「道路橋梁」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年10月11日秋田経済研究所フィードバック数:0社会/政治

社会資本(インフラ)の老朽化への課題と対応

機関誌「あきた経済」社会資本(インフラ)の老朽化への課題と対応昨年末の中央自動車道笹子トンネル事故を受けて、老朽化した社会資本(インフラ)の維持管理に向けた課題が浮き彫りとなった。高度成長期以降に整備、建設されたインフラが一斉に高齢化を迎え、今後20年間で、建設後50年以上経過する割合が加速度的に高くなる。例えば、道路橋のその割合は、平成24年3月の約16%から、10年後には約40%、20年後には約60%と急増する(国土交通省)。自治体による補修計画策定は進みつつあるが、予算や人材の不足などで対

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ