調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 金融サービス

「金融サービス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年4月7日Nota Inc.フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

金融サービスのサポート利用者の9割が、「サポート時の不満がサービスへの不信感につながる」と回答

金融サービスのサポート利用者の9割が、「サポート時の不満がサービスへの不信感につながる」と回答 〜カスタマーサポートへの不満「オペレーターにつながるまでが長すぎる」「専門用語が多すぎてわからない」など不満多数〜 革新的な検索型FAQ「Helpfeel(ヘルプフィール)」(https://helpfeel.com)を開発・提供しているNota株式会社(所在地:京都府京都市、代表取締役/CEO:洛西一周)は、金融関連のカスタマーサポート利用者110名を対象に実態調査を行いました。 ■調査概要調査名:

2019年10月16日MarkLogicフィードバック数:0ビジネス

投資判断改善のため、データ管理に投資する金融サービス企業が増加

投資判断改善のため、データ管理に投資する金融サービス企業が増加 世界の100社以上を調査したレポートを発表 複雑化するデータ統合をシンプルにするための次世代型データプラットフォームを提供するMarkLogic Corporation(https://jp.marklogic.com/)は、金融市場のテクノロジー情報プロバイダーであるWaters Technologyと共同で、ヨーロッパ、北米、APACの投資銀行、アセットマネージャ、ブローカー・ディーラーなど100社以上の金融サービス企業を調査し

2015年6月3日金融庁フィードバック数:0社会/政治

ASEAN地域統合における金融分野自由化進展に向けて-WTO金融サービス分野の自由化約束をベースとした分析-

ASEAN地域統合における金融分野自由化進展に向けて-WTO金融サービス分野の自由化約束をベースとした分析-

デジタル時代のサービスの進化 -2014年商業銀行に関するグローバル調査-

銀⾏が将来勝ち残るためには、最先端テクノロジーをパートナー企業のエコシステムと融合することでそのビジネスを変⾰し成⻑を実現させなければなりません。 ディスラプション(創造的破壊)はグローバルに展開する銀行に成長の機会と同時に課題をもたらします。依然として、リスク管理や規制対応が銀行における主要な課題になっていますが、その一方で、業績に目を向け、顧客や投資家の高まる期待にも応えなければなりません。そのためには、オペレーショナル・モデルやビジネスモデルを再構築・最適化させ、持続可能なリターンを確

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ