調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 金融資本市場分析

「金融資本市場分析」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

貸出支援基金の現状と今後

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達貸出支援基金の現状と今後 ここから本文です貸出支援基金の現状と今後順調に増加する貸付残高、再延長・拡充はあり得るかサマリー◆2015年1月、日本銀行の金融政策決定会合で貸出支援基金の延長・拡充が決定した。具体的な内容は、①2015年3月31日に設定されていた新規貸付の受付最終期日を1年延長すること(それに伴い基金の廃止日等も1年延長)、②対象金融機関毎の上限を1兆円から2兆円へ、貸付残高の上限を7兆円から10兆円にそれぞれ引き上げるこ

2014年9月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

観光立国と日本の「稼ぐ力」(1)

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資観光立国と日本の「稼ぐ力」① ここから本文です観光立国と日本の「稼ぐ力」①訪日外国人旅行拡大の動きサマリー◆2013年の訪日外国人旅行者数は、前年から約200万人増加して1,000万人を突破した。訪日旅行の拡大により、旅行収支にも大幅な改善がみられており、観光立国の実現により日本の「稼ぐ力」が高まることが期待される。◆前年からの増加率は、タイ、香港、台湾、マレーシア、シンガポールなどのアジアの国・地域で高くなっている。これらの国・地域では、観光・レ

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

検討進む日本版スチュワードシップコード

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs検討進む日本版スチュワードシップコード ここから本文です検討進む日本版スチュワードシップコード~機関投資家に何を期待するか?~『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載サマリー企業の持続的な成長をサポートするために、機関投資家と投資先企業との対話を深めることを促進する機関投資家向け行動原則の策定が進んでいる。これは、英国のスチュワードシップコードを模範とするものである。英国スチュワードシップコードは、適用対象となる機関投資

2013年6月13日大和総研フィードバック数:3社会/政治海外

英国のエンジェル税制導入の効果

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達英国のエンジェル税制導入の効果 ここから本文です英国のエンジェル税制導入の効果日本においてもエンジェル投資促進の議論をサマリー◆エクイティ型クラウド・ファンディングの活用が進む英国であるが、個人投資家が起業段階のベンチャー企業への投資を支える仕組みとして、エンジェル税制が整備されている。◆英国はエンジェル税制の導入によって、投資家の裾野が広げられた可能性がある。◆日本においても投資額にほぼ相当する金額が所得控除できるなどのエンジェル税

2013年4月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.4

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.4 ここから本文ですベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.42000年代:産業構造・社会制度の転換期サマリー◆1970年代後半から現在まで、開業率(企業単位)は低下を続けている。その間に経済成長率も同様に低下した。ベンチャー振興が課題となっている。◆本稿では1970年代から40年間に及ぶ、ベンチャー振興の歴史を振り返り、あるべき方向性を探る。◆第4回では、米国並みのベンチャー振興策が整備された20

2013年2月13日大和総研★フィードバック数:3ビジネス

1970年代以降の日本のベンチャー振興の振り返りです。

ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.1

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達ベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.1 ここから本文ですベンチャー日本、挑戦の40年 Vol.11970年代:経済成長にはベンチャー企業が必要と気づくサマリー◆1970年代後半から現在まで、開業率(企業単位)は低下を続けている。その間に経済成長率も同様に低下した。ベンチャー振興が課題となっている。◆本稿では1970年代から40年間に及ぶ、ベンチャー振興の歴史を振り返り、あるべき方向性を探る。◆第1回では、日本においてベンチャー振興策

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ