「量的緩和」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

出玉不足が不安視されるECBの量的緩和 ~需給逼迫による金利低下やユーロ安効果に期待~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2015年3月ECB政策理事会:量的緩和は9日に開始

3月ECB政策理事会:量的緩和は9日に開始 | ニッセイ基礎研究所 3月ECB政策理事会:量的緩和は9日に開始 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)が5日、政策理事会を開催、1月に決めた月600億ユーロの量的緩和の中核となる国債等の買い入れプログラム(PSPP)の詳細を決めた。PSPPは9日に開始、現在マイナ

2015年1月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2015年1月19日~) ~ECB、量的緩和の規模や内容が肝心~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年12月23日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス2年 円安、需要不足解消に必要

アベノミクス2年 円安、需要不足解消に必要円ドルレートは、2012年の1ドル/=約80円から最近では約120円へと、第2次安倍晋三政権の下で5割円安になった。米国以外の主要貿易相手国も対象として物価変動による競争力変化を考慮した実質実効為替レート(国際決済銀行作成)で見ると、円は現行の変動レート制に移行した1973年2月以降、最も安い水準にある。歴史的円安と、これに寄与したアベノミクスをどのように評価すべきだろうか。 ◆◆◆円安は日本で生産された財(サービスを含む)を割安にし、内外の需要を外国財

2014年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州金融見通し ECBは国債の量的緩和に踏み込まず

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州金融見通し ECBは国債の量的緩和に踏み込まず ここから本文です欧州金融見通し ECBは国債の量的緩和に踏み込まず第1の矢(量的緩和)より第2の矢(財政出動)が課題かロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆12月4日、欧州中央銀行(ECB)は定例の理事会を開き、政策金利である主要オペ金利を0.05%に据え置く決定をした。また同様に、上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金金利をそれぞれ0.3%、

2014年11月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

量的金融緩和への依存は続く

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の内需はリーマン・ショック直前のピーク水準を約6%上回っているが、消費税増税の影響が色濃く表れた日本の内需は約1%上回るに過ぎない。それでもショック直前の水準を約5%下回るユーロ圏よりもまだ良いとも言える。世界経済はまだら模様の状態にあり、各国ごとの景況感の差は大きい。量的緩和をいち早く大胆に展開し景気を回復軌道に乗せた米国、結果論だが量的緩和による景気回復の途上で消費税増税のタイミングが早すぎた

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日・米・ユーロ圏のそれぞれにとっての長期停滞論

トップレポート・コラムコラム日・米・ユーロ圏のそれぞれにとっての長期停滞論 ここから本文です日・米・ユーロ圏のそれぞれにとっての長期停滞論下のグラフは、2008年以降の日本、米国、ユーロ圏の実質国内需要の推移を示している。米国の内需は順調に回復し、来年の半ばあたりの利上げが視野に入りつつある。日本はアベノミクスで景気回復が明確になったが、消費税増税で4-6月期の内需が大幅に減少、続く7-9月期もマイナス成長を脱することができなかった。事実上、景気は一時的にせよ後退局面に陥ったことになり、来年10

2014年11月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

信用緩和から量的緩和への転換 ~ユーロ圏にベストな追加緩和策とは?~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年11月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

鬼の居ぬ間に量的緩和(その2) ~国債購入Xデーは6月3日か?~

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2014年9月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

鬼の居ぬ間に量的緩和 ~輪番制導入でドイツ外し?~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年7月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ECBは量的緩和に逆行、ユーロ安誘導は困難

ECBは量的緩和に逆行、ユーロ安誘導は困難

2014年4月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ECBは量的緩和で国債を買わざるをえないか

ECBは量的緩和で国債を買わざるをえないか

2014年4月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

課題が多いECBの量的緩和~QEは年後半以降のインフレ動向次第~

課題が多いECBの量的緩和~QEは年後半以降のインフレ動向次第~

景気の回復とともに一段の上昇が期待されるグローバルREIT

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月7日景気の回復とともに一段の上昇が期待されるグローバルREIT グローバルREITは、2014年に入り堅調な推移となっています。これは、イエレン新FRB(米連邦準備制度理事会)議長が、バーナンキ体制下での金融政策を維持する方針を示し、超低金利政策の長期化観測が拡がったことなどを受けて、米国を中心にREIT価格が大きく上昇したことが背景と考えられます。昨年を振り返ると、米国で量的緩和の早期縮小懸念が強まるなか、長期金利の上昇

世界各国の国債(通貨)の騰落率から考える

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月2日世界各国の国債(通貨)の騰落率から考える 2014年に入ってからの主要国の国債(現地通貨建て)の動きをみると、新興国および高金利国の強い動きが目立っています。昨年は、米国の量的緩和の縮小への警戒感が高まった5月以降に、投資家がリスク回避的な姿勢を強め、相対的にリスクが高いとされる新興国を中心に投資資金を引き揚げる動きがみられた一方、先進国に資金が流入する傾向がありました。しかし、量的緩和の縮小が決定した昨年12月以降は、

2014年1月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ステルス緩和の功罪 ~資金吸収オペの目標未達でECBは量的緩和に近づく~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年12月9日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:指標改善で徐々に近づく量的緩和縮小

BTMU Focus USA Weekly:指標改善で徐々に近づく量的緩和縮小

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの

トップレポート・コラム経済分析米国米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの ここから本文です米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリー米国連邦準備理事会(FRB)はゼロ金利制約に直面して以来、量的緩和とフォワードガイダンスにより金融緩和を継続してきた。しかしバーナンキ議長が量的緩和の規模を縮小し、終了する可能性に言及して以来、この効果は剥落に向かっている。米国金融政策の変調は、国際的な流動性供給の縮小や、国際的裁定を通じた要求収益率

2013年11月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

オールゼロ金利時代到来か?

トップレポート・コラムコラムオールゼロ金利時代到来か? ここから本文ですオールゼロ金利時代到来か?長期金利動向に注目11月7日、欧州中央銀行(ECB)は理事会で政策金利の引き下げ(0.5%→0.25%)を決定した。事前に利下げは市場では観測されておらず、サプライズだった、といえる。ドラギ総裁は記者会見で「金利はさらに下げることもできる。利用可能なすべての手段を講じる用意がある」と述べ、追加緩和の可能性にも言及した。ユーロ圏の10月消費者物価(速報値)は前年比+0.7%と予想を下回っており、低イン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ