「金融市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年10月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米債務問題とテール・リスク~金融市場の初期反応をGARCHモデルから考える~

米債務問題とテール・リスク~金融市場の初期反応をGARCHモデルから考える~

金融市場の動き(2013年10月号)~急騰期における金利の動き

金融市場の動き(10月号)~急騰期における金利の動き | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(10月号)~急騰期における金利の動き 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (金利) 安倍首相が消費税率引き上げを表明した。日本の財政再建を一歩前進させる措置である。しかし、日本の財政再建の道筋はまだ先が長いのも事実。そして、財政懸

アジア新興国・地域の経済見通し ~景気減速感が強まり、安定成長へはまだ遠い

アジア新興国・地域の経済見通し ~景気減速感が強まり、安定成長へはまだ遠い | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し ~景気減速感が強まり、安定成長へはまだ遠い 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域では、低成長が長期化している。ASEAN主要国は堅調で、韓国・台湾・インドは不調というこれまで見られた二極化の構造は弱

2013年9月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(9月号)~迫り来るQE3縮小とシリアという関門

金融市場の動き(9月号)~迫り来るQE3縮小とシリアという関門 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(9月号)~迫り来るQE3縮小とシリアという関門 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 今月の日本株市場はにわかに正念場の雰囲気が高まっている。まず、今月の最重要テーマはQE3の縮小だ。実際に今月決定される確証はな

2013年9月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド、金融市場の混乱は実体経済を着実に侵食 ~景気は最悪期を過ぎつつあるが、年度の成長率を再度下方修正へ~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートインド、金融市場の混乱は実体経済を着実に侵食~景気は最悪期を過ぎつつあるが、年度の成長率を再度下方修正へ~発表日:2013年9月2日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) インド経済を巡っては物価高や金利高が景気のけん引役である内需を下押しする状況が続いてきたが、足下では金融市場の混乱が海外資金の流出を招き、様々な形で実体経済の下押し圧力に繋がる悪影響が出ている。したがって、インフ

2013年9月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル景気は一時的に加速も、先行きは不透明 ~反政府デモ後の景況感悪化、利上げや金融市場混乱などの影響は避けられず~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル景気は一時的に加速も、先行きは不透明~反政府デモ後の景況感悪化、利上げや金融市場混乱などの影響は避けられず~ 発表日:2013年9月3日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 2年以上に亘り景気低迷が続くブラジルだが、4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率+6.0%に加速し、久々に勢いのある景気回復の兆しがうかがえた。しかし、海外資金の流入鈍化や金融引き締めなどが民間需

2013年9月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

金融市場混乱が続くトルコの動向~株・債券・為替のトリプル安は続くか?~

金融市場混乱が続くトルコの動向~株・債券・為替のトリプル安は続くか?~

2013年9月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシアは苦境を脱するのか

トップレポート・コラム経済分析新興国インドネシアは苦境を脱するのか ここから本文ですインドネシアは苦境を脱するのか利上げは金融市場の安定にポジティブ。危機への耐性は高いサマリー◆株・債券および通貨のトリプル安が続く中、8月29日、インドネシア中銀は緊急金融政策決定会合を開き、政策金利を50bps引上げ、7.0%とした。◆今回のトリプル安は、経済成長率の低下、経常赤字に米国の量的緩和縮小観測が重なり、市場が過剰に反応し、資金流出につながったことが要因である。◆新興国の中ではインドネシアの資金流出規

2013年8月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか?

金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか? 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 為替市場において、豪ドルの下落が鮮明になっている。2010年以降、世界最強通貨の一角であった豪ドルだが、現在は「新興国とりわけ

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年7月) ~つい数ヶ月前と金融市場を巡る環境が一変したアジア新興国~

アジア経済マンスリー(2013年7月) ~つい数ヶ月前と金融市場を巡る環境が一変したアジア新興国~

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済 ~拙速なQE3減額は出口を遠ざける~

海外経済 ~拙速なQE3減額は出口を遠ざける~経済調査部市場との対話失敗で想定外の大幅な金利上昇桂畑 誠治~+2.6%、失業率が13年10~12月期の平均値でバーナンキFRB議長が6月19日のFOMC7.2~7.3%となっている。これに概ね沿った動き(連邦公開市場委員会)後の記者会見で「資産購となれば、FRBは年内にQE3の減額を行う可入に関してFOMCの現在の予測通りに経済成長、能性があるとしている。FOMCの予想通りとな雇用の改善が持続すれば、年内にもQE3(量的るためには自動歳出削減が行わ

2013年7月26日大和総研フィードバック数:1社会/政治

成長の期待されるアジア向け国際与信が増加

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達成長の期待されるアジア向け国際与信が増加 ここから本文です成長の期待されるアジア向け国際与信が増加BIS 報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2013年3月末の国際与信残高は25兆2,367億ドルと前期(2012年12月末)に比べ▲1,994億ドル(前期比▲0.8%)となり、僅かな減少となったものの、水準はほぼ横ばい。主要先進国の中銀による金融緩和の姿勢維持等が金融市場の安心感につながったためと思われる。◆与信側(銀行側)からみる

中国経済見通し~金融市場混乱で成長率はさらに鈍化も、李首相の政策スタンス変化で景気失速はない

中国経済見通し~金融市場混乱で成長率はさらに鈍化も、李首相の政策スタンス変化で景気失速はない | ニッセイ基礎研究所 中国経済見通し~金融市場混乱で成長率はさらに鈍化も、李首相の政策スタンス変化で景気失速はない 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国では、4-6月期の実質経済成長率が前年同期比7.5%増と前四半期を下回るなど成

2013年7月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(7月号)~ドル高の死角

金融市場の動き(7月号)~ドル高の死角 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(7月号)~ドル高の死角 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) QE3縮小は、セオリーでは円安ドル高要因となるはずだが、縮小観測の高まりによって実際に起きたことは円高ドル安であった。その理由は先行きの不透明感が強まることで、市場の警戒感が

2013年7月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は自動車販売が懸念材料

【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は自動車販売が懸念材料 | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】金融市場は総じて下落、実体経済は自動車販売が懸念材料 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (実体経済)6月のアジア新興国・経済の各種指標は、5月に引き続き、生産や輸出で伸び悩みが続いた。注目は、自動車販売台数が総じて不

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジアの生産に下押し圧力が掛かる(Asia Weekly (6/24~6/28)) ~金融市場の混乱による影響は今後現れる可能性あり~

アジアの生産に下押し圧力が掛かる(Asia Weekly (6/24~6/28)) ~金融市場の混乱による影響は今後現れる可能性あり~

2013年6月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中小企業の業況(2013年6月) ~一部に金融市場の混乱の悪影響も、良好な水準を維持~

中小企業の業況(2013年6月) ~一部に金融市場の混乱の悪影響も、良好な水準を維持~

2013年6月25日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

中国景気は内外需の低迷で一段と不透明に(Asia Weekly (6/17~6/21)) ~金融市場の混乱が続く中、貿易赤字拡大もインドルピーの悪材料に~

中国景気は内外需の低迷で一段と不透明に(Asia Weekly (6/17~6/21)) ~金融市場の混乱が続く中、貿易赤字拡大もインドルピーの悪材料に~

アジア新興国・地域の経済見通し ~金融市場が海外投資家に翻弄されるなか、実体経済にも不穏な空気が漂う

アジア新興国・地域の経済見通し ~金融市場が海外投資家に翻弄されるなか、実体経済にも不穏な空気が漂う | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し ~金融市場が海外投資家に翻弄されるなか、実体経済にも不穏な空気が漂う 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域は、低空飛行が続いている。ASEAN主要国は堅調で、韓国・台湾・イ

2013年6月18日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

金融市場の動揺でアジア各国の対応に揺れ(Asia Weekly (6/10~6/14)) ~市場の混乱による「トリプル安」への対応は国ごとに差~

金融市場の動揺でアジア各国の対応に揺れ(Asia Weekly (6/10~6/14)) ~市場の混乱による「トリプル安」への対応は国ごとに差~

2013年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

金融市場の動き(6月号)~海外マネーの逆回転が最大のリスク

金融市場の動き(6月号)~海外マネーの逆回転が最大のリスク | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(6月号)~海外マネーの逆回転が最大のリスク 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 株式市場の大荒れが続いている。その最大要因とされるのが米QE3の早期縮小観測だ。では何故米株よりも日本株の方が不安定化・下落しているの

2013年6月9日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

揺れるトルコ情勢と金融市場

トップレポート・コラム経済分析欧州揺れるトルコ情勢と金融市場 ここから本文です揺れるトルコ情勢と金融市場「アラブの春」の再来かロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆トルコ情勢が揺れている。発端はインスタンブール近郊にて行われていた環境団体のデモ行進であるが、それが過熱し、5月31日に警官隊と衝突した。デモは、現与党のエルドアン政権に反対する市民も巻き込んだ抗議活動に発展しており、状況は悪化の一途をたどっている。◆過去、トルコ政府は政教分離を念頭に置いた

2013年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治

金融市場の動き(5月号)~円安の切れ目が株高の切れ目か?

金融市場の動き(5月号)~円安の切れ目が株高の切れ目か? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(5月号)~円安の切れ目が株高の切れ目か? 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 昨年11月以降の株価上昇は円安進行によって強力に裏付けられている。実際、11月から4月までの日経平均株価とドル円レートとの相関係数は0.9

2013年5月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

ギリシャ向け与信が大きく減少

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達ギリシャ向け与信が大きく減少 ここから本文ですギリシャ向け与信が大きく減少BIS 報告銀行による国際与信残高統計サマリー◆2012年12月末の国際与信残高は25兆4,156億ドルと、前期(2012年9月末)に比べ▲313億ドル(前期比▲0.1%)となり、僅かな減少となったものの、ほぼ横ばいの水準にある。ECBによる無制限の国債買取策等が金融市場の安心感につながり、そして、その効果が持続していることが大きな要因と思われる。◆与信側(銀行

2013年4月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治

金融市場の動き(4月号)~期待先行相場の終焉と円相場の行方

金融市場の動き(4月号)~期待先行相場の終焉と円相場の行方 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(4月号)~期待先行相場の終焉と円相場の行方 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 従来の急激な円安進行という期待先行相場は、日銀が期待に見事応えたことで政策に裏打ちされた。今回導入された「量的・質的緩和」の影響を考え

2013年3月29日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

金融市場の大転換は起こるのか~「グレート・ローテーション」議論に関する考察~

金融市場の大転換は起こるのか~「グレート・ローテーション」議論に関する考察~

2013年3月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪ドル相場は上値を追いにくい展開が予想される ~景気は依然底這いの中、追加利下げの可能性は燻る

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪ドル相場は上値を追いにくい展開が予想される~景気は依然底這いの中、追加利下げの可能性は燻る~発表日:2013年3月6日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 5日、豪準備銀は金融政策委員会において政策金利を2回連続で3.00%に据え置いた。世界経済が改善しつつある中、同国の景気は潜在成長率をやや下回る伸びに留まるものの、現時点では過去に実施した利下げの景気に対する効果を見定める姿

2013年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

「緊縮の罠」の極み ただし、暗い話だけではない

Global Market Outlook「緊縮の罠」の極みただし、暗い話だけではない2013年2月26日(火)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:12 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン(円)終値11398.81966.7713,784.177,773.196,355

アベノミクスとオバマノミクス~政策は類似も、時間差が金融市場に影響

アベノミクスとオバマノミクス~政策は類似も、時間差が金融市場に影響 | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスとオバマノミクス~政策は類似も、時間差が金融市場に影響 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ●国際的に注目を集めたアベノミクス先頃のG20で注目されるなど、アベノミクスが海外でも関心を集めている。近年、ジャパン・パッシングが恒常化している中、日本の経済

2013年2月7日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:3社会/政治

国債を中心に日本の財政について分析しています。

日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは?

日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは? | ニッセイ基礎研究所 日本の財政は持続可能か~財政再建に求められる条件とは? 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――日本国債の神話の背景3――中長期的な財政状況のシミュレーション4――今後求められる財政再建に必要な経済政策5――おわりに欧州債務問題を発端に、金融市場において各国

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

金融市場の動き(2月号)~株価上昇の中で浮かび上がる課題

金融市場の動き(2月号)~株価上昇の中で浮かび上がる課題 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(2月号)~株価上昇の中で浮かび上がる課題 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 1月も日経平均株価は7.2%の高い伸びを記録した。今回の株価上昇は、円安進行との連動性が極めて高い点が特徴だ。ただし、時間軸を伸ばすとまだ

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

金融市場の動き(1月号)~未知の領域に入った為替レート

金融市場の動き(1月号)~未知の領域に入った為替レート | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(1月号)~未知の領域に入った為替レート 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 11月半ば以降、内外金利差と為替との関係性が完全に崩れている。日米金利差から推計される理論上のドル円レートは直近で79.5円と、実勢と大きく乖

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ