「長期予測」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

APIR Commentary No.49<長期停滞仮説論争>

ディスカッションペーパーディスカッションペーパーDATE : 2016-09-13 AUTHORThis paper introduces a simple macroeconomic time series model incorporating a key concept of? GDP elasticity with respect to population (population elasticity). Using this model, we conducted empirical

2100年までの予測です。

日本経済の超長期予測

日本の人口は2009年をピークとして既に減少に転じ、国立社会保障・人口問題研究所や国連の人口推計によればこの傾向は21世紀の終わりまで続くという。しかし、人口減少の影響は将来の問題として、GDPや一人あたりGDPの短中期の予測にはほとんど取り入れられていない。本稿では、われわれが独自に開発した人口とGDPに関する簡単なモデルを使って、2100年までの日本のGDPを推計し、1)過去140年の日本に固有なX 効率性が今後も不変とすれば、GDPは長期にわたって年平均1.3%減少する、2)GDPを201

2015年4月26日日本電子出版協会フィードバック数:0デジタル家電

技術長期予測と電子出版

2015年4月23日 技術長期予測と電子出版2015.04.24■概要技術予測は可能なのに、何故判断を間違うのでしょうか。ムーアの法則も2、3世代は続きます。そして多層化に進みます。したがって、CPUの能力は今後も10年で100倍のペースで上がります。通信速度もモーバイルの世界で投資が進み、10年で100倍のペースで速度が上がり、10Gbpsを超えます。人口知能クラウドによる知的処理が進み、すべてが飲み込まれます。ボーンデジタルの世界は、紙の本の頸木から逃れて大きく進化するのではないでしょうか。

APIR Commentary No. 42 <世界の中の関西経済>

ディスカッションペーパーディスカッションペーパーDATE : 2016-09-13 AUTHORThis paper introduces a simple macroeconomic time series model incorporating a key concept of? GDP elasticity with respect to population (population elasticity). Using this model, we conducted empirical

2030年までの予測です。

低原燃料価格の下での日本経済・産業~2030年までの長期予測~

低原燃料価格の下での日本経済・産業~2030年までの長期予測~

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

APIR Commentary No. 41 <東京圏が作り出す地域経済格差>

APIR Commentary No. 41 <東京圏が作り出す地域経済格差> ディスカッションペーパーディスカッションペーパーDATE : 2016-09-13 AUTHORThis paper introduces a simple macroeconomic time series model incorporating a key concept of? GDP elasticity with respect to population (population elasticity).

将来推計です。

「中部5県マクロ計量モデル」の開発と応用 人口減少社会における地域経済の長期予測2015-2040

「中部5県マクロ計量モデル」の開発と応用 人口減少社会における地域経済の長期予測2015-2040

APIR Commentary No. 39 <アベノミクスとオバマノミクス>

APIR Commentary No. 39 <アベノミクスとオバマノミクス> ディスカッションペーパーディスカッションペーパーDATE : 2016-09-13 AUTHORThis paper introduces a simple macroeconomic time series model incorporating a key concept of? GDP elasticity with respect to population (population elasticity).

APIR Commentary No. 38 <ピケティさん、大事なのは事実と国民の許容度ですよ>

APIR Commentary No. 38 <ピケティさん、大事なのは事実と国民の許容度ですよ> ディスカッションペーパーディスカッションペーパーDATE : 2016-09-13 AUTHORThis paper introduces a simple macroeconomic time series model incorporating a key concept of? GDP elasticity with respect to population (population ela

APIR Commentary No.37 <頑張っている日本の壮年層>

ディスカッションペーパーディスカッションペーパーDATE : 2016-09-13 AUTHORThis paper introduces a simple macroeconomic time series model incorporating a key concept of? GDP elasticity with respect to population (population elasticity). Using this model, we conducted empirical

APIR Commentary No.34<衆院選の争点はアベノミクスにあらず>

APIR Commentary No.34<衆院選の争点はアベノミクスにあらず> ディスカッションペーパーディスカッションペーパーDATE : 2016-09-13 AUTHORThis paper introduces a simple macroeconomic time series model incorporating a key concept of? GDP elasticity with respect to population (population elasticity).

2014年2月3日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

長期見通しです。

2025年度までの長期経済見通し ~アベノミクスで新たな成長構造を見出す日本経済~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2100年までの実質GDPと一人当たりGDPの年次推定データベース

2100年までの実質GDPと一人当たりGDPの年次推定データベースを公開DATE : 2013-11-27 約200の国・地域に関する、2100年までの実質GDPと一人当たりGDPの予測を統計データの新規ページとして公開しました。 研究プロジェクト研究プロジェクト » 2013年度 » アジア太平洋地域軸 AUTHOR目的OECDが発表した2060年までの加盟国の実質GDPに関する予測によれば、中国およびインドは、GDPにおいて21世紀中葉にアメリカを凌駕し一人当たりGDPも順調に上昇すると

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ