「還元事業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年1月23日MMDLaboフィードバック数:0ライフスタイル

【第1弾】 2020年キャッシュレス・消費者還元事業における利用者実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > キャッシュレス還元開始後「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」が約4割 主流となるキャッシュレス決済はクレジットカード、スマホ決済(QR・非接触)も増加 約半数が日本国内のキャッシュレス化が進んでいると体感 キャッシュレス還元開始後「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」が約4割 主流となるキャッシュレス決済はクレジットカード、スマ

2020年1月20日ジェーシービーフィードバック数:0ビジネス

キャッシュレス・消費者還元事業に関する調査2019

JCB、「キャッシュレス・消費者還元事業に関する調査 2019」を発表株式会社ジェーシービー2019年12月19日キャッシュレス決済の利用頻度が増える背景には“利便性”と“利得性”と“安心感”利用頻度が増えた層は「少額でも気にせず使える」「ポイントがよく貯まる」「周囲に使う人が増えた」を実感 キャッシュレス決済新規利用層の大半が、キャッシュレス決済のメリットを実感!「もっと早く使っておけばよかった」新規利用層の71.9%、男性では81.1%が実感 キャッシュレス・消費者還元事業で利用している

2019年12月30日ジェーシービーフィードバック数:0ビジネス

JCB、「キャッシュレス・消費者還元事業に関する調査 2019」を発表

JCB、「キャッシュレス・消費者還元事業に関する調査 2019」を発表株式会社ジェーシービー2019年12月19日キャッシュレス決済の利用頻度が増える背景には“利便性”と“利得性”と“安心感”利用頻度が増えた層は「少額でも気にせず使える」「ポイントがよく貯まる」「周囲に使う人が増えた」を実感 キャッシュレス決済新規利用層の大半が、キャッシュレス決済のメリットを実感!「もっと早く使っておけばよかった」新規利用層の71.9%、男性では81.1%が実感 キャッシュレス・消費者還元事業で利用している

2019年12月25日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

消費増税にともなうキャッシュレス決済状況に関する生活者調査

HAKUHODO Fintex Base × 博報堂金融マーケティングプロジェクト、消費増税にともなうキャッシュレス決済状況に関する生活者調査を実施10月の消費増税を受け、モバイル決済サービス利用者は約36%と、2019年3月から約16ポイントの大幅増 消費増税に伴うキャッシュレス還元事業の認知は9割超、関心・行動も約7割に株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)が9月に発足したFintechサービスに関する生活者の意識・行動の調査研究を行うプロジェクト「HAKUHODO Fint

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
 

お知らせ