「金融緩和」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年7月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米株価に囁かれるバブル ~家計部門よりも企業部門に及ぶ金融緩和~

米株価に囁かれるバブル ~家計部門よりも企業部門に及ぶ金融緩和~

2014年6月6日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2013年度の金融市場調節

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2013年度の金融市場調節2014年6月5日日本銀行金融市場局概観2013年度において、日本銀行は、「量的・質的金融緩和」のもと、長期国債の多額の買入れなど、広範な資産の買入れを通じてマネタリーベースの残高を大きく拡大させるという、極めて強力な金融緩和を進めた。すなわち、日本銀行は、2013年度入り直後の4月3〜4日の金融政策決定会合において、「量的・質的金融緩和」を導入した。具体的には、消費者物価の前年比上昇率2%の

2014年6月2日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスです。

「異次元の金融緩和」1年間の中間評価

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元の金融緩和」1年間の中間評価 ここから本文です「異次元の金融緩和」1年間の中間評価~波及経路の確認と実体経済への影響について~『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載サマリー「異次元の金融緩和」とも評される量的・質的金融緩和の導入から1年が経過した。本稿では、初めに、量的・質的金融緩和と過去の金融政策の違いについて説明した上で、量的・質的金融緩和が想定している3つの波及経路が機能しているか否かを確認する。結論として、3つの波及経路のうち

けいざい早わかり 2014年度第2号:量的・質的金融緩和の効果と今後の展望

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

1年が経過した量的・質的金融緩和(QQE)

1年が経過した量的・質的金融緩和(QQE)

2014年4月21日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

日本経済の見通しです。

日本経済見通し:日銀は物価目標を達成できるか?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日銀は物価目標を達成できるか? ここから本文です日本経済見通し:日銀は物価目標を達成できるか?日本経済は緩やかな景気拡大を続ける見通し調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆:今後の日本経済は、①米国経済回復による輸出の持ち直し、②日銀の金融緩和を受けた円安・株高の進行、③消費税増税に伴う経済対策の効果などから、引き続き拡大する見通しである。当社は、実質GDP成長率に関して、2013年度が前年度比+2

2014年4月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(4)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題④ ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題④波及経路Ⅲ:ポートフォリオ・リバランス効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第四弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、ポートフォリオ・リバランス効果について分析する。◆現時点では超過準備への付利と政府による国債発行の長期化という要因が、ポートフォリオ・

2014年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(3)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題③ ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題③波及経路Ⅱ:イールドカーブの押し下げ効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第三弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、イールドカーブの押し下げ効果について分析する。◆イールドカーブの押し下げには、量的・質的金融緩和による大規模な国債購入が影響し、大きな成

2014年4月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(2)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題② ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題②波及経路Ⅰ:期待インフレ率の押し上げ効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第二弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、期待インフレ率の押し上げ効果について分析する。◆期待インフレ率の動きを見ると、短期的な期待インフレ率には明確な上昇が確認できる一方、中長

2014年4月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(1)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題① ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題①2012年衆議院選挙から量的・質的金融緩和導入までの期待形成の変化サマリー◆2014年4月に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎える。本稿は、量的・質的金融緩和の効果と課題についてまとめたレポートの第一弾である。本稿では、2012年衆議院選挙から量的・質的金融緩和導入までの期待形成の変化について分析する。◆マーケットの短期金利のパスの予想からは、2012年の衆議院選挙の前後で、「時間軸の長

2014年2月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-テーパリング開始後も、金融緩和策が成長を後押しする構図が持続

米国経済の見通し-テーパリング開始後も、金融緩和策が成長を後押しする構図が持続 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 米国経済の見通し-テーパリング開始後も、金融緩和策が成長を後押しする構図が持続米国経済の見通し-テーパリング開始後も、金融緩和策が成長を後押しする構図が持続 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――米国経済の見

2014年2月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

効果絶大だった大胆な金融緩和 ~今年も市場の鍵を握る日米の金融政策~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:効果絶大だった大胆な金融緩和2014年2月5日(水)~今年も市場の鍵を握る日米の金融政策~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● 2012 年 11 月 14 日に野田前首相が衆議院解散発言をしたタイミングで劇的に市場が変化した。背景には、安倍政権の誕生により『従来とは異なる大胆な金融緩和が実行される』との期待が市場で高まったからである。2013 年4月以降、順調なペースでマネタ

2014年の米国経済・金融展望―金融緩和の効果などから成長加速へ―

2014年の米国経済・金融展望―金融緩和の効果などから成長加速へ―

個人リテール金融の最近の注目点――金融緩和と高齢化の影響について――

個人リテール金融の最近の注目点――金融緩和と高齢化の影響について――

2013年12月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安圧力、米金融緩和は「終わりの始まり」 ~黒田日銀に追い風~

円安圧力、米金融緩和は「終わりの始まり」 ~黒田日銀に追い風~

米国経済の見通し~異例の金融緩和策で成長を後押しする構図が持続

米国経済の見通し~異例の金融緩和策で成長を後押しする構図が持続 | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し~異例の金融緩和策で成長を後押しする構図が持続 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <米国経済の見通し~本格回復に向け急がれる雇用と住宅市場のキャッチアップ> 7-9月期GDPは年率3.6%と急上昇したが、在庫増による所が大きく、先行きのGDPの伸びを

2013年12月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年12月)リスク・オフの継続か米国発バブルか

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年12月)リスク・オフの継続か米国発バブルか ここから本文です新興国マンスリー(2013年12月)リスク・オフの継続か米国発バブルか~新興国が株高に乗れないわけは?~サマリー◆米国を中心に先進国の株価が上昇基調にある中、多くの新興国はその流れに乗れていない。これは、金融市場でリスク・オンに転換したにもかかわらず新興国がその恩恵を受けていないのではなく、リスク・オンに転換するに足る世界経済の改善が進んでいないことを意味していよう。◆まず

2013年9月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「様子見」という名の米金融緩和策~緩慢な利上げ予想による「2016年逆ショック」も~

「様子見」という名の米金融緩和策~緩慢な利上げ予想による「2016年逆ショック」も~

2013年9月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

量的・質的金融緩和 ~異次元の運営、異次元の出口

トップレポート・コラム経済分析日本量的・質的金融緩和 ~異次元の運営、異次元の出口 ここから本文です量的・質的金融緩和 ~異次元の運営、異次元の出口過去の非伝統的金融政策との比較から得るインプリケーションサマリー◆本稿では、量的・質的金融緩和と過去の非伝統的金融政策との違いを明確にしたうえで、その違いが出口戦略に与える影響について考察する。◆同じ量的な指標を操作目標としている量的・質的金融緩和と量的緩和政策であるが、そのオペレーションの内容は供給する資金の量と期間という2つの点で大きく異なる。◆

2013年9月11日京都銀行フィードバック数:0社会/政治

「異次元」金融緩和の効果とリスク

「異次元」金融緩和の効果とリスク

量的・質的金融緩和とその行方

量的・質的金融緩和とその行方

欧州経済見通し-広がる緩やかな回復への期待と金融緩和の出口への警戒-

欧州経済見通し-広がる緩やかな回復への期待と金融緩和の出口への警戒- | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し-広がる緩やかな回復への期待と金融緩和の出口への警戒- 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ユーロ圏の成長率は4~6月期に7四半期ぶりのプラス成長となった。域内金融市場の緊張緩和と財政緊縮圧力の緩和、先進国経済の拡大などを背

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強気見通し維持:日経平均17000円へ

金融マーケット強気見通し維持:日経平均 17,000 円へ経済調査部QE縮小観測と長い付き合いになりそう日経平均株価は、5月 22 日に年初来高値15,627 円を付けた後、5.23 ショック以降は下藤代 宏一で推移するなど、物価目標達成には相当な距離がある。FRBとは対照的に日銀の金融緩和の「出口」は遥か彼方にあるということだ。落トレンドを形成し 12,445 円(6/13)まつまり、日米金融政策のベクトルが反対方向で下げた。その後は持ち直しに転じ、本稿執筆を向いているなら、為替は米国サイドの

2013年7月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

シンガポール、内需は底堅いが外需は不透明(Asia Weekly (7/15~7/19)) ~NZ はインフレ率低下で、金融緩和を続ける公算が強まっている~

シンガポール、内需は底堅いが外需は不透明(Asia Weekly (7/15~7/19)) ~NZ はインフレ率低下で、金融緩和を続ける公算が強まっている~

2013年6月5日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年6月)競争的金融緩和の本格化

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2013年6月)競争的金融緩和の本格化 ここから本文です新興国マンスリー(2013年6月)競争的金融緩和の本格化~円安がもたらすアジアの優位~サマリー◆金融緩和の波が先進国から広範な新興国、資源国等へ波及している。世界的にインフレ懸念が高まっていたり、多くの新興国で景気が過熱気味にあるのであれば、このような金融緩和の連鎖は危険であるが、今はそういう状態にはない。これら一連の動きは競争的金融緩和と呼ぶのがふさわしく、通貨戦争などとネガティブにと

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

大胆さと慎重さが求められる日銀

トップレポート・コラム経済分析日本大胆さと慎重さが求められる日銀 ここから本文です大胆さと慎重さが求められる日銀~政府にも求められる「次元の違う政策」~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載サマリー日銀はインフレ・ターゲットを導入したものの、金融政策の枠組み自体が変わったわけではない。物価目標の設定はゴールではなく、政府と日銀がその実現のためにどう行動するかが問題である。デフレの構造的な要因を長期的に物価の趨勢を決める単位労働コストの背景から整理すると、デフレ脱却には金融緩和

2013年5月28日大和総研フィードバック数:4社会/政治

歴史は繰り返す?

トップレポート・コラムコラム歴史は繰り返す? ここから本文です歴史は繰り返す?4月の質的・量的金融緩和の導入以降、長期金利の変動が激しくなっている。緩和の直後には10年債利回りは低下し、過去最低の0.315%まで低下した。しかし、その後上昇に転じ、5月23日に、10年債利回りは1年2ヶ月ぶりに一時1%を超えた。一般的に、金融政策の波及経路を考える上では、長期金利の低下は貸出の動向や資産価格、為替レートに影響を与え、実体経済の浮揚につながると想定されている。そのため、金融緩和は基本的に長期金利の低

2013年5月23日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

長期金利上昇を見極めようとする日銀 ~5月22日の決定会合で木内委員が反対票~

BOJ Watching日本銀行分析レポート長期金利上昇を見極めようとする日銀発表日:2013年5月22日(水)~5月22日の決定会合で木内委員が反対票~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)決定会合後の黒田総裁の記者会見では、長期金利上昇に対する見方について集中的に質問が行われた。黒田総裁は短期的に金利上昇に目くじらを立てるようなことはしないという構えなのだろう。確かに現在の金利上昇は、米金利上昇に引きずられている面が強く、これを完全に封じることはできない

2013年5月23日大和総研フィードバック数:4社会/政治

アベノミクスと各国それぞれにとっての為替相場

トップレポート・コラムコラムアベノミクスと各国それぞれにとっての為替相場 ここから本文ですアベノミクスと各国それぞれにとっての為替相場円相場がアベノミクスの成功の鍵を握っていることは明らかだ。デフレからの脱却には金融緩和が不可欠であり、過度な円高を是正し、輸出主導で景気回復を図るという基本に立ち返ったところがアベノミクスのもっとも良いところだと思う。これは戦後最長の景気回復を実現した小泉内閣の政策にも似ている。2001年4月に発足した小泉内閣は、黒田氏(現日銀総裁)、溝口氏と続いた両財務官の下で

2013年5月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:「アベノミクス」の中間評価

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「アベノミクス」の中間評価 ここから本文です日本経済見通し:「アベノミクス」の中間評価日本経済は「アベノミクス」の効果もあり、着実な景気拡大が続く調査本部 専務取締役 調査本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー:2013年1-3月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.1%(前回:同+2.7%)、2014年度が同+0.7%(同:同+0.4%)である。日銀の金融緩和を受けた円安

2013年5月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

第177回日本経済予測

トップレポート・コラム経済分析経済予測第177回日本経済予測 ここから本文です第177回日本経済予測「アベノミクス」の中間評価~現状と今後の課題を検証する~調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 久後 翔太郎 サマリー:2013年1-3月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2013年度が前年度比+3.1%(前回:同+2.7%)、2014年度が同+0.7%(同:同+0.4%)である。日銀の金融緩和を受けた円安進行に伴う輸出

大幅な上昇が続く株価

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グロ

2013年5月10日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2012年度の金融市場調節

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2012年度の金融市場調節2013年5月9日日本銀行金融市場局概観2012年度において、日本銀行は、実質的なゼロ金利政策と金融資産の買入れ等の措置を通じて、強力な金融緩和を引き続き推進した。年度中の政策決定として、2010年10月に導入した資産買入等の基金について、残高上限を65兆円程度から2013年末の101兆円程度へ累次にわたって大幅に引き上げたほか、その後も「期限を定めない資産買入れ方式」のもとで金融緩和の強化を

「異次元」の金融緩和策が円安・株高をさらに後押し~しかし、実体経済の回復テンポはまだ鈍い~

「異次元」の金融緩和策が円安・株高をさらに後押し~しかし、実体経済の回復テンポはまだ鈍い~

2013年4月25日大和総研フィードバック数:8社会/政治

金価格下落が暗示する世界経済環境

トップレポート・コラムコラム金価格下落が暗示する世界経済環境 ここから本文です金価格下落が暗示する世界経済環境世界的金融緩和はまだまだ続く金価格が足元で大きく下落している。ドルベースの金価格は長期的な波動でみると、1980年9月の高値から下落し、1999年7月に底値を形成後、2005年頃から明確な上昇に転じていた。近年の高値は1,791ドル/トロイオンス(2012年10月4日、ロンドン市場)であったが、最近では1,380ドル(4月16日、同)と高値から23%の下落を示した。長期的にみた金価格の水

2013年4月22日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

「異次元の金融緩和」で変わる景気と生活 ~うまくいけば2~3年でデフレは終わり、日本経済は復活~

「異次元の金融緩和」で変わる景気と生活 ~うまくいけば2~3年でデフレは終わり、日本経済は復活~

2013年4月22日大和総研フィードバック数:3社会/政治

異次元緩和の効果を発揮するには市場との対話と実体面の裏付けが必要

トップレポート・コラムコラム異次元緩和の効果を発揮するには市場との対話と実体面の裏付けが必要 ここから本文です異次元緩和の効果を発揮するには市場との対話と実体面の裏付けが必要黒田新日銀総裁のもとで初めて開かれた4月3~4日の金融政策決定会合において、「量的・質的金融緩和」の導入が決定された。市場参加者は文字通り「次元の異なる金融緩和」を驚きとともに好感し、円安・株高の流れが加速した。現在の日銀はインフレ率を2%とすることを目標としている。量的・質的金融緩和では、操作目標をマネタリーベース(銀行券

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

2012~2014年度日米経済見通し 米国 ~緊縮財政のもと金融緩和の効果等により成長持続~

2012~2014年度日米経済見通し 米国 ~緊縮財政のもと金融緩和の効果等により成長持続~

2013年3月27日大和総研フィードバック数:3社会/政治

日銀新体制に期待される金融政策の中身

トップレポート・コラム経済分析日本日銀新体制に期待される金融政策の中身 ここから本文です日銀新体制に期待される金融政策の中身債務デフレ要因を払拭していくことがポイントサマリー◆2013年3月20日、日銀新体制が始動、金融緩和の追加策が注目される。◆実質金利を欧米並みのマイナスにするまで金融緩和を続けることが必要。◆金融政策決定のうえで、資産市場動向を勘案していくことの重要性が増していく。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾

2013年3月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の緩やかな景気拡大を確認(Asia Weekly (3/18~3/22)) ~インドは2回連続の利下げも、今後の追加金融緩和の余地は限定的~

中国の緩やかな景気拡大を確認(Asia Weekly (3/18~3/22)) ~インドは2回連続の利下げも、今後の追加金融緩和の余地は限定的~

2013年3月13日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

日銀の次の一手を考える~「大胆な金融緩和」実施に際しての留意点~

日銀の次の一手を考える~「大胆な金融緩和」実施に際しての留意点~

2013年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 緊縮財政のもと金融緩和の効果等により成長持続(2013、2014年経済予測) ~実質GDP成長率は、13年+1.5%、14年+2.4%と徐々に安定成長へ~

米国 緊縮財政のもと金融緩和の効果等により成長持続(2013、2014年経済予測) ~実質GDP成長率は、13年+1.5%、14年+2.4%と徐々に安定成長へ~

2013年2月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

金融緩和に次ぐ収穫

Global Market Outlook金融緩和に次ぐ収穫2013年2月25日(月)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452316:21 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン(円)終値11662.52980.714,000.577,661.916,335.703,706.282,3

2013年2月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

デフレ脱却は金融緩和だけでは困難

デフレ脱却は金融緩和だけでは困難

2013年2月5日大和総研フィードバック数:1社会/政治

日本経済中期予測(2013年2月)

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済中期予測(2013年2月) ここから本文です日本経済中期予測(2013年2月)成長力の底上げに向けて実行力が問われる日本経済ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 近藤 智也 サマリー◆2012年7月の日本経済中期予測を改訂した。この半年間における最大の変化は政権交代であり、安倍新政権は大胆な金融緩和や機動的な財政出動、成長戦略など、いわゆるアベノミクスを推し進めている。ただ、これらが効果を発揮するかは、今後の世界経済の動向に左右

10月の「ロイター個人投資家調査」

ロイター個人投資家調査:6割がドル90─105円望む、介入期待も [東京 20日 ロイター] 個人投資家の投資マインドの悪化に歯止めがかかった。ロイターが20日にまとめた10月個人投資家調査では、日本株への投資スタンスを示すロイター個人投資家DI(「強気」の割合から「弱気」の割合を引いて算出)はマイナス64で、前月から6ポイントと小幅ながら改善した。改善は6カ月ぶり。  10月20日、ロイター個人投資家調査では、日本経済にとって望ましい為替水準は1ドル90─105円との回答が6割を占めた。写真は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

新着データ

お知らせ