「金融政策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新興国マンスリー(2017年11月)

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2017年11月) ここから本文です新興国マンスリー(2017年11月)サマリー◆世界経済はすそ野の広い拡大過程にある。IMFはなお残るリスクとして先進国のインフレ率の低さを挙げ、緩和的な金融政策の継続が必要と論じている。しかし賃金上昇率の低さを伴う低インフレに金融政策のみで対応することは、金融緩和が過度に及ぶリスクを高めよう。それは先進国のみならず、新興国にバブルの種を植え付けることにもつながる。◆共産党大会を終えた中国では、安定的で比較的

2015年6月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

どうすれば経済成長できるのか

トップレポート・コラムコラムどうすれば経済成長できるのか ここから本文ですどうすれば経済成長できるのかリサーチ本部 執行役員 リサーチ担当 兼 政策調査部長 鈴木 準 米国経済は比較的堅調だが、国際機関による世界経済見通しの下方修正が相次ぐなど、世界的に経済成長率は当面停滞ぎみになるという予想が足下で増えている。米国の金融政策が新興国経済へどの程度影響するか注目されるが、米国経済の復調に伴う金融政策の正常化が、世界経済全体が悪くなる原因になるというのも本来妙な話である。2008~09年に世界同時

2015年6月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策4(最終回)】資産縮小には時間日銀に「逆ざや」リスク

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策4(最終回)】資産縮小には時間日銀に「逆ざや」リスク

2015年6月1日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスの影響です。

量的・質的金融緩和の展望

トップレポート・コラム経済分析日本量的・質的金融緩和の展望 ここから本文です量的・質的金融緩和の展望~効果、限界、リスクの検証~『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載サマリー2015年4月に「量的・質的金融緩和」は導入から2年を迎えた。「2年で2%」が合言葉であった同政策にとって重要な節目となる。本稿では、量的・質的金融緩和の政策効果を検証するとともに、短期的・中長期的な課題について定性的・定量的に評価することを通じて、金融政策運営を展望したい。短期的な課題としては、物価動向

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

未知の世界に挑むECB

トップレポート・コラム経済分析欧州未知の世界に挑むECB ここから本文です未知の世界に挑むECB~ついに国債買取を開始~『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載サマリー1999年に設立されたECB(欧州中央銀行)は現在、欧州19カ国の金融政策を一機関で担当しているユニークな中央銀行である。2007年以降、ECBは金融危機、ユーロ圏債務危機、そしてデフレ懸念と次々に新しい問題に直面し、事態打開のために様々な「非伝統的な金融政策」を繰り出してきた。2015年1月にはついに国債を主な

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国の金融政策の現状と問題点、必要とされる将来への備え

トップレポート・コラム経済分析中国中国の金融政策の現状と問題点、必要とされる将来への備え ここから本文です中国の金融政策の現状と問題点、必要とされる将来への備え『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載サマリー中国人民銀行はマーケット機能を重視した金融政策体系の構築に取り組んできたが、それでもなお中国で最も有効な金融政策は窓口指導や貸出総量規制である状況に変わりはない。足元の景気下振れリスクの増大に対応するため、中国は金融緩和を実施している。中小・零細企業向けの貸出を増やすという

2015年6月1日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスの影響です。

異次元金融緩和が企業金融に与えた影響

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達異次元金融緩和が企業金融に与えた影響 ここから本文です異次元金融緩和が企業金融に与えた影響『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載サマリー金融政策は様々なチャネルを通じて企業の資金調達や資金使途に影響を与える。日本銀行が2013年4月に導入した量的・質的金融緩和は、企業の銀行借入れや株式増資、転換社債型新株予約権付社債発行による資金調達を増やし、キャッシュフローの改善につながっている。企業は調達した資金で設備投資や対

2015年5月25日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策3】巨額の超過準備解消が出日戦略の焦点

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策3】巨額の超過準備解消が出日戦略の焦点

2015年5月18日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策2】欧州は日米と一線銀行重視で資金供給

【プロが解説 ゼロ金利下の金融政策2】欧州は日米と一線銀行重視で資金供給

ドル高が米経済に与える影響-ドル高の影響が一部顕在化

ドル高が米経済に与える影響-ドル高の悪影響が一部顕在化 | ニッセイ基礎研究所 ドル高が米経済に与える影響-ドル高の悪影響が一部顕在化 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 14年夏場以降、米ドル高が加速している。実質実効為替レートは、02年の高値より低い水準に留まっているものの、主要通貨に対するドル高のスピードは過去20年で最も早く

2015年4月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国企業は21四半期ぶりの減益、金融政策に影響も

米国企業は21四半期ぶりの減益、金融政策に影響も

2015年4月10日経済産業研究所フィードバック数:0大型消費/投資

家に賭ける:金融政策、住宅ローンの活況、住宅価格

世界の視点から 家に賭ける:金融政策、住宅ローンの活況、住宅価格Òscar JORDÀサンフランシスコ連邦準備銀行リサーチアドバイザー / カリフォルニア大学デービス校教授Alan TAYLORカリフォルニア大学デービス校教授 / CEPRリサーチフェロー住宅は世界金融危機の大きな原因であった。そのため、現在の超低金利の下、住宅市場が新たなバブルで膨れ上がっているのではないかとの懸念がある。本稿では、先進14カ国の過去140年分のデータを用い、超低金利が長期にわたって続いた場合の金融安定リスクを

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2015年3月)<フォワードガイダンスに拘り、金融政策の正常化に踏み出せない連銀>

米国経済(月次)予測(2015年3月)<フォワードガイダンスに拘り、金融政策の正常化に踏み出せない連銀> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

国債市場の不安定化と金融政策~市場の流動性低下と国債買入れの持続性~

国債市場の不安定化と金融政策~市場の流動性低下と国債買入れの持続性~

2015年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し なおも金融政策が下支え

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し なおも金融政策が下支え悪天候にさらされ、企業は熟練労働者不足 2015年3月20日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆3月のFOMC(連邦公開市場委員会)で実質上のゼロ金利政策が維持される一方、「忍耐強く」なれるとする文言は削除された。FOMC参加者の政策金利の見通しが下方修正されたことで、想定される利上げ開始時期は先送りされ、利上げは経済情勢次第ということに

2015年3月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2015年2月)<議会証言にみるYellen連銀議長の金融政策への考え方>

米国経済(月次)予測(2015年2月)<議会証言にみるYellen連銀議長の金融政策への考え方> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年3月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

11年ぶりの政策金利引き上げが見込まれる金融政策

11年ぶりの政策金利引き上げが見込まれる金融政策 | ニッセイ基礎研究所 11年ぶりの政策金利引き上げが見込まれる金融政策 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国では、経済が順調に回復しているため、11年ぶりとなる政策金利の引き上げが確実な情勢となっている。しかしながら、米国以外の国が金融緩和を強めている結果、米国との金融政策スタ

米国経済(週次)予測(2015年2月13日)<Patientなどの空虚な言葉に頼り、金融政策をData-Dependentでタイムリーに決められない連銀>

米国経済(週次)予測(2015年2月13日)<Patientなどの空虚な言葉に頼り、金融政策をData-Dependentでタイムリーに決められない連銀> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 議会動向と国際情勢に注目

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 議会動向と国際情勢に注目 ここから本文です米国経済見通し 議会動向と国際情勢に注目金融政策の変更時期にも影響を及ぼすサマリー◆オバマ大統領の一般教書演説と予算教書は、格差の是正を目指し、原資として富裕層や大企業への増税を行うなどとした。全般にリベラルな内容で、多くは共和党が賛成するとは考えにくいが、共和党は2016年の選挙をにらんだ政権担当能力を示す必要がある。◆2月末で国土安全保障省関連の予算が切れることに対応しなければならない。3月15日には

2015年2月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米金融政策の3つの論点~原油安、ドル高と国際情勢、コミュニケーション~

米金融政策の3つの論点~原油安、ドル高と国際情勢、コミュニケーション~

2015年2月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

金融政策の中期見通しと為替レートの考察(日本経済中期予測2015-2024年度より抜粋)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 金融政策の中期見通しと為替レートの考察(日本経済中期予測2015-2024年度より抜粋)2018年が重要なターニングポイントに ◆2015年2月3日、大和総研では「日本経済中期予測(2015年2月)―デフレ脱却と財政再建、時間との戦い―」を発表した。本稿では、同予測における金融政策および為替レートの見通しについて、メインシナリオを解説しつつリスクシナリオを整理する。◆物価上昇率は総じて緩やかに加速する

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号)

円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号) | ニッセイ基礎研究所 円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号) 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) ドル円レートは120円をかなり割り込んだ状態が継続。原油安などを原因とするリスク回避の円買いが発生しているうえ、これまで円安シナリオを支えてきた

2015年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2015年2月)

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済中期予測(2015年2月) ここから本文です日本経済中期予測(2015年2月)デフレ脱却と財政再建、時間との戦いサマリー◆大和総研では日本経済中期予測を半年ぶりに改訂し、今後10年間(2015~2024年度)の成長率を、年率平均で名目+1.2%、実質+1.0%と予測する。物価上昇率は総じて緩やかに加速する見通しだが、日銀のインフレ目標の達成は困難である。短期金利はゼロに据え置かれ、量的な金融緩和も継続されると予測する。◆世界経済の平均成長率は3.3%

米国経済(週次)予測(2015年1月9日)<連銀が2%インフレに拘れば、金融政策の正常化に失敗し、経済に大きなダメージを与えるだろう>

米国経済(週次)予測(2015年1月9日)<連銀が2%インフレに拘れば、金融政策の正常化に失敗し、経済に大きなダメージを与えるだろう> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年1月9日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原油安の物価への影響と金融政策への示唆

トップレポート・コラム経済分析日本原油安の物価への影響と金融政策への示唆 ここから本文です原油安の物価への影響と金融政策への示唆“厳格な”インフレ目標がはらむ危険サマリー◆本稿では原油価格の下落がコアCPIに与える影響を説明したうえで、原油価格の動向と金融政策の関係について考察した。原油価格は主にエネルギー価格を通じてコアCPIに影響を与えるが、エネルギー価格の内訳を細かく見ると、燃料費調整制度により原油価格の下落からややラグを伴ってコアCPIを押し下げる。また、原油価格の動向が金融政策運営に与

2015年1月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「量的・質的金融緩和」下の設備資金貸出の動向

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達「量的・質的金融緩和」下の設備資金貸出の動向 ここから本文です「量的・質的金融緩和」下の設備資金貸出の動向設備資金貸出を金融政策のトランスミッション・メカニズムから検討サマリー◆本稿では、「量的・質的金融緩和」における設備資金貸出の動向について考察する。また、金融政策のトランスミッション・メカニズム(波及径路)が、我が国の現状の設備資金貸出にどのように作用しているかについても検討する。◆設備資金貸出残高は2006年度以降、緩やかな増加

2014年12月23日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【解説 1票差の採決】非伝統的手段による金融政策の課題-日銀とFedの比較考察

【解説 1票差の採決】非伝統的手段による金融政策の課題-日銀とFedの比較考察

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の米国経済見通し

トップレポート・コラム経済分析米国2015年の米国経済見通し ここから本文です2015年の米国経済見通し政策不透明感復活も民間部門は底堅く、金融政策は慎重に正常化へサマリー◆2014年の米国経済は、中間選挙を控えた政治休戦のもとで、外部要因に左右されつつも民間部門が堅調で、金融政策が正常化に向けた出口を探る1年だったと言えよう。◆12月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策について据え置き、注目された声明文については、金融政策の正常化を開始するまで「忍耐強く」なれる、という表

【2014年12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始

【12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始 | ニッセイ基礎研究所 【12月米FOMC】利上げに向けた慎重な地均しを開始 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が12月17-18日(現地時間)に開催された。予想通り、金融政策の変更は無かった。注目された声明文のフォワードガイダンスでは、市場

日米の金融政策の違い『ドル高・円安』を後押し

日米の金融政策の違い『ドル高・円安』を後押し

米国のマクロプルーデンス政策について~資産価格の上昇は金融政策で対応するものなのか?~

米国のマクロプルーデンス政策について~資産価格の上昇は金融政策で対応するものなのか?~

2014年10月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

QE3に幕が下りる米金融政策~焦点は物価とフォワード・ガイダンス修正へ~

QE3に幕が下りる米金融政策~焦点は物価とフォワード・ガイダンス修正へ~

2014年10月23日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

消費税増税後の物価動向と今後の金融政策- 明確なデフレ脱却にはなお時間を要する見通し-

消費税増税後の物価動向と今後の金融政策- 明確なデフレ脱却にはなお時間を要する見通し-

米国経済(週次)予測(2014年10月3日)<連銀が10月6日から導入する労働市場状況指数(LMCI)は金融政策に役立つか?>

米国経済(週次)予測(2014年10月3日)<連銀が10月6日から導入する労働市場状況指数(LMCI)は金融政策に役立つか?>2014-10-06 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

米金融政策への思惑で強弱まちまちの新興・資源国市場

米金融政策への思惑で強弱まちまちの新興・資源国市場

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げ開始時期は示唆されず

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げ開始時期は示唆されず声明文の変更はわずかでQE3の縮小完了が10月と明示された 2014年9月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆9月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れ規模が月150億ドルに縮小された。声明文に、次回、10月のFOMC会合で資産買い入れ額をゼロにする決定が行われることが明示された。

米国経済(週次)予測(2014年9月5日)<市場の期待を裏切った8月雇用統計、しかし米経済リスクは連銀エコノミスト達の金融政策への異なる考え方>

米国経済(週次)予測(2014年9月5日)<市場の期待を裏切った8月雇用統計、しかし米経済リスクは連銀エコノミスト達の金融政策への異なる考え方>2014-09-08 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

日米の金融政策の違いを背景に上昇基調となった米ドル

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年9月5日日米の金融政策の違いを背景に上昇基調となった米ドル 8月下旬以降、米ドルは円に対して上昇基調となり、足元では105円台となるなど、円安・米ドル高が進んでいます。その背景には、日米の景気動向を背景とした、金融政策の違いがあるとみられます。米国の2014年4-6月期のGDP成長率は前期比でプラス4.2%(年率)となり、個人消費や住宅投資などの回復傾向が示されました。また、7月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が、6ヵ月連続で

2014年9月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2014年8月) <賃金-物価スパイラルモデルによる米金融政策の検証>

米国経済(月次)予測(2014年8月) <賃金-物価スパイラルモデルによる米金融政策の検証>2014-09-01 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年9月2日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

下期の経済政策です。

2014年度下期の経済政策運営の焦点-正念場迎える成長戦略・財政再建・金融政策

2014年度下期の経済政策運営の焦点-正念場迎える成長戦略・財政再建・金融政策

米国経済(週次)予測(2014年8月8日)<かつての金融政策の基本はパーティーが熱くなる前にパンチボールを引き下げることだった、しかし今は?>

米国経済(週次)予測(2014年8月8日)<かつての金融政策の基本はパーティーが熱くなる前にパンチボールを引き下げることだった、しかし今は?>2014-08-11 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年8月5日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

金融政策に影響しない米雇用統計の堅調さ

トップレポート・コラム経済分析米国金融政策に影響しない米雇用統計の堅調さ ここから本文です金融政策に影響しない米雇用統計の堅調さ2014年7月の米雇用統計:堅調な量的改善と不十分な質的改善サマリー◆7月の非農業部門雇用者数は前月から20.9万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント上昇して6.2%となった。雇用者数の増加ペースは市場予想を下回り、失業率は市場予想を上回った。◆雇用者数は幅広い業種で増加し、過去分の上方修正を加味すると市場予想に近い増加幅となる。失業率の上昇は、職探しを再開させる

2014年8月3日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏の所得動向とそのマクロ経済・市場への影響~金融政策や供給面偏重の政策は妥当なのか?~

ユーロ圏の所得動向とそのマクロ経済・市場への影響~金融政策や供給面偏重の政策は妥当なのか?~

2014年7月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【米金融政策】「前人未踏」の利上げへ

【米金融政策】「前人未踏」の利上げへ | ニッセイ基礎研究所 【米金融政策】「前人未踏」の利上げへ 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国の出口戦略への議論が活気を帯びている。米国では、量的緩和策の縮小(テーパリング)が淡々と進められ、今年10月のFOMCでのテーパリング終了が視野に入っている。金融政策の焦点は「緩和の縮小」か

2014年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 年後半に政策転換点か

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 年後半に政策転換点か ここから本文です米国経済見通し 年後半に政策転換点か緩やかな回復の元で中間選挙と金融政策の出口を模索サマリー◆雇用の量的改善が継続し、個人消費の拡大も続いている。企業活動は拡大基調にあり、中小企業に回復の裾野が広がっている様子である。いくつかの懸念材料は指摘できるが、総じて見れば、年後半以降に向けて緩やかな回復基調にあることが示されている。◆6月17日から18日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では、資産買い入

2014年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:QE3は予定通り年内終了、焦点は出口戦略へ

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC:QE3は予定通り年内終了、焦点は出口戦略へ ここから本文ですFOMC:QE3は予定通り年内終了、焦点は出口戦略へ続くQE3縮小の完了と同時期に政策の先行きが見通せるかサマリー◆6月17日から18日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3(量的緩和第3弾)の資産買い入れ規模を、さらに月あたり100億ドル減額することが決定された。2014年は資産買い入れ規模の縮小が続き、QE3は年内に完了するだろう。◆経済の現状判断は労働市場の改善などを背

2014年6月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2014年5月)<連銀エコノミスト達の金融政策へのあまりに違いすぎる考え方が連銀の信頼性を失うことに>

米国経済(月次)予測(2014年5月)<連銀エコノミスト達の金融政策へのあまりに違いすぎる考え方が連銀の信頼性を失うことに>2014-06-02 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年6月2日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスです。

「異次元の金融緩和」1年間の中間評価

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元の金融緩和」1年間の中間評価 ここから本文です「異次元の金融緩和」1年間の中間評価~波及経路の確認と実体経済への影響について~『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載サマリー「異次元の金融緩和」とも評される量的・質的金融緩和の導入から1年が経過した。本稿では、初めに、量的・質的金融緩和と過去の金融政策の違いについて説明した上で、量的・質的金融緩和が想定している3つの波及経路が機能しているか否かを確認する。結論として、3つの波及経路のうち

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融政策の出口と債券ポートフォリオ

金融政策の出口と債券ポートフォリオ | ニッセイ基礎研究所 金融政策の出口と債券ポートフォリオ 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀による量的・質的金融緩和政策の導入から1年が経過した。景気回復の兆しが見えてきたものの、消費税率引き上げの影響などがあり、金融政策の出口を考えるのは時期尚早かもしれない。しかし、債券は金融政策の影響を強く受ける資産であり

2014年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC: 資産買い入れ規模の縮小継続と論点

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC: 資産買い入れ規模の縮小継続と論点 ここから本文ですFOMC: 資産買い入れ規模の縮小継続と論点雇用面のみならず、利上げを巡る財政・金融面からの論点も要確認サマリー◆4月29日から30日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3(量的緩和第3弾)の資産買い入れ規模を、さらに月当たり100億ドル減額することが決定された。2014年は資産買い入れ規模の縮小が続き、QE3は年内に終了するだろう。◆経済の現状判断は悪天候の影響が和らいだことにより

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ