調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 通信キャリア

「通信キャリア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(2) 5G市場を展望

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(2) 5G市場を展望 前回はモバイル通信キャリアの動向を統計データや各社IR資料等から概観し、契約者向けサポートアプリの利用状況やロイヤルティ、収益構造の変化などを確認しました。今回はいよいよ3月下旬からサービスが始まった5G関連の動向にフォーカスしてみます。 5Gは第5世代(5th Generation)の次世代モバイル通信規格。データが流通するネットワークという通路を4Gの10倍に広げ、超高速、多数同時接続、超低遅延を実現します。デジタルツインやM

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(1) 楽天本格参入の影響は?

経済圏確立へキャリアが向かう道|通信領域編(1) 楽天本格参入の影響は? 第1回に続き、キャッシュレス決済やEC、金融等の総合的な提供を通じた顧客LTV最大化へ向け、通信キャリア各社の動向を探ります。まずはソフトバンクによるボーダフォン買収以来14年ぶりに第4の通信キャリア・楽天を迎えたモバイル通信事業から概観してみましょう。 一般社団法人電気通信事業者協会によると、日本における携帯電話の契約数は、2019年12月時点で1億8203万件。人口1億2595万人のうち95.7%にあたる1億2393億

2020年5月25日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

経済圏確立へキャリアが向かう道|ペイだけじゃない、通信キャリアアプリの浸透

経済圏確立へキャリアが向かう道|ペイだけじゃない、通信キャリアアプリの浸透 2018年のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」に端緒した決済アプリバトルはどうやら4月に本格参入した楽天を含む通信キャリア4社のサービスへ収れんしつつあります。マナミナではこれまでも色々とりあげてきましたが、この連載では通信キャリア各社が目指す市場囲い込み、「スーパーアプリ」へ向けた経済圏構築の動向を事業領域ごとにレポートしてみます。 まずは主要通信キャリア各社グループのアプリ利用状況から市場を概観してみま

2018年11月15日ICT総研フィードバック数:0デジタル家電

2018年公衆無線LANサービス利用者動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2018年 公衆無線LANサービス利用者動向調査■ 2018年度の利用者は5,746万人、2021年度には22%増の7,013万人に拡大■ キャリア系ではNTTドコモが満足度1位、キャリア系以外ではスターバックスがトップ■ 移動系事業者の無線LANの利用場所は、「カフェ・飲食店」が49.4%でトップ■ 海外旅行先で利用したい場所は空港が86.4%、ホテルが83.3% 株式会社 ICT総研

2017年10月9日ICT総研★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年 公衆無線LANサービス利用者動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2017年 公衆無線LANサービス利用者動向調査■ 2017年度の利用者は5,046万人、2020年度には27%増の6,418万人に。■ キャリア系ではNTT東西が満足度1位、キャリア系以外ではスターバックスがトップ。■ キャリア系公衆無線LANの利用場所は、「カフェ・飲食店」が42.8%でトップ。■ 「公衆無線LANの利用場所の多さ」 満足割合は、ソフトバンクが65.5%でトップ 株式会

2017年8月10日GMOメディア★フィードバック数:0モバイル

10代女子に「格安SIM/格安スマホに関する調査」

10代女子に「格安SIM/格安スマホに関する調査」を実施~半数以上が格安スマホは「よくわからない」、利用しない理由は使いにくくなりそう、料金プランがわかりにくい~10代女子に「格安SIM/格安スマホに関する調査」を実施~半数以上が格安スマホは「よくわからない」、利用しない理由は使いにくくなりそう、料金プランがわかりにくい~ 2017.8.1<調査概要>調査テーマ 格安SIM/格安スマホに関する調査調査対象スマホを持っている10代女子調査期間2017年6月27日~2017年7月10日調査方法インタ

2017年6月26日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

NB-IoTをめぐるキャリア各社の戦略とサービス・インフラ市場の動向

NB-IoTをめぐるキャリア各社の戦略とサービス・インフラ市場の動向NB-IoTをめぐるキャリア各社の戦略とサービス・インフラ市場の動向~NB-IoTによって大きく変わるキャリアの戦略とサービス・インフラ市場~【発 刊】2017年5月10日 【資料体裁・価格】[1]A4版150頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円[5]セット版(C

2016年9月25日GMOメディア★フィードバック数:0モバイル

スマホアプリに関する調査

10代女子のhappyを研究する「プリキャンティーンズラボ」 「スマホアプリに関する調査」を実施 〜 ゲームアプリはマスト!でも「課金はしない」が約8割「ディズニーツムツム」「Pokémon GO」が人気 〜 GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営する、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ()」は、10代の女の子を対象に「スマホアプリに関する調査」を実施いたしました。<調査概要>■ 調査テーマ スマホアプリ

2015年4月23日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2015年4月格安スマホ通信速度調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 格安スマホ、お昼時間帯で通信速度が低下―通信キャリアとダウンロードスピードに差 格安スマホ、お昼時間帯で通信速度が低下―通信キャリアとダウンロードスピードに差 ■ 格安スマホ、お昼時間帯で通信速度が低下―通信キャリアとダウンロードスピードに差MMD研究所は、「2015年4月格安スマホ通信速度調査」を実施しました。 本調査は、MVNO10社

2014年9月19日イード★フィードバック数:0モバイル

iPhone 6についての発売直前調査です。

iPhone 6/6 Plus 購入意向調査

News 2014年9月18日 新型iPhone、「6」/「6 Plus」の人気は拮抗 キャリア別の購入意向および乗り換え意向でauがトップ 選択の決め手は「料金プランの違い」(73.8%)、「対応するネットワーク」(71.0%) 調査・マーケティング会社の株式会社イード(東京都新宿区 以下イード)は、2014年9月19日(金)にドコモ、au、ソフトバンクから発売される「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」について、スマートフォンユーザー1800名(ドコモ:600名、au:600名、

2014年9月16日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」、どちらを買う?

QuickPoll:「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」、どちらを買う?4.7型のiPhone 6と5.5型のiPhone 6 Plus、どちらを選びますか? 通信キャリアは? ITmedia Mobileでは読者投票を実施しているので、お気軽にご投票ください。 いよいよ9月19日に発売される「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」。今回、Appleは初めて画面違いの2つのiPhoneを用意してきました。4.7型のiPhone 6は幅が67ミリで、片手で快適に操作でき

2014年7月13日アイティメディア★フィードバック数:0モバイル

通信キャリア選択についての調査です。

あなたが通信キャリアを選ぶ決め手は?

ITmedia Mobileでは6月2日から9日まで、通信キャリアに関する読者アンケートを実施した。通信キャリアを選ぶ決め手、今最も魅力的だと感じているキャリア、利用しているサービスについて、読者の皆さんにお聞きしたところ、500件以上の回答が集まった。アンケートのご回答にあらためて御礼を申し上げるとともに、調査結果の詳細をご紹介したい。 まずは現在利用している通信キャリアについて、1台目から3台目までを聞いた。1台目はNTTドコモが46.4%、KDDIが35.9%、ソフトバンクモバイルが11.

2013年12月13日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

2013年度上半期 国内PCサーバー出荷概況

2013年12月12日■出荷台数2.7%減の24万9,844台、出荷金額は1.2%増の1,113億円 ■出荷台数は3半期連続の減少も出荷金額は緩やかに増加を続ける ■サーバー仮想化の影響で台数減、出荷金額増が続くと予測  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は12月12日、13年度上半期(13年4~9月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、日本のPCサーバー出荷台数は前年同期比2.7%減の24万9,844台となった。出荷金額では同1.2%増の1,113億円となった。サーバー仮

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ