「雇用者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

労働契約法改正に対する労働者の評価・反応-「多様化する正規・非正規労働者の就業行動と意識に関する調査」の調査結果より

労働契約法改正に対する労働者の評価・反応-「多様化する正規・非正規労働者の就業行動と意識に関する調査」の調査結果より 戸田 淳仁(リクルートワークス研究所) /鶴 光太郎(ファカルティフェロー) 概要労働者のアンケート調査をもとに、非正社員や有期雇用者の実態を把握するとともに、2013年の労働契約法改正に対して、労働者がどのように評価し、対応するかといった点を検討した。労働契約法改正の個々の内容について、賛成が反対よりも上回っているが、半数は分からないと回答した。雇用契約期間について分か

2014年3月23日総務省★フィードバック数:0キャリアとスキル

高齢者の就業率です。

高まる高齢者の就業率-労働力調査・平成25年平均結果から-

ここから本文です。統計Today No.74高まる高齢者の就業率 −労働力調査・平成25年平均結果から−総務省統計局統計調査部国勢統計課労働力人口統計室長 河野 好行 我が国の総人口は、平成25年(2013年)10月1日現在(概算値)、1億2730万人で、うち65歳以上人口は3190万人と過去最高を更新しています。総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)も25.1%と、4人に1人が高齢者となっており、我が国は世界のどの国も経験したことのない高齢社会を迎えています。また、「団塊の世代(194

明るさが増しつつあるオーストラリア経済

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月14日13日に発表されたオーストラリアの2月の雇用統計によると、常勤雇用者が前月比で8.05万人増加し、増加幅としては1991年8月以来約22年ぶり、過去2番目の大きさとなりました。非常勤雇用者が減少したことから、全体の雇用者数は前月比4.73万人増でしたが、事前予想の同1.5万人増を大きく上回りました。最近のオーストラリアでは、資源関連の投資ブームがピークを過ぎていることが、景気の下押し要因となっています。一方、これまでの利

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

悪天候に負けない雇用改善

トップレポート・コラム経済分析米国悪天候に負けない雇用改善 ここから本文です悪天候に負けない雇用改善2014年2月の米雇用統計:失業率は8ヵ月ぶりに上昇サマリー◆2014年2月の非農業雇用者数は前月差17.5万人増であった。前月差の6ヵ月平均は17.7万人であり、2月の伸びはここ6ヵ月の雇用の増加トレンドと同程度であった。◆業種別に見ると、製造業の自動車関連や小売業などに悪天候の下押しが見られた。しかし、サービス部門全体の雇用者数は増加幅が拡大するなど、全体としては前向きに捉えられる結果であった

2014年3月5日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用は減少? 企業統計の謎 ~雇用者数は増えているのか、減っているのか~

Economic Trends経済関連レポート雇用は減少? 企業統計の謎発表日:2014年3月3日(月)~ 雇用者数は増えているのか、減っているのか~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)統計データによって雇用者数の増減に大きな差が表れている。財務省「法人企業統計」では、人員数は減っているのに、総務省「労働力調査」では雇用者数が増えていた。これは、単に統計データの定義・範囲の差の問題ではない。おそらく、一定規模の企業には、人件費抑制の重石が効いていて、若年者

2014年2月11日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

政権運営の安定と経済の関連を見ています。

政治の安定性の回復は実体経済にどう影響するか?

政治の安定性の回復は実体経済にどう影響するか?一昨年末の政権交代により政権運営の安定性は格段に増した。つまり、政治状況は「決められない政治」から「決められる政治」へと好転した。当時の全国紙は、安定した政治基盤が築かれたことで政府・与党は懸案の政策に取り組むことができるようになったとして、政治の安定性の回復を高く評価した。ところで、経済産業研究所が2011年末から2012年2月にかけておこなった約3400社の企業へのアンケート調査では、それらのうち33%の企業が経営に重大な影響を及ぼす要素として政

2014年2月4日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

すでにシェール革命の恩恵は始まっている

トップレポート・コラム経済分析米国すでにシェール革命の恩恵は始まっている ここから本文ですすでにシェール革命の恩恵は始まっている関連する設備投資や雇用者数は速いペースで増加サマリー◆シェール革命とは、新たな採掘技術の確立により、従来資源が取り出せなかった岩盤から天然ガスや原油などが取り出せるようになったことである。米国内における資源の生産拡大が見込まれる。◆シェールガス・オイルの採掘増によって、燃料の輸出増、輸入減が生じ、すでに貿易赤字額の縮小圧力が強まっている。また、シェール関連とみられる設備

2014年2月3日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2013年12月) ~雇用情勢の改善が続く~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:労働力調査・一般職業紹介状況(2013年12月)発表日:2014年1月31日(金)~雇用情勢の改善が続く~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-45285.415.25(倍)求人倍率の推移(季節調整値)(倍)1.1完全失業率(季節調整値)(%)5.61.7有効求人倍率1.6新規求人倍率(右目盛)1.50.91.44.81.30.84.61.24.40.71.14.210.640.9

2014年1月14日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化

トップレポート・コラム経済分析米国雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化 ここから本文です雇用環境は悪天候により改善ペースが鈍化2013年12月の米雇用統計:労働参加率の低下トレンドが続くサマリー◆2013年12月の非農業雇用者数は11月から増加幅が縮小し、前月差7.4万人増であった。前月差の6ヵ月平均は17万人と増加ペースの鈍化が示された。◆業種別に見ると、悪天候により建設業を筆頭に幅広い業種で雇用者数の増加幅縮小が見られた。年末商戦によって小売業など一部に雇用の増加幅が拡大した業種もあったが

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2013年11月) ~雇用は明確に改善~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:労働力調査・一般職業紹介状況(2013年11月)発表日:2013年12月27日(金)~雇用は明確に改善~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-45285.415.2(倍)求人倍率の推移(季節調整値)(倍)1.1完全失業率(季節調整値)(%)5.61.7有効求人倍率1.6新規求人倍率(右目盛)1.50.954.81.41.30.84.61.24.40.71.14.210.640.93

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2013年11月) ~賃金は少しずつ改善~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:毎月勤労統計(2013年11月)発表日:2013年12月27日(金)~賃金は少しずつ改善~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)現金給与総額所定内前年比前年比2012年2013年常用雇用者数総労働時間一般前年比前年比パート前年比前年比所定内前年比所定外前年比6月7月8月9月▲ 0.4▲ 1.60.0▲ 0.5▲▲▲▲0.60.20.50.40.90.60.70.6▲

2013年12月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用環境は大幅改善

トップレポート・コラム経済分析米国雇用環境は大幅改善 ここから本文です雇用環境は大幅改善2013年11月の米雇用統計:質的改善の始まりかサマリー◆2013年11月の非農業雇用者数は10月から増加幅が拡大し、2ヵ月連続で前月差20万人台の増加となった。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は18万人程度と増加ペースの加速が示された。◆業種別に見ると、民間・サービス部門が引き続き全体の雇用者数増加をけん引。民間・生産部門で増加幅の拡大が続いており、雇用増加の裾野の広がりが示唆される内容であった。また、連邦政

2013年11月12日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

強弱入り乱れる雇用環境

トップレポート・コラム経済分析米国強弱入り乱れる雇用環境 ここから本文です強弱入り乱れる雇用環境2013年10月の米雇用統計:金融政策の決定的な判断材料にはならずサマリー◆2013年10月の非農業雇用者数は9月から増加幅が拡大し、前月差20万人台の増加となった。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は17万人程度と緩やかな増加が続いている。◆業種別に見ると、民間・サービス部門が引き続き全体の雇用者数増加をけん引。民間・生産部門も緩やかながら増加幅が拡大しつつある点は前向きに評価できる。政府部門は緊縮財政

米9月雇用者は14.8万人と予想を下回るも、失業率は7.2%と5年ぶり低水準

米9月雇用者は14.8万人と予想を下回るも、失業率は7.2%と5年ぶり低水準 | ニッセイ基礎研究所 米9月雇用者は14.8万人と予想を下回るも、失業率は7.2%と5年ぶり低水準 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米労働省発表の9月非農業事業部門の雇用者は前月比14.8万人の増加と市場予想(18万人)を下回った。7-9月期の月平均は14.3万人増に留ま

雇用関連統計13年8月 ~失業率は急上昇も雇用情勢の改善基調は維持

雇用関連統計13年8月 ~失業率は急上昇も雇用情勢の改善基調は維持 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年8月 ~失業率は急上昇も雇用情勢の改善基調は維持 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は0.3ポイント上昇の4.1%・製造業の求人増が続総務省が10月1日に公表した労働力調査によると、13年8月の完全失業率は前月

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の量的改善は鈍化傾向か

トップレポート・コラム経済分析米国雇用の量的改善は鈍化傾向か ここから本文です雇用の量的改善は鈍化傾向か2013年8月の米雇用統計: 金融政策に慎重な判断を求める内容サマリー◆2013年8月の非農業雇用者数は7月から増加幅が拡大した。しかし、過去2ヵ月分のデータが大幅に下方修正されたため、前月差の6ヵ月平均は16万人程度と、雇用の改善ペースが鈍化した可能性がある。◆業種別に見ると、これまで雇用者数の増加を牽引してきた民間サービス部門で増加ペースの鈍化が見られた。また、販売が好調な自動車関連を除く

最近の統計調査結果から 2013年 8月

統計調査報告平成25年度学校基本調査(速報値)高卒就職率は16.9%(前年度より0.2ポイント上昇)、大卒就職率は67.3%(同3.4ポイント上昇)となった。大卒者の「就職者」のうち「正規の職員等でない者」と、「一時的な仕事に就いた者」及び「進学も就職もしていない者」の合計は11万6千人で、卒業者に占める割合は20.7%(同2.2ポイント低下)となった。平成24年雇用動向調査入職率(年初の常用労働者数に対する、入職者数の割合)は14.8%で前年より0.6ポイントの上昇、離職率(年初の常用労働者

2013年9月4日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2013年7月) ~夏のボーナスは増加~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:毎月勤労統計(2013年7月)発表日:2013年9月3日(水)~夏のボーナスは増加~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)現金給与総額前年比2012年2013年常用雇用者数所定内前年比総労働時間一般前年比前年比パート前年比所定内前年比前年比所定外前年比1月▲ 1.2▲ 0.30.5▲ 0.12.20.00.00.62月3月4月5月0.10.90.2▲ 1.10.00

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

労働力調査・一般職業紹介状況(2013年7月) ~雇用環境は緩やかに改善~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:労働力調査・一般職業紹介状況(2013年7月)発表日:2013年8月30日(金)~雇用環境は緩やかに改善~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(%)5.65.4(倍)求人倍率の推移(季節調整値)(倍)1完全失業率(季節調整値)1.6有効求人倍率1.5新規求人倍率(目盛右)1.40.95.250.81.34.81.24.60.71.14.44.20.6140.90.53.8

雇用関連統計13年7月 ~製造業の雇用者数が増加に転じる

雇用関連統計13年7月 ~製造業の雇用者数が増加に転じる | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年7月 ~製造業の雇用者数が増加に転じる 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・製造業の雇用者数が増加に転じる・需要不足失業はほぼ解消総務省が8月30日に公表した労働力調査によると、13年7月の完全失業率は前月から0.1ポイント低下

最近の統計調査結果から 2013年 7月

統計調査報告平成24年度雇用均等基本調査(企業調査)「ポジティブ・アクション(注1)」に取り組んでいる企業の割合は32.5%で、前年度調査(注2)より0.8ポイント上昇した。(事業所調査)育児休業取得者割合は、女性は83.6%で前年度調査と比べて4.2ポイント低下した。男性は1.89%で0.74ポイント低下した(注1)固定的な性別による役割分担意識や過去の経緯から、男女労働者の間に事実上生じている差があるとき、それを解消し、女性労働者の能力発揮を促進するために企業が行う自主的かつ積極的な取組。

2013年7月31日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用関連統計(2013年6月) ~雇用環境は緩やかに改善~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:雇用関連統計(2013年6月)発表日:2013年7月30日(火)~雇用環境は緩やかに改善~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(%)5.6完全失業率(季節調整値)(倍)求人倍率の推移(季節調整値)(倍)0.951.65.41.5有効求人倍率0.855.21.4新規求人倍率(目盛右)50.751.34.81.20.654.64.41.10.5514.20.90.4543.8

雇用関連統計13年6月 ~失業率は4年8カ月ぶりの3%台

雇用関連統計13年6月 ~失業率は4年8カ月ぶりの3%台 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年6月 ~失業率は4年8カ月ぶりの3%台 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は4年8ヵ月ぶりの3%台・製造業の新規求人数が13ヵ月ぶりの増加総務省が7月30日に公表した労働力調査によると、13年6月の完全失業率は前月から0

2013年7月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米6月雇用者は19.5万人増と予想を上回る一方、失業率は7.6%と横ばい

米6月雇用者は19.5万人増と予想を上回る一方、失業率は7.6%と横ばい | ニッセイ基礎研究所 米6月雇用者は19.5万人増と予想を上回る一方、失業率は7.6%と横ばい 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米労働省発表の6月非農業事業部門の雇用者は前月比19.5万人の増加と市場予想(16.5万人)を上回った。また、前2ヵ月で計7万人の上方改定が行われ、

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用関連統計(2013年5月) ~雇用環境は緩やかに改善~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:雇用関連統計(2013年5月)発表日:2013年6月28日(金)~雇用環境は緩やかに改善~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(%)5.65.40.855.2(倍)求人倍率の推移(季節調整値)(倍)0.95完全失業率(季節調整値)1.5有効求人倍率1.4新規求人倍率(目盛右)1.30.751.254.80.654.60.551.110.94.40.450.84.20.35

増税下で底堅さを見せる米経済

増税下で底堅さを見せる米経済 | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 年初の「財政の崖」合意に伴う実質的な増税や3月に開始された強制歳出削減等は、米国経済に抑制的に作用する。特に、所得面への影響を通じた個人消費の減速が懸念されている。ただし、好調な自動車や年末に掛けての駆け込み的な所得増等を背景に、1-3月期の実質個人消費は同

2013年5月15日厚生労働省フィードバック数:4キャリアとスキル

労使関係総合調査(労働組合基礎調査):調査の結果

労使関係総合調査(労働組合基礎調査):調査の結果1 労働組合 労働組合とは、労働者が主体となって、自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体及びその連合団体をいう。2 単位組織組合、単一組織組合(1) 単位組織組合とは、規約上労働者が当該組織に個人加入する形式をとり、かつ、その内部に独自の活動を行い得る下部組織(支部等)を持たない労働組合をいう。(2) 単一組織組合とは、規約上労働者が当該組織に個人加入する形式をとり、かつ、その内部に下部組織(支部等

2013年5月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル海外

米4月雇用者は16.5万人増と予想を上回り、失業率は7.5%に低下

米4月雇用者は16.5万人増と予想を上回り、失業率は7.5%に低下 | ニッセイ基礎研究所 米4月雇用者は16.5万人増と予想を上回り、失業率は7.5%に低下 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米労働省発表の4月非農業事業部門の雇用者は前月比16.5万人の増加と市場予想(14万人)を上回った。また、前2ヵ月で計11.4万人の上方改定が行われ、今年1-3

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用の増加ペース加速も金融政策の変更には不十分(13年4月雇用統計) ~雇用者数は前月差+16.5万人と小幅加速~

米国 雇用の増加ペース加速も金融政策の変更には不十分(13年4月雇用統計) ~雇用者数は前月差+16.5万人と小幅加速~

雇用関連統計13年3月~雇用情勢は持ち直しの動きが継続

雇用関連統計13年3月~雇用情勢は持ち直しの動きが継続 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年3月~雇用情勢は持ち直しの動きが継続 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は前月から0.2ポイント低下の4.1%・製造業に下げ止まりの兆し総務省が4月30日に公表した労働力調査によると、13年3月の完全失業率は前月から0.2

2013年4月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2キャリアとスキル海外

米3月雇用者は8.8万人増と予想を大きく下回り、9ヵ月ぶりの低水準に

米3月雇用者は8.8万人増と予想を大きく下回り、9ヵ月ぶりの低水準に | ニッセイ基礎研究所 米3月雇用者は8.8万人増と予想を大きく下回り、9ヵ月ぶりの低水準に 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米労働省が発表した3月非農業事業部門の雇用者は前月比8.8万人の増加と市場予想(19万人)を大きく下回った。ただし、前2ヵ月で計6.1万人の上方修正が行われ

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:1キャリアとスキル

雇用関連統計(2013年2月) ~求人の増加が続く~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:雇用関連統計(2013年2月)発表日:2013年3月29日(金)~求人の増加が続く~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(%)5.60.855.45.2(倍)求人倍率の推移(季節調整値)(倍)完全失業率(季節調整値)1.4有効求人倍率1.3新規求人倍率(目盛右)0.751.251.10.654.814.60.550.94.40.454.2409101112(出所)総務省統

2013年3月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済 「歳出の強制削減」による個人消費への影響

トップレポート・コラム経済分析米国「歳出の強制削減」による個人消費への影響 ここから本文です「歳出の強制削減」による個人消費への影響綱引きの勝者は?サマリー◆3月1日から連邦政府の歳出の強制削減が発動し、2013年度だけで最大850億ドルの歳出削減が行われる。政府系機関などの推計では2013年の実質GDPが0.6%pt程度下振れする可能性が指摘されている。◆また、同様に雇用者数の増加が75万人以上下振れする見込み。筆者の試算によると、雇用環境と連動性の高い個人消費は年0.5%pt程度下振れする可

2013年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強いドルは(日本の)国益

Global Market Outlook強いドルは(日本の)国益2013年3月11日(月)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:23 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン終値12349.051039.9814,397.077,986.476,483.583,840.152

2013年3月12日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用環境は改善ペースが加速

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用環境は改善ペースが加速 ここから本文です米雇用環境は改善ペースが加速2013年2月雇用統計:今後は労働参加率の変動に注目サマリー◆2013年2月の非農業雇用者数は前月差23.6万人増、2ヶ月ぶりに20万人台の増加幅となり市場予想を上回った。過去2ヶ月分の雇用者数は合計では1.5万人の下方修正であったが、昨年末から雇用者数の増加ペースが加速していることからポジティブな内容と捉えている。◆分類別にみると、政府部門は引き続き減少した。今後も歳出の一律削減が決まっ

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

雇用関連統計(2013年1月) ~景気の持ち直しを受けて、求人が明確に改善

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:雇用関連統計(2013年1月)発表日:2013年3月1日(金)~景気の持ち直しを受けて、求人が明確に改善~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(%)5.6完全失業率(季節調整値)5.40.855.2(倍)求人倍率の推移(季節調整値)(倍)1.4有効求人倍率1.3新規求人倍率(目盛右)0.751.251.10.654.814.60.554.40.90.454.2409101

2013年2月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米1月雇用者増は15.7万人と予想を下回るも、年次改定の上方修正を好感

米1月雇用者増は15.7万人と予想を下回るも、年次改定の上方修正を好感 | ニッセイ基礎研究所 米1月雇用者増は15.7万人と予想を下回るも、年次改定の上方修正を好感 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米労働省が発表の1月非農業事業部門の雇用者は前月比15.7万人の増加と市場予想(16.5万人)を下回った。失業率も7.9%と上昇、予想は7.8%の横ばい

2013年1月8日大和総研フィードバック数:1社会/政治

米国の雇用環境は緩やかに改善

トップレポート・コラム経済分析米国米国の雇用環境は緩やかに改善 ここから本文です米国の雇用環境は緩やかに改善2012年12月の雇用統計:失業率は7.8%で横ばいサマリー◆2012年12月の非農業雇用者数は前月差15.5万人増となり、市場予想とほぼ同じ増加幅であった。2012年は1年間で183.5万人の雇用者数が増加した。2011年とおおむね同じ増加幅であり、雇用の加速を示す1年ではなかったが、雇用環境は緩やかに改善していると言えるだろう。◆失業率は前月から変わらず7.8%となった。ただし、より詳

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ