「雇用者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月20日北海道フィードバック数:0社会/政治

労働力調査結果(平成29年第3四半期[7~9月期]平均)(北海道)

最終更新日:2017年11月06日(月)(平成29年第3四半期[7~9月期]平均)1 労働力人口北海道の労働力人口(就業者と完全失業者の合計)は269万人で、前年同期に比べ3万人減少した。 男女別にみると、男性は149万人、女性は120万人で、前年同期に比べ男性・女性ともに1万人減少した。 また、非労働力人口は204万人で、前年同期に比べ1万人増加した。2 就業者就業者数は260万人で、前年同期に比べ2万人減少した。 男女別にみると、男性は144万人、女性は116万人で、前年同期に比べ男性は同数

【10月米雇用統計】雇用者数は前月比26.1万人増、前月から大幅増加も市場予想は下回る

【10月米雇用統計】雇用者数は前月比26.1万人増、前月から大幅増加も市場予想は下回る | ニッセイ基礎研究所 【10月米雇用統計】雇用者数は前月比26.1万人増、前月から大幅増加も市場予想は下回る 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数は市場予想を下回る一方、失業率は00年12月以来の水準に低下 11月3日、

2017年7月25日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

介護離職に関する自主企画調査

市場調査、マーケティングリサーチならインテージリサーチ 介護離職に関する自主企画調査 5年以内に4人に1人が「仕事と介護の両立」の時代に株式会社インテージリサーチ(本社:東京都東久留米市、代表取締役社長:井上孝志)は、自主企画調査「介護離職に関するアンケート」を実施しました。全国の35~59歳の被雇用者(会社員・公務員など雇用されて働いている人)の男女2万人を対象にしたインターネット調査で、仕事と介護の両立の実態を尋ねたものです。 調査結果のポイント35~59歳の被雇用者(会社員・公務員、正規

米国で需要急増の職業ランキング

Jeff Kauflin , Forbes Staff 翻訳記事 I cover leadership, management and careers. kurhan / Shutterstock.com 5月の米国の失業率は4.3%に下がり、5年前の半分近い水準となった。仕事に就く米国人の数は何百万人も増えているが、そのうち最も速いスピードで数が増えている職業は何だろうか?フォーブスは、最も速く増加している職業を調べるために、米労働統計局と国勢調査局が共同で実

2015年10月19日タワーズワトソンフィードバック数:0キャリアとスキル

アジア太平洋地域の2016年の昇給率が高インフレの影響で低下 ~ タワーズワトソン昇給率調査 ~

日本 | 日本語 (他国のサイト/Change Site )ログイン 登録するユーザーネーム、またはパスワードが間違っています。再入力してください。 アカウントが一時的にロックされました。お手数ですが15分後に再度ログインしてください。 現在お手続きを継続できません。恐れ入りますが、しばらく時間をおいてから再度お試しください。 https://www.towerswatson.com/FAQ アジア太平洋地域の2016年の昇給率が高インフレの影響で低下~ タワーズワトソン昇給率調査 ~雇

2015年6月26日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2015年5月) ~雇用環境は引き続き良好~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:労働力調査・一般職業紹介状況(2015年5月)発表日:2015年6月26日(金)~雇用環境は引き続き良好~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(%)5.65.45.254.84.64.44.243.83.63.43.2309(倍)求人倍率の推移(季節調整値)(倍)1.3完全失業率(季節調整値)1.91.81.2有効求人倍率1.1新規求人倍率(右目盛)1.71.611.51

2015年6月25日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

非正規賃金の上昇圧力 ~20歳代の人口減少がじわじわ~

Economic Trends経済関連レポート非正規賃金の上昇圧力発表日:2015年6月24日(水)~ 20歳 代 の 人 口 減 少 が じ わ じ わ ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)パート・アルバイトなど非正規雇用者の賃金が上昇してきている。長い目でみれば、20 歳代を中心とした若者人口の減少によって、労働需給がタイト化する効果が効いている。20 歳代の非正規雇用者の賃金は、賃金体系のベースラインになっているので、その賃金上昇が全体の報酬改善圧

アメリカの状況です。

米国の再生可能エネルギー政策(4)~風力発電の新時代

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考えるクリーンパワープランで米国は世界の低炭素技術をリードするか?米国の再生可能エネルギー政策(4)~風力発電の新時代松本 真由美 国際環境経済研究所理事、東京大学客員准教授印刷用ページ  「今後、米国内で再生可能エネルギーの中でもっとも普及が進むのは何か?」と、3月にワシントンでいくつかの政府系関係機関にヒアリングしたところ、異口同音に「風力」だという答えが返ってきた。風力発電は2006年から2014年にかけて新たに導入された発電設備容量の33%を

2015年6月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

増加する総所得 ~1人当たり給与増×雇用者数の増加=総所得の増加~

増加する総所得 ~1人当たり給与増×雇用者数の増加=総所得の増加~

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年内利上げ開始の可能性が高まる

トップレポート・コラム経済分析米国年内利上げ開始の可能性が高まる ここから本文です年内利上げ開始の可能性が高まる2015年5月の米雇用統計:雇用者数の増加ペースが加速サマリー◆5月の非農業部門雇用者数は前月から28.0万人増加した。過去分についても上方修正され、減速していた雇用者数の増加ペースが加速する結果となった。業種別では、天候要因による下押しからの揺り戻しで、企業向けサービス、娯楽・レジャーなどのサービス業で雇用が大幅に増加した。一方、鉱業・林業などでは雇用者数は引き続き減少した。◆失業率

2015年6月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【5月米雇用統計】雇用者数は28万人増。「量」だけでなく「質」の改善も伴った好結果

【5月米雇用統計】雇用者数は28万人増。「量」だけでなく「質」の改善も伴った好結果。 | ニッセイ基礎研究所 【5月米雇用統計】雇用者数は28万人増。「量」だけでなく「質」の改善も伴った好結果。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸びは2ヵ月連続で20万人超6月5日、米国労働省(BLS)は5月の雇用統計を

2015年5月29日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2015年4月) ~雇用者数の減少が懸念材料だが、先行きは改善を予想~

労働力調査・一般職業紹介状況(2015年4月) ~雇用者数の減少が懸念材料だが、先行きは改善を予想~

「22万3,000人増加」米国の2015年4月の非農業部門雇用者数(前月比)

「22万3,000人増加」米国の2015年4月の非農業部門雇用者数(前月比)

米国労働市場の検証-利上げの条件とされる更なる労働市場の改善とは

米国労働市場の検証-利上げの条件とされる更なる労働市場の改善とは | ニッセイ基礎研究所 米国労働市場の検証-利上げの条件とされる更なる労働市場の改善とは 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら FRBは15年中の政策金利の引上げを目指し、これまで段階的に金融緩和政策の解除を実施している。FRBは、「物価の安定」に加えて、金融政策目標に

2015年5月11日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

悪天候要因から回復してきた米国の雇用

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 悪天候要因から回復してきた米国の雇用2015年4月の米雇用統計:製造業の回復は緩慢なまま 2015年5月11日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆4月の非農業部門雇用者数は前月から22.3万人増加した。雇用者数の増加ペースは回復したが、過去分は大幅に下方修正された。業種別では、企業向けサービス、教育・医療、建設などで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は引き続き減少した。◆失

【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復

【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復。 | ニッセイ基礎研究所 【4月米雇用統計】予想は僅かに下回ったものの、雇用増ペースは再び20万人超に回復。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸びは前月から大幅に加速5月8日、米国労働省(BLS)は4月の雇用統計を公表した

2015年5月1日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2015年3月) ~2014年度の所定内給与は物足りない結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:毎月勤労統計(2015年3月)発表日:2015年5月1日(金)~2014年度の所定内給与は物足りない結果~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)現金給与総額前年比2014年2015年常用雇用者数所定内前年比総労働時間一般前年比前年比パート前年比所定内前年比前年比所定外前年比1月▲ 0.6▲ 0.51.20.62.71.30.87.32月3月▲ 0.50.3▲ 0

2015年4月6日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数の増勢に一服感

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数の増勢に一服感2015年3月の米雇用統計:雇用環境は明らかに悪化 2015年4月6日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆3月の非農業部門雇用者数は前月から12.6万人増加した。雇用者数の増加ペースは鈍化し、過去分も大幅に下方修正された。業種別では、企業向けサービス、教育・医療、小売などで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は減少した。◆失業率は5.5%と前月と変わら

2015年4月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要

【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要。 | ニッセイ基礎研究所 【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸びは前月から大幅に鈍化4月3日、米国労働省(B

2015年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2015年2月) ~10ヶ月ぶりの90万戸超えだが

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2015年2月)発表日2015年3月31日(火)~10ヶ月ぶりの90万戸超えだが~担当新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2014年 1月99.212.334.52月93.51.032.23月91.1▲ 2.929.94月90.9▲ 3.329.85月86.3▲ 15.027.56月88.8▲ 9.528.47月85.1▲ 14.126.58月85.5▲ 12.527.19月87.7▲ 14.327.41

2015年3月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

市場変動の影響を受けた時給と労働時間

トップレポート・コラム経済分析米国市場変動の影響を受けた時給と労働時間 ここから本文です市場変動の影響を受けた時給と労働時間2015年2月の米雇用統計:雇用者数の増勢回復サマリー◆2月の非農業部門雇用者数は前月から29.5万人増加した。雇用者数の増勢は回復し、1月の鈍化は一時的であったとみられる。業種別では、娯楽・レジャー、教育・医療、企業向けサービスなどで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は減少した。◆失業率は5.5%と前月から0.2%ポイント低下した。職探しを諦めた人が増えたことが主要因だ

2015年3月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【2月米雇用統計】大幅な雇用増にも係わらず、賃金上昇率は再び伸びが鈍化

【2月米雇用統計】大幅な雇用増にも係わらず、賃金上昇率は再び伸びが鈍化 | ニッセイ基礎研究所 【2月米雇用統計】大幅な雇用増にも係わらず、賃金上昇率は再び伸びが鈍化 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸び、失業率ともに予想を上回る結果3月6日、米国労働省(BLS)は2月の雇用統計を公表した。2月の非農業

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年1月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月雇用統計失業率は悪化も、内容は悪くない ◆労働力調査によると、2015年1月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.2%pt上昇し3.6%となった。雇用者数は、前月差▲3万人と2ヶ月ぶりに減少し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同▲2万人と2ヶ月ぶりの減少であった。単月では悪化した形だが雇用者数・就業者数は前月大幅に増加しており、均してみれば雇用の拡大傾向が続いている。◆一般職業紹

アベノミクスで苦しむ氷河期世代~内定率上昇・雇用者増の一方、30代は正規雇用者が減少。就職期が生む雇用環境の格差

アベノミクスで苦しむ氷河期世代~内定率上昇・雇用者増の一方、30代は正規雇用者が減少。就職期が生む雇用環境の格差。 | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスで苦しむ氷河期世代~内定率上昇・雇用者増の一方、30代は正規雇用者が減少。就職期が生む雇用環境の格差。 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アベノミクスによる企業収益の拡大で雇用環

2015年2月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数の増加基調強まる

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数の増加基調強まる ここから本文です米雇用者数の増加基調強まる2015年1月の米雇用統計:平均時給は大幅に増加サマリー◆1月の非農業部門雇用者数は前月から25.7万人増加した。過去分は上方修正され、雇用者数の増加基調は強まっているとみられる。業種別では、小売、建設、教育・医療、金融などで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は減少した。◆失業率は5.7%と前月から0.1%ポイント上昇した。自己都合による失業者、新たに職探しを始めた、あるいは再び職探しを始め

2015年2月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【1月米雇用統計】非常に良いスタートを切った15年の労働市場

【1月米雇用統計】非常に良いスタートを切った15年の労働市場 | ニッセイ基礎研究所 【1月米雇用統計】非常に良いスタートを切った15年の労働市場 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数は力強い伸びが持続2月6日、米国労働省(BLS)は1月の雇用統計を公表した。1月の非農業部門雇用者数は前月対比で+25.7万人

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年12月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆労働力調査によると、2014年12月の完全失業率(季節調整値)は、前月から▲0.1%pt低下の3.4%となった。雇用者数は、前月差+49万人と3ヶ月ぶりに増加し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同+43万人と3ヶ月ぶりの増加となった。今後、緩やかに景気拡大が続く中、雇用者数・就業者数は、増加基調が続く見込みだ。◆一般職業紹介状況によると、2014年12月の有効求人倍率(季節調整値)は前

2015年1月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

若者就労の問題は非正社員比率の上昇にあり

リサーチ TODAY2015 年 1 月 26 日若者就労の問題は非正社員比率の上昇にあり常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創若年層の失業率低下や新卒者の求人倍率改善が示すように、足元で若者を取り巻く雇用環境は改善している。一方、若者の非正社員比率の上昇に歯止めがかかっていないこと、学校を卒業して就職した後に早期離職する若者の割合が近年上昇しているなど、若者の雇用を巡る環境には依然問題が多い。みずほ総合研究所は、若者就労に関するリポートを発表している1。今後の対策としては、限定正社員の普及

2015年1月13日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は着実に増加し失業率は低下

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数は着実に増加し失業率は低下2014年12月の米雇用統計:賃金は低下したが一部の業種では上昇 2015年1月13日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆12月の非農業部門雇用者数は前月から25.2万人増加し、過去分も上方修正されて、雇用者数の増加ペースは加速している様子である。失業率は5.6%と前月から0.2%ポイント低下したが、主に労働市場から退出した人が増えたことに

【12月米雇用統計】雇用の伸びは15年ぶりの高水準だが、相変わらず鈍い賃金の伸び

【12月米雇用統計】雇用の伸びは15年ぶりの高水準だが、相変わらず鈍い賃金の伸び | ニッセイ基礎研究所 【12月米雇用統計】雇用の伸びは15年ぶりの高水準だが、相変わらず鈍い賃金の伸び 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸び、失業率ともに予想を上回る結果1月9日、米国労働省(BLS)は12月の雇用統計を

2014年12月28日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2014年11月) ~雇用者数は減少も、求人数に改善の兆し~

労働力調査・一般職業紹介状況(2014年11月) ~雇用者数は減少も、求人数に改善の兆し~

2014年12月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年11月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆労働力調査によると、2014年11月の完全失業率(季節調整値)は、前月から変化せず、3.5%となった。雇用者数は、前月差▲9万人と2ヶ月連続で減少し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同▲10万人と2ヶ月連続の減少となった。雇用者数・就業者数は、高水準の推移が続いているものの、増加基調に陰りが見えている。◆一般職業紹介状況によると、2014年11月の有効求人倍率(季節調整値)は前月から0

2014年12月8日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 失業率は変わらずも雇用者数が大幅増加(14年11月雇用統計) ~雇用の質が改善傾向にある一方で賃金上昇は依然抑制~

米国 失業率は変わらずも雇用者数が大幅増加(14年11月雇用統計) ~雇用の質が改善傾向にある一方で賃金上昇は依然抑制~

2014年12月8日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は大幅に増加

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は大幅に増加 ここから本文です米雇用者数は大幅に増加2014年11月の米雇用統計:インフレ率を押し上げるほどではないサマリー◆11月の非農業部門雇用者数は前月から32.1万人増加し、失業率は前月と同じ5.8%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を大幅に上回り、過去分も上方修正されて、雇用者数の増加ペースは加速している様子である。◆業種別の雇用動向は、サービス業では、主に企業向けサービスと小売で雇用が増えた。非耐久財製造業など、これまで雇用が伸

【2014年11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果

【11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果 | ニッセイ基礎研究所 【11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:予想を大幅に上回り、12年1月以来の30万人超12月5日、米国労働省(BLS)は11月の雇用統計を公表した。11月の非農業部門

2014年11月28日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年10月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 10月雇用統計ヘッドラインほどには内容は良くない ◆労働力調査によると、2014年10月の完全失業率(季節調整値)は、前月から▲0.1%pt低下し、3.5%となった。ヘッドラインだけ見れば前月より失業率が改善しているが、内容はそこまで良くない。雇用者数は、前月差▲20万人と大幅に減少し、自営業主・家族従業者を含めた就業者数を見ても、同▲11万人と3ヶ月ぶりの減少となった。これまで増加が続いてきた雇用者

2014年11月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える2014年10月の米雇用統計:過去分の上方修正で堅調さ維持 2014年11月10日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆10月の非農業部門雇用者数は前月から21.4万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント低下して5.8%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を下回ったが、過去分の上方修正によって、20万人以上の雇用増加は9ヵ月

2014年11月2日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2014年9月) ~雇用者数は増加持続も、求人は頭打ち~

労働力調査・一般職業紹介状況(2014年9月) ~雇用者数は増加持続も、求人は頭打ち~

2014年10月6日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は増加したが賃金は伸び悩み

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は増加したが賃金は伸び悩み ここから本文です米雇用者数は増加したが賃金は伸び悩み2014年9月の米雇用統計:利上げ開始時期を特定できる判断は困難サマリー◆9月の非農業部門雇用者数は前月から24.8万人増加し、失業率は前月から0.2%ポイント低下して5.9%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を上回り、失業率は市場予想よりも低下した。◆業種別の雇用動向は、8月に減少した小売業の雇用者数が増加に転じ、一時的な雇用の減少であったことが確認された。主

2014年9月30日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2014年8月) ~求人に頭打ち感~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:労働力調査・一般職業紹介状況(2014年8月)発表日:2014年9月30日(火)~求人に頭打ち感~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-45285.45.21.71.6新規求人倍率(右目盛)14.81.8有効求人倍率1.15(倍)求人倍率の推移(季節調整値)(倍)1.2完全失業率(季節調整値)(%)5.61.51.40.94.61.30.84.44.243.81.20.71.10.

2014年9月12日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

盛り上がらないボーナス商戦 ~雇用者のおよそ半数はボーナスが10万円以下~

盛り上がらないボーナス商戦 ~雇用者のおよそ半数はボーナスが10万円以下~

2014年9月8日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数の増加幅の鈍化は一時的だろう

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数の増加幅の鈍化は一時的だろう2014年8月の米雇用統計:質的には限定的な改善 2014年9月8日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆8月の非農業部門雇用者数は前月から14.2万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント低下して6.1%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を下回り、失業率は市場予想と一致した。◆雇用は、業種別では主に企業向けサービスと教育・医

2014年8月5日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

金融政策に影響しない米雇用統計の堅調さ

トップレポート・コラム経済分析米国金融政策に影響しない米雇用統計の堅調さ ここから本文です金融政策に影響しない米雇用統計の堅調さ2014年7月の米雇用統計:堅調な量的改善と不十分な質的改善サマリー◆7月の非農業部門雇用者数は前月から20.9万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント上昇して6.2%となった。雇用者数の増加ペースは市場予想を下回り、失業率は市場予想を上回った。◆雇用者数は幅広い業種で増加し、過去分の上方修正を加味すると市場予想に近い増加幅となる。失業率の上昇は、職探しを再開させる

2014年8月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【2014年7月米雇用統計】悲観する内容ではないが…、「質」の改善は進んでいない

【7月米雇用統計】悲観する内容ではないが…、「質」の改善は進んでいない | ニッセイ基礎研究所 【7月米雇用統計】悲観する内容ではないが…、「質」の改善は進んでいない 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 8月1日、米国労働省(BLS)は7月の雇用統計を公表した。7月の非農業部門雇用者数は前月対比で20.9万人の増加(前月改定値:+29.8万人)と

【米雇用情勢】金融危機後の賃金動向

【米雇用情勢】金融危機後の賃金動向 | ニッセイ基礎研究所 【米雇用情勢】金融危機後の賃金動向 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は金融危機で失われた雇用の「量」の面での回復は進んできたが、「質」の面での回復が遅れている。「雇用の質」を反映する指標のなかでも、賃金上昇率の動向には注目が集まる。イエレンFRB議長が雇用環境の改善は最終的に

史上最高値を更新した世界の株価

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月4日ユーロ圏の金融政策を担うECB(欧州中央銀行)は3日の理事会で、政策を現状維持としたものの、企業への融資促進に向けて6月に導入を決めた長期資金供給オペの詳細を発表したほか、必要に応じて量的緩和を行なう用意があるとの姿勢を改めて示しました。また、同日に米国で発表された6月の非農業部門雇用者数は前月比+28.8万人と、市場予想(+21.5万人)を大きく上回ったほか、失業率も前月比▲0.2ポイントの6.1%と、2008年9月以来

2014年6月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数

トップレポート・コラム経済分析米国景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数 ここから本文です景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数2014年5月の米雇用統計:しかし賃金上昇圧力は限定的サマリー◆2014年5月の非農業部門雇用者数は前月差21.7万人増と、前月(同28.2万人増)から増加幅が縮小したが、4ヵ月連続で20万人台の増加となった。悪天候の下押しやその反動増を経て、なおも雇用の量的改善が続いていることが示された。◆失業率は6.3%と前月から横ばいで、失業者数は僅かに増加したが、平均失業期間の

2014年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【5月米雇用統計】4カ月連続の雇用増20万人超、雇用者は危機前のピークまで回復

【5月米雇用統計】4カ月連続の雇用増20万人超、雇用者は危機前のピークまで回復 | ニッセイ基礎研究所 【5月米雇用統計】4カ月連続の雇用増20万人超、雇用者は危機前のピークまで回復 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月6日、米国労働省(BLS)は5月の雇用統計を公表した。5月の非農業部門雇用者数は前月対比で21.7万人の増加 (前月改定値:

2014年5月28日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

人口減でも雇用者が減らない理由 ~年金と雇用の悪循環をどう断ち切るか~

Economic Trends経済関連レポート人口減でも雇用者が減らない理由発表日:2014年5月27日(火)~ 年金と雇用の悪循環をどう断ち切るか~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)生産年齢人口が 1995 年にピークアウトして減少しているのに、雇用者数はまだ増加基調を維持している。背景には、①生産年齢人口の範囲外の 65 歳以上の雇用者数の増加と、②55~64 歳の雇用者数の増加がある。年金支給開始年齢の引き上げとともに、シニア層は昔よりも長く働き続

2014年5月7日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 雇用者「数」が上振れも「質」は改善せず(14年4月雇用統計) ~QE3縮小は慎重なペースで継続される見込み~

米国 雇用者「数」が上振れも「質」は改善せず(14年4月雇用統計) ~QE3縮小は慎重なペースで継続される見込み~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ