調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 長時間労働

「長時間労働」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年6月12日あしたのチームフィードバック数:0ビジネス

2019年4月 中小企業の働き方改革実態に関する調査

>> ~2019年4月 中小企業の働き方改革実態に関する調査~ 労働生産性向上のために重要だと思うことは「人材育成」、「社員のエンゲージメントの向上」、「労働生産性が評価される制度」人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をおせっかいする株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役会長:髙橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、中小企業の経営者と管理職を対象に働き方改革と人事評価に関するインターネット調査を実施いたしました。その結果、働き方改革関連法が施行された4月時点で、労働時間適正化

2019年4月22日ヌーラボフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年度と2019年度の働き方に関する調査

【Backlog総研/調査レポート】2018年度、約6割が「働き方改革」による変化ありと実感 -- 2019年度、給与UPの期待感は!? 年代が若いほど、「2019年度への変化」に高い期待を寄せるなどポジティブである傾向も <調査結果サマリ>・「働き方改革関連法」に関連し、「2018年度の振り返り」および「2019年度への期待」についてアンケート調査を実施・「2018年度の振り返り」については、全体の約6割の回答者が「大きな変化があったと思う/少し変化があったと思う」と回答・特に「長時間労働の是

2019年3月26日リコージャパンフィードバック数:0ビジネス

働き方改革アンケート

労働時間が減った人は32.7%!有給休暇取得率は50.1% 〜働き方改革アンケート結果発表 働き方改革ラボは、働き方改革の取り組み方やその結果を調査するため、2018年12月28日~2019年1月11日にかけて、読者の方を対象にした「働き方改革アンケート」を行いました。アンケート結果から読み取れること会社が「働き方改革」に取り組んでいると回答したのが53.8%なのに対して、成果が上がっていると感じているのは、半数以下の25.0%。 働き方改革は着実に実行に移されているものの、成果に結びつくのはま

2018年8月16日マクロミルフィードバック数:0キャリアとスキル

働き方改革への意識や企業の取り組み状況とは?会社員1,000名に調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2018年3月28日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

6,700名の社会人に聞いた「働き方改革」意識調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース6,700名の社会人に聞いた「働き方改革」意識調査。働き方改革の課題は、取り組みと実態の整合性、仕事量の調整。―『エン転職』ユーザーアンケート調査 結果発表― 6,700名の社会人に聞いた「働き方改革」意識調査。働き方改革の課題は、取り組みと実態の整合性、仕事量の調整。―『エン転職』ユーザーアンケート調査 結果発表―人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿

2017年12月26日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「働き方改革」についてアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリースミドルに聞く「働き方改革」調査 企業が「働き方改革」に取り組むことで、職場への満足度が上がったミドルは3割。「気持ちの余裕がなくなった」「生産性が低下した」との声も。―『ミドルの転職』ユーザーアンケート集計結果― ミドルに聞く「働き方改革」調査 企業が「働き方改革」に取り組むことで、職場への満足度が上がったミドルは3割。「気持ちの余裕がなくなった」「生産性が低下した」との声も。

2017年12月25日高橋書店フィードバック数:0キャリアとスキル

「働き方改革」に関するアンケート調査

高橋書店トップ手帳は高橋書籍日記家計簿カレンダー高橋書店トップ新着情報11/23勤労感謝の日 『「働き方改革」に取り組む企業に努めるビジネスパーソンの約8割が 業務効率化・生産性向上のために「紙の手帳」を活用!』を発表!新着情報11/23勤労感謝の日 『「働き方改革」に取り組む企業に努めるビジネスパーソンの約8割が 業務効率化・生産性向上のために「紙の手帳」を活用!』を発表! 「働き方改革」の推進で、約4割のビジネスパーソンが “ジタハラ”(時短ハラスメント)被害予備軍に…?! 「働き方改革」

職種によって未婚率は違う?!「不定休・長時間労働」が恋愛や結婚のハードルに

【恋愛マッチングサービス Omiai】職種によって未婚率は違う?!「不定休・長時間労働」が恋愛や結婚のハードルに。 Omiaiで選択可能な職種が約1.5倍増加、相手の休日も検索可能に!~新ブランドコピー「気づいたら、お似合い。」も発表~「Omiai」()は、総務省統計局による「就業構造基本調査(平成24年)」で未婚率が高いとされる職業のデータから、その理由を「不定休・長時間労働」が共通する特徴と分析しました。Omiaiでは未婚化・晩婚化が進む原因の対策法とし、同サービス内のプロフィール上で選択可

2017年11月28日高橋書店フィードバック数:0社会/政治

「働き方改革」の推進で約4割のビジネスパーソンが “ジタハラ”(時短ハラスメント)被害予備軍?!

「働き方改革」の推進で約4割のビジネスパーソンが “ジタハラ... 「働き方改革」の推進で約4割のビジネスパーソンが “ジタハラ”(時短ハラスメント)被害予備軍?!「働き方改革」(長時間労働の改善)には 「紙の手帳」とデジタルツールの併用が有効だった!株式会社 高橋書店(本社:東京都文京区 代表取締役社長:高橋秀雄)は、11月23日「勤労感謝の日」を前に、「働き方改革」に関するアンケート調査を、日本全国のビジネスパーソン男女730名を対象に行いました。その結果、「働き方改革」(長時間労働の

2017年11月14日ビッグローブフィードバック数:0社会/政治

長時間労働に関する意識調査

プレスルーム長時間労働をする理由は“仕事量と人員のバランスが合っていない”が1位にBIGLOBEが「長時間労働に関する意識調査」を実施~「早く帰れるならどんどん帰ったほうがいい」と定時帰りを6割が肯定~ビッグローブ株式会社格安スマホや格安SIMを提供するBIGLOBEモバイルは、「長時間労働に関する意識調査」を実施しました。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~50代の社会人男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは各

2017年11月9日勝手にランキングフィードバック数:0キャリアとスキル

企業に求めるものと言えば? 気になる1位は、○○だった

>, >企業に求めるものと言えば? 気になる1位は、○○だった世の中には数多くの職業、企業が存在しますよね。同じ職種であっても、会社によって作業内容や待遇などは変わってくるのではないでしょうか。そんな中、皆さんは企業に務める上でどのような点を重要視しているのでしょうか。今日は、そんな企業に関する記事を紹介していきたいと思います。 ブラック企業で働いた経験がある人は約2割2017年10月21日~10月23日の期間、全国の働く男女約10,000人を対象に「企業に関するアンケート」に回答して頂きまし

2017年11月9日ダイヤモンド社フィードバック数:0社会/政治

長時間労働が減っているのに過労死が注目される意外な理由

長時間労働は 減少傾向にある 電通の新入社員でインターネット広告を担当していた、当時24歳の女性が2015年末に過労により自殺したのを受けて、翌年の秋以降、過労死問題がクローズアップされている。 果たして、過労に結びつく長時間労働は増加しているのか。今回は、この点を統計データで確認するとともに、日本における長時間労働と仕事のストレスの関係を、国際的な比較の中で明らかにしたい。 長時間労働は、統計上、週労働時間49時間以上、ないし60時間以上で区分されていることが多い。過労死ラインは、時間外労働が

働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~

『働き方改革の実態調査2017~Future of Workを見据えて~』調査結果を発表 今回が3回目の実施となる『働き方改革の実態調査~Future of Workを見据えて~』では働き方改革の取り組みの状況や内容について多面的に調査したほか、「生産性の向上とエンプロイー・エクスペリエンスの改善」の成果を収める企業の特長をより詳細に分析しています。 2017年9月5日 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下DTC)は、『働き方改革の実態調査2017~Future of Wor

「長時間労働」に関するアンケート

● 残業時間『45時間以上』…13.8%。【運輸・郵便業】では3人に1人● 現状の残業時間が45時間以上の人…「上限規制は守れないと思う」インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「長時間労働」についてアンケートを行い、労働時間の実態や、残業が発生する理由、サービス残業の有無などについてまとめました。 調査は2017年4月4日〜4月14日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニターの「正規社員として働いている人」1,343名から回答を得ています。Tweet ● 残

長時間労働に関する実態調査

長時間労働に関する実態調査 20〜30代正社員の月の平均労働時間に関する実態と意識 いきすぎた長時間労働が社会的な問題になるなか、20〜30代の若手世代は、実際にどのくらいの時間を仕事に費やしているのだろうか。また、労働や労働時間の在り方についてどのように考えているのだろうか。528名に調査を行った。 調査概要世界的に見て長い傾向のあった日本の労働時間は、1980年代後半をピークにずいぶん減少してきた。しかし、これは非正規社員などの短時間労働者の増加によるところが大きく、フルタイム社員の労働時間

「働き方改革」と「長時間労働」に関する調査

「働き方改革」と「長時間労働」に関する調査 企業は長時間労働の改善策として「業務の標準化」を最重要視~長時間労働が改善された企業はメンタル不調による休職者数の発生が減少傾向に~ 2017年07月19日株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント代表取締役社長 鳥越 慎二(東証第二部 コード8769) 株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:鳥越 慎二、以下「当社」)は、6月中旬に「働き方改革」における『長時間労働の是正』に対する企業・団体の取り組みの

2017年7月22日all engineer.jpフィードバック数:0ライフスタイル

若手社会人の4人に1人は「五月病になった」と感じていた

若手社会人の4人に1人は「五月病になった」と感じていた~GWの長期連休、長時間労働や職場環境への不満などが五月病の原因か~ポイント若手社会人の27.7%が「五月病になった」GWの長期連休、長時間労働や職場環境への不満などが五月病の原因か調査概要エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」では、社会人1~3年目の技術系会社員150人と事務系・その他会社員150人を対象に、「新社会人・若手社会人の意識調査」を実施しました。今回は新社会人・若手社会人に聞いた「五月病」

2017年6月12日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「企業の働き方改革」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース「企業の働き方改革」実態調査 「働き方改革」に取り組んでいる企業は60%。 具体的な施策は、「長時間労働の是正」「女性登用」「職場環境の整備」。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 「企業の働き方改革」実態調査「働き方改革」に取り組んでいる企業は60%。具体的な施策は、「長時間労働の是正」「女性登用」「職場環境の整備」。―人事担当者向け 中途採

2017年5月28日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度 新入社員 春の意識調査

【お詫び】 掲載しておりました資料の集計表のクロス集計の一部に誤りがありましたため、本日訂正版に差し替えさせていただきました。集計表の赤字の部分が訂正箇所になります。関係の皆様方にはご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。謹んでお詫び申しげます。(2017年7月10日)<主なポイント>1.【新設質問】 上司が外国人であろうが日本人であろうが関係ない48.8%日本語でよいなら上司は外国人でも構わない40.0%2.第一志望での入社が2000年代で最高の79.5%を記録「条件の良い会社があれば

2017年5月18日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0キャリアとスキル

「労働基準関係法令の違反企業332社」企業実態調査

「労働基準関係法令の違反企業332社」企業実態調査 公開日付:2017.05.17 5月10日、厚生労働省労働基準局監督課が、「労働基準関係法令違反に係る公表事案」として法令違反した企業名を初めて公表した。2016年10月1日以降に労働基準関係法令に違反し、書類送検した334件(社数は332社)を同省ホームページ上に掲載している。社名一覧の公表は2016年12月に同省が発表した「過労死等ゼロ」緊急対策の一環で、違反企業は毎月定期的に掲載する。東京商工リサーチでは、今回公表された労働基準関係法令に

2017年3月15日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

「長時間労働」に関するアンケート調査

公開日付:2017.03.10 政府が残業時間の上限規制を「月100時間」で検討し、「長時間労働」が大きな社会的テーマに浮上している。東京商工リサーチでは、全国の企業を対象に「長時間労働」に関するアンケートを実施した。アンケート結果では、9割の企業で残業が存在し、8割の企業で残業削減に取り組んでいる。しかし、大企業に比べ中小企業等では受注や賃金の減少への影響が大きく、「長時間労働」削減に向けたハードルが高いことがわかった。現行の労働基準法は、原則として1日8時間、1週間に40時間の労働時間を定め

2017年3月7日キッズラインフィードバック数:0ライフスタイル

保育園送迎に関する調査

俺ムリパパが3割。保育園からの急な呼び出しがあったとき【夫婦の対応調査レポート】4月復帰を間近に控え、そろそろ準備を始め出したご家庭も多いのでは?並々ならぬ保活闘争を終え、入園後に待ち受けているのは保育園からの急な呼び出し「お迎えコール」です。キッズラインでは439人の女性ユーザーを対象に、保育園送迎に関するアンケート調査を実施。改めて、妻へのしわ寄せが重くのしかかっている現実が浮き彫りになりました。妻だけが乗り切れば済む問題ですか?夫の本心はどう思っているのでしょう?そして、夫婦を取り巻く周り

2017年1月29日ビズリーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

残業や生産性に関するアンケート

20代の正社員、6割「残業多い」「生産性低い」と回答労働時間...| 20代の正社員、6割「残業多い」「生産性低い」と回答 労働時間の短縮後「スキルアップの勉強に費やしたい」「働き方改革」を受け、20代向け転職サイト「キャリアトレック」調査 株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎)が運営する20代向けレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」( https://www.careertrek.com/ )は、正社員として働く20代のキャリアトレック会員に残業や生

2017年1月12日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「残業時間が少ない」トップ100社ランキング

「残業時間が少ない」トップ100社ランキング一番少ない会社は月の残業時間が1時間6分 残業時間が長くても、情報開示している企業は、そうでない企業よりも信頼できる(写真:プラナ / PIXTA) 「残業時間が少ない会社に入りたい」と思う学生は多いらしい。確かに最近、残業が多い会社は「ブラック企業」と批判され、若い社員に気を使って「残業を命じにくい」という中年上司も増えていると聞く。以前は長時間労働を推奨していた経営者の中にも、「残業をなくしていく」という方針に変えるケースが増えている。学生だけ

2016年3月23日ソニー生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の活躍に関する調査 2016

ニュースリリース(平成27年度)女性の活躍に関する調査 20162016年3月17日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本 友男)は、2016年2月5日~2月6日の2日間、全国の20~69歳の女性に対し、今年で3回目となる「女性の活躍に関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)調査結果 概要アンケート調査結果「家庭」で女性がイキイキと活躍していると思う人は4割強 「職場」で女性がイキイ

2015年12月11日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

ブラックバイトに対するイメージ

【調査地域】全国 【調査対象】15-24歳、アルバイト経験もしくは今後のアルバイト就業意向がある人 【調査期間】2015年7月28日~7月30日 【有効回答数】2,472サンプルはじめに、「“ブラックバイトかもしれない”と感じる時は、どんな時ですか?」というアンケートをとりました。アンケートの結果を見ると、「ブラックバイトかもしれない」と感じる時の1位は、「実際にアルバイトしたことがある人の話・噂を聞いた時」であり、50.7%の人が回答しています。実際に働いた人の話は信憑性が高いと感じるようです

2015年11月6日ワークポート★フィードバック数:0キャリアとスキル

あなたが考える「ブラック企業」とは?

転職相談するなら、 転職コンシェルジュ のワークポート あなたが考える「ブラック企業」とは?厚生労働省は今年5月より、従業員に苛酷な労働を強いる悪質な企業の社名を公表する取り組みを開始しました。(※公表は複数の都道府県に支店・営業所を置く大企業が対象) 世の中に「ブラック企業」という言葉が随分浸透してきましたが、一般的にはどんな企業を「ブラック企業」だと認識しているのでしょうか。 今回の調査結果によると、ブラック認定されるポイント上位に「残業代が出ない」(18%)、「セクハラ・パワハラがある

2015年6月8日全研本社フィードバック数:0キャリアとスキル

「ブラック企業」について調査

「ブラック企業」のイメージは⻑時間労働を課す企業?「ブラック企業」のイメージは⻑時間労働を課す企業?話題のブラック企業について調査政府は悪質なブラック企業の社名を公表することを決定しました。認知度のある大企業が対象だそうです。 瓦版「働き方白書」では今回、「ブラック企業」について調査してみました。働く人はどんな会社をブラック企業と認定するのでしょうか。対象は瓦版ユーザー。回答者は334人。男性170人、女性164人。年代は、20代209人、30代73人、40代31人、その他21人、でした。ではみ

2015年5月29日国土交通省フィードバック数:0キャリアとスキル

トラックドライバーの人材確保・育成に向けて

厚生労働省・国土交通省が取りまとめた、「トラックドライバーの人材確保・育成に向けて」を公表します 平成27年5月28日 国土交通省は、本日、厚生労働省と「トラックドライバーの人材確保・育成に関する国土交通省・厚生労働省連絡会議」を開催し、トラックドライバーの人材確保・育成に向けた対応策を取りまとめましたので、公表します。トラック運送事業者の多くが中小企業であること、トラックドライバーの就業環境が長時間労働、低賃金となっていること、また就業者に中高年齢層の占める割合が高く、若年就業者の割合が低い

2015年5月10日日通総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

トラックドライバー不足問題の要因と対応について

研究レポート 日通総合研究所が独自に行ってきた調査・分析の研究レポートを公開しています。 ロジスティクスレポート No.21トラックドライバー不足問題の要因と対応について はじめにトラック輸送の現場では、「募集してもトラックドライバー(以下、「ドライバー」とする。)が集まらない」という声が日増しに高まっている。実際に、自動車運転の職業の有効求人倍率は「1」を超える状況が続いており(図表1)、輸送需要の増減にかかわらず、「ドライバーは募集しても集まらない」状況が継続している。 しかし、多くの物流現

「残業する人」は「頑張っている人」?~朝型勤務の効果も意識改革次第~

「残業する人」は「頑張っている人」?~朝型勤務の効果も意識改革次第~ | ニッセイ基礎研究所 「残業する人」は「頑張っている人」?~朝型勤務の効果も意識改革次第~ 薮内 哲基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (今夏は朝型勤務が広がる可能性)4月20日、政府が経団連に「朝型勤務」などの取り組みを検討するよう要請した。国家公務員は今年7、8月に始業時間を1~2時間早め

長時間労働に関する調査

プレスリリース「長時間労働に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 長時間労働に関する調査 報道関係各位平成27年2月16日株式会社クロス・マーケティング 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、首都圏(1都3県)に在住する20歳~64歳の男女を対象に、「長時間労働に関する調査」を実施しました。 調査結果(一部抜粋) 月の残業日数は、「約1~5日」が29.2%でトップ。性年代別に見ると、男性30代の「約16~20日」と、男性40代の「約1

2014年11月14日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

「ホワイトカラー・エグゼンプション制度」をご存知ですか?

転職相談するなら、 転職コンシェルジュ のワークポート 「ホワイトカラー・エグゼンプション制度」をご存知ですか?ホワイトカラー労働者を対象に労働時間規制の適用を外し、働いた時間に関係なく成果に対して賃金を支払うという「ホワイトカラー・エグゼンプション制度」。日本では2006年に導入が検討されましたが、長時間労働を助長するということで一旦頓挫しました。今年に入り、第二次安倍内閣が再度導入を検討しているものの、実現の兆しは見えていません。そんな現状もあり、この制度について「知っている」と答えた人

2014年10月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

女性活躍の制約が長時間労働であることの認識ありや

女性活躍の制約が長時間労働であることの認識ありや

2014年9月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

女性活躍推進の真の課題~長時間労働是正と柔軟な勤務形態の普及を急げ~

女性活躍推進の真の課題~長時間労働是正と柔軟な勤務形態の普及を急げ~

ワーク・ワイフ・バランスの充実を! ―長時間労働から離れ、妻と過ごす時間を増そう!―

ワーク・ワイフ・バランスの充実を!―長時間労働から離れ、妻と過ごす時間を増やそう!― | ニッセイ基礎研究所 ワーク・ワイフ・バランスの充実を!―長時間労働から離れ、妻と過ごす時間を増やそう!― 生活研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 「ワーク・ワイフ・バランス」と言うと、まるで

ホワイトカラーエグゼンプションについてのレポートです。

長時間労働と残業代の実態~新たな労働時間制度の導入~

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年4月27日企業活力研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

人材育成についてのレポートです。

平成25年度「人材研究会」報告―企業活動の将来を担う若者の能力開発・能力発揮のあり方に関する調査研究 ―

人材関連 調査研究報告▼平成30年度「人材研究会」報告「『学び』を支える“学習習慣”のある人材の確保・育成に向けた人材戦略に関する調査研究」 少子高齢化、就業労働力人口の減少が我が国の経済成長に及ぼす影響が顕著な昨今の状況において、次世代を担う人材の確保、育成は企業の存続、成長にとって最も重要なテーマとなっている。一方で、AIを応用したロボティクステクノロジーの浸透は、業務の自動化、省人化を急速に高め、仕事の質的変化を従業員に恒常的に求める環境を生み出しつつある。また、製品ライフサイクルが短縮し

2014年3月7日経済産業研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

経済産業研究所のセミナー資料です。

日本人の労働時間と働き方に関する現状と課題

日本人の労働時間と働き方に関する現状と課題黒田 祥子 (早稲田大学教育・総合科学学術院 准教授) 小川 誠 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省 経済産業政策局 審議官(雇用・人材担当)) 日本人はかつてより働きすぎと言われ、ワークライフバランスの必要性が指摘されてきた。しかし、OECD統計によれば、現在においても週60時間以上労働する男性労働者の比率は、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツなどでは4~7%であるのに対して、日本は18%と突出して高い。人口が減少していく中、全員参加型

2013年5月14日経済産業研究所フィードバック数:21キャリアとスキル

職場における男女間格差の動学的研究:日本大企業の計量分析的ケーススタディ

ノンテクニカルサマリー 職場における男女間格差の動学的研究:日本大企業の計量分析的ケーススタディこのノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度)「企業内人的資源配分メカ

2012年12月13日インテリジェンス★フィードバック数:5ビジネス

年収クラス別の違いなど興味深いものになっています。

2012年の“仕事観”を表す漢字は?

転職なら、求人情報・転職サイトdoda(デューダ) 求人を探す求人を紹介してもらう知りたい・聞きたいイベントランキング・データ・調査2012年の“仕事観”を表す漢字は?2012年は、耐える1年だった…?■2年連続で「」が1位に。 耐える対象はからへ2012年の仕事観を表す漢字として最も多くの人に選ばれたのは、昨年に引き続き「耐」(402票)。ただし、投票理由は昨年と大きく変化しており、昨年は震災やタイの洪水など外部からもたらされた状況に耐えたという意見が多かった反面、今年は給与や待遇、人間関係な

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ