「金融市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

世界経済・金融市場の見通し(2015年6月)

世界経済・金融市場の見通し(2015年6月) 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会COPYRIGHT © 2013 AllianceBernstein Japan Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.このサイトにある記事・写真および全てのデータに係る一切の知的財産権は、アライアンス・バーンスタイン株式会社に帰属します。

2015年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

ドル円再始動、今後の展開は?~金融市場の動き(6月号)

ドル円再始動、今後の展開は?~金融市場の動き(6月号) | ニッセイ基礎研究所 ドル円再始動、今後の展開は?~金融市場の動き(6月号) 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 5月下旬以降、急速な円安ドル高が進行したが、投機主導によるドル高の色彩が強い。今後も中期的には、日米金融政策の違いや本邦貿易赤字の再拡大、国内投

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米利上げ局面のユーロ相場を振り返る~金融市場の動き(5月号)

米利上げ局面のユーロ相場を振り返る~金融市場の動き(5月号) | ニッセイ基礎研究所 米利上げ局面のユーロ相場を振り返る~金融市場の動き(5月号) 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 一般的に、利上げを行う国の通貨には上昇圧力がかかるため、過去の米利上げ局面ではユーロ安ドル高基調になったと考えられがちだが、必ずしも

世界経済・金融市場の見通し(2015年4月)

世界経済・金融市場の見通し(2015年4月) 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号加入協会:一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会COPYRIGHT © 2013 AllianceBernstein Japan Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.このサイトにある記事・写真および全てのデータに係る一切の知的財産権は、アライアンス・バーンスタイン株式会社に帰属します。

2015年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

膠着の今、ドル円レートを再点検~金融市場の動き(4月号)

膠着の今、ドル円レートを再点検~金融市場の動き(4月号) | ニッセイ基礎研究所 膠着の今、ドル円レートを再点検~金融市場の動き(4月号) 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) ドル円は、3月上旬に一時122円を突破した後に下落し、膠着状態が続いている。一番の原因は利上げに慎重なスタンスが目立った3月FOMCによって

2015年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

自作自演(!?)の市場環境で小躍りするロシア中銀 ~同国金融市場が抱える潜在的リスクは一段と増幅する懸念~

自作自演(!?)の市場環境で小躍りするロシア中銀 ~同国金融市場が抱える潜在的リスクは一段と増幅する懸念~

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀追加緩和の可能性を考える~金融市場の動き(3月号)

日銀追加緩和の可能性を考える~金融市場の動き(3月号) | ニッセイ基礎研究所 日銀追加緩和の可能性を考える~金融市場の動き(3月号) 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (トピック) 今後の日銀の追加緩和について、筆者は「追加緩和有り」だと見ている。期限内の物価目標達成の見込みが低いためだ。目標時期を延期する手もあるが、日

2015年3月2日日本総研フィードバック数:0社会/政治

ベイルインをめぐる動きと金融市場への影響について

ベイルインをめぐる動きと金融市場への影響について

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号)

円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号) | ニッセイ基礎研究所 円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号) 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) ドル円レートは120円をかなり割り込んだ状態が継続。原油安などを原因とするリスク回避の円買いが発生しているうえ、これまで円安シナリオを支えてきた

2015年1月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2015年1月号)~原油安に潜む少し先のリスク

金融市場の動き(1月号)~原油安に潜む少し先のリスク | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(1月号)~原油安に潜む少し先のリスク 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (金融市場) 年明けの金融市場は波乱の幕開けとなった。その一因は原油安だ。原油価格はさらに下値を模索する展開も有り得、下がれば下がるほど、その悪影響への懸念も

2015年1月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2015年1月)2015年の新興国経済

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2015年1月)2015年の新興国経済 ここから本文です新興国マンスリー(2015年1月)2015年の新興国経済~金融市場の不安定性に備えを~サマリー◆2015年は原油価格の急落、ギリシャ問題再燃で明けた。今後はFRBの利上げ開始も待っている。これらから想定される今年の世界経済の姿は「実体経済的には米国の独り勝ち状況が継続しながらもトータルの成長率は改善、ただし金融市場の不安定性からそのプロセスに脆弱性がつきまとう」といったものであろう。◆こ

2015年1月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は輸出が低調

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は輸出が低調 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は輸出が低調 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (実体経済)生産面の伸び率(前年同月比)の動きを見ると、タイは回復力が弱く、1年8ヵ月連続のマイナスとなっている。その他の国・地域で

金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年?

金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(12月号)~2015年は金融市場にとってどんな年? 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (金融市場) 2015年はどのような年になるのだろうか。海外のスケジュールを見渡してみると、最大の材料はやはり「米国の利上げ」にな

2014年11月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場変動の米国経済への影響~原油価格下落、ドル高は米国経済の重石になるか?~

金融市場変動の米国経済への影響~原油価格下落、ドル高は米国経済の重石になるか?~

2014年11月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場で商社はなぜ「勝者」になったか

金融市場で商社はなぜ「勝者」になったか

金融市場の動き(11月号)~追加緩和のインパクトと過熱感の力比べに

金融市場の動き(11月号)~追加緩和のインパクトと過熱感の力比べに | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(11月号)~追加緩和のインパクトと過熱感の力比べに 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替・株) 今回の追加緩和は衝撃的なものであった。これまでの市場の反応は、昨年の異次元緩和後に匹敵するレベルになっている。緩和の

2014年10月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル大統領選は決選投票に持ち越し ~現職優勢のまま決戦投票も、当面の金融市場は「大動き」が続こう~

ブラジル大統領選は決選投票に持ち越し ~現職優勢のまま決戦投票も、当面の金融市場は「大動き」が続こう~

金融市場の動き(10月号)~円安第3波、過去2回との違いは?

金融市場の動き(10月号)~円安第3波、過去2回との違いは? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(10月号)~円安第3波、過去2回との違いは? 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 8月中旬以降、急速な円安ドル高が進行し、一時110円を突破した。安倍政権発足期待を発端に円高が終焉して以降、今回は3回目の大きな円安

2014年9月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国はディスインフレに直面するか ~川上からの物価下押しが続くなか、金融市場の安定化が鍵を握る~

中国はディスインフレに直面するか ~川上からの物価下押しが続くなか、金融市場の安定化が鍵を握る~

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(9月号)~円安再開、その持続性を考える

金融市場の動き(9月号)~円安再開、その持続性を考える | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(9月号)~円安再開、その持続性を考える 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) ドル円レートは、8月下旬以降急ピッチな円安ドル高となり、昨年末の水準をほぼ回復している。この間、米サイドでは、堅調な経済指標が続いているという点

2014年8月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2014年8月号)~円安再開のエンジンと落とし穴

金融市場の動き(8月号)~円安再開のエンジンと落とし穴 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(8月号)~円安再開のエンジンと落とし穴 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) ドル円レートについては年末にかけて円安が再開するとみている。そのメインエンジンとなるのは米長期金利だ。直近1年間の53週について米長期金利とドル

2014年7月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2014年7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く

金融市場の動き(7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (短観) 7月2日に2回目となる日銀短観「企業の物価見通し」が公表された。物価全般の見通しは前回調査から殆ど変化がなかったが、自社販売価格の見

2014年7月6日財務省フィードバック数:0社会/政治

金融市場に対する非伝統的な金融緩和政策の影響―日米英の中央銀行の国債買入政策に関する分析―

金融市場に対する非伝統的な金融緩和政策の影響―日米英の中央銀行の国債買入政策に関する分析―

2014年6月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

メキシコ 利下げで内需低迷打開に王手 ~金融市場安定の好機を狙う、改革期待による資金流入も追い風~

メキシコ 利下げで内需低迷打開に王手 ~金融市場安定の好機を狙う、改革期待による資金流入も追い風~

2014年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(6月号)-“冷夏は恐るるに足らず”夏の気温と株価

金融市場の動き(6月号)-“冷夏は恐るるに足らず”夏の気温と株価 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(6月号)-“冷夏は恐るるに足らず”夏の気温と株価 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) この夏はエルニーニョ現象の影響による冷夏が予想されており、景気への影響も危惧されている。一方、夏の気温と株価の関係を過去30

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(5月号)~日米株価の格差問題

金融市場の動き(5月号)~日米株価の格差問題 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(5月号)~日米株価の格差問題 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 30日に米ダウ平均株価が史上最高値を更新した。一方、わが国の株価は不振が続いており、日米株価の格差は鮮明だ。本来、日米株価の相関性は強いが、最近は相関係数が大きく低

2014年5月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気の霧は晴れず、依然見通し不良 ~政府は目先の景気より、金融市場や税財政改革などに注力の模様~

中国景気の霧は晴れず、依然見通し不良 ~政府は目先の景気より、金融市場や税財政改革などに注力の模様~

2014年4月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々 ~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~発表日:2014年4月16日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済を巡ってはシャドーバンキングなどの問題が警戒されるなか、景気減速への懸念もあり、共産党及び政府の動きに注目が集まっている。先月の全人代は「期待はずれ」の内容だった一方、その後は徐々に課題解決に動く

2014年4月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

FRBが注視する米金融市場動向~議事録に記された債券、株式、商品、貸付への懸念~

FRBが注視する米金融市場動向~議事録に記された債券、株式、商品、貸付への懸念~

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(4月号)~短観「企業の物価見通し」を読み解く

金融市場の動き(4月号)~短観「企業の物価見通し」を読み解く | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(4月号)~短観「企業の物価見通し」を読み解く 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (短観) 3月調査日銀短観から、「企業の物価見通し」の集計・公表が開始された。物価見通しの平均値は前年比で1.5%~1.7%という結果であった

2014年3月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

フィリピン、今後の利上げへの布石か(Asia Weekly (3/24~3/28)) ~信用拡大による金融市場のリスクを警戒し、金融政策の正常化に動く~

フィリピン、今後の利上げへの布石か(Asia Weekly (3/24~3/28)) ~信用拡大による金融市場のリスクを警戒し、金融政策の正常化に動く~

2014年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ドル円相場と日本株の相関について~同時相関の背景と金融市場への影響~

ドル円相場と日本株の相関について~同時相関の背景と金融市場への影響~

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

全人代終了、今年の中国経済の方向性を占う ~雇用など成長率の質を重視も、異質性が際立つ対応は不透明要因になろう~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート全人代終了、今年の中国経済の方向性を占う~雇用など成長率の質を重視も、異質性が際立つ対応は不透明要因になろう~発表日:2014年3月14日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 今月5日に始まった全人代はすべての日程を終了した。同会議では経済・財政運営方針などが討議され、最終日の李首相の記者会見では中国経済が抱える問題に網羅的に対応する姿勢が示されたが、中国の異質性が際立つ内容であ

金融市場の動き(3月号)~通貨のパワーバランスを再考

金融市場の動き(3月号)~通貨のパワーバランスを再考 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(3月号)~通貨のパワーバランスを再考 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替・株) ドル円は足元103円付近まで回復してきているが、年初の105円台には距離があり、上値の重さは否めない。この原因は、主にドルの反発力が見られないた

2014年2月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは?

金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは? 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替・株) 1月下旬から2月上旬にかけて、新興国不安や米国経済の先行き懸念などから世界的にリスクオフ地合いとなった。これらは完全な海外発材料にもかかわらず、

金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理

金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(1月号)~ドル円相場を改めて整理 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 最近の為替相場は日米金利差だけで為替を理解・説明することが難しくなっている。昨年のドル円レートを被説明変数とし、長期金利差を説明変数とする単回帰分析を行うと

金融市場動向から見る2013年~各国金融政策から見る為替・債券・株式市場~

金融市場動向から見る2013年~各国金融政策から見る為替・債券・株式市場~ | ニッセイ基礎研究所 金融市場動向から見る2013年~各国金融政策から見る為替・債券・株式市場~ 伊藤 拓之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年も残すところ数日となった。今年は「アベノミクス」に代表されるように経済の明るいニュースが増え、日本国内の投資家には良好な成績を収めた方

金融市場の動き(12月号)~ 2014年は金融市場にとってどんな年?

金融市場の動き(12月号)~ 2014年は金融市場にとってどんな年? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(12月号)~ 2014年は金融市場にとってどんな年? 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株・為替) 少し早いが今年の市場を振り返ると、先進国を中心に世界の株価は大きく上昇した。とりわけ、異次元緩和で急激な円安が実

2013年11月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年11月)投資主導型成長の再開に向けて

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年11月)投資主導型成長の再開に向けて ここから本文です新興国マンスリー(2013年11月)投資主導型成長の再開に向けて~金融政策は徐々に緩和モードへ~サマリー◆これまでの為替レートの減価にもかかわらず、一部の例外を除き、新興国のインフレ率は比較的落ち着いている。リスク回避の収束に伴う金融市場の安定を受け、各国が金融政策をより緩和モードに転換する余地が広がりつつある。◆金融市場の安定は実体経済安定の条件であり、その先に成長再開が見えて

金融市場の動き(11月号)~“株式市場における内需低迷”の行方

金融市場の動き(11月号)~“株式市場における内需低迷”の行方 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(11月号)~“株式市場における内需低迷”の行方 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 10月終盤に米ダウ平均株価や独DAX指数が過去最高値を更新した。米量的緩和の早期縮小観測が後退したうえ、世界経済の回復基調が途切

2013年10月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

イエレン時代は金融市場になにをもたらすか

イエレン時代は金融市場になにをもたらすか

2013年10月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米債務問題とテール・リスク~金融市場の初期反応をGARCHモデルから考える~

米債務問題とテール・リスク~金融市場の初期反応をGARCHモデルから考える~

金融市場の動き(2013年10月号)~急騰期における金利の動き

金融市場の動き(10月号)~急騰期における金利の動き | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(10月号)~急騰期における金利の動き 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (金利) 安倍首相が消費税率引き上げを表明した。日本の財政再建を一歩前進させる措置である。しかし、日本の財政再建の道筋はまだ先が長いのも事実。そして、財政懸念

アジア新興国・地域の経済見通し ~景気減速感が強まり、安定成長へはまだ遠い

アジア新興国・地域の経済見通し ~景気減速感が強まり、安定成長へはまだ遠い | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し ~景気減速感が強まり、安定成長へはまだ遠い 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域では、低成長が長期化している。ASEAN主要国は堅調で、韓国・台湾・インドは不調というこれまで見られ

2013年9月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(9月号)~迫り来るQE3縮小とシリアという関門

金融市場の動き(9月号)~迫り来るQE3縮小とシリアという関門 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(9月号)~迫り来るQE3縮小とシリアという関門 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 今月の日本株市場はにわかに正念場の雰囲気が高まっている。まず、今月の最重要テーマはQE3の縮小だ。実際に今月決定される確証はない

2013年9月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

金融市場混乱が続くトルコの動向~株・債券・為替のトリプル安は続くか?~

金融市場混乱が続くトルコの動向~株・債券・為替のトリプル安は続くか?~

2013年9月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシアは苦境を脱するのか

トップレポート・コラム経済分析新興国インドネシアは苦境を脱するのか ここから本文ですインドネシアは苦境を脱するのか利上げは金融市場の安定にポジティブ。危機への耐性は高いサマリー◆株・債券および通貨のトリプル安が続く中、8月29日、インドネシア中銀は緊急金融政策決定会合を開き、政策金利を50bps引上げ、7.0%とした。◆今回のトリプル安は、経済成長率の低下、経常赤字に米国の量的緩和縮小観測が重なり、市場が過剰に反応し、資金流出につながったことが要因である。◆新興国の中ではインドネシアの資金流出規

2013年8月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか?

金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか? 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 為替市場において、豪ドルの下落が鮮明になっている。2010年以降、世界最強通貨の一角であった豪ドルだが、現在は「新興国とりわけ中

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年7月) ~つい数ヶ月前と金融市場を巡る環境が一変したアジア新興国~

アジア経済マンスリー(2013年7月) ~つい数ヶ月前と金融市場を巡る環境が一変したアジア新興国~

2013年7月26日大和総研フィードバック数:1社会/政治

成長の期待されるアジア向け国際与信が増加

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達成長の期待されるアジア向け国際与信が増加 ここから本文です成長の期待されるアジア向け国際与信が増加BIS 報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2013年3月末の国際与信残高は25兆2,367億ドルと前期(2012年12月末)に比べ▲1,994億ドル(前期比▲0.8%)となり、僅かな減少となったものの、水準はほぼ横ばい。主要先進国の中銀による金融緩和の姿勢維持等が金融市場の安心感につながったためと思われる。◆与信側(銀行側)からみる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ