「金融機関」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

PwCのレポートです。のレポートです。

リテールバンキング2020 進化か革命か

金融業界は、変化を求められる大きな力にさらされています。顧客の期待、技術の革新、規制強化、人口動態や経済変動など、金融機関が乗り越えなくてはいけない課題は山積みです。これからの時代で成功するには、これらの課題を解決することが必要です。また、金融機関は現在の責務を果たすだけではなく、将来に向けて、自らを根本的に改革し再構築していかなければなりません。本レポートにおいては、PwCの「プロジェクトブルー」という枠組みを駆使し、これらの課題が将来、リテールバンクにどのような衝撃を与えるのかについて見解を

2015年6月29日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

日本株式会社の株主構成はどう変わるのか

トップレポート・コラムコラム"日本株式会社"の株主構成はどう変わるのか ここから本文です"日本株式会社"の株主構成はどう変わるのか2015年6月18日に東京証券取引所・名古屋証券取引所・福岡証券取引所・札幌証券取引所から「2014年度株式分布状況調査の調査結果について」が公表された。投資部門別株式保有比率(金額ベース)を見ると、外国法人等(以下、海外投資家)が前年度比プラス0.9%ptの31.7%と過去最高を更新する一方で、個人・その他(以下、個人投資家)は前年度比マイナス1.4%ptの17.3

2015年6月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内主要112行の預金・貸出金等実態調査

2015/6/25国内主要112行の預金・貸出金等実態調査主要112行の貸出残高21兆2760億円増加〜 地方銀行の利ざや回復は、地方創生が鍵 〜はじめに昨年10月に東京都に本店を構える東京都民銀行(地方銀行)と八千代銀行(第二地方銀行)の経営統合に伴い共同持ち株会社「東京TYフィナンシャルグループ」が誕生。さらに、今月には同グループと東京都などが出資する新銀行東京が2016年4月の統合を目指して協議を進める基本合意を交わしたことが発表された。年々深刻化する少子高齢化を背景に、各方面で地方創生の

2015年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

NISAの現状と今後の課題-利用拡大に欠かせない金融機関からの情報提供の充実

NISAの現状と今後の課題-利用拡大に欠かせない金融機関からの情報提供の充実 基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > NISAの現状と今後の課題-利用拡大に欠かせない金融機関からの情報提供の充実NISAの現状と今後の課題-利用拡大に欠かせない金融機関からの情報提供の充実基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 生活研究部 主任研究員 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマ

2015年4月23日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム NISA(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへNISAについて「内容を詳しく知っている」は2割、認知率は8割弱。認知率は2013年7月より大きく増加したが、名前は知っている程度の人が6割弱を占める。NISA口座保有者は2割、投資者は1割強。株式と投資信託の両方投資者や、投資信託のみ投資者のうち、NISA口座保有者は6〜7割 NISA利用意向は2割強で、男性で多い。株式と投資信託の両方に投資をしている人では7割弱、株式か投資信託のどちらかに投資をしている人では5〜6割、投資していない人で

2015年4月22日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2015年4月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2015年4月号)2015年4月22日 日本銀行要旨:金融システムの総合評価わが国の金融システムは、安定性を維持している。金融仲介活動は、より円滑に行われるようになっている。金融システムの機能度金融機関は、引き続き、国内外で貸出を積極化している。国内では、リスクを取る方向での業務運営を指向し、成長事業の育成・事業再生への取り組みを強めている。こうしたもとで、金融機関の国内貸出は、企業向けを中心に緩

2015年4月12日地域総合整備財団フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度 地域産業の育成・支援に関する調査研究事業報告書

「平成26年度 地域産業の育成・支援に関する調査研究事業報告書」および 同概要版を掲載します。 地域産業の育成・支援に関する調査研究事業ふるさと財団では今後の地域産業の育成・支援のあり方を探るため、平成26年度、地域産業振興に力を注いでいる金融機関等の参画を得て調査研究事業を実施いたしました。本報告書では、各地域において中核を成す産業や新規産業を育成するためには金融機関の関与・連携が欠かせないとの認識の下、金融機関の取組事例や地方公共団 体と連携・協調して取り組む事例を取り上げました。これらを今

NISAについてのレポートです。

NISAの現状と今後の課題-利用拡大に欠かせない金融機関からの情報提供の充実

NISAの現状と今後の課題-利用拡大に欠かせない金融機関からの情報提供の充実 | ニッセイ基礎研究所 NISAの現状と今後の課題-利用拡大に欠かせない金融機関からの情報提供の充実 生活研究部 主任研究員 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 本稿では、NISAの利用者像や家計のポートフォリオへの影響を確認するとともに、今後活用を促進していくために求められる

2015年3月29日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

熊本県メーンバンク調査

2015/3/24熊本県メーンバンク調査トップは肥後銀行、シェアは6割にせまる〜 上位10行に順位変動なし 〜はじめに2014年11月10日、九州の有力地銀である肥後銀行と鹿児島銀行が、統合に向け交渉していることを正式発表。その4日後には、地銀トップの横浜銀行と、都内に本店を置く東日本銀行が経営統合検討を発表するなど、ここに来て各地で「地銀再編」の機運が高まっている。中小企業からも、資金調達先である金融機関の再編には高い関心が寄せられている。事業承継・廃業支援など政府による「新陳代謝」促進も活発

2015年3月20日マイナビフィードバック数:0大型消費/投資

春、新しい生活にワクワク!そんな人にぴったりの金融機関は?

提供:信用金庫協会 春、新しい生活にワクワク!そんな人にぴったりの金融機関は? 社会人として一歩を踏み出す、新居に引っ越すなど、新しい生活にワクワクする春。あらたに口座も開設したいけど、どこがいいのかなと迷う人も多いでしょう。マイナビニュース読者はどこの金融機関を利用してる?そこで今回、マイナビニュースでは、20代~30代社会人に金融機関の利用状況のアンケートを実施。利用している金融機関やその金融機関を選んだポイントについて聞いてみました。アンケートによると、金融機関の口座を2つ~3つ持って

2015年2月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

道内メーンバンク調査(2014年)

2015/2/16道内メーンバンク調査(2014年)北洋銀行が6年連続してトップに、社数は5年連続して増加〜 信用金庫では帯広信金が首位に 〜はじめにアベノミクスによる未曾有の金融緩和政策が続き、手元流動性が高まるなか、資金運用を求める金融機関にとっては、融資開拓に際してのメーンの座の獲得は大きな課題ともいえる。企業側からも、資金調達に際しての条件など金融機関の対応には高い関心が寄せられている。また、事業承継・廃業支援など政府による「新陳代謝」促進が活発化するなか、金融機関のアドバイザーとしての

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貸出支援基金の現状と今後

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達貸出支援基金の現状と今後 ここから本文です貸出支援基金の現状と今後順調に増加する貸付残高、再延長・拡充はあり得るかサマリー◆2015年1月、日本銀行の金融政策決定会合で貸出支援基金の延長・拡充が決定した。具体的な内容は、①2015年3月31日に設定されていた新規貸付の受付最終期日を1年延長すること(それに伴い基金の廃止日等も1年延長)、②対象金融機関毎の上限を1兆円から2兆円へ、貸付残高の上限を7兆円から10兆円にそれぞれ引き上げるこ

2015年2月20日国立国会図書館フィードバック数:0社会/政治

地域活性化における金融の役割―東海地域の金融機関及び大阪府の取組を例として―(現地調査報告)

地域活性化における金融の役割―東海地域の金融機関及び大阪府の取組を例として―(現地調査報告)

金融緩和と国債市場-金利変動に対する金融機関の取引スタイルの変化-

金融緩和と国債市場-金利変動に対する金融機関の取引スタイルの変化-

2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:預金準備率引き下げで景気を下支え

トップレポート・コラム経済分析中国中国:預金準備率引き下げで景気を下支え ここから本文です中国:預金準備率引き下げで景気を下支え想定以上の景気減速リスクを警戒、分野限定から経済全体の下支えへサマリー◆中国人民銀行は2015年2月5日より、全金融機関の預金準備率を0.5%引き下げた。小型零細企業向け貸出比率の高い一部金融機関には引き下げ幅を上乗せした。◆金融面の景気下支え策は、2014年4月と6月の三農(農業、農村、農民)、小型零細企業のテコ入れを目的とした預金準備率引き下げから、11月22日の2

2015年1月27日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

マイナス金利です。

世界の金利「水没」マップ、金融機関はどう生き残るか

世界の金利「水没」マップ、金融機関はどう生き残るか

2015年1月26日日本銀行★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日銀のレポートです。

(論文)業務継続体制の整備状況に関するアンケート(2014年9月)調査

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 業務継続体制の整備状況に関するアンケート(2014年9月)調査結果2015年1月23日日本銀行金融機構局はじめに本稿は、2014年8月〜9月に実施した「業務継続体制の整備状況に関するアンケート調査」(第7回)の結果を取りまとめたものである。本アンケート調査は、日銀ネットにおける取引金額シェアの高い先を対象に、2002年以来隔年で実施してきたが、前回アンケートでは、より多くの金融機関における整備状況を確認し、情報を共有す

2015年1月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「債券市場の死」、金融機関はどうするか、運用はどうするか

「債券市場の死」、金融機関はどうするか、運用はどうするか

2014年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達12月日銀短観から読み解く企業の資金繰り ここから本文です12月日銀短観から読み解く企業の資金繰り資金調達環境は依然として良好だが、資金繰り判断DIは悪化サマリー◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年12月調査結果が発表された。企業金融関連DIは、資金繰り判断DIが前回調査から1%pt低い9%pt、金融機関の貸出態度判断DIが前回調査から横ばいの17%pt、借入金利水準判断DIが前回調査から1%pt低い-9%pt(

“異次元金融緩和”の影響「感じない」が6割

【14.11.06】“異次元金融緩和”の影響「感じない」が6割“異次元金融緩和”の影響「感じない」が6割~同友会景況調査オプション項目結果発表 中小企業家同友会全国協議会(中同協、47都道府県の中小企業家同友会会員43,753名)は、「異次元金融緩和」の影響などについて、「7~9月期景況調査」のオプションとして会員企業を調査し、1,123社分の集計をまとめましたのでお知らせします。 1. 「借入を増やした」企業は26%にとどまる 「異次元金融緩和」によって期待されたのは資金借入環境の改善です。し

2014年10月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2014年10月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2014年10月号)2014年10月17日 日本銀行金融システムの総合評価わが国の金融システムは、安定性を維持している。金融仲介活動は、より円滑に行われるようになっている。金融システムの機能度金融機関は、引き続き、国内外で貸出を積極化している。国内では、相対的に信用力の低い企業への貸出にも取り組むなど、リスクを取る方向での業務運営を指向している。成長事業の育成や事業再生にも着実に取り組んでいる。国

2014年9月9日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ビジネス

消費税増税への企業の対応です。

特別調査結果(消費税引き上げ時の対応、事業承継、金融機関との取引状況)(2014年4-6月期)

特別調査結果(消費税引き上げ時の対応、事業承継、金融機関との取引状況)(2014年4-6月期)

【米資金循環】米国における資金循環の動向

【米資金循環】米国における資金循環の動向 | ニッセイ基礎研究所 【米資金循環】米国における資金循環の動向 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 本稿では米国の資金循環統計を用いて、金融危機後に生じた金融取引や金融資産・負債の変化を確認する。金融危機後の部門別の資金過不足を追うと、家計部門では一貫して資金余剰の状況が続いており、余

2014年8月17日金融庁フィードバック数:0大型消費/投資

地域金融機関の地域密着型金融の取組み等に対する利用者等の評価に関するアンケート調査

平成26年8月15日金融庁地域金融機関の地域密着型金融の取組み等に対する利用者等の評価に関するアンケート調査結果等の概要金融庁では、地域金融機関における地域密着型金融の取組みに関する利用者等の評価を把握するための調査を年1回実施し、その結果を公表することとしています。今般、平成26年5月から6月にかけて調査を実施し、その結果を以下のとおり取りまとめましたので、公表します。お問い合わせ先金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)監督局 銀行第二課総務課協同組織金融室 サイトマップ金融庁/

2014年8月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

遂に住宅バブル対策に本気になり始めたBOE

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 遂に住宅バブル対策に本気になり始めたBOE 差し迫る金利引き上げに怯えるスクイーズドミドル 2014年8月12日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆英国中央銀行(BOE)カーニー総裁は、7月15日の議会証言で、過熱する英国の住宅市場に対して「(各金融機関の)住宅ローン審査が甘く、無理に許容度を超えて貸し出しすることを懸念している」と発言し、リスクを軽視して過大な住宅融資に走る金融

2014年7月22日オリコンフィードバック数:0大型消費/投資

2014年度 「顧客満足度の高い“住宅ローン”ランキング」

実際の利用者が評価した、オリコン顧客満足度ランキング住宅ローンのランキング・比較 oricon MEでは、2006年からさまざまな産業で顧客満足度調査を実施しています。 当業種においては、134社を対象に調査を行い、過去4年以内に実際に住宅ローンを利用した12,460名の方からの回答を得ました。 住宅ローンの顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。 住宅ローン ランキングTOP ソニー銀行 金利が低い。繰り上げ返済の手数料がない。(30代/男性)>> 新生銀行 借り換えの審査

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

農業と金融:戦後の概観<訂正版>

トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済農業と金融:戦後の概観<訂正版> ここから本文です農業と金融:戦後の概観<訂正版>農業の復権に向けた金融の役割①サマリー◆戦後のわが国の農業は、GHQによる農地解放で幕を開けた。その後、1961年の農業基本法制定、1971年の本格的な減反政策の開始、1995年の食糧法の施行(食糧管理法の廃止)、1999年の食料・農業・農村基本法制定、2009年の農地法改正などが大きなトピックとして挙げられる。いずれも農業の活性化を図ったものと考えられるが、産業とし

2014年7月6日金融庁フィードバック数:0社会/政治

障がい者等に配慮した取組みに関するアンケート調査

平成26年7月4日金融庁障がい者等に配慮した取組みに関するアンケート調査の結果について(速報値)金融庁では、各金融機関に対し、26年3月末時点での障がい者等に配慮した取組み状況についてアンケート調査を行いました。今般、その結果を(別紙1)にとりまとめましたので公表します。主な調査結果は以下のとおりです。また、アンケート調査のうち、障がい者等に対する預金取引に係る代筆規定を策定済みと回答のあった金融機関名を(別紙2)へとりまとめ、障がい者等に対するCSRを意識した取組み事例、及び、金融サービス利用

2014年7月1日財務省フィードバック数:0社会/政治

新潟県内金融機関の預貸金動向(平成26年4月)

新潟県内金融機関の預貸金動向(平成29年3月末現在) 平成29年3月末現在における、新潟県内に店舗のある金融機関(銀行15行、信用金庫9庫、信用組合12組合)の預金等残高は11兆4755億円であり、前年同月比2.1%増加した。業態別にみると、地方銀行(第二地方銀行を含む。以下同じ)は同2.7%、信用金庫は同0.5%、信用組合は同1.4%それぞれ増加し、都市銀行(信託銀行を含む。以下同じ)は同0.8%減少した。また、科目別でみると、流動性預金は同6.2%増加し、定期性預金は同2.4%減少している。

2014年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

巨大金融機関、規制自己資本比率が2倍に?

トップレポート・コラム法律・制度金融規制(バーゼル規制その他)巨大金融機関、規制自己資本比率が2倍に? ここから本文です巨大金融機関、規制自己資本比率が2倍に?破綻処理に資する“GLAC”(ベイルイン債務)の拡充が求められるかサマリー◆ここもと、巨大金融機関を対象とした新たな自己資本比率規制に関する議論が注目されている。その議論とは、“GLAC(Gone concern Loss Absorbing Capacity)”である。◆GLACは、G-SIFIs(グローバルなシステム上重要な金融機関)

2014年6月1日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 外貨預金の利用(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ外貨預金現在利用者は10.9%、利用経験者は19.8%。外貨預金利用意向は13.7%で過去調査より減少傾向、「わからない」が2011年より増加 外貨預金をしている金融機関は「シティバンク」「三菱東京UFJ銀行」「証券会社」「ソニー銀行」「住信SBIネット銀行」「新生銀行」などが各1割 外貨預金利用のきっかけの情報源は「金融機関のWebサイト」が最も多く、「金融機関の担当者のアドバイス」「家族や友人・知人」などが続く。地方銀行、証券会社での外

2014年5月27日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【特集 内外金融機関が抱える課題と将来】地域銀行の経営と再編の方向性

【特集 内外金融機関が抱える課題と将来】地域銀行の経営と再編の方向性

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ準備銀、今後も利上げ継続の方針(Asia Weekly (4/21~4/25)) ~中国、景気下支えへ中小金融機関向け預金準備率を引き下げ~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年4月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

おかずも食べる体質改善の猶予期間にいる金融機関

おかずも食べる体質改善の猶予期間にいる金融機関

2014年3月31日日本銀行★フィードバック数:0企業情報システム

地方の金融機関の情報システムです。

(論文)地域金融機関におけるシステム外部委託先管理に関するアンケート(2013年11月)調査結果

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域金融機関におけるシステム外部委託先管理に関するアンケート(2013年11月)調査結果2014年3月31日日本銀行金融機構局要旨日本銀行では、2013年11月に、地域銀行のシステム運用・開発業務に関する委託先(以下、委託先)の管理状況を把握するために、「委託先管理に関するアンケート」(以下、アンケート)を実施した。本稿は、アンケート結果の主要な部分を取り纏めるとともに、前回のアンケート調査(「金融機関におけるシステム

PwCのレポートです。

インドにおける外資系銀行

インドは、BRICs諸国の一国として今後の成長が期待されており、邦銀を含む外資系銀行からも有望な市場として注目されています。PwCインドでは、外資系銀行に対するアンケート調査を行い、これまでの外資系銀行の活動や最近の規制に関する動きなどを報告書としてまとめました。本報告書では、外資系銀行はインドを有望市場として注目しつつも、さまざまな規制への対応が課題となっていることが示されています。主要な内容は以下のとおりです。 外資系銀行の活動の現状外資系銀行に対する規制の推移子会社を設立する際のガイドライ

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

住宅用太陽光発電の普及状況と金融機関のかかわり

住宅用太陽光発電の普及状況と金融機関のかかわり

2013年12月6日FFRI★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

利用者の意識調査です。

インターネットバンキングに関するセキュリティ意識調査

世界トップレベルのセキュリティ・リサーチ・チームを作り、コンピュータ社会の健全な運営に寄与します。 金融機関が無償で提供するセキュリティ対策ソフトの利用者は5人に1人以下! FFRI、インターネットバンキングに関するセキュリティ意識調査を実施 ~セキュリティを重視しながらも、積極的な対策は不十分な利用者が多数~サイバーセキュリティ領域において国内で独自の研究開発活動を展開している株式会社FFRI(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鵜飼裕司、以下 FFRI)は、2013年11月21日~11月22

2013年11月29日楽天リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

楽天の調査です。

NISAに関する調査

『投資未経験者の7割がNISAに関心あり「ネット証券が人気」 』NISAに関する調査 2013年11月28日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、NISA(少額投資非課税制度)に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、2013年10月31日から11月1日の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代~80代の男女1,000人を対象に行いました。 ■投資未経験者の7割以上がNISA口座の利用意向ありNISA口座の

家計金融資産はどこに向かうのか - 金融機関は選択基準の世帯間差異を読み解けるか

家計金融資産はどこに向かうのか - 金融機関は選択基準の世帯間差異を読み解けるか | ニッセイ基礎研究所 家計金融資産はどこに向かうのか - 金融機関は選択基準の世帯間差異を読み解けるか 生活研究部 主任研究員 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 既に各処で報道されているとおり、先日公表された金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」によれば

2013年10月1日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 銀行のサービス(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ銀行利用時の重視点は「ATMの設置台数・立地」、「手数料無料サービスの有無」「手数料の金額」「銀行支店(窓口)の数・立地」など メインバンクの満足点は「ATMの設置台数・立地」、「手数料無料サービスの有無」「銀行支店(窓口)の数・立地」が上位3位 メインバンクに不満がある人は6割強。不満点は「預金金利」「手数料の金額」が上位2位 メインバンクについて「満足」の比率をみると、ネット専業銀行、新生銀行で各2割。メインバンクの満足度が1年前より高

NISAについてジャパンネット銀行の調査です。

NISAに関する意識調査

2013年8月28日各位株式会社ジャパンネット銀行株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)は、2013年8月11日(日曜日)〜8月13日(火曜日)、ジャパンネット銀行に口座を持つ全国20代〜60代男女のお客さまを対象としてNISA(少額投資非課税制度)に関するアンケート調査を実施し、4,224名の方にご協力をいただきました。2014年1月の開始まで残すところ4ヶ月となり、書店にもNISA関連書籍が並び、報道や広告でもNISA関連情報を目に

2013年8月12日Yahoo!★フィードバック数:0大型消費/投資

NISAの検索動向です。

少額投資非課税制度。話題の「NISA」ってどんな制度?

少額投資非課税制度。話題の「NISA」ってどんな制度?東京都中央区日本橋兜町の「東京証券取引所」 来年1月からスタートする「NISA(ニーサ)」。最近、よく見聞きするようになってきました。「NISA」とは「少額投資非課税制度」の愛称で、イギリスのISA制度を参考にした「日本版ISA」です。新規の投資に対し毎年100万円を上限として、本来20%課税される配当や譲渡益が最長5年間非課税となります。今年1月からの検索数推移をみると、「少額投資非課税制度」の愛称が「NISA」に決定した4月30日から「N

2013年8月11日金融庁フィードバック数:0大型消費/投資

地域金融機関の地域密着型金融の取組み等に対する利用者等の評価に関するアンケート調査

平成25年8月9日金融庁地域金融機関の地域密着型金融の取組み等に対する利用者等の評価に関するアンケート調査結果等の概要金融庁では、地域金融機関における地域密着型金融の取組みに関する利用者等の評価を把握するための調査を年1回実施し、その結果を公表することとしています。今般、平成25年5月から6月にかけて調査を実施し、その結果を以下のとおり取りまとめましたので、公表します。また、今回調査においては、上記と併せて、中小企業金融円滑化法の期限到来後の地域金融機関の金融円滑化への対応及び政府の取組みに対す

2013年7月24日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 日本版ISA

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ日本版ISA(NISA)について「内容を詳しく知っている」は9.6%、認知率は4割弱。男性や高年代層で多い。認知経路は「テレビ番組、CM」「証券会社、銀行など金融機関のホームページで」「新聞記事、広告」「ダイレクトメール」など 日本版ISA利用意向は2割弱。男性や50代以上で多い。株式と投資信託の両方に投資をしている人では7割弱、株式か投資信託のどちらかに投資をしている人では4割強、投資していない人では約5%にとどまる 日本版ISA利用意向

2013年7月10日金融庁フィードバック数:17社会/政治

障がい者等に配慮した取組みに関するアンケート調査の結果(速報値)

平成25年7月9日金融庁障がい者等に配慮した取組みに関するアンケート調査の結果について(速報値)金融庁では、各金融機関に対し、25年3月末時点での障がい者等に配慮した取組み状況についてアンケート調査を行いました。今般、その結果を(別紙1)にとりまとめましたので公表します。主な調査結果は以下のとおりです。また、アンケート調査のうち、障がい者等に対する預金取引に係る代筆規定を策定済みと回答のあった金融機関名を(別紙2)へとりまとめ、外部研修の受講等障がい者等に対するCSRを意識した取組み事例、及び、

2013年4月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2013年4月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2013年4月号)2013年4月17日 日本銀行概観わが国の金融システムを取り巻く外部環境わが国の金融システムを取り巻く外部環境をみると、一部に改善の動きがみられるものの、先行き不透明感は依然として高い。国際金融資本市場では、投資家のリスク回避姿勢が徐々に後退している。また、実体経済面では、米国経済が緩やかな回復基調を続けているほか、中国経済でも持ち直しの動きがみられている。もっとも、欧州債務問題

2013年4月3日大和総研フィードバック数:4社会/政治

バーゼルⅢへの対応状況(2012年6月末時点)

トップレポート・コラム法律・制度金融規制(バーゼル規制その他)バーゼルⅢへの対応状況(2012年6月末時点) ここから本文ですバーゼルⅢへの対応状況(2012年6月末時点)モニタリング結果の公表(第3回):内部留保の積立でクリア可能かサマリー◆2013年3月19日、バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は、「2012年6月30日時点におけるバーゼルⅢモニタリングの結果」を公表している。◆今回のモニタリングの対象となった銀行(金融機関)は、全部で210である。その内訳は、グループ1(Tier1資本30

2013年3月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治

中小企業金融のリスク偏在を考える

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達中小企業金融のリスク偏在を考える ここから本文です中小企業金融のリスク偏在を考える『大和総研調査季報』 2013年新春号(Vol.9)掲載サマリー中小企業の資本構成は過去30年で大きく変化している。企業間信用の割合が減少し、自己資本の割合が増加している。金融機関からの借入も、長期の割合が増えている。とはいえ、中小企業の資金調達手段および調達先は大企業と比べれば限られている。そのため、1990年代後半および2000年代後半の金融危機の際

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ