「金融資本」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

自由な発想で自律と自立を目指す地方創生

トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済自由な発想で自律と自立を目指す地方創生 ここから本文です自由な発想で自律と自立を目指す地方創生~地域の多様性を活かす国づくり~『大和総研調査季報』 2015年新春号(Vol.17)掲載サマリー人口の社会増減率と自然増減率には正の相関がある。地方創生は、人々を惹きつけることができ、子どもを生み育てやすい環境をどのように各地域が実現するかという問題である。人口の姿はむしろ結果であろう。地方創生に関する議論は政府内のいくつかの会議体でなされている。それら

2014年6月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

リスクマネー供給構造の現状と課題

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達リスクマネー供給構造の現状と課題 ここから本文ですリスクマネー供給構造の現状と課題~国際比較でみた直接・間接の供給パイプ~『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載調査本部 執行役員 調査本部副本部長 兼 金融調査部長 保志 泰 サマリー日本において「リスクマネーの円滑な供給」が必要であると言われて久しいが、そもそも「リスクマネー」という言葉は曖昧に使われている。そこで、リスクマネーとは何か、そしてどうあるべきかについ

2014年3月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税と低所得者対策

トップレポート・コラム政策分析財政消費税増税と低所得者対策 ここから本文です消費税増税と低所得者対策~求められる消費税の枠内にとどまらない制度設計~『大和総研調査季報』 2014年新春号(Vol.13)掲載サマリー税制抜本改革法で検討が求められている消費税増税時の3つの低所得者対策の選択肢と、それが実現するまでの暫定的な措置について考察する。総合合算制度は再分配政策として理念的には優れているが、議論が進められている気配がほとんどなく、番号法もその実施を想定していないようだ。給付付き税額控除は、そ

2014年3月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

「新興国の時代の終わり」再考

トップレポート・コラム経済分析新興国「新興国の時代の終わり」再考 ここから本文です「新興国の時代の終わり」再考~中国の高度成長終焉の含意~『大和総研調査季報』 2014年新春号(Vol.13)掲載サマリーリーマン・ショックに至る「新興国ブーム」は中国という資源利用効率の悪い新興大国が高度成長の最終段階を迎える中で起きた特異な事例と捉えるべきであり、その再現は期待しがたい。中国の高度成長が終焉を迎えつつあるのは、人口動態上の必然だからである。ただし、中国における人口構成の成熟化は、同国が集中的にた

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISA創設の背景と活用法

トップレポート・コラム法律・制度税制NISA創設の背景と活用法 ここから本文ですNISA創設の背景と活用法『大和総研調査季報』 2013 年秋季号(Vol.12)掲載ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬 サマリー2014年1月からNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)がスタートする。金融機関のNISA口座獲得競争が行われており、NISA向け金融商品の準備も着々と進んでいる。昨年来の株価高騰も相まって、証券税制の改正がこれほど注目されるのは珍しい。NISAは、これまでの

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

海洋生態系の持続可能性

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs海洋生態系の持続可能性 ここから本文です海洋生態系の持続可能性~水産資源保全の観点から~『大和総研調査季報』2013年夏季号(vol.11)掲載サマリー地表の7割を占める海洋。海洋の生態系が気候変動や人為的な活動によって脅かされている。通常日常生活では海洋を意識することは少ないが、すでに水産資源の減少、サンゴ礁の劣化、有害化学物質や油類や漁網や生活雑貨などの漂流ゴミによる環境汚染など、人間生活にも負の影響を与え始めている。特に水産資源の減

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

成長戦略に必要なものは何か?

トップレポート・コラム経済分析日本成長戦略に必要なものは何か? ここから本文です成長戦略に必要なものは何か?~企業の力を引き出す制度改革~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載サマリー安倍内閣の「三本の矢」のうち、成長戦略の議論が産業競争力会議や規制改革会議で本格化している。しかし、過去にも成長に関する議論は政府で何度も行われたが、いずれも実効性に乏しかった。日本は本当に今後も成長できるのか。もしできるのなら我々は何をすべきなのか。労働力人口が減る中で生活水準を上げるには、生

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

大胆さと慎重さが求められる日銀

トップレポート・コラム経済分析日本大胆さと慎重さが求められる日銀 ここから本文です大胆さと慎重さが求められる日銀~政府にも求められる「次元の違う政策」~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載サマリー日銀はインフレ・ターゲットを導入したものの、金融政策の枠組み自体が変わったわけではない。物価目標の設定はゴールではなく、政府と日銀がその実現のためにどう行動するかが問題である。デフレの構造的な要因を長期的に物価の趨勢を決める単位労働コストの背景から整理すると、デフレ脱却には金融緩和

2013年3月1日大和総研フィードバック数:6キャリアとスキル

ダイバーシティ経営:いまだ「女性」が課題の日本企業

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGsダイバーシティ経営:いまだ「女性」が課題の日本企業 ここから本文ですダイバーシティ経営:いまだ「女性」が課題の日本企業~変えるには何が必要か~『大和総研調査季報』 2013年新春号(Vol.9)掲載サマリーダボス会議を主催する世界経済フォーラムでは、各国の政治や経済各領域において男女間のギャップを示した指標ジェンダー・ギャップ指数を公表している。先進国でありながら日本は135カ国中101位(2012年)である。企業のCSR活動としてジェン

2013年3月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

勝ち組ドイツに潜む不安

トップレポート・コラム経済分析欧州勝ち組ドイツに潜む不安 ここから本文です勝ち組ドイツに潜む不安~ 2013年総選挙の争点から~『大和総研調査季報』 2013年新春号(Vol.9)掲載サマリー財政再建に苦しむ国が多い欧州諸国の中で、財政収支はほぼ均衡、失業率は20年ぶりの低水準と、例外的に好成績の国がドイツである。実はわずか10年前のドイツは「欧州の病人」と言われていたのだが、2000年代半ばに大胆な雇用コスト削減策を実施し、それが輸出競争力の向上と財政再建につながった。とはいえ、ドイツ国民に不

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ