかで、近年話題となっている「退職代行」サービスについての結果をとりまとめましたので、ご報告いたします。※本調査は、「副業について」「離職意向について」聴取も行っており、追ってご報告予定です。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ