「金融機関」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2013年1月22日東京商工リサーチフィードバック数:3ビジネス

国内407金融機関(2012年9月末時点) 「中小企業金融円滑化法」に基づく返済猶予の実績調査

国内407金融機関(2012年9月末時点) 「中小企業金融円滑化法」に基づく返済猶予の実績調査 公開日付:2013.01.21国内407金融機関の2012年9月末の中小企業金融円滑化法に基づく返済猶予の申込件数のうち、住宅ローンを除く中小企業向け申込件数は390万5,165件(金額106兆1,269億2,600万円)で、実行件数は363万2,558件(実行率93.0%)だった。実行金額は99兆5,591億7,500万円(同93.8%)で、実行率は2012年3月末より件数で0.7ポイント、金額で0

2013年1月18日日本銀行★フィードバック数:0企業情報システム

日銀による調査です。

(論文)業務継続体制の整備状況に関するアンケート(2012年9月)調査結果

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 業務継続体制の整備状況に関するアンケート(2012年9月)調査結果2013年1月18日日本銀行金融機構局はじめに本稿は、2012年8月〜9月に実施した「業務継続体制の整備状況に関するアンケート調査」(第6回)の結果を取りまとめたものである。本アンケート調査は、日銀ネットにおける取引金額シェアの高い先を対象に、2002年以来隔年で実施してきたが、今回アンケートでは、より多くの金融機関における整備状況を確認し、情報を共有す

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:5大型消費/投資

主成分分析を行っています。

若年層の金融機関・商品に対する考え方~4つの志向が存在

若年層の金融機関・商品に対する考え方~4つの志向が存在 | ニッセイ基礎研究所 若年層の金融機関・商品に対する考え方~4つの志向が存在 生活研究部 上席研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 新しい年を迎え、年間の家計予算の計画を立てる方も多いのではないだろうか。現在の若年層は日本経済が低迷する中で育ち、雇用情勢も厳しいために、貯蓄志向や節約志向が強

2012年12月6日金融庁フィードバック数:13社会/政治

障がい者等に配慮した取組みに関するアンケート調査の結果について(速報値)

平成24年12月5日金融庁障がい者等に配慮した取組みに関するアンケート調査の結果について(速報値)金融庁では、各金融機関に対し、24年9月末時点での障がい者等に配慮した取組み状況についてアンケート調査を行いました。今般、その結果を(別紙1)(Excel:69KB)にとりまとめ、また、障がい者等に対する預金取引に係る代筆規定を策定済みと回答のあった金融機関名を(別紙2)(Word:52KB)のとおり、とりまとめましたので公表します。なお、主な調査結果は以下のとおりです。※本アンケート結果は、調査対

2012年10月22日日本銀行★フィードバック数:1社会/政治

日銀による定期レポートです。

金融システムレポート(2012年10月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2012年10月号)2012年10月19日 日本銀行概観わが国の金融システムを取り巻く環境わが国の金融システムを取り巻く外部環境をみると、先行き不透明感が引き続き高い状態にある。国際金融資本市場では、欧州債務問題などを背景とした投資家のリスク回避姿勢は足もとでやや後退しているものの、引き続き神経質な展開が続いている。欧州では、財政状況の厳しい国において、財政、金融、実体経済の間で負の相乗作用が働い

2012年9月26日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)金融機関間の資金決済のための流動性について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融機関間の資金決済のための流動性について次世代RTGSプロジェクト第2期対応実施後の変化を中心に2012年9月25日日本銀行決済機構局土屋宰貴※1要旨金融機関は、コール取引や外国為替取引等、様々な取引を行っており、取引の約定成立後、資金の支払側は、決済に必要な流動性を自らの日銀当座預金に用意したうえで、日銀ネットに対し振替依頼を送信すること等により決済している。本稿では、こうした金融機関が決済のために用意する流動性の

2012年9月26日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)流動性節約機能付RTGS下における業態別・取引別の資金決済動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 流動性節約機能付RTGS下における業態別・取引別の資金決済動向について2012年9月25日日本銀行決済機構局土屋宰貴※1要旨2011年11月の次世代RTGS第2期対応(1件1億円以上の大口内為取引のRTGS化)の実施により、次世代RTGSプロジェクトが完了した。これにより、大口内為取引、市場取引、外為円取引が、流動性節約機能付RTGS下で決済されるようになり、決済の安全性と効率性が一段と向上した。本稿では、次世代RTG

2012年8月1日金融庁フィードバック数:8社会/政治

地域金融機関の地域密着型金融の取組み等に対する利用者等の評価に関するアンケート調査結果等の概要について

平成24年7月31日金融庁地域金融機関の地域密着型金融の取組み等に対する利用者等の評価に関するアンケート調査結果等の概要金融庁では、地域金融機関における地域密着型金融の取組みに関する利用者等の評価を把握するための調査を年1回実施し、その結果を公表することとしています。今般、平成24年5月から6月にかけて調査を実施し、その結果を以下のとおり取りまとめましたので、公表します。また、今回調査においては、上記と併せて、中小企業金融円滑化法への金融機関の対応等に関する利用者等の意見等に関するアンケート調査

2012年6月4日金融庁フィードバック数:11社会/政治

障がい者等に配慮した取組みに関するアンケート調査の結果について(速報値)

平成24年6月1日金融庁障がい者等に配慮した取組みに関するアンケート調査の結果について(速報値)金融庁では、各金融機関に対し、24年3月末時点での障がい者等に配慮した取組み状況についてアンケート調査を行いました。今般、その結果を(別紙1)(Excel:60KB)にとりまとめ、また、障がい者等に対する預金取引に係る代筆規定を策定済みと回答のあった金融機関名を(別紙2)(Word:55KB)のとおり、とりまとめましたので公表します。なお、主な調査結果は以下のとおりです。【参考】アンケート対象金融機関

2012年5月22日国土交通省★フィードバック数:4大型消費/投資

不動産会社、金融会社を対象とした調査です。

不動産投資市場の活性化に関するアンケート調査

不動産投資市場の活性化に関するアンケート調査について 平成24年5月21日 国土交通省では、不動産投資市場の活性化に向けて、建築物の耐震化など都市機能の向上に民間資金の導入を促進するための取組み(※)等を進めているところです。今般、不動産会社、金融機関等に対し、不動産の開発・再生に対する取組意向等についてアンケート調査を実施したところであり、その結果を公表いたします。(※)倒産隔離型の不動産特定共同事業を可能とするべく、一定の要件を満たす特別目的会社による不動産特定共同事業の実施等の措置を講じ

2012年4月20日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融システムレポート(2012年4月号)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融システムレポート(2012年4月号)2012年4月19日 日本銀行概観わが国の金融システムを取り巻く環境わが国の金融システムを取り巻く環境をみると、国際金融資本市場は幾分落ち着きを取り戻してきているものの、先行き不透明感は引き続き高い状態にある。欧州では、債務問題に対する懸念が銀行の資金調達環境に悪影響を及ぼしている。銀行は、資金調達環境の悪化を受けて貸出態度を慎重化させており、欧州経済の停滞感をもたらす一因となっ

2011年12月2日金融庁フィードバック数:7社会/政治

障がい者等に配慮した取組みに関するアンケート調査の結果について(速報値)

平成23年12月1日金融庁障がい者等に配慮した取組みに関するアンケート調査の結果について(速報値)金融庁では、各金融機関に対し、本年9月末時点での障がい者等に配慮した取組み状況についてアンケート調査を行いました。今般、その結果を(別紙1(EXCEL:61KB))にとりまとめ、また、障がい者等に対する預金取引に係る代筆規定を策定済みと回答のあった金融機関名を(別紙2(WORD:54KB))のとおりまとめましたので公表します。なお、主な調査結果は以下のとおりです。※本アンケート結果は、調査対象金融機

2011年10月12日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

銀行のサービス(第6回)メインバンクの不満点は「手数料」がトップだが、「特にない」が4割弱

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ銀行利用時の重視点は「ATMの設置台数・立地」、「手数料無料サービスの有無」「手数料の金額」「銀行支店(窓口)の数・立地」など メインバンクの満足点は「ATMの設置台数・立地」、「手数料無料サービスの有無」「銀行支店(窓口)の数・立地」などが上位 メインバンクの不満点は「手数料の金額」「預金金利」「窓口の待ち時間」などが上位 メインバンクの満足度が1年前より高まった人は4.8%、「変わらない」が8割強。みずほ銀行利用者は、低下した人が他の層

2011年8月1日金融庁フィードバック数:4大型消費/投資

地域金融機関の地域密着型金融の取組み等に対する利用者等の評価に関するアンケート調査結果

平成23年7月29日金融庁地域金融機関の地域密着型金融の取組み等に対する利用者等の評価に関するアンケート調査結果の概要金融庁では、地域金融機関における地域密着型金融の取組みに関する利用者等の評価を把握するための調査を年1回実施し、その結果を公表することとしています。今般、平成23年5月から6月にかけて調査を実施し、その結果を以下のとおり取りまとめましたので、公表します。お問い合わせ先金融庁 Tel:03-3506-6000(代表)監督局銀行第二課総務課協同組織金融室 サイトマップ金融庁/ (

2009年6月29日楽天リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

楽天リサーチがネットバンキングやネットトレードなどに関する調査結果を発表しました。

インターネットを利用した金融サービスに関する調査

インターネットを利用した金融サービスに関する調査 インターネットを利用した金融サービスに関する調査 2009年6月22日楽天インサイト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天インサイト)は、インターネットを利用した金融サービスに関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、4月23日から24日にかけて、楽天インサイト登録モニター(約160万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総評】企業の業績悪化のあおりを受け、減額が予

2009年1月5日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

金融問題とくらし

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ現在の金融状況に対して、不安に感じる人は87.9%と9割にせまる 金融不安を感じている人のうち、具体的な行動を取っている人は52.1%。「生活費の節約」「娯楽費の節約」がトップ2 金融不安を感じていない人の理由は、「生活の中で特に影響を感じない」が首位 この1年間の金融機関に対する信頼度は、「変わらない」51.2%、「低下」47.4% 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサ

事業者側のフィッシングを防ぐための対策状況を調査しています。

フィッシングに関する事業者調査

~ フィッシングとは金融機関などを装った電子メールを送り口座番号、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です ~ フィッシングに関する事業者調査報告書の掲載2008年06月05日フィッシングに関する事業者調査報告書の掲載米国Anti-Phishing Working Group(APWG)によれば、フィッシング事例の報告件数は2万件/月を超えています。日本国内においても、フィッシング対策協議会へのフィッシング事例の報告件数はAPWGより少ないものの、2007年夏頃より日本

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ